Webの閲覧履歴を残さない-Chromeのシークレットモード

g-c-s-002

家庭職場など、PCタブレット共用している場合、自分が閲覧したWebの履歴を他の人に知られてしまうと都合の悪い時もありますよね。
共用のPCやタブレットでのWeb閲覧には注意
そうした心配なくWeb閲覧するには、ブラウジングを「Google Chrome」で行うと「シークレットモード」が搭載されているので、「閲覧履歴」「検索履歴」「Cookie」など残さずに、他の人に、閲覧状況を知られる心配がなくなります。
g-c-s-001

「シークレットモード」の使用方法は、右上の「メニュー」ボタンから「シークレットウィンドウを開く」を選択すると、ブラウザの画面は白地からブラックに切り替わります。

このウィンドウで閲覧したサイトの情報は「Cookie」に保存されないため、他人には閲覧結果がわからない仕組みになっているわけです。


g-c-s-003

「シークレットモード」を終了するには、右上の「X」をクリックすれば通常の画面に戻ります。

ただし、「シークレットモード」中に「ブックマーク」登録したものや「ダウンロード」したファイルは、そのまま残ってしまうので、取扱いには注意が必要な場合もありそうです。

スマホ・タブレット版の「Chrome」でも対応

Google Play で手に入れよう
スマホ・タブレット用の「Chrome」でもこの「シークレットモード」が使用できます。

g-c-s-004

共用のPC、タブレットであれば、他者に対してのマナーとして利用したいものですが、個人だけで使用する端末に於いても、得体の知れない(怪しい?)サイトにアクセスする際にはこの「シークレットモード」を使うのが「無難」かも知れません。

しかし「個人情報流出」「アドウェア感染」などのリスクは付き物なので、近づかないのが賢明な選択だとは思いますが・・・。