セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

ワンセグ

単身者向けテレビ-「FUZE」の14インチDVDドライブ内蔵ポータブルテレビ



単身者向けテレビ-「FUZE」の14インチDVDドライブ内蔵ポータブルテレビ

p-tv-000


現在、ほとんどのメーカーで生産されていない「14インチ」サイズで「HDMI」「AV」入力端子を備えている「自分の部屋専用」のテレビ・モニターとして購入を検討しているタイプの製品です。
「チューナー」は地デジワンセグ・フルセグしか内蔵していませんが「CPRM対応」DVD再生に対応しているので「ポータブルテレビ」として割と便利、一台あると重宝します
fuze-000

本来「ポータブルテレビ」として販売されているのですが、形状として「14インチサイズ」の上「据え置き型」なので「セカンドテレビ」としては使えそうな感じです。

電源として、内蔵バッテリー、ACアダプター、カーアダプターの3電源対応されていて、屋内・自動車内・屋外とシーンに合わせて電源を使い分けることができとのことですが、サイズ的に持ち運ぶには難がありそうです。

接続端子として、
AV出力端子、HDMI入力端子、AV入力端子が付いているので「ゲーム機」「クロームキャスト」「FireTV」などのモニターとしても使えそうです。

画面としては「HD」対応ですが「14インチ」であればサイズ的に凝縮されているので「SD画質のDVD」メディアも結構きれいな画質で視聴できるようです。

もちろん、他の「BDレコーダー」などで録画した「地デジ」「BS。110°CS」番組など「CPRM保護」されているディスクや「SDカード」「USBメモリー」にも対応しているので、見た目よりモニターとしての使い勝手は良さそうです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「テレビ視聴」に特化した「格安タブレット」の実力は



「テレビ視聴」に特化した「格安タブレット」の実力は

kaihou-tab-000

最近、最寄りの「ホームセンター」で気になっている、10インチ1万円前後の「タブレット端末」を販売されているのですが、聞いた事のないブランド製品なので「ネット上での評判」を検証してみました。

ただ、この製品は現在生産終了されているらしく「初期不良」でも「メーカー」で対応してくれなくて「販売店まかせ」との声もチラホラ・・・

この「メーカー」タブレット市場というより「ワンセグ機器」「車載テレビ」などの製品を主に扱っているようです。
「AndroidOS搭載」とうたっているものの機能が「フルセグ・ワンセグテレビ視聴」に限られているようです・・・
さて、この製品ですがテレビ機能としては「フルセグ」と「ワンセグ」の両チューナーを一基ずつ搭載していて、「地デジ受信環境」によって「フルセグ」「ワンセグ」を自動で切り替えてくれるという機能が「売り」のようですが「BS・110°CS」には非対応です。

しかし「浴室対応」をうたっているものの、リモコンが「防水非対応」であったり、「タッチ操作に不具合がでる」など「評判はイマイチ」なようです。

また、「Android搭載」ではありますが、バージョンが5.1という正直いって現在のアプリが動かないタイプのもので、「Playストア」にも非対応で、プレインストールされているものしか使えないようです。

メールもWebメールしか対応できない上、「WiFi」でも「地デジ」以外では「YouTube」にしか対応できなく、高スペックを求める「Netflix」など「サブスクリプション」も使えません。

AndroidのOSバージョンとしては「Facebook」「LINE」「インスタグラム」も利用不可なので、既設のテレビの「子機」として割り切って使うという用途には向いているかも知れません。

「浴室テレビ」として使用したいというのであれば、2020年1月現状「Panasonic」一択しかないので、プラス約1万円ほどしますが、「防水対応」としては他に選択肢はないので、まよわず「Panasonic」の「プライベートビエラ」を選ぶべきでしょう。

同サイズのタブレットとして「同価格帯」で他を見てみると、Amazon「Fire HDタブレット」という選択肢もあり、「フルセグ」「ワンセグ」「BS・CS」には対応していないものもほとんどの「動画配信サイト」には対応しているので「映像モニター」としては充分満足できる可能性はあるかも知れません。ただこちらも「Playストア」が利用できないので「LINE」など一部のアプリが使えない問題はあるものの「サブ」の「タブレット端末」としては「お買い得感」はありそうです。

いずれにしても、この価格帯のタブレット端末「帯に短したすきに長し」といった感ですので、用途を見極めて選んだほうが、あとあと後悔せずに済む分野と言えるでしょう。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「ワンセグ」NHK料金についての問い合わせの件



「ワンセグ」NHK料金についての問い合わせの件


one-seg

多くの方が勘違いされているようなところが、「ワンセグ対応携帯・スマホ」を持っていたら「NHK受信料を必ず払わなければならない」と思われている点。

NHKの受信料については、あくまで「受信機器」に対してではなく、「世帯」に対してになりますので、仮に1件の家で10台テレビがあったとしても、「受信料」は1件分のみになります。

ちなみに私の「お客様宅」で、1件5人世帯なのに、計11台のテレビ受像機を設置されているお宅も実在しますが、あくまでも「NHK受信料」は1件分のみになりますので「ワンセグ携帯・スマホ」も同様の考え方になります。

この裁判例では、「テレビの受信環境がワンセグしかない」というレアなケースなので、すべての「ワンセグスマホ」所持者にあてはまるものではない、という説明が抜けている感はあります。


個人的には、「お金」取るなら「NHKオンデマンド」や「ネットサイマル放送」の「無料化」すべきと思うのですが・・・


あくまでも個人的見解にはなりますが、「Netfllix」「WOWOW」など、同じ「お金」を払う「テレビサービス」なのであれば、「NHKオンデマンド」の無料化「らじるらじるネットラジオ」などの「エリアフリー」「タイムフリー」などに対応してくれるのであれば、皆さん喜んで支払ってくれると思うのですが・・・。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

NHK「ワンセグケータイ」でも「受信料支払い」の判決がでましたが・・・



NHK「ワンセグケータイ」でも「受信料支払い」の判決がでましたが・・・


oneseg-000


ワンセグスマホにおいても「NHK受信料」を支払う義務があるとい判決がでたという事で騒がれていますが、このケースは、「自宅にテレビを所持しておらず、したがって受信料を支払っていなかった」というもので、「世帯で支払っている場合」は該当しないので、自宅でテレビを所持していれば、受信機自体、何台も受信機があっても「1世帯分だけ支払えば」、ワンセグ機器を持っていても、追加で「支払う必要がある」わけではないので、自宅で支払っていれば該当しないので、ご心配なく。
勘違されている人もいますが、既に払っている世帯であれば追加で「払う必要」があるものではない、レアなケースでしょう


実際、このケースに当てはまる人も「少数」らしいので、いかに「単身者」といえども「テレビ」も持っているのがほとんどですので、かなり「レア」なケースでしょう。
「AbemaTV」や「アマプラ」などがメインになり、確かに「オワコン」感は否めませんが


ただし、本当に「テレビ受像機」を所持していなくても「AbemaTV」や「アマプラ」で、「映像コンテンツ」は享受できるので、こうしたケースを嫌うならば、「ワンセグ非対応」の「iPhone」しか所持していないと言い張れば大丈夫という声もあるようですが、「正規に支払っている世帯」にも平気で訪問してくるのが「NHKの集金人」なので(実際、私も1年くらいダマされて2重に支払っていたことがあります)、決して「安い料金」ではないので、よく確認しておいた方が良いでしょう。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「BDレコーダー」の「番組持ち出し機能」を使用してみるも・・・



「BDレコーダー」の「番組持ち出し機能」を使用してみるも・・・


diga-sd-000

「BDレコーダー」の発売当初、ウリにしていた機能のひとつが「SDカードへの番組持ち出し機能」。

Panasonic、東芝、SHARP製などには、現行機種で搭載されているようですが、「再生できる機種」が限られてしまうためか、あまり積極的にアナウンスされていない気もします「使いようによっては、便利」な機能なので、たまに「ワンセグ対応スマホ」で利用しています。

確かに便利な機能ではあるけれど「再生環境」が限られているのが残念

我が家の、ブルーレイレコーダー「DIGA」でもこの機能が使えるので、試してみました。


diga-sd-001

HDD内の「録画一覧」から、持ち出したい番組を選んで「番組編集」→「持ち出し番組の作成」と進みます。

diga-sd-002

レコーダー「SDカード」を差し込み、画質の選択をします。

diga-sd-003

再生に実証したい機器が、「ワンセグ機能付きスマホ(AQUOS)」なので「高画質(VGA)」に設定して、データを作成します。

diga-sd-004


diga-sd-005


diga-sd-006

この時点では「持ち出し用のデータ変換」がレコーダーのHDD内に作られただけですので、次に「SDカード」に書き込む工程が必要です。

diga-sd-007

「持ち出し機能」も通常の「デジタル放送のダビング」と同様の扱いになりますので、番組により、「ダビング10」「コピーワンスによるムーブ」になります。

diga-sd-008

diga-sd-010

「転送」作業が完了すると、レコーダー側で「持ち出し番組一覧」に表示されますが、今後、このレコーダーでは「再生できなく」なります。

diga-sd-011

ただし、この時点で、「録画データ」が「ムーブ」されたことになり、HDD内から削除される上、同レコーダーでは再生できない仕様になっているので、「バックアップ」にはならないので、引き続き同じ環境で視聴したい場合「ブルーレイ」や「DVD」ディスクにダビングするしかなさそうです。

同様、PCでも対応しているアプリがなく、「SDカード」内では再生できません。

スマホの場合、「ワンセグ対応機」であれば「再生」可能ですが、対応スマホなら当然「録画機能」があるので、この「持ち出し機能」をわざわざ利用するメリットは「?」というのが本音かも・・・。

この辺が、いまいち普及しない原因なのかもしれません。

しいていえば、「ワンセグ対応」していない「BS・CS放送」の番組をスマホで観たい時には使えそうな機能といった感じでしょうか。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク