セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

電子書籍

「オーディオブック」-Amazon「Audible」の「無料体験」を再度登録してみた



「オーディオブック」-Amazon「Audible」の「無料体験」を再度登録してみた

audible-000

ラジオ代わりに愛聴していた時期もあったオーディオブック「Audible」ですが、対応するタイトルがまだまだ少なく、個人的好みの書籍を一通り聴き終わって、1年ほど契約をストップしていましたが、「お帰りメール」がAmazonから届いたので、再度契約してみる事にしました。


「お帰りメール」が届いたのでもう一度登録してみました
とりあえず、読んでみたかった「新刊本」が対応していたので「無料体験」から様子見をしようと思います。

audible-002





audible-003

「無料体験」登録をすると、「1コイン」が特典として付与されますので「1冊分」無料で入手できました。

audible-005

また、以前購入していた「オーディオブック」も登録が残っているので「復活」して引き続け聴く事もできるようです。

audible-006

ただし、今回「誤算」だったのは、昨年購入した、Amazonのタブレット「FireHD」には対応しておらず、仕方がないので手持ちの「Androidスマホ」にアプリをインストールしての「再スタート」です。

Amazonのサービスなのに「非対応」なのは何か変ですよね。

こうしたレビューも多く見受けられます。


↓「FireHD」では現状、以下の方法で楽しむしかないようです。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「青空文庫」で定番小説を読み尽くすアプリ



「青空文庫」で定番小説を読み尽くすアプリ

aozora-main

「電子書籍」の分野では、割と「老舗」であり、「完全無料」で利用できるサービスながらも、「コミック」「雑誌」の「読み放題サブスク」が全盛期な今、忘れ去られた「感」のある「青空文庫」

この「青空文庫」は有志のボランティアの運営による「著作権の切れた過去の名作小説」等をデジタル化して「データベース」して公開されているものです。
「有志のボランティア」によりデジタル化された膨大な蔵書データベースの「ビュワーアプリ」
もちろん、PCの「ブラウザ」でも閲覧できますが、「Android端末」用の「ビューワアプリ」が数種類公開されていて、これらの中でも「青空読手」なるアプリは、サービス開始時から利用されている「定評ある」アプリのひとつです。

↓こちらからダウンロードできます。
aozora-001



 

この「青空読手」ではあらかじめ人気の高い「500タイトル」が収録されているほか、SDカード等に保存されている「青空文庫」形式ファイルを「読み込む」事が可能です。

また、↓「青空プロバイダ」なる「書籍データベースアプリ」と組み合わせることにより、「蔵書コレクション」が充実できるという特徴があります。
aozora-002
ただ、最近の「Kindle」「楽天マガジン」など他の「電子書籍リーダー」などと比べると「操作性に違和感がある」点は否めないところではありますが、「慣れ」れば、どうしたこともない、という印象なので心配はないでしょう。

今後、流通量が激減している過去作品の多くがここでしか読めなくなるかも知れないので「読書好き」には押さえておきたいサービスと思われます。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「Kindleオーナーライブラリー」対象書籍の入手法がわかりずらい件



「Kindleオーナーライブラリー」対象書籍の入手法がわかりずらい件

kindle-ol

「Kindleオーナーライブラリー」とは、「月に1冊だけ有料電子書籍を無料でダウンロードできる」という「Kindle利用者」向けの特典ですが、これが「サイト内」のどこを探しても「利用方法」が見つからなく「利用をあきらめている」人も多いと思います。

かくゆう私も「Prime Reading」でも充分「利用価値」があると感じていましたのですが、偶然、下記サイトを発見!試してみたところ、思いのほかかんたんにダウンロードできましたので、その使用法を紹介します。↓


「サイト」上どこを探しても案内が見つかりません、「アプリ版」では利用できず「Kindle本体」「Fire HD」端末から「月1冊」利用できるようです
利用条件のポイントとして、PCサイトやiPadなどタブレット端末の「アプリ版」では使用できないようです。

あくまでAmazonの電子書籍リーダー「Kindle端末」「FireHD」からでしかダウンロードできないようです。

 

「オーナーライブラリー」という名の通り、これらの端末の「オーナー」向けのサービスと考えたほうが良いでしょう。

手持ちの「FireHD」で試してみます。

「Kindle」のアイコンをタップして「検索」できる状態にします。

kindle-lib-001 (2)

ポイントは「検索窓」の入力する文字。

「プライム対象 (探したいジャンルなど)」を入力して「検索」

kindle-lib-002 (2)

今回は、有料サブスクリプション「Kindle Unlimited」対象の作品でしたが、この方法で検索した結果では、「オーナーライブラリー」対象作品「Kindleオーナーライブラリー」の文字が「ごく小さく表示」されますの「無料で読む」をタップしてみます。

kindle-lib-003 (2)

すると「課金を促す画面が表示」されることもなく「ダウンロード」がはじまりました。

kindle-lib-004 (2)

しばらくすると、端末に作品がダウンロードされた事が確認されます。

kindle-lib-005 (2)

あとは、「Kindleストア」内で「購入」「Prime Reading」で入手した書籍同様に閲覧する事ができるようになりました。

kindle-lib-006 (2)

ただ、「オーナーライブラリー」対象書籍あくまでも「個人的印象」ですが「話題の本・作家」が少なく「選択肢が限られている」とは感じますが、読みたい書籍があれば、期間など制限なく利用できるので、こまめに探してみる価値はありそうです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



「Amazon FireHD」で「楽天マガジン」を読む



「Amazon FireHD」で「楽天マガジン」を読む

IMG_20190822_145737~2


Amazon「Fire HD 」で、雑誌など「電子書籍」を読む場合、基本的に、「Kindleのコンテンツ」を利用するように作られていますが、こと雑誌に関しては選択肢が少ないのと、画面をピンチアウトで「大きく表示」できないので、「楽天マガジン」などを読みたいところですが、「Fire OS」では対応していないので、↓以下の方法「Amazon 」「Google 」からのサポート、保証が受けられなくなりますが、無理やり「Android 」化してインストールして検証してみました。


あくまで「非公認」なので「動作は不安定」ですが「Kindle雑誌」と違い画面の拡大も可能なのは便利です
インストールされると、一見、Android タブレットと同様に、表示されますが、他の「Google  Play Store アプリ」もそうですが、少しモッサリとした操作感はある印象です。

Screenshot_20190822-145925

「Kindle 」版と同じタイトルの雑誌でも「ピンチアウト」で拡大、縮小して読むことが可能なのは便利なのですが。

Screenshot_20190822-150002

とはいうものの、「オフライン」時に上手く起動しなかったり、急にアプリが落ちたりと「動作に不安定」感はありますが、「非公式」な手法ですので、その辺は了解して、何度か起動すれば、データ自体は消えていないので、諦めずトライするしかなさそうです。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「サイバーマンデー」で「FireHD 8」を「対応カバー」と同時に「6,679円」で購入



「サイバーマンデー」で「FireHD 8」を「対応カバー」と同時に「6,679円」で購入

firehd-000

手持ちの「iPad」が「3世代」のため、「iOs9」までしか対応していないので、色々なアプリがアップデートできなかったり、突然「無効化」されてしまう状態になってしまったので、新たなタブレット端末を物色していたところ、Amazonの「サイバーマンデー」セールで「FireHD 8」が「5,480円(税込)」になっていたので、「iPad」の「1/10」の価格で手に入るチャンスだったので、思わず「ポチって」みました。
「FireHD 8」と「対応カバー」合わせて「6,679円」でタブレット端末を購入、さすが「サイバーマンデー」
firehd-005
通常、「FireHD 8」単体で「8,980円」ですが「対応カバー(1,199円)」を合わせても「6,679円」で購入できました。

firehd-002

本体の付属物は以上ですが、多くの機器で採用されている「microUSB」なので、手持ちのケーブル、充電器、モバイルバッテリーも利用できるので、使い回しできるのもよいですね。

firehd-003

左の「iPad」が「9.7インチ」、右の「FireHD 8」が「8インチ」ですが、見た目に小さいので、「電子書籍」など「どうかな?」という先入観がありましたが、そもそも「Kindle対応端末」なので、わりと読みやすく感じます。

firehd-004

今後は、「iPad」は「YouTube」「Amazonプライムビデオ」「WOWOWオンデマンド」「Panasonic Media access」をメインに「TV・動画視聴専門」にして、「FireHD 8」は「電子書籍」「ビジネス用タブレット」として使っていこうと思います。

 





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク