セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

ブラウザ

「YouTube Premium」でなくても「バックグラウンド再生」を楽しむには






「YouTube Premium」でなくても「バックグラウンド再生」


youtube-off

「YouTube」は、あるとき(おそらく有料のプレミアムプランを開始する布石か)をに、スマホの場合、「ブラウザ」を介しても「バックグラウンド再生」できない仕様になってしまいました。

一度に複数の事できる「マルチタスク」がスマホの「売り」なハズですが、「YouTube」は完全に「プレミアム」の「有料アプリ」を使わなければ「ながら聴き」ができなくなってしまいました。

以前は「ブラウザ」で「バックグラウンド」再生できましたが、現在では「PC」でしか対応していないようです
なので、私の環境では、PCで「YouTube」を再生しながら、「タブ」を切りかえて作業する、という、スマホ登場以前の昔ながらの手法で対応していますが、PC自体がない世帯ではそういうわけにもいきません。

これに対応する方法として、複数台「スマホ・タブレット」をお持ちでしたらそのうち1台で「YouTube」を再生する、という方法も現実的ですが、テレビがある環境であれば、「Chromecast(クロームキャスト)」を利用して「キャスト(ミラーリング)」するという選択肢も、思いの外便利です。
これで、スマホの画面をテレビに「キャスト」すると、「YouTube」再生機能が「Chromecast」に移り、スマホは自由に操作することができますので、「ながら操作」が可能になります。

この手法で
あれば、ヘッドホンなど不要で、スマホは自由に使える上、「長時間のBGM」にも十分耐えられるという使用法をとる事ができるので、意外な「Chromecast」の使い道と言えるでしょう。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






「Google Chrome」の「保護されていない通信」サイトは安全か?






「Google Chrome」の「保護されていない通信」サイトは安全か?


SSL

当ブログもそうなのですが、現在多くのブログを「Chrome」ブラウザで表示すると、HTTP接続を使っているWebサイトはアドレスバーのURLの左側に「i」のアイコンが表示され、クリックすると「このサイトへの接続は保護されていません」という警告が表示されるようになっています。

これは、Google側の措置で、2018年初頭からこのように「https」から始まるアドレス以外のサイトに表示されるのですが、現在各サーバーにより対応がまちまちなので「混乱」されるユーザーさんも多いと思います。
当ブログも「ライブドア」のシステムを使用して配信しているのですが、「順次対応予定」となっているものの、いまだ対応されていないのが現状です。
2019年1月現在、Googleの「勇み足」のような面も・・・
現在、「ブログサービス」として対応が確認されているのは、「レンタルサーバによるワードプレス」「はてな」「アメブロ」「Yhooブログ」などまだ少数で、利用者の多い「ライブドア」「FC2」「忍者」など対応を予定しているものの、なかなか時間がかかっているのが現状のようです。

この辺、Googleが先走ってしまった感はあります。

chrom-ssl-001

「人気ブログランキング1位」のこのサイトでも未対応。

さらの「メーカーの公式ブログ」でも同様です。

chrom-ssl-002

ただし、「ブログ」での「商品紹介」「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」などへのリンクがほとんどなので、ブログ配信者に「個人情報」が知られる心配はありませんので、こうしたブログサイトを閲覧、利用する事は決して「危険」という訳でもなさそうです。

しかし、ブログ管理者からしてみれば、いち早く解決してもらいたい問題ではあります。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






「Chrome」ブラウザ内で「Keep」メモを編集する-拡張機能「Google Keep Chrome」






「Chrome」ブラウザ内で「Keep」メモを編集する-拡張機能「Google Keep Chrome」

chrome-keep-000

簡単に、「メモ」を作成でき、スマホアプリもあり、「データを同期」して、PCで作成した「メモ」を外出先のスマホで確認できるので非常に便利に利用していますが、Webブラウザ「Chrome」の「拡張機能」が追加できるようになりました。

スマホアプリとも「同期」できるメモがブラウザ内で編集できるのは思いのほか便利
chrome-keep-005


chrome-keep-006

Google Play で手に入れよう
Chromeウェブストアで「GoogleKeep」を追加する

chome-keep-001

「拡張機能」が追加されると、下記のようにアイコンが追加され、ここをクリックすることにより、スマホアプリなどで見慣れた「Keepメモ画面」が表示されます

Chrome-keep-002

これで、PCで作業しながら、思いついた事をブラウザ内で「メモ」して、コピーや転送などの操作なしに勝手にスマホに内容が同期表示してくれるので、思いのほか「使える機能」だと思われます。


chrome-keep-003


この手の「Googleの便利アプリ」はPC版に限っては、ブラウザ「Chrome」の「拡張機能」扱いとなっているものがほとんどですので、「Edge」「IE」「Firefox」派の方々でも導入必至なブラウザと言えるでしょう。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村








スマホのストレージ不足対策-「ブラウザ」内で完結できる機能はアプリをインストールしない方法も






スマホのストレージ不足対策-「ブラウザ」内で完結できる機能はアプリをインストールしない方法も


suma-st-000

スマホの便利なところは、使いたい機能のアプリを次々とダウンロードして「追加」し、アップグレードできるところですが、「ストレージ容量」が足りなくて、インストールできないケースも多々あります。

そこで、発想を転換して、「別の方法で機能だけ利用する」方法もありますので、試される価値はありそうです。

「フリマアプリ」「Office」など、標準搭載の「Webブラウザ」を通して利用できるサービスも存在しますので、「データ使用量」は同じでも、端末の「ストレージ」領域は「ブラウザ」の分だけなので、使い勝手は多少異なるものの、ストレージの「節約」をする事が可能なケースも多いです。

「マルチプラットフォーム」のサービスでは、この方法で「アプリをインストール」しなくても利用できるケースもあります
例えば、人気の「フリマアプリ」でも「ブラウザ」で利用できるものも存在します。
suma-st-001

suma-st-002

2018年11月現在、「メルカリ」「ジモティー」「ラクマ」ブラウザから利用可能なのを確認できました。


suma-st-004

ただし、「Nojimaオンライン」等、新興のサービスですと、アプリをダウンロードしなければ利用できないサービスが登場してきつつるようなので、その辺は「使い分ける必要」はありそうです。

また、スマホ端末にインストールするほどでもないけれども、内容をチェックできれば便利「mirosoft online office」なども、ブラウザから内容を確認できます。
suma-st-005

考えてみれば「ガラケー時代」のネットサービスの多くは、この使い方をしていたはずなので、別段「裏ワザ」でもありません「スマホネイティブ」な世代には知らない人も多いかも知れません。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






怪しいMicrosoftを名乗る「警告メッセージ」が消えない時






怪しいMicrosoftを名乗る「警告メッセージ」が消えない時


microsoft-000

MicrosoftGoogleを装って、ブラウザ画面に「警告メッセージ」を表示し、「電話番号」「メールアドレス」「FacebookID」を入力させようとする「悪質メッセージ」があとを絶ちません。

これは、サイト内の「あるページ」にアクセスしようとすると、こうした画面が表示させ、個人情報を盗もうとする「悪質なマルウェア」らしいです。


ブラウザ「タスクマネージャー」で「FireFox」を強制終了させれば再起動しても表示されませんでした
この画面は「Microsoft」からのメッセージを装っていますが、よく見てみると、あきらかに「ロゴ」がよく似せていますがMicrosoftのものとは違っています。

microsoft

このメッセージは、ブラウザのタブを閉じたり、「X」でブラウザを終了することができないタイプで、最初はかなり焦りますが、こんな時は、あわててPCをシャットダウンしないで(システム自体が不調をきたす恐れがあります)、「Ctrl」+「Alt」+「Delete」を押して「タスクマネージャー」を起動させましょう。

microsoft-002

感染しているブラウザ選択し、「タスクの終了」をクリックし、ブラウザを「強制終了」させます。

その後、同じブラウザを立ち上げれば、また元に戻ります。

念の為、他のページにも同様のプログラムが仕掛けられている可能性が考えられますので、便利だと思って使用しているサイトでも、近づかないほうが身のためだと思います。

驚いたことに、このサイト、あるPC雑誌で「使えるWebサイト」として紹介されていたものです。


まあ、怪しいサイトにアクセスしなければ済む事ですが・・・。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場





スポンサーリンク









参加中のブログ
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...