セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 現在は店は構えず、ネット通販コンサルタント、人脈を活かした「マリッジアドバイザー(仲人業).仕事の「パートナーマッチング」のお仕事がメインになりつつあります。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

録画

「AbemaTV」番組を録画して動画ファイル化して「オフライン視聴」



「AbemaTV」番組を録画して動画ファイル化して「オフライン視聴」

abema-roku

「地上波」「無料BS」では放映できない、コアな「オリジナルコンテンツ」を楽しめる「AbemaTV」ですが、基本的に「同時視聴が原則」で、月々960円の「Abemaプレミアム」でも「見逃し配信」のみで「録画機能」がありません。

以前は、非公式ながらいろいろな機能が詰まった「AbemaBrowzer」なるサービスが存在していた時期もあったのですが、現在は廃止されています。

2020年3月現在、唯一「番組の録画(ダウンロードではなくスクリーンキャプチャー)」が可能であるのを確認できたのが、ブラウザ「Chrome」の拡張機能「Screancastify」有効のようです。

「Screancastify」(スクリーンキャスティファイ)↓
screan-video-001

作業には「PC」が必要ですが「スマホ・タブレット」にファイルを移せば「VLCプレイヤー」で「オフライン視聴」が可能でした
screan-video-000

この「拡張機能」は最初に「設定」が必要になります。

screan-video-002

基本的に自分が利用している「Googleアカウント」で「設定」する事になります。

screan-video-003

screan-video-004

「セットアップ」が完了したら、「AbemaTV」の「番組」を映し「録画ボタン」をクリック「Record」を選択すると「録画」が始まります。

screan-video-005

「英語表記」になるので少し分かりずらいのが玉にキズなのは残念なところですが、直感で「再生」「ストップ」など、いろいろ動かしてみると何とか「録画」できました。

screan-video-006

録画できた「動画」は、ブラウザ上で「オフライン再生」可能です。

screan-video-007

また、PC内には「WEBM形式」で保存され、デフォルトで「VLCメディアプレイヤー」で再生できるようになっています。

screan-video-008

また「Winsows10」標準搭載の「テレビ&ビデオ」機能でも再生できました。

screan-video-009

ただ、ファイルを「ダウンロード」するわけではなく、リアルタイムに「時間に合わせて録画」する形式になりますので、操作に慣れるまで「多少時間のズレ」や「サイズが合わない」場合もあるのは覚悟しておくべきでしょう。

なお、この操作自体はPCでの作業が必要ですが「SDカード」「クラウド」などを経由して「スマホ・タブレット」に動画を転送すれば、屋外でも「AbemaTV」の番組を「オフライン視聴」できるようになります、感想としては「本当の持ち出し視聴」といった印象ではありますが、観れるのは確かでした。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「4Kテレビ」番組録画-現在有効だといわれている情報



「4Kテレビ」番組録画-現在有効だといわれている情報

4k-geo-002

「4Kテレビ」関連の機器など、出揃ってきた感がありますが、こと「録画」に関しては、2011年「地デジ化」時同様、各メーカー共にあまりアナウンスがなされていないような印象を受けます。

各社「外付けHDD」での録画を推奨しているようですが「ムーブ」に対応できるか「微妙」
2020年1月現在、一番確実と言われているのが「ブルーレイドライブ」「録画用HDD内蔵」のモデル「操作性、画質」とも、それぞれ別に用意するより便利、コスパ良し、とされてはいますが・・・。

確かに「便利」ではありますが、こうしたテレビだと、テレビ内で「完結」してしまうので、テレビ自体が「不具合」にあってしまった場合、保存した「録画データ」も一緒に無くなってしまうのは「内蔵HDD」ならではの宿命と言えそうです。

また、物理的に「データの移動が不可」構造的に「HDDの寿命は平均10年」という問題がある事実は、販売の際、説明されないケースがほとんどのようです。

4K-rokuga-001

そこで、「録画」した番組を「HDR対応ブルーレイディスク」に「ムーブ」して保存したいという向きには、外付け「HDR/4K対応BDレコーダー」を別途購入するという方法もありますが、「非常に高価で、もう一台テレビが買える」価格設定なので躊躇するところと、録画したディスクが他の「BDプレイヤー」やPC用の「外付けブルーレイプレイヤー」では「読み込み・再生が不可」なケースが多いという声が聞かれます。

この辺、デジタル化時に、各社の製品開発時に技術的検証、連携をあえて避け、自社で囲い込みたいという事情があるのかなと勘ぐってしまう所以のようです。


また「各社のテレビで推奨」している「外付けHDD」も価格がこなれてきているようですがなぜか「4K録画対応」と表記されている製品の多くが、他のテレビ、PCではデ-タの読み込みができない「SeeQVault」非対応のモデルが目立つところ。

これだと、テレビを買い替えた際、HDDの設定をリセットしなければならないので「番組の引継ぎ」が事実上不可であることも注意すべき点です。

4K-rokuga-002

この辺、「テレビ局」や「テレビメーカー」が示し合わせているのでは、と感じざるを得ませんが・・・。



4K-rokuga-003

また、「ケーブルテレビ」利用で視聴の際「スマートBOX」など外付け機器をかませる場合、さらに「録画」機能に「差」があるようなので、録画機器購入の際には事前に「可否確認」をしておいたほうが無難でしょう。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

じつは店員さんもよくわかっていない「4Kテレビ」の受信方法ー「ケーブルテレビ」



じつは店員さんもよくわかっていない「4Kテレビ」の受信方法ー「ケーブルテレビ」

4k-catv-000

「配線」「設置工事」などすべておまかせできる上、2011年の「地デジ化」の際、対応している建物であれば、大がかりな工事が必要なく「4K・8K」対応できるのが「ケーブルテレビ」の利点なのですが、それだけの利点しか「説明しない」いや「説明できるだけの知識をもった営業さんが少ない」、家電量販店の販売員さんによっては「仕組みさえわかっていない」ケースが目立つのが「ケーブルテレビ」による受信方法。

あとあと「トラブルにならないため」のケーブルテレビならではの注意点をみてみましょう。


一番手っ取り早い方法なのは確かですが「録画」の可否をよく確認したほうが良いでしょう
「ケーブルテレビ(CATV)」というのは屋根の上にアンテナを立てずに「光ファイバーと同軸ケーブルのハイブリッド回線」で宅内に「有線で引き込む方法」のひとつで、現在は「au」「J:COM」「JCN」などほとんどの「元電鉄系の業者」を傘下に治め全国展開されています。


特徴としては、「4K/8Kチューナー」は、月々レンタルされる「スマートTVBOX」なる「STB(セット・トップ・ボックス)」を介して視聴する形式なので「チューナー非搭載の4Kテレビ」でも自分で用意する必要がない、というのが「売り」なのですが・・・。


4k-catv-001


↓(実物ではありませんがこんな感じな外付けチューナー)韓国メーカー製がほとんどのようです。

PIXELA(ピクセラ) Smart Box 4K HDR対応(KSTB5043)ここで見落としがちになるのが、あくまで「ケーブルテレビ」による「テレビ信号」は「トランスモジュレーション形式」と呼ばれる、前述の「スマートTVBOX」に内蔵しているチューナーからでしか受信できない信号のため、仮にテレビ自体や「BDレコーダー」が「4K/8Kチューナー内蔵」であってもその機能が使えない仕組みです。

そこで問題になってくるのが、「番組の録画」問題。

この辺、テレビ・レコーダーのメーカー、機種によっても「録画対応しているか、検証、保証もされていない」というのが現状のようです。テレビの「デジタル化」時にも問題ななりましたが「メーカーごとの相性」も未だ解決されていないまま、「4K・8K」時代に入ってしまったようです。

この問題「訪問営業」「量販店店員さん」だと質問してもほぼ解決されるケースは少ない印象です。



現在、一番この辺の情報を持っているのが、営業さんや「営業所」ではなく、「コールセンター」の「テクニカルサポート窓口(会社によって名称は異なる)」のようなので、契約する前や、これからテレビ、レコーダーを購入しようというのであれば「コールセンター」に相談してからのほうが良いかも知れません。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

話題の「ドライブレコーダー」購入前に試してみたい「スマホドラレコアプリ」



話題の「ドライブレコーダー」購入前に試してみたい「スマホドラレコアプリ」

dr-rec-000

昨今の「あおり運転」問題で注目され、2019年のひそかなヒット商品と言われている製品が「ドライブレコーダー」です。

代表的なメーカーとして「ユピテル」「コムテック」などの製品がかなり価格もこなれてきて出回っているようですが、価格帯によっては「玉石混交」な評価が見られるのも正直な分野のようです。
バッテリーの消耗が激しいのが難点のようですが機種変更で余ったスマホで試してみてもいいでしょう
こうした背景を受けてか「スマホアプリ」も多数、公開されていますので「ドライブレコーダー」購入前に一度試してみて、どういった機能が使えるのか確認してみるのもお勧めです。

SHARPの「AQUOSフォン」が余っていたので「Playストア」で上位のダウンロード数だった下記にアプリを導入して検証してみました。
And-dr-001

ドライブレコーダー


And-dr-002

録画されたデータは容量が大きいので「設定」「SDカード」に変更したほうが「容量を気にせず」使用できると思います。

「32GB」クラスの「MicroSDカード」だと安いもので、1,000円以下で手に入るものもあります。

and-dr-003

「録画」「録音」だけなら簡易的な操作でスマホに記録できるので高評価なレビューも目立ちます「バッテリー消費」「GPS」性能にはありそうですが、まあ「無料」でつかえるアプリなのでその辺は目をつむるべきでしょう。

and-dr-004
「Playストア」にレビューを投稿すれば「広告をブロック」する事をできるようなのですが、個人的に面倒なのと、あまり広告は気にならないのでそのままで使用していますが・・・。

and-dr-005

まずはアプリを使ってみて判断してみては。

and-dr-006



(参考製品)



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

ノートPCの「スリープモード」オート機能で「ダウンロード」「録音・録画」が中断されてしまう場合は



ノートPCの「スリープモード」オート機能で「ダウンロード」「録音・録画」が中断されてしまう場合は

5ddcc5515a0923f56c3109d8e72daf5d_s

「ノートパソコン」でネット上の動画・音楽ファイルなどを「ダウンロード」「キャプチャ」「ラジオの予約録音」などを行う際、多くの機種で「強制的にスリーブモード」になってしまい、うまくいかないケースの報告が多くなっているようです。

この原因として考えられるのが「Windows」の「省エネ機能」で「一定時間操作がないと強制的にスリーブモードになる」機能

特に「ノートパソコン」の場合、どのメーカーでも「初期設定」でこの機能がけっこう短い間隔で設定されているようですが、「Windows」の「設定」を変更することにより、改善されるケースもあるようなので試してみる価値がありそうです。





「省エネ」機能が売りの「ノートPC」だからこその問題ですが「設定」の変更で解決できます
win10-note-pc-004

「Windows10」の場合、「スタート」→「設定」→「システム」→「電源とスリープ」の項目を変更します。
win10-note-pc-001

画面右側の「電源とスリープ」以下の各項目「10分単位」で設定されていますが、これを「なし」に設定すると、「勝手にスリーブモードにならないように」することができます。

win10-note-pc

私の環境での検証結果では、「地デジ・BS/CSチューナー」の「予約録画」、「らじれこ」での「radiko番組の録音予約」はうまく改善できましたが、機種によってはまだ問題は残るようなので、この手法が正しいとは言い切れませんが、試してみる価値はあると思われます。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク