セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

音楽サブスクリプション

「音楽サブスプリクションサービス」の楽曲数の真偽?





<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

「音楽サブスプリクションサービス」の楽曲数の真偽?


onsuku-000

「楽曲数」の多さで「差別化」して宣伝されている、各社の「音楽サブスプリクションサービス」ですが、その「楽曲」ははたして、自分が必要としているものかどうかは「別物」の可能性もあります。

主な「音楽サブスプリクションサービス」
サービス名配信曲数月額
試用・フリープラン
Spotifi4,000万曲~¥980
◯フリープラン有り
AWA5,000万曲~¥960
◯フリープラン有り
AmazonPrime4,000万曲~¥980
プライム会員なら無料
GooglePlay4,000万曲~¥980
無料試用期間有り
AppleMusic5,000万曲~¥980
無料試用期間有り

いずれのサービスも多かれ少なかれ「オルゴール曲」「カラオケ」「本人以外の歌」で水増して公表しているよう
onsuku-001

特に、「邦楽」の古い楽曲に多く見受けられるのが、「本人以外の歌声」「オルゴール」など「インストバージョン」で水増ししているケースが見受けられるようです。

私の場合、「プライム会員」ですので「Amazon Prime Music Unlinited」(会員料金¥780/月)と「Spotifi」「AWA」の「フリープラン」を併用して楽曲を補っています。



一部アーチストには「サブスプリクション」に否定的楽曲提供を拒んでいるケースもあるので、まだまだ「発展途上」のサービスのようです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓




「Spotify Free」はPC版がわりと使える





<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

「Spotify Free」はPC版がわりと使える


spotify-000

「音楽サブスプリクションサービス」「Amazon Prime Music Unlimited」をメインに利用していますが、多くの意見があるように「曲数」が豊富でないところが不便に感じています。


そこで「無料」で会員登録できる「Spotify Free」を併用しています。
「スマホアプリ版」は音質、再生制限が厳しいがPC版なら割と使える印象
spotufi-001

「4000万曲」の品揃えを誇る「Spotify 」ですが、「ダウンロード「オフライン再生」など、すべての機能を制限なく利用するには、月額980円の「プレミアム会員」に登録する必要がありますが、無料登録できる「Spotify Free」でも、コンテンツそのもののが全曲聴く事が可能なのが他の「音楽サブスプリクションサービス」と大きく異なるところです。

ただし、スマホアプリ版の場合、「1曲単位で選曲できない」「アルバムやプレイリストのシャッフル再生に限られる」「選択したアルバムに限らず、傾向の似た曲もミックス配信」「ときおり画面上や音声で広告が入る」など制限が多すぎな上、あくまで個人的な好みの問題だと思いますが「256k~320kbpsの圧縮音源ながら他サービスに比べ音がこもって聴こえる」のが気になるところです。

しかし、PC・タブレット版であれば、画面上に常に広告が表示されるものの、30日につき、15時間までは制限なく「アルバム毎」に再生が可能で曲のスキップもできるので、サブで利用する分には、そこそこ満足できる内容に感じます。

また、PC版の場合「音質」もスマホアプリと違い、「AWA」「Amazon Prime Music」と遜色ない印象です。

ラジオ代わりに、何か音楽がながれていればいい、という向きには、「無料版」でも充分使いでがあるかと思います。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓




「プレイリストおじさん」-Amazon Prime Musicで「プレイリスト」を作る





<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

「プレイリストおじさん」-Amazon Prime Musicで「プレイリスト」を作る

Amazon-pl-000

「音楽ファイル」については、過去のCDやダウンロードした音源を「MP3」化して「Google Play Music」アップードして管理していますが、「Amazonプライム会員」になってから、「新譜」など、ほとんど「聴き放題」で聴く事ができ、スマホにダウンロードして「オフライン」で楽しめるので、旧コレクションは「Google」、最近の楽曲は「Amazon」と使い分けています。



サービス開始当初は、とにかく「邦楽」のラインナップが少ないという印象でしたが、最近では、日本のアーチスト側でも、発売と同時に「配信」されるアルバムも増えてきています。

「アマプラ」のプレイリストは「オンライン」と「オフライン」で別々の設定が必要?
「Amazon Prme Music」も他の「音楽サブスプリクションサービス」と同様に、複数の端末でも「同一アカウント」でログインすれば、登録した楽曲が反映されて聴く事が可能です。

amazon-pl-001

もちろん、登録した楽曲から自分オリジナル「プレイリスト」を作成する事もできます。

Amazon-pl-002

PC版アプリでは、「プレイリスト作成」はかなりわかりやすいサービスといえます。

amazon-pl-003

ただ、「Google Play Music」違いスマホアプリについては、「楽曲登録」情報は反映されるものの、PCで作成した「プレイリスト」が反映されません。

そこで、スマホアプリ版側新たに「プレイリスト」を作成する必要があります。


amazon-pl-008

ところが、スマホ版では、「プレイリスト」作成に、結構クセがあり、慣れるまでなかなか上手く作れませんでした。


amazon-pl-010

正しい方法か定かではありませんが、先に端末側に楽曲をダウンロードしておかないと、上手く作成できないようです。

amazon-pl-012

上手く作成できると、下記画像のように、好みの「プレイリスト」が出来上がりました。

amazon-pl-009

ただ一つ不満な点は、「Amazon Prime Music」全体に言える事ですが(特にネットラジオで感じる)、「楽曲毎の音量が一定していない」という事。

PC版では、「設定」で何とか近づける事(あくまでも近づいて聞こえる程度)ができますが、スマホ版アプリでは「設定」画面が見つからない?のでそのまま利用しています。

しかし、この手の「音楽サブスプリクションサービス」の中では個人的な感覚でしょうが、「Apple Music」「AWA」と同音質と感じるので概ね満足しています。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓




「Amazon Prime Music」の楽曲の一部で「歌詞」が表示されるようになった





<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

「Amazon Prime Music」の楽曲の一部で「歌詞」が表示されるようになった


ampm-kasi-000


「Spotifi」「AWA」などの「音楽サブスプリクションサービス」では既に採用されている機能ですが、最近愛用している、「Amazon Prime Music」でも「一部の楽曲」に限り、「歌詞表示」ができるようになりました。

試しに「30日間無料」で体験できます



まだ始まったばかりのサービスのようなので対応している楽曲が少ないのは残念、これからを期待
ampm-kasi-001

「歌詞」が表示されるのは、最近発売の楽曲が中心のようです。

ただし、同一アルバム内でも「対応している曲」と「非対応の曲」が混在しているようです。


ampm-kasi-002

「洋楽」ですと、割と対応しているようですが、「邦楽」はまだまだといった感じです。

ampm-kasi-003

「カラオケ練習」「独りカラオケ」楽しめそうな機能です。



【Chromecast】対応のサービス?ですが・・・
スマホ・タブレット用のサービスですが、大画面テレビで視聴する事ができます。

しかしながら、テレビ画面では、「歌詞」も「アルバムアート」は表示されず、「曲が再生するだけ」になります。

スマホ・タブレットがリモコンになります






正直、「キャスト」した音声はそれなりなので、同じ「歌詞」が表示されないなら、「Bluetooth」スピーカーで聴いたほうが快適です





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓




「プレイリストおじさん」-「m4a」ファイルを「MP3」に変換する





<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

「プレイリストおじさん」-「m4a」ファイルを「MP3」に変換する


fb0a279748e591d9d91966d9487fa9fd_s

一部の「音楽ダウンロードサービス」「音楽ストリーミング配信サービス」は便利なのですが、サービスによっては、専用再生プレイヤーでしか再生できない「m4a」形式ファイルも存在し、愛用の「音楽プレイヤー」で聴く事ができないという不満があります。

特に、「MP3」「プレイリスト」を組んでいる場合、楽曲が追加できないのは不便です。

一般の「音楽再生アプリ」に対応していない形式のファイルを「MP3」化して使い勝手を良くするソフト
「m4a MP3変換」ググってみると、「有料ソフト」ながらも「試用版」もあり、さまざまな音楽ファイルを「MP3」に変換できるというソフトをみつけたので早速ダウンロードして試してみました。


「Audials」のダウンロードはこちらから


Audials-001

「試用版」の主な制限は、「10回」までしか変換できないようです。

Audials-002

使い方に色々試してみましたが、以下の方法で簡単に変換できる事が判明しました。

Audials-003

ソフトを立ち上げ、「音楽の保存」を選択し、画面中央の「音声/音楽の録音」のプルダウンをクリックします。

Audials-004

プルダウンメニューから「録音方法を選択」を選びます。

Audials-005

「トラック・サウンド録音」を選択。

Audials-006

「→今すぐ録音開始」クリックすると、録音スタンバイ状態になりますので、「専用プレイヤー」で変換したい楽曲を再生すると、「読み込み」が始まります。(画面は、Amazon Prime Music)

Audials-007

変換が始まると、右上に、「取り込み」を示す表示が出ます。

Audials-008

「再生」が終わった「停止」ボタンをクリックし、「変換→ファイル生成」を待ちます。(少し時間はかかります)

Audials-009

変換されたファイルは、PC内の「ミュージック/Audials/Audials Music」フォルダ「MP3」ファイルとして保存されます。もちろん「設定」で任意のフォルダに変更も可能です。

今回は「Apple Music」と「Amazon Prime Music」の「m4a」ファイルでしか試していませんが、色々と試してみるのもお勧めです。


有料ソフト「試用版」なので、インストールしてから10曲までしか変換できないので、気に入ったら「購入」もアリでしょう。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓




スポンサーリンク
応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



「はてブ」にも追加していただければ幸いです
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

ぱわきち

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場





スポンサーリンク









参加中のブログ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...