セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

プレイリスト

「Music Bee」-「プレイリスト」を作る






「Music Bee」-「プレイリスト」を作る

mb-img

「プレイリスト」とは、お気に入りの楽曲を「好みの順番で再生してくれる」、ひと昔で言うところの「自分だけのオリジナルベスト版カセットテープ」を作る感覚のリスト機能で、収録時間に限りのある「カセットテープ」と違い、「ストレージ」の許す限り「数百曲」にも及ぶリストの作成も可能です。

ほとんどの「音楽プレイヤー」で採用されています。

当然「Music Bee」でもこの機能を搭載されていますが、「iTunes」同様、「高機能」であるがため、「少々分かりにくい」というのが難点ですが、コツさえつかんでしまえば、自由に「プレイリスト」作りを楽しむ事が可能です。
正直「使いやすい」とは思いませんがちゃんと作成できます
mbee-pl-003

「プレイリスト」を作成するには、まず左上の「Music Bee」→「ファイル」→「プレイリスト」→「新規プレイリスト」と進むと「空のプレイリスト」が作成されますので「任意の名前」を付けます。

m-bee-pl-001

「プレイリスト」に曲を追加するには、「追加したい楽曲を選択」した上で、「右クリック」→「送る」→「プレイリスト」→「作成したリスト」に追加します。

mbee-pl-004

作成した「プレイリスト」を参照するには、「左メニュー」の「プレイリスト名」をクリックすれば、「再生順」に内容が表示されます。

m-bee-pl-002

曲順の「並べ替え」も「マウス操作」で、簡単に行えます。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






「プレイリストおじさん」-「MP3+m4a混載プレイリスト」を作る






「プレイリストおじさん」-「MP3+m4a混載プレイリスト」を作る


pm-pl-000

私のスマホには、MP3再生用に「Google Play Music」、「音楽サブスクリプション」として「Amazon Prime Music」アプリをそれぞれインストールしていますが、「サブスク」の楽曲は「専用アプリ」でか再生できないので、それぞれ切り替えて聴くしかないと思い込んでいましたが「Amzon Prime Music」アプリでも、端末内の「MP3ファイル」が再生できるので、「MP3+サブスクのm4a」混在の「プレイリスト」を試しに作ってみたところ、意外と簡単に作成できたので、その方法を紹介します。
Amzon PrimeMusicアプリなら「MP3+m4a」混載して認識して「プレイリスト」が作成できます



Google Play で手に入れよう

こんな感じの「混在プレイリスト」「Amazon Prime Music」側で作ってみます。

pm-pl-001

注意しなければならない点は「Amazon Prime Music」は、通常の「MP3ファイル」に比べ、かなり「音量が高い」ので、「MP3ファイル」も、なるべく近い音量に合わせる事。

下記の方法で、音量を変換しておきます。




この「MP3Gain」で、Volume「98dB」に変換しておくと、正確とはいえないものの、アプリ側で、適当に合わせてくれますので、「連続再生」しても、あまり違和感なく聴く事ができる印象です。

pm-pl-002

端末内の「MP3」ファイルを追加するには、「Amazon Prime Music」を「オフライン」にすると、楽曲が表示されますので、「プレイリスト」に入れたい曲名の右側の「:」をタップします。

pm-pl-004

次に、操作方法で「プレイリストに追加」タップ

pm-pl-005

既存の「プレイリスト」に追加するには、プレイリストを選択します。

pm-pl-006

画面右上をタップすると、プレイリストの操作が可能になりますので、「編集」を選択すると、「曲順」の変更が可能です。

pm-pl-007

気になる「音質」ですが、個人差があり、それぞれ好みの分かれるところですが、「サブスク」に合わせてくれているようなので、個人的にはあまり違和感なく聴けています。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






「プレイリストおじさん」-「YouTube Music Premium」アプリを試してみる






「プレイリストおじさん」-「YouTube Music Premium」アプリを試してみる


youtube-m-info

「YouTube」が、動画と音楽の「有料サブスクリプションサービス」「YouTube Pemium」を開始しました。

「1ヵ月間無料お試し期間」なので、とりあえず、「YouTube Music Premium」を導入してました。



将来「Google Play Music」と統合されるとのことなので「様子見」といったところか
現時点では、「お試し期間」なので、「無料」ですが、1ヵ月過ぎるとPCのデスクトップ版が、980円/月、スマホ・タブレットアプリは、1,180円/月になりますので、「高いか安いか」「トライアル体験」してからの判断となりそうです。

デスクトップ版


Google Play で手に入れよう

実際に使用してみた感としては、先発の「Spotifi」「Amazon Prime Music」と比べ、インターフェースがまだ「試行錯誤」しているようで、洗練されておらず、聴きたい楽曲を探すのに戸惑いました。

youtube-m-000

「プレイリスト」もまだまだ充実とは言えない印象です。

youtube-m-001

「YouTube」ならではの特徴として、検索結果「アーチスト」「曲」「アルバム」「動画」が一覧で表示され、いちいち画面を切り替える必要がない点。

youtube-m-002

有料の「Premium」プランなら、スマホでも「バックグラウンド再生」できるのも便利な機能です。

youtube-m-003

ただ、「シャッフルなし」「広告なし」「オフライン再生」など、ほぼ「Spotifi」を意識していながらも、「ダウンロード再生に」期限があるなど、「後発サービスのわりに割高感」があるのは気になるところです。

「YouTube」音楽については、「非公式」ながら、下記のような方法で楽しむ事もできるので、これから、「どういうメリット」がでてくるのか、「検証」していきたいと思います。


【Chromecast】対応のサービスです
スマホ・タブレット用のサービスですが、大画面テレビで視聴する事ができます。

スマホ・タブレットがリモコンになります。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






「プレイリストおじさん」-Amazon Prime Musicアプリでスマホ端末内の音楽ファイルをリスト化できる






「プレイリストおじさん」-Amazon Prime Musicアプリでスマホ端末内の音楽ファイルをリスト化できる


am-pl-img-000

最近の楽曲については、音楽配信サービス「Amazon Prime Music」からダウンロードしたり、「プレイリスト」を作成したりと楽しんでいますが、配信に対応していないアーチストの楽曲など、別のサービスから入手するしかないのですが、スマホアプリ版であれば、「アマプラ」内のプレイリストに、端末内の「MP3」等の楽曲を追加できる事が確認できました。

Amazon Prime」で配信されていない楽曲も追加可能ですが・・・

am-pl-img-001


Google Play で手に入れよう

「Amazon Prime Music」スマホアプリ、端末内の「音楽プレイヤー」としての機能もあります。

am-pl-img-002

「アマプラ」のプレイリスト端末内の他の楽曲を追加するには、楽曲表示右側の「︙」をタップ。

am-pl-img-003

ただ、理由はよくわかりませんが、一部「Amazon Prime」側で読み込まない楽曲もありますので、当然、「プレイリスト」に追加できないケースもある事も事実です。

am-pl-img-004

うまく追加できれば、「アマプラ」の「m4a」ファイルと、スマホ端末内の「MP3」をミックスした「プレイリスト」を楽しむ事が可能です。

なお、他の「音楽配信サービス」同様「音量」が一般の「MP3」に比べ高い楽曲が多いので、端末のファイルの「音量レベルを97.0~100.0程度」に変換しておくと、完全ではないものの、あまり「違和感」なく聴く事ができる感触です。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村









「プレイリストおじさん」-Amazon Prime Musicで「プレイリスト」を作る






「プレイリストおじさん」-Amazon Prime Musicで「プレイリスト」を作る

Amazon-pl-000

「音楽ファイル」については、過去のCDやダウンロードした音源を「MP3」化して「Google Play Music」アップードして管理していますが、「Amazonプライム会員」になってから、「新譜」など、ほとんど「聴き放題」で聴く事ができ、スマホにダウンロードして「オフライン」で楽しめるので、旧コレクションは「Google」、最近の楽曲は「Amazon」と使い分けています。



サービス開始当初は、とにかく「邦楽」のラインナップが少ないという印象でしたが、最近では、日本のアーチスト側でも、発売と同時に「配信」されるアルバムも増えてきています。

「アマプラ」のプレイリストは「オンライン」と「オフライン」で別々の設定が必要?
「Amazon Prme Music」も他の「音楽サブスプリクションサービス」と同様に、複数の端末でも「同一アカウント」でログインすれば、登録した楽曲が反映されて聴く事が可能です。

amazon-pl-001

もちろん、登録した楽曲から自分オリジナル「プレイリスト」を作成する事もできます。

Amazon-pl-002

PC版アプリでは、「プレイリスト作成」はかなりわかりやすいサービスといえます。

amazon-pl-003

ただ、「Google Play Music」違いスマホアプリについては、「楽曲登録」情報は反映されるものの、PCで作成した「プレイリスト」が反映されません。

そこで、スマホアプリ版側新たに「プレイリスト」を作成する必要があります。


amazon-pl-008

ところが、スマホ版では、「プレイリスト」作成に、結構クセがあり、慣れるまでなかなか上手く作れませんでした。


amazon-pl-010

正しい方法か定かではありませんが、先に端末側に楽曲をダウンロードしておかないと、上手く作成できないようです。

amazon-pl-012

上手く作成できると、下記画像のように、好みの「プレイリスト」が出来上がりました。

amazon-pl-009

ただ一つ不満な点は、「Amazon Prime Music」全体に言える事ですが(特にネットラジオで感じる)、「楽曲毎の音量が一定していない」という事。

PC版では、「設定」で何とか近づける事(あくまでも近づいて聞こえる程度)ができますが、スマホ版アプリでは「設定」画面が見つからない?のでそのまま利用しています。

しかし、この手の「音楽サブスプリクションサービス」の中では個人的な感覚でしょうが、「Apple Music」「AWA」と同音質と感じるので概ね満足しています。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場





スポンサーリンク









参加中のブログ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...