セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 現在は店は構えず、ネット通販コンサルタント、人脈を活かした「マリッジアドバイザー(仲人業).仕事の「パートナーマッチング」のお仕事がメインになりつつあります。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

メール

「iPhone/iPad」-メールの「〇〇〇から送信」という表記を消したり任意の名称に変更するには



「iPhone/iPad」-メールの「〇〇〇から送信」という表記を消したり任意の名称に変更するには


mailphoto

デフォルト「iOs」付属のメールアプリからメッセージを送信すると、「iPhoneから送信」「iPadiPadから送信」などと表示されてしまいます。

これも「設定」によって、「変更・削除」が可能です。

また、別の無料メールアプリ「Spark」を使用する、という手もあります。

メールアプリの設定で「署名」を「変更・削除」する事が可能です
「iOs」のメールアプリには、「署名」機能が搭載されていて、そのままの設定のままですと、あらかじめ用意されている「iPhone/iPadから送信」という署名がメールを送信する都度、文書の末尾に「自動的に入力」されてしまいます。

iphone-mail-003


iphone-mail-006


そこで、元から入力されている「iPhoneから送信」などの「署名」を「削除」するか、「オリジナルの署名」を作成すると、「任意の文字列」で送信できるようになります。

iphone-mail-002

この機能を利用すれば、PC用の「Outlook」などのメールソフト同様、「ビジネスメール」などのやり取りにも便利かも知れません。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「iPhone/iPad」の文字入力-結局一番速いのは「音声入力」?



「iPhone/iPad」の文字入力-結局一番速いのは「音声入力」?


iPhone-koe-000


こうした、PC/スマホなどを敬遠する向きには、「文字入力」が面倒という人が少なくないようです。

かくゆう私も「PCのキーボード入力」から入ったので「ガラケー」時代から、端末の「文字入力」には「食わず嫌い」感がありました「iPhone/iPad」に限っていえば「メール」「SNS」など、意外に使えるようです。
「食わず嫌い」感はありましたが「編集」は必要なものの「速い」のは確かなようです

iPhone-koe-001

「音声入力」「有効」にするためには、「設定」→「一般」→「キーボード」→「音声
入力」を「オン」にする必要があります。

iPhone-koe-002

「メール」に限らず、「音声入力」に対応しているアプリであれば、「地球マーク」のとなりの「マイク」マークをタップすれば「音声入力」が有効になります。

iphone-koe-003


「LINE」でも、このように「入力」できます。

iPhone-koe-004

「Twitter」でも同様です。


iPhone-koe-005

もちろん、「Facebook」にも「音声入力」対応されています。

iPhone-koe-007

「メール」「SNS」など、「話口調」で入力する事が可能ですが、「漢字」「句読点」「〜」「()」などは、けっこう崩れてしまいます、大した「修正」が必要になるわけではないので「実用的には問題」でもないでしょう。

Android端末でも可能でもあるのですが、「OSレベル」では対応しているものの、「端末機種」にもよるようなので、「iPhone/iPad」なら問題なく使用できる印象です。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「メール」や「ブログ」に簡単に「表」を貼り付ける-「Google Sheets」



「メール」や「ブログ」に簡単に「表」を貼り付ける-「Google Sheets」

g-sheet-001
「表計算ソフト」で作成した「表データ(スプレッドシート)」を、面倒な「変換」などなく、「そのまま」メールやブログ記事に貼付けできたら便利ですよね。

表計算ソフトとして「Excel」を利用されている方も多いと思いますが、「Googleアカウント」さえ持っていれば「無料」で使える「Google Sheets」作成した「表」であれば、そのまま「コピペ」するだけで、「メール」や「ブログ記事」に貼り付ける事ができるので便利に使っています。

「HTML対応」のメールソフトやほとんどの「ブログ」で対応していますが「SNS」サービスにはすべて非対応のようです
g-sheet-000

「Excel」を利用されている方であれば、直感的に表を作成できると思います。

g-sheet-002

貼り付けたい「表の範囲」を「選択」「右クリック」でコピーします。

「メール」に貼り付けるには「記事作成欄」に「貼付け(ペースト)」します。

私の環境では「Thunderbird」を愛用していますが、「Windows10」の「メール」機能も「HTMLの有効設定」をしてあれば、下記のように表示されます。



g-sheet-000-thun

「iPad」「Spark」でもこの様に表示できました。

g-sheet-002-ipad

Android端末「Gmailアプリ」でも同様に・・・。

g-sheet-002-and


当ブログ「Livedoor」ですが、結構この機能を使っていますが、便利に利用させていただいております。

その他の人気ブログサービスでも「検証」してみた結果。

g-sheet-004-fc2


「FC2」ブログではこんな感じ。

g-sheet-006-ninja

「忍者ブログ」でも同様。

g-sheet-005-hatena

「はてなブログ」も当然対応。

g-sheet-007-blogger


意外な伏兵「GoogleBlogger」も当然対応されているのを確認できました。

確かに「便利な機能」ではありますが、「Facebook」「Twitter」「Instagrom」「LINE」など「SNS」には非対応のようです。

おそらく「画像として保存してアップロード」すれば可能かも知れませんが、「そこまでの」必要は今のところ感じないので試していません。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「iPhpne」「iPad」でテキスト読み上げ機能を使う



「iPhpne」「iPad」でテキスト読み上げ機能を使う


iOs-yomi-000

「iPhone」「iPad」「iOs」標準の機能ですが、あまり知られていない機能が「テキスト読み上げ」でしょう。

何も「最新」の機能でもなくけっこう古い機種でも利用できますので、OS付属の「メモ」アプリを使って「伝言」など、使い道はありそうです。
意外と知られていない機能ですが、けっこう古い機種でも有効です
「メモ」アプリ「伝言」を残してみました。

iOs-yomi-001

この機能を使うには、端末の設定が必要です。


iOs-yomi-002

「設定」→「一般」→「スピーチ」タップします。


iOs-yomi-004

初期設定では、「スピーチ」「アクセシビリティ」「OF」になっていますので、すべて「ON」に変更します。

これで「メモ」アプリ含め、iOs標準の「メール」、ブラウザ「Safari」であれば、「画面上から2本指で下にスワイプ」すると「テキスト部分を読み上げ」てくれるようになります。

ただし、他社製の「メールアプリ」ブラウザ「Chrome」などには対応していないようです。

ちなみに、「Facebook」「Twitter」は記事毎に読み上げてくれますが、「LINE」「おかしな読み上げ」になるようなのでお勧めしません

必要に応じて使い分けれ使い分けれれば、けっこう便利な機能だと思われます。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

電車の中吊り広告-「即レスしなかった程度で失われるものを、友情とは呼ばない。」



電車の中吊り広告-「即レスしなかった程度で失われるものを、友情とは呼ばない。」


sokuresu-000


いつも利用いている「電車内」で発見、「なるほど」と思い、思わず「パチリ!」。
「おじさん」もそう思います
「スマホ」「SNS」が存在しなかった時代から働いている、私たち「おじさん世代」にとっては(個人的にはですが)、「留守電」「FAX」「共同PCでのメール」など、限られた時間、場所でしかやり取りをしていなかった世代の人間にとって、なかなか馴染めない習慣がこの「即レス」しなければならない、という雰囲気です。

現代社会に於いては、こうした手段を使わずに生活は成り立ちませんので、当然利用していますが、こうしたメッセージを確認するのに「時間を決めてチェックする」という習慣がいまだに抜けきれないので、こうした「即レス」文化についていけていません。(「自分もおじさん世代」だな~と感じますが)。

ただ、実感しているのは、仕事でもプライベートの場面においても、「緊急の事態は別として」、「即レス」しなくても、さほど支障を感じる事もないので、「マイペース」を保っています。

さらに、会社、団体などによっては「固定電話」「FAX」「ガラケー」「郵便」しか受け付けないところも実際存在・活動しているので、あまりこだわる必要はないと思うのですが・・・。

一定の年代、環境によっては、あえて「アナログな連絡にこだわる」友人もいますが、不便を感じることなく付き合っています。


かくゆう私自身「歩きスマホ」については「見ながら歩き」はしないものの、移動中「Radiko」や「Podcast」に夢中になっていて、よく注意を受けることがありますので、偉そうな事は言えませんが・・・。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク