セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

電子書籍

「iPad」こう使ってます-「iBooks」をPDF書籍リーダーとして使う方法





<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

「iPad」こう使ってます-「iBooks」をPDF書籍リーダーとして使う方法


iPd-pf-000

iPadプレインストールされているアプリ、「IBooks」ですが、「電子書籍」として、「Kndle」「楽天マガジン」をメインに利用しているので利用した事がありませんでしたが、「FaceBook」ウォール「iBooks」でPDFを表示させる方法が出ていたので、試してみました。
使わないけど削除できないアプリが快適に使用できるようになった
「PDFファイル」を「iBooks」に転送する方法はいくつかあるようですが、「有線でつないだり」「iTunes」で同期させなければならないので面倒なイメージでしたが、「メールのPDFファイルを添付して、iPadで指定した方法で開くだけ」というシンプルな方法で、「iBooks」で「電子書籍」として認識できるようになります。

iPad-pdf-001

このように、添付ファイルとして「PDFファイル」を受け取れますので、右の「↓ダウンロードボタン」をクリックすると。

iPad-pdf-002

ダウンロード先の選択で「共有」をタップ。

iPad-pdf-003

するとファイルを開くアプリが選択できますので、「iBooks」をタップします。

しばらく時間がかかりますが、あらためて「iBooks」を立ち上げると、ダウンロードしたPDFファイルが「電子書籍」として表示されます。



iPad-pdf-004

使い方は「Kindle」など主な「電子書籍リーダー」と同様で、「指によるスワイプ操作」でページをめくってゆく事ができ、PDFファイルを非常に簡単の閲覧する事が可能になります。


iPad-pdf-005

今まで、「PDFファイル」の閲覧には「Adobe Acrobat」を愛用していましたが、閲覧の際、「縦方向へのスワイプ操作」が必要でしたが、この「iBooks」であれば、他のアプリ同様、「横スワイプ」で読むことになるので便利です。

一時期流行った「自炊」した本の閲覧や、最近、サイトや「メルマガ」の付録ファイルネット通販製品の「取説」も、PDFファイルで提供されるようになってきているので、覚えておいて損はない「iPad」の便利機能のひとつです。










家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村




【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓




無料マンガアプリ-「マンガZERO」を試してみる





<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

無料マンガアプリ-「マンガZERO」を試してみる

mangazero-001

違法と判断された「マンガ村」は例外ですが、正式に「無料」でマンガが読めるアプリはいくつか存在しています。

「無料」なだけに、それぞれラインナップに「個性」がありますが、個人的に下記アプリを利用していますが、新たに「マンガZERO」なるアプリを発見しましたので、試してみました。



アプリによって読める作品が異なるので「無料」なので使い分けて利用できます


Google Play で手に入れよう
「マンガZERO」ラインナップラインナップは「青年マンガ」が多いというイメージですが、「総合」「男性向け」「女性向け」と分けて「検索」表示することもでき、1日最大8話まで無料で読めるアプリです。

ラインナップの特徴としては、
連載が既に完結していたり10年以上連載が続いているような青年マンガ作品ながらも「ミナミの帝王」「インベスターZ」など、映像化された人気作が多く配信されている点です。

mangazero-002


「マンガZERO」無料で読むためにはチケッ消費して読むことになります。

チケット1枚で作品のエピソード(刊ではないので最初は戸惑います)を1つ読むことが可能です。

チケットは朝8時と夜8時に4枚ずつ配布されますので、無料で1日に8話読めるということになります。

有料分はコインを使うことになりますが、「動画」をみることによって、コインを獲得することが可能です。

ちなみに全話無料作品も用意されていて、これらは完全無料で読める作品も多くあります。


全話無料作品のエピソードは全て「¥0」と表示されているので、そのままダウンロードすればチケットを消費することなく読むことが可能です。

mabgazero-003


ただ、「無料マンガアプリ」の宿命として、「やたら広告が表示される」のは致し方ないこと。

また「アプリによって配信作品が異なる」ので、複数の「無料アプリ」を使い分けるという手法を取る必要があります。

mangazero-004
mangazero-004


なお、「マンガZERO」他のアプリよりも「重い」ので、通信環境によっては表示されにくい場合もありますので、その辺は「覚悟」していおいたほうが良いでしょう。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓




「iPad」こう使ってます-電子書籍リーダーとしての愛称も抜群





<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

「iPad」こう使ってます-電子書籍リーダーとしての愛称も抜群


iPad-book

Amazon「Kindle」「電子書籍リーダー」として特化している端末ですので、確かに使い勝手としてはダントツ優れている感があります。

価格「タブレット端末」としては、現状一番リーズナブルな印象です。



しかしながら、使用できるサービスが、Amazonおよび関連サービスのみに限られてしまいます。(特にGoogle関連は閉め出されいる様子)
「iPad」ならあらゆる「電子書籍」サービスに対応できるのが便利
定番、「Kindle」もアプリで対応

とは言え、iPadでも専用アプリダウンロードできますので「Kindle」コンテンツを購読する事が可能です。

iPad-kindle-001



iPad-kindle-002
私も最初、「Kindle」端末で、タブレットデビューしたので、両方使用してみましたが、「書籍の購入」「ライブラリの管理」など、さほど違和感なく使用できています



楽天マガジンなら雑誌読み放題

「Kindle」でも「雑誌」読み放題「Kindle Unlimited」もありますが、登録雑誌種類の多さ「専門サービス」に軍配が上がるようです。




iPad-rakuten-001



多くの「雑誌配信サービス」では、「特定のページが省略」「付録記事が見れない」「連載コミックが削除」などの制約があるものもありますが、ほとんどの内容は読書可能なのでとくに不満はないレベルと感じています。

iPad-rakuten-002

ちなみに、電子書籍媒体では、ジ◯ニーズ系タレントの写真はNGなようなので、記事自体はあるものの、画像は消されています。

とは言え、「週刊誌1冊分」の金額で、実質「読み放題」なので、かなり「お得感」があるサービスです。



「マンガアプリ」も数あれどほとんどカバー

「マンガアプリ」乱立しているがありますが、自分の好みに合わせてサービスを選べるのも「iPadアプリ」ならではの使い方ですね。



iPad-manga-001




iPad-manga-002

「新聞」も「電子版」なら処分に困りません
ネットで何でも調べられる時代ですが、社会の流れをつかめるという点では、個人的に「新聞」は奉読すべきだと思っています。

とはいえ、読み終わったあとの「新聞紙」の処理は面倒です。

定期的に引き取ってもらえます「トイレットペーパー1個」にしかなりません。


iPad-np-001

各社、「電子版」アプリを提供しているので、愛読紙を導入するという選択肢もあります。



iPad-np-002

また、しつこい勧誘人がきたとき「うちは電子版2冊取ってますから」iPadを見せて断る事にしています。(本当は1冊は無料版・・・)

これぞタブレットの醍醐味。スマホ・PCでは叶わない使い心地
もちろん、スマホPCでも利用できるサービスですが、読書に適したサイズ「めくった感」などタブレット端末一日の長があります。

(関連記事)






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓




「マンガ村」閉鎖ー合法的無料マンガの楽しみ方





<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

「マンガ村」閉鎖ー合法的無料マンガの楽しみ方


manga-site

漫画村が著作権違反で閉鎖してGoogleの検索結果から削除されました。そして漫画村が削除されてから「漫画タウン」が登場してさらに閉鎖したことが記憶に新しいところですが、次に「漫画カントリー」となって登場するのではという噂が広がっていました。

mangamura

それとは別に「漫画村 山頂」のアプリが登場したという噂が発生していますが、ダウンロードができないとか、日本向けには配信不可の設定になっているというです。

いわゆる「野良アプリ」でなくても無料でマンガが読める国内アプリも存在します


読書の習慣によると思いますが、「新作を全巻読みたい」といった人は「有料の読み放題サービス」多数存在しますので、お金を払って利用すべきでしょう。

それでも、実物のコミック本を購入するよりはるかに格安になるはずです。

また、新作、旧作にかかわらず、暇つぶし的に、「お金は使いたくないけどマンガが読めれば良い」というケースであれば下記のアプリで「合法的」に読む事が可能なので試してみても良いと思います。

「マンガ図書館Z」

読み進めている途中で「広告」が入ったり、独特の「ハート読み」など最初は使用法にクセがあるように感じがありますが、慣れればお目当てのマンガが全巻無料で読む事が可能なアプリです。
「FUJISAN」

実質、雑誌の「読み放題サービス」なので正直「マンガ作品」はあればラッキーといったところですが、使い勝手はこの手の「無料アプリ」としては使いやすい方だと思われます。

「LINEマンガ」

わりと新作が揃っている印象ですが、「1巻のみ無料」のケースが多いようです、とりあえずいろいろ新作を試し読みして気に入った作品を課金して読み続けても実本を購入するよりは格安な計算になります。
「Amazon Pmime Reading」

実際には「Amazonプライム会員」「会員特典」のひとつなので、厳密には「無料」ではありませんが、「Kindle」マンガの体験版といった意味合いのサービスなので、そのつもりで利用すべきでしょう。

印象としては、月毎のラインナップが入れ替わるとか人気作の最初の1~3巻まで無料で、続きを読みたくなったら「Kindle」での購入を促される画面が表示されるのは「うまい商売」だなと思わせてくれます。


今後、今までの流れからすると「マンガ村」等同様の「野良アプリ」はおそらく出没するのは必然だと思われますが、多くが某国からの配信なので、「バックドア」「アドウェア混入」などのリスクがある可能性もなくはないのでチャイナリスクなどには注意をしていた方が賢明でしょう



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓




「Windows10」のイチ押し解説本が紹介されていたので購入してみた





<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

「Windows10」のイチ押し解説本が紹介されていたので購入してみた

本を読む

「Windows10」になってから、以前のWindowsと同じ概念で使用し同じようなOSとして考えていると、色いろな問題にぶち当たっていましたので、何冊か「解説本」を読んだり、ネットで「ググって」みたりしましたが、イマイチ理解できずにいました。

そんな中、いつも参考に愛聴させていただいているPodcast番組、木島智和さん「WoodStream」で、「凄い解説本がある」との話題があったので早速拝読させていただきました。


Podcastの番組「WoodStream」で紹介されていました


この書籍でやっと理解できた点は、
  • Windows10でうまく動かないアプリの互換性設定
  • 仮想マシンによる旧アプリの互換性の確保
  • 各アプリからの通知設定の最適化
  • アプリ動作における旧アプリの日本語入力関連の問題解決
  • スリープ中のプログラム動作を可能にする「モダンスタンバイ」
  • 正式なパス名を取得する
  • OneDrive経由でPC上のファイルを丸ごと共有する
  • プログラムが「マルウェア」でないかどうかを確認する
  • BIOSモードの確認
  • OneDriveにおける同期状況/ディスク容量確認
など、今まで調べても理解できなかった事例が解決できました。

「無料」で得られる情報も「限り」がある、という事も思い知らされます。

こうした情報には、お金をかけるだけの価値がありそうです。






結構価格書籍になりますが、「電気屋」プロのはしくれとしては是非手元に置いておくべきと思われる1冊です。
ちなみに私は「Kidle」版で入手してはいますが・・・。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓




スポンサーリンク

プロフィール

ぱわきち

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場
Amazonのおすすめガジェット





スポンサーリンク









参加中のブログ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...