セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

音楽配信

「プレイリストおじさん」ー「Amazon Prime Music」のおすすめプレイリスト





<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

「プレイリストおじさん」ー「Amazon Prime Music」のおすすめプレイリスト


A-p-m-radio-000


多くの「音楽配信サブスプリクションサービス」であらかじめ用意されている「おすすめプレイリスト」。

「インターネットラジオ」同様に、見知らぬ楽曲に出会えるサービスで、「BGM」として、かけっぱなしにして聴いている人も多いと思います。






多くのサービスで自分で作成した「プレイリスト」を公開・共有することが可能です
「楽曲」の購入、聴取履歴から、好みであろうとサービスサイドに判断された「おすすめのプレイリスト」が表示されます。

A-p-m-pl-001

私の場合、上記の「おすすめのプレイリスト」が提案されました。

好みのジャンルと年代がバレバレですね。

A-p-m-pl-002

「AppleMusic」「Spotifi」「Amazon Prime Music」など「音楽サブスプリクションサービス」内の楽曲で自分オリジナル「プレイリスト」を作成することが可能です。

A-p-m-pl-003

作成したプレイリスト「サービス」内で公開できる他、SNSで「共有」する事も可能です。

A-p-m-pl-004

「Amazon」はどうかわかりませんが、海外での「ヒットチャート集計」に「Spotifi」などの「プレイリスト登録曲」も参考とされているそうなので、見逃せない機能かも知れません。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓




「プレイリストおじさん」ー「Amazon Prime Music」のインターネットラジオ





<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

「プレイリストおじさん」ー「Amazon Prime Music」のインターネットラジオ


A-p-m-pl-000

「AmazonPrime Music」に限らず、「インターネットラジオ」コンテンツ「ジャンル」「テーマ」ごとに楽曲を選曲して延々と垂れ流すというサービスです。

好きなジャンルの楽曲をBGMとして聴くという利用法もありますが、新曲や「存在は知っているけど聴いた事がない曲に出会える」ことができるのも魅力です。


ジャンルごとに多少偏りがある印象もありますが・・・


こうした「インターネットラジオ」サービスに共通して思うのは、海外発のサービスのためか、「とにかく邦楽のコンテンツには弱い」という印象

さらにサービスによっては、ジャンルごとのチャンネルに多少偏りが見られ、ロックではコンテンツがかなり細分化しているのに、邦楽は「J-POP」だけとか「ジャズ」「クラシック」なども、1チャンネルだけ、というステーションも見受けられます。

また、「Amazon Prime Music」に限って言えば、曲別に「音量が統一されていない」点が気になります。



A-p-m-rdio-003


また、多くのサービスでは「ダウンロード」する事ができないので、「WiFi環境」下での利用に限られます。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓




「プレイリストおじさん」-「Amazon Prime Music」の使い方の基本





<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

「プレイリストおじさん」-「Amazon Prime Music」の使い方の基本


hedhon

音楽ファイル(MP3)管理には、「iTunes(アイチューンズ)」「AWA(アワ)」「Spotifi(スポティファイ)」など、いろいろ試してみましたが、最終的に、手持ちの楽曲は「Google Play Music」に、購読や「音楽聴き放題」「インターネットラジオ」利用には「Amazon Prime music」に落ち着きました。

一番安上がりなサービスですがプレイヤーの操作には少し「慣れ」が必要


音楽サブスプリクションとしての「Amazon Prime Music」の評判は、「プライム会員」であれば、余分な追加費用なしで利用できる、「おまけのサービス的」に扱われている節もあって、「聴き放題のタイトル数が少ない」「インターネットラジオの選曲が偏っている」「邦楽に極端に弱い」などと指摘される向きも確かに感じますが、既存のMP3ファイルとの併用で、実質、コストをあまりかけずに最新の「サブスプリクション」を利用する手段として利用しています。


A-P-m-001



Google Play で手に入れよう
楽曲などは個人の趣味になるので、必ずしも適しているかそれぞれと言ったところですが、私個人的には、「インターネットラジオ」や「公開プレイリスト」で自身の「プレイリスト作成」の参考にしたり、と、洋楽の「日本未発売盤」「廃盤品」などを入手するなど、使い分けできています。

「聴きたい楽曲」を探すには?
とは言え、「プレイヤー」としての使い勝手は、この手のアプリの中でも「使いにくい・わかりにくい」代表なので、慣れるまで少々戸惑う事になるでしょう。


Ap-m-002

「アルバム」タップすると、その端末に入っている楽曲すべてが表示されますので探しにくいですが、「聴き放題」「ダウンロード・登録」した楽曲、アルバムは、アイコン左上に「Prime Music」が付いています。

A-p-m-006

スマホの場合、設定画面で「WiFi接続時のみダウンロード」、「保存先」をSDカードにしておくと、通信費、ストレージの節約になるかと思います。

A-p-m-005

「アルバム」ごとではなく、1曲ごと「ダウンロード」する事もできますので、あとで、「プレイリスト」を作成して聴く方法もあります。

A-p-m-003

国内では手に入らないアルバムを入手できるのも「Amazon」ならではの魅力ですよね。

A-p-m-004

気になる「音質」は、数ある「サブスプリクションサービス」の中でもわりと「音」がクリアな方という印象。「音量」は少し「大きめ」な感じです。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓




「Dropbox」で自前のストリーミング配信システムを構築する





<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

「Dropbox」で自前のストリーミング配信システムを構築する


Drop-001

前回、「GooglePlayMusic」を利用して、音楽ファイル「クラウド」で管理する方法を紹介しましたが、既に「Dropbox」でファイルをバックアップされている方も多いと思います。



「クラウドに保存した音楽ファイル」専用再生アプリーEverMusic
通常、クラウドに保存したファイルは端末に「ダウンロード」して再生するのですが、この「EverMusic」なるアプリを使用すると、クラウドに保存したままの状態でダウンロードすることなく、楽曲再生が可能になります。

ただし、iPhone,iPad「iOs」のみアプリとなります。



evermusic-001




evermusic-002

デフォルトでは、「IOs」端末の音楽再生アプリです。

evermusic-003

しかし、このアプリ「任意」のクラウドストレージから楽曲を読み込みストリーミング再生できるという機能があります。

evermusic-004

対応しているクラウドストレージ「Dropbox」を始め、「Google Drive」「OneDrive」など主だったストレージサービスに対応されています。(残念ながら「Amazon Drive」には非対応)

evermusic-005

アカウントを入力してクラウドにログインすると、再生画面に楽曲が表示されますので、あとは通常の音楽再生アプリと使い勝手は同じです。


evermusic-006

ただし、クラウド上にファイルを読み込みに行くからか、「WiFi環境」などにより、読み込みの遅延再生が途切れるケースも実際あります。

evermusic-007

端末のストレージ
余裕があれば、ダウンロードして再生するようにすれば、快適に音楽再生を楽しむことができます。

「Dropbox」ファイルをバックアップされている方は試してみる価値があるアプリの1つであると思われます。


【Chromecast】対応のサービスです
大画面テレビで視聴する事ができますが、ただ音楽が流れるだけなので、「音質」はテレビ次第といった印象です。

スマホ・タブレットがリモコンになります。






アマゾンプライム会員なら「会員特典」で追加料金なしで聴き放題です。



980円(税抜/月)のところ、プライム会員なら、780円(税抜/月)でさらに充実した音楽サブスプリクションサービスを受けられます。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓




有料音楽サブスプリクションはオフラインでも聴けます





<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

有料音楽サブスプリクションはオフラインでも聴けます

「オフライン再生」ができる事を知らない人が意外に多い?



2015年の「AppleMusic」サービス開始以降、瞬く間に増えた「音楽サブスプリクション」サービスですが、「WiFi」環境下でなくても、有料プランを契約することで「オフライン再生」が可能になり、外出先でもスマホ携帯音楽プレイヤーとして「音楽サブスプリクションサービス」を使用することができるのをご存知ない方が意外に多いようです。



現在、利用している「音楽サブスプリクション」「Amazon Prime Music」なので、私のスマホの画面で解説します。

Amazon-pm001

「32GB」のMicroSDカードを利用
「音楽再生用」としてメインに使用している「Android端末」SHARP「S1」32GBまでのMicroSDを認識できるので、「音楽/動画ファイル」ストレージとして確保しています。

Amazon-pm002

「Amazon Prime Music」
「設定」から「保存先」へ、「SDカード」を選択します。

Amazon-pm003


amazon-pm-004

保存された楽曲は、SDカード内「Android/data/com.amazon.mp3/Music」格納されます。

amazon-pm005

保存されたファイル形式「m4a」という特殊なもので、色々試してみましたが、「Amazon Prime Music」アプリでしか再生できないようです。

amazon-pm006


「iPhone」の場合、最低でもストレージ32GBモデルが必要
「iPhne」「iPad」などで「MicroSD」に対応していない機種の場合、最低でも32GBモデルでなければすぐに、「ストレージ容量」を越えてしまいます。

「音楽アルバム」1枚当たり、600MB~800MB程ストレージが必要
になります。

「無料試用期間」終了後は再生できなくなる
このサービスの他、「AppleMusic」「GooglePlayMusic」「Spotify」「AWA」「無料お試し期間」試してみましたが、どのサービスも期間中はダウンロードした楽曲を聴く事が可能でしたが、いずれも「終了」と同時に、ダウンロードされた楽曲が「再生不能」になってしまいます。(すぐに課金を促すメッセージが表示されるので、課金処理をすれば聴く事が可能です)

CD全盛の時代は好きなアーチストのシングルやアルバムを購入するのが一般的で、新しい楽曲との出会いは、ラジオやテレビでチェックするものでしたが、現在では月額定額料金で「聴き放題」の「音楽サブスプリクションサービス」に移行されつつあります。

どのサービスも「無料お試し期間」があるので、自分に合ったサービスを見つけたいものです。






アマゾンプライム会員なら「会員特典」で追加料金なしで聴き放題です。



980円(税抜/月)のところ、プライム会員なら、780円(税抜/月)でさらに充実した音楽サブスプリクションサービスを受けられます。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓




スポンサーリンク
応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



「はてブ」にも追加していただければ幸いです
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

ぱわきち

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場





スポンサーリンク









参加中のブログ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...