セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

ブラウザ

怪しいMicrosoftを名乗る「警告メッセージ」が消えない時





<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

怪しいMicrosoftを名乗る「警告メッセージ」が消えない時


microsoft-000

MicrosoftGoogleを装って、ブラウザ画面に「警告メッセージ」を表示し、「電話番号」「メールアドレス」「FacebookID」を入力させようとする「悪質メッセージ」があとを絶ちません。

これは、サイト内の「あるページ」にアクセスしようとすると、こうした画面が表示させ、個人情報を盗もうとする「悪質なマルウェア」らしいです。


ブラウザ「タスクマネージャー」で「FireFox」を強制終了させれば再起動しても表示されませんでした
この画面は「Microsoft」からのメッセージを装っていますが、よく見てみると、あきらかに「ロゴ」がよく似せていますがMicrosoftのものとは違っています。

microsoft

このメッセージは、ブラウザのタブを閉じたり、「X」でブラウザを終了することができないタイプで、最初はかなり焦りますが、こんな時は、あわててPCをシャットダウンしないで(システム自体が不調をきたす恐れがあります)、「Ctrl」+「Alt」+「Delete」を押して「タスクマネージャー」を起動させましょう。

microsoft-002

感染しているブラウザ選択し、「タスクの終了」をクリックし、ブラウザを「強制終了」させます。

その後、同じブラウザを立ち上げれば、また元に戻ります。

念の為、他のページにも同様のプログラムが仕掛けられている可能性が考えられますので、便利だと思って使用しているサイトでも、近づかないほうが身のためだと思います。

驚いたことに、このサイト、あるPC雑誌で「使えるWebサイト」として紹介されていたものです。


まあ、怪しいサイトにアクセスしなければ済む事ですが・・・。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓




「コルタナ」の検索結果を「Chrome」「Google検索」に変更するには





<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

「コルタナ」の検索結果を「Chrome」「Google検索」に変更するには


cortana

「Windows10」のAIアシスタント検索窓「コルタナ」は、キーワードを入力してWeb検索をする事ができる便利機能ですが、デフォルトの設定では、ブラウザの「Edge」が起動し、検索エンジン「bing」(Microsoftの検索サイト)の結果が表示されるので、イマイチ使い勝手に不満がありました。
「コルタナ」の検索結果を「Chrome」「Google検索」に変更する
そこで、非推奨ながら、コルタナ検索結果「Chrome」「Google検索」に変更する方法が、ネット上で公開されていたので、検証してみました

ちょっと面倒な作業になりますが、2つの「フリーソフト」を導入する事によって、変更が可能でした。

手順としては、まず、「Windows10の設定」→「アプリ」→「既定のアプリ」でWebブラウザを「Edge」から「Chrome」に変更します。

cortana-001

次に、「EdgeDeflector」ダウンロード、インストールします。

cortana-002
これで、「コルタナ」からの検索結果は「Chrome」で表示されますが、検索エンジンは「bing」のままです。

これを「Google検索」にするには、「Chrome」の拡張機能「クローメタナ」インストールし、「有効」にする必要があります。

「Chrometana」
cortana-003


以上の設定を行う事によって、「コルタナ」から直接、検索結果を「ChromeでGoogle検索結果」が表示できるようになりました。

正直、この方法を知るまで「コルタナ」は余計な機能とばかり思っていましたが、ダイレクトに検索結果までたどり着けるのでこれから重宝できそうです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村








【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓




GoogleChromeが「69」バージョンにアップグレードされた





<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

GoogleChromeが「69」バージョンにアップグレードされた

chrome-69-001

いつの間にか気づかないうちにブラウザ「GoogleChrome」のデザインが変わっているなと思ったら、PC作動中に「バックグラウンドアップデート」されていたようです。
心なしか「検索結果表示」が改善されたり、「キャスト」画質が早くなったような気がします。
chrome-69-002
見た目にまず気づくのが「タブ」の形状。

この他、「パスワードマネージャー」の強化
Chromeに組み込まれているパスワードマネージャーが強力になり、ブラウザに同じアカウントでログインしていればPCとスマホ・タブレットなど複数端末で同期されるようになりました。

アドレスバーに検索結果が表示(天気など一部)
「横浜 天気」などで検索することで天気情報やスポーツの結果などの情報を得られていたのですが、検索せずともアドレスバーに直接結果が表示されるようになりました。



「キャスト」機能心なしか改善された?気もします。







家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓




「FireFox」「Thunderbird」のメモリ使用量を改善する-「Firemin」





<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

「FireFox」「Thunderbird」のメモリ使用量を改善する-「Firemin」


firemin-000


Webブラウザ「FireFox」メールソフト「Thunderbird」は、インターネッット用ソフトとして歴史のあるもので、私も長く愛用していますが、便利な「アドオン」「拡張機能」を追加していくと、どんどん動作が「重く」なるところが悩みのタネです。
「ブラウザ」が原因でPCの動作が遅くなる場合は試してみる価値大
Firemin-004


そこで、「常駐」させる事で「FireFox」のメモリ使用量を「劇的に減らす」と評判「Firemin」を導入して「検証」してみました。

Firemin-005

念の為、インストール前の「メモリ使用量」を記録してみました。

firemin-007

配付元サイト「ダウンロード」場所が非常に分かりづらいのですが、画面を下へスクロールしていくと、「DOWNLOAD FIREMIN」「Firemin_5030_Setup.zip」リンクがありますので、クリックしてダウンロードします。

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、セットアップファイル「Firemin_5030_exe」からインストールを進めます。


firemin-008

途中、「Windows Defender」に引っかかって上記のような表示がでますが、「実行」しても、とくに問題はありませんでした


firemin-010

「インストール」→「実行」後、メモリ使用量を確認してみると、確かに「数値的」には改善されているようです。

あくまで個人的な体感ですが、心持ち「操作スピード」が改善されたかな?と感じる程度ですが、我が家のネット環境が最近不安定なので、うまく体感できないのでないかと思われますので、「通信環境」を改善すれば、実感できそうです。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村




【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓




「Windowsの不審なアクティビティがブロックされました」は決してクリックしないように





<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

「Windowsの不審なアクティビティがブロックされました」は決してクリックしないように

pc-keikoku

あらゆるサイトを閲覧しているうち、「Microsoft」を名乗る、「Windowsが壊れましたので修正プログラムを導入する必要があります」などという旨のメッセージが、「音声」とともに流れ「電話をして下さい」「メールアドレスを入力して下さい」「FaceBook,Twitterのアドレスを教えて下さい」などと、うるさくて迷惑です。

これは、いわゆる「バックドア」なので決してクリックしてはいけないプログラムなので「注意」が必要です。

「X」印でも、「Esc」でも「ブラウザ」自体が終了できないときの対応法
多くは上記の方法で、「タブ」を閉じれば済む事がほとんどですが、まれに「タブ」が閉じる事ができなかったり、ブラウザ自体「表示」で止まらなくなるケースが新たなプログラムが出回り始めました。


win-sp-keikoku

これを止める方法は、いまのところ、以下の方法が有効なようです。

「Ctrl」+「Alt」+「Delete」で、「タスクマネージャー」を呼び出し、現在、このメッセージが表示されている、「ブラウザ」を選択して、「強制終了」させれば、次回、同ブラウザを立ち上げれば、メッセージが出なくなります。



win-sp-keikoku-001
今現在、この方法が有効なのは確かですが、こうした類のプログラム「ゾンビ」のように、次々と復活してくるので、こうした「バックドア」が仕込まれているサイトには、なるべく「近づかない」のが一番だと思います。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村




【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓




スポンサーリンク
応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



「はてブ」にも追加していただければ幸いです
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

ぱわきち

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場





スポンサーリンク









参加中のブログ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...