セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

外付けチューナー

チューナーなしの4Kテレビユーザーに朗報ー「4K全部入り」PIXELAの「4K Smart Tuner」が手頃感あり



チューナーなしの4Kテレビユーザーに朗報ー「4K全部入り」PIXELAの「4K Smart Tuner」が手頃感あり

4k-pixela

2018年頃から発売された「4Kテレビ」をいち早く購入した機器は「4Kチューナー」が付いていないものがほとんどでした。

同年12月から、BSによる「新4K放送」が始まってから、以降販売されたテレビについては徐々に「チューナー内蔵」が当たり前のようになってはいますが想定していたより「BSによる4K」を観るというよりは「Netflix」や「Amazon Prime Video」などの「4Kコンテンツ」を楽しむ層が多いとの説もあるようです。
「録画問題」「Amazon Prime Video」の対応などネット上で様々な評価があるようですが、頻繁に「ファームウェアのアップデート」で対応されているようです
そんな中、徐々にではありますが「BS4K」などでも「オリジナル」で他では観れない番組が放映されたり、現行のテレビで「YouTube」をはじめ「Netflix」「TVer」など標準で視聴できるようになっている機種も多く、「先買い」された際には「想定外」な使い方になってしまっているので「どうしたものか?」と考えている方に試してもらいたい製品が「BS4K」「AndroidTV」の両方のコンテンツが視聴可能で「Googleホーム」「Amazonのアレクサ」にも対応している、ある意味「現行の4K全部入り」ともいえる製品が、2020年4月現在、Amazon、ドンキなどで、3万円前後で購入できるようです。

ピクセラ PIXELA PIX-SMB400 4Kチューナー 4K Smart Tuner [Google アシスタント対応][PIXSMB400]
by カエレバ
この製品自体は、2018年から存在しているのですが、当初「録画が不安定」「Amazonプライムビデオに対応していない」など、ネット上で様々な評価がされてはいましたが、頻繁に「ファームウェアアップデート」を繰り返し、これらの問題についても徐々に解決されているとの評判です。



また搭載されている「AndroidTV」機能についても当初、日本国内に限っては「パチモノ」扱いされていた時期もありましたが、現在大手メーカーでも採用してきていますので「技術的にも進化」されている模様です。



「4Kテレビユーザー以外」「4Kモニター」「フルHDテレビ」で「4Kコンテンツ」を楽しみたい向きも、こうした「外付けチューナー」を取り付ければ画質は別として「番組自体視聴できる」ようになります。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「4Kテレビ」なのに「画質が期待外れ」なケースが多い理由=知人の「店長さん」に直接聞いてみた



「4Kテレビ」なのに「画質が期待外れ」なケースが多い理由‐知人の「店長さん」に直接聞いてみた

4K-dub-000

以前、「朝日新聞」で掲載された「4Kテレビの画面が暗い」という問題ですが、また特集が組まれていましたので店舗側ではどう感じているのか、かつて一緒に「Windows10アップグレード案件」の仕事をしていた知り合いの「某家電量販店員さん」と会う機会があったので「本当のところ」を聞いてみました。




「外付けチューナー」や「ケーブルテレビのSTB」は「地デジ化」時からも問題がありましたよね
件の店長さんいわく、確かにこういったお客様からの声はあるそうで原因としては、4K画質のかかわる「HDR(ハイダイナミックレンジ)」と呼ばれる値が、放送側で製作された映像の半分しか、市販のテレビでは再現できないからであろうと予測される、というもの。

「4Kチューナー内蔵テレビ」ももちろん、「チューナー非搭載テレビ」と「対応チューナー」との接続した場合、とくに顕著にこうした傾向にあるとのこと。

販売側としては、正直「格安4K」は、メーカーにもよるようですが、「売上げ」のためには仕方なく販売しているものの、個人的に私にはおすすめできない、との事。

4K-dub-001

「ケーブルテレビ」の「スマートボックス」「STB」の多くが、韓国の「HUMAX」製なので、お世辞にも国産テレビとの相性が良いとは言えませんが、肝心の国内メーカー各社製品も、相性に問題があることは現状、否定できないようです。




お互いに一致した見解では、「地デジ化」時の混乱と同様、状況が収まるまであと数年かかるであろうと思われる、という点ですか。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


4K放送の録画方法の現時点での情報



4K放送の録画方法の現時点での情報


4K-roku-000


開始1ヶ月前にして、やっと対応機器などの情報が「小出し」ではあるものの、4KBS放送の録画に関する内容が明らかになりつつあります。
今までのHD放送の約2倍ほどの容量が必要とされています
4K映像の録画容量は概ね「地デジHD」の「2倍」と言われていますので、HDDDVD,ブルーレイの容量不足に注意が必要です。

BD(ブルーレイ)ディスクの収録時間の目安は、「25GBで約1時間半程度」
「特番」や「映画」などは要注意です。

ちなみに、「50GB」なら、3時間」、「100GBなら、6時間」収録できるディスクが市販されています。



現状「プロ」は「パナ一択」と言われている理由
4Kレコーダーでも当然、従来の「地デジ」「BS」も録画できますが、メーカーによって「画質差」があるようです。

DRモード(標準の非圧縮閉式)の場合はあまり気になりませんが、「1.5倍~」以上の長時間モードの場合、あきらかに「画質差」が目立つという評判です。

現在販売されているレコーダーでは、「長時間モード」に関してだけいえば「Panasonic」一番クオリティが高いという噂のようです。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

単身者向けテレビ-ドンキで見つけた「レボリューション」の19V型DVD付きTV



単身者向けテレビ-ドンキで見つけた「レボリューション」の19V型DVD付きTV

donki-revo-tv


先日、最寄りの「ドンキ」で発見した、「ジェネリックテレビ」

家庭での「2台目、3台目」「単身者向け」に使える製品なのか調べてみました。


「ジェネリック」でも19Vサイズなら画質はさほど変わらない印象



正直、初めて目にしたブランド製品ですが、東京都江戸川区にて平成12年(2000年)に起業した商社で、
オリジナルデザインの家電をはじめ、生活家電・生活雑貨、バッグ・財布などのファッションアイテム等を企画開発を行い、同製品を自社ブランドまたはクライアント専売品として展開している、いわゆる「ジェネリック家電」メーカーの製品です。


液晶テレビ「画質」が気になるところですが、「フルHD・4K」などとこだわらなければ、「19V型」サイズであればさほど「違い」には気づかないといった印象です。
「地デジチューナー」のみなのでBS・CS受信には外付けチューナーを追加すればOK
DVD再生には標準で対応していますが、「BS・CS」放送を受信したり、「録画」したい場合は「外付けHDD録画機能付きチューナー」が接続できますので心配ありません




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク