セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

充電

スマホのバッテリーを長持ちさせるという「噂」の本当のところ



スマホのバッテリーを長持ちさせるという「噂」の本当のところ


suma-bttery


生徒さんからもよく質問される「ケータイ・スマホの充電のタイミング」問題ですが、先日、「auショップ」で勤務されていた方とお話しする機会があり、「本当ところ」を教えてもらう事ができました。

ガラケー時代からあれこれと噂がありましたが、「ショップ店員さん」に確認してみました
私自身、間違って使っていた点で、気付かさせてもらった点は、以下の通り。

【夜寝るときに充電を差して寝る】

これは私自身よくやってしまうのですが、この方法はバッテリーにとってはあまり良いことではないらしいです。

当然の事ですが「過充電」になってしまうので、バッテリーをけっこうイジメている事になります。

半分以上消費してから充電する(50%切ってから)のが最もバッテリーに負荷のかからない充電方法だそうです。

スマホのバッテリーにとって最も良いのは、バッテリーの残量を20%から80%の状態を維持することであるとの事。

【Wi-FiやBluetoothを繋げていると電池持ちが悪くなる?】

これも、そう思いがちですが、で、Wi-FiやBluetoothは限られた空間で限られた端末だけが接続できる電波なので、地域の基地局から通常の4G電波を受信するよりも電波を探すために消費エネルギーが少なくなるため、バッテリーの持ちがよくなるとの事です。

ただし、繋がるWi-FiやBluetoothがない状態でスイッチをONにしっぱなしにすると、スマホが接続をしようとしてエネルギーを消費するため、使わないときはスイッチをOFFにしたほうが良いとの事。

【PCに繋いで充電すると悪影響を及ぼす?】

これも多くのユーザーが勘違いしているところで、特に問題はないそう。

PCからの充電だと充電スピードが遅くなるが、急速充電のほうがバッテリーへの負荷が高いので心配はないそうです。

【電源をOFFにしたほうが電池持ちがよくなる?】

これも、当然そうだと思い込みがちですが、間違いで、電源OFFにしてもそこまでバッテリーに休息を与えることにはならず、スマホは使用していない時間は自動的にスリープモードになっていて、このスリープモード自体が、電源OFFにしている状態とほぼ同等なのだそう。

だから、電源OFFにしたからといって電池持ちが良くなるという訳ではないのです。

【使い切ってから0%にしてから充電すべき?】

これも「電気屋のはしくれ」としてはお恥ずかしい限りの知識不足で、「バッテリーが最もダメージを受けるのは100%のときか、0%の時である」のが常識だそうです。

ちなみに私もこれを試してみたところ、以前よりも充電の減りが遅くなった(ような気がする)ので、ぜひお試しあれ!



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スマホにまつわる「都市伝説」にダマされないように-検証3選



スマホにまつわる「都市伝説」にダマされないように-検証3選

suma-den-000


ネット上で囁かれているスマホに関する様々な「都市伝説」。

とくに「事故」につながりかねない「充電」に関する「噂」を検証してみました。

「伝説1」USBよりAC充電の方が早い?
suma-densetu

ほとんどのスマホの充電は、PCなどから給電する「USB充電」と、電源コンセントから給電する「AC充電」があります。

「USB」では、規格上、「500ma」までしか電流が流せない仕組み。

対して、充電器にもよりますが、「AC充電」のほうが、「1A(1000ma)」前後で給電が可能なので、「USB」より「AC充電」のほうが充電速度は速いというのが正解です。

ちなみに「Qi(チー)」規格のワイヤレス充電器は、いまだ「正規品」が発売されておらず、けっこう時間がかかる、というのが実情のようです。


「伝説2」電子レンジでスマホは充電できる?
この「噂」の出どころは「某掲示板(BBS)」と言われていますが、まったくの「デタラメ情報」です。ゼッタイに実行しないでください、事故につながるおそれ大です。

まことしやかな「フェイク動画」も出回っているようですが、あくまでも「ニセ情報」です。



また、似たような情報として、「グレイアウト」したiPhoneを「電子レンジ」で復活させるというのもありますが、結果は同様で「スマホが壊れる」だけとの報告が上がっています。
「伝説3」バッテリーは冬のほうが減りやすい?
これもある意味「正解」

スマホに使用されている「リチウムイオン電池」には、寒い環境下におかれると、電気を取り出すための化学反応が鈍くなるという性質があります。

結果、電圧が保てず「バッテリーが減ったように見えてしまう」のが現実。

しかし、基本的には「常温」になれば元に戻るのであまり心配しなくても良いそうです。


いずれにしても、「裏ワザ」の中には「フェイク」のものも混ざっていますので、「自己責任」の世界であることは言うまでもありません。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

100円ショップ-「パイプ椅子型スマホスタンド」(キャン・ドゥ)



100円ショップ-「パイプ椅子型スマホスタンド」(キャン・ドゥ)

100-ss-001

同居の家族が(高齢者)がよく、携帯電話を自宅内で紛失したり、充電し忘れる事が多く、なにかいい方法がないか模索していたところ、「キャン・ドゥ」でこの商品を見つけたので、ものは試しと購入してみました。
シンプルな「アイデア雑貨」ですが、「携帯紛失」防止に便利そうです
100-ss-004

見た感じ、パイプ椅子のフィギアという感じですが、「ストッパー」が付いていて、ちゃんと「スマホ・携帯」が設置できる仕様になっています。

100-ss-003


100-ss-005

スタンドに設置したまま、充電できるようになっています。

100-ss-006

「携帯の置き場所が決まっていない」「充電を忘れる」ので、「仏壇」に設置して、使用しない時は常に「この状態」にするようにさせようと仕向けていますが、なかなか覚えてくれないのが悩みのタネですが・・・。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

100円ショップ-USB方向転換器の思わぬ便利さ発見



100円ショップ-USB方向転換器の思わぬ便利さ発見


USB-tenkan-001

以前、紹介した「USB方向変器」ですが、室内での使用をメインに使用していましたが、思わぬ便利さを発見しましたので紹介します。
バッグ内充電中のコード外れ問題を解消
seria-usb001

移動中
にスマホなどバッグの中に入れてモバイルバッテリーにつないで充電していたつもりが、気づかぬうちにケーブルが外れてしまい、結果充電できていなかった、というケースが多々ありました。

これが、100円「USB方向転換器」を介すると、うまい具合に「ケーブル外れ」を防止してくれる事が判明、かなり充電失敗が少なくなりました。


手持ちの「Bluetoothイヤホン」の外出時の充電も安価な「充電機能なし」製品を利用しているので、「4時間弱」しか持たないバッテリー切れも安心してアウトドア充電できるようになるので便利に使っています。

ちなみに「300円」モバイルバッテリースマホでは「57%」しか充電できないので、使い物にならないと思っていましたが、「Bluetoothイヤホン」であれば「約15分」ほど接続しておけば、バッテリー復活できますので、このコンビは使えると思います。


(参考製品)



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

Qi(チー)対応のワイヤレス充電器を試してみた-使用感



Qi(チー)対応のワイヤレス充電器を試してみた

モバイル環境のワイヤレス化にはまっています

Qi-001

2017年は、iPhne8/Xの発売に合わせて、Bluetooth対応製品(イヤホンやスピーカーなど)が次々と発売され、私も数々の製品を検証してきましたが、Appleでも未発売「ワイヤレス充電器」が手に入ったので、使い勝手を試してみました。


「Anker」社の製品は、Google出身の技術者が作ったブランドなだけあって、安価ながらApple製品との相性が非常に良いと評判です。


Qi-002

充電器本体は
USB接続すると、「赤」いランプが点きます。

しかしながら、購入できたまでは良かったのですが、我が家に「Qi(チー)」対応のスマホがなく、友人の「iPhone7」を借りて試してみたものの、「Qi未対応」だったため検証できませんでした。

「Qi(チー)」対応機種ーWikipedia


Qi対応機種にするための「ワイヤレスシート」を発見
機能を検証できる環境だはなかったので、転売してしまおうかと、ネット上さまよっていたところQi未対応のスマホを、microUSB充電スロットに挿して、Qiに対応させるという、「Qiワイヤレスシート」なる製品を発見、値段も、500円以下で手に入るので、早速、取り寄せまてみました。

Qi-003

翌日、郵便で届いたのは、薄いペラペラのシート。

大丈夫か?。

Qi-004

このように、充電用のスロットに差し込みます。

Qi-005

接続したシート折り曲げてスマホの裏面に重ね、充電器本体に載せると、「赤」だったランプが、充電可能を知らせる「青」ランプに変わります。

Qi-006

充電可能であることが認識されると、スマホケースに入れたままても充電できるようです。


Qi-007

このように、充電を示す表示がでますが、「急速充電」には対応していないので、思ったより時間がかかります

それと、本体自体が、スマホを載せると隠れていまうほど小さいので、載せた場所によっては、充電されていないことがあり、慣れるまで困惑するでしょう。

コンパクトで、持ち運びに便利そうですが、時間が結構かかるので、携帯には向いていない製品と思われます。

使い方としては、「夜、就寝前に載せて置く」には、コードや接続口を傷める心配がない、といったところです。

さしあたって、今必要なのかなと思いますが、今後、iPhone、Galaxyなど「ワイヤレス」化が進む方向のようなので、いずれ、もっと「高コスパ」な製品が発売されると思われます

ちなみに、この製品も、「Amazon」上では、現在、品切れ状態となっており、人気のほどが伺えます。


ワイヤレス機器の関連記事)







家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク