セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

4K

あえて「4K対応チューナー非対応」テレビも「安くて綺麗でコスパ良し」で意外と好評






<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

あえて「4K対応チューナー非対応」テレビも「安くて綺麗でコスパ良し」で意外と好評


sony-4k

2018年12月1日より始まったばかりの「BS衛星放送による4K放送」ですが、「やはり」というか「予想通り」というか「コンテンツが貧弱で観たい番組がない」スタートになってしまった感があるようです。

NHK始め民法各社の放送を「地デジ化時」と同様「ニュース」や「通販番組」が中心で、元の映像が4Kではない「映画」や「ドラマ」の再放送など、正直お金をかけて「4K化」したメリットを感じるのは、「WOWOW」くらいしか見当たらない印象です。

「Netflix」や「Amazon Prime Video」などに対応していれば、あえて「チューナー内蔵」にこだわる必要はない?
対して、有良なコンテンツが充実しているのが、ネット環境が必要ではあるものの「Netflix」を始めとする、「映像サブスクリプション配信サービス」。

これらに対応いている「4Kチューナー非対応テレビ」が、現在新発売の「4K対応チューナー内蔵テレビ」の登場により、比較的価格もリーズナブルになりつつある傾向のようなので、今現在の「4K視聴」を楽しむなら、「お手頃価格」かも知れません。


「4Kテレビ市場」では一強の感がある、東芝「REGZA」をおさえて台頭してきたのが、かつてのテレビの覇者、SONYの「BRAVIA」。

「Android TV」を内蔵しており、都度アップデートされる機能がついているので「映像サブスクリプション」にも当然対応しているので安心です。


通常のHD番組でも「4Kアップコンバート機能」により、4Kとまではいかないものの、結構な画質で「それなりに」視聴できるのもうれしいところです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






4K放送の録画方法の現時点での情報






<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

4K放送の録画方法の現時点での情報


4K-roku-000


開始1ヶ月前にして、やっと対応機器などの情報が「小出し」ではあるものの、4KBS放送の録画に関する内容が明らかになりつつあります。
今までのHD放送の約2倍ほどの容量が必要とされています
4K映像の録画容量は概ね「地デジHD」の「2倍」と言われていますので、HDDDVD,ブルーレイの容量不足に注意が必要です。

BD(ブルーレイ)ディスクの収録時間の目安は、「25GBで約1時間半程度」
「特番」や「映画」などは要注意です。

ちなみに、「50GB」なら、3時間」、「100GBなら、6時間」収録できるディスクが市販されています。



現状「プロ」は「パナ一択」と言われている理由
4Kレコーダーでも当然、従来の「地デジ」「BS」も録画できますが、メーカーによって「画質差」があるようです。

DRモード(標準の非圧縮閉式)の場合はあまり気になりませんが、「1.5倍~」以上の長時間モードの場合、あきらかに「画質差」が目立つという評判です。

現在販売されているレコーダーでは、「長時間モード」に関してだけいえば「Panasonic」一番クオリティが高いという噂のようです。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






4K放送の録画対応は各社まちまちの状況






<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

4K放送の録画対応は各社まちまちの状況


4K-rec

2018年12月より、いよいよ始まる、BS4K放送ですが、対応チュナー付きテレビや、チューナー単体も、各社ちらほらと発売されつつあります。
「録画」については従来のデジタル放送と基本的に同様との事ですが注意点も・・・
現在での発表では「録画やBDへの保存」に関しては、これまで通り。NHKや民放各局の「無料放送」については「ダビング10」、WOWOWなど「有料放送」は「コピーワンス、及びコピーネバー、もしくは録画禁止」という運用になるとされていますが、スタートしてみないと「完全に同じ」かどうかは蓋をあけてみなければわからない、という意見が大半のようです。

2011年の「地デジ化」の時もそうであったように、PanasonicSHARP製品などの「互換性」なども心配されるところです。

録画ディスクについては、既存のHDD(ハードディスク)であれば、問題なく、2倍速BD(ブルーレイ)メディアにも充分対応できるとのアナウンスは出ているようです。

ただし、HDDについては、録画したコンテンツを他の機器に接続して再生・視聴できる「SeeQValt(シーキューボルト)」の規格の製品でも「4K/8K放送」については現状認められていない他ネットワーク視聴も非対応との事なので、今後が、注目されるところです。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村








スマホ・タブレットでテレビを観る-「Amazon Prime Video」






<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

スマホ・タブレットでテレビを観る-「Amazon Prime Video」

a-p-v-001

CS放送に代わるテレビ番組視聴方法として、最近増えつつある「動画サブスプリクション」サービスですが、今一番「安価」で利用できるのが「Amazon Prime Video」です。

頻繁にAmazonで買い物をする人の多くが加入している「プライム会員」であれば、追加料金なしで視聴できるのも大きな魅力です。

「配信番組数」は正確に公表されていませんが、一度視聴すると「リコメンド機能」で次々と「メニュー」には表示されていない作品が出てくるので、かなりのコンテンツがラインナップされているようです。


「30日間無料お試し期間」があるので、一度覗いて「体感」してみるのをお勧めします。


個人的には「スカパー!」いらず、ただし「音楽コンテンツ」はほとんどなし

Google Play で手に入れよう



a-p-v-002

「映画コンテンツ」については「邦画」「洋画」とも、「レンタルDVD」「スカパー!」解禁とほぼ同じタイミングで配信されます。

ドラマについては国内コンテンツは「TBSオンデマンド」「テレビ朝日」系は新旧揃っている印象ですが、オリジナルドラマは少し弱い印象。「WOWOW」ドラマの人気作を配信する事で補っている感はあります。

海外ドラマも「FOX」系に強く「吹き替え版」が多いのも個人的には気に入っています。

一方、オリジナル番組では「バラエティ」系ではかなり高評価なコンテンツが揃っているのも特徴です。
非推奨ながら「Chromecast」で何とか視聴も可能
PC版の「Chrome」ブラウザに限られますが「キャスト」機能テレビにキャスト視聴が可能ですが、動作が不安定なのと、「HD番組」でも「SD画質」になってしまいますが、コンテンツによっては充分視聴に耐えられるという印象で利用できています。



いち早く「4K番組」にも対応
「Netflix」同様、この手の「動画サブスプリクション」サービスとしては、いち早く「4K番組」も配信されています。
「4K対応テレビ」をお持ちであれば Fire TV Stick 4K」を接続すれば「4K番組」を堪能できます。




利用価格的には、「スカパー!」や「ケーブルテレビ」のCS放送に比べ「お得感」はありますが、「音楽系」はほとんど皆無ですので、私の場合、やはり「WOWOW」は解約できずにいます。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村







新4K・8K衛生放送についての情報が家電量販店でも告知され始めました






<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

新4K・8K衛生放送についての情報が家電量販店でも告知され始めました


4k-para-005

2018年12月1日より開始予定のBS/110°CSで始まる「新4K8K衛生放送」ですが、「対応アンテナに切り換える必要がある」または「現状のパラボラアンテナで大丈夫」など、情報が錯綜していましたが、8月に入り、具体的な案内が「家電量販店」等でアナウンスされるようになりました。



現在のBS/110°CS放送は引き続き今の設備で視聴できるので、あわてる必要はなさそうです
4k-para-006

どうやら、「現状のアンテナ設備」で「4K放送」を視聴できるのは、「4K画質で無料放送」「NHK BS 4K」民放「BS日テレ4K」「BS朝日4K」「BS-TBS4K」「BSジャパン4K」「BSフジ4K」6チャンネルのみとされています。




これに対し、「アンテナの取替えが必要」なのは、有料BSの「WOWOW」の4K番組110°CS「J-SPORTS1~4」「4K日本映画&時代劇」「STARチャンネル」「スカチャン1~2」および「NHK K BS8K」となります。

「スカパープレミアム」4K化されるチャンネルがありますが、現在加入されている世帯の場合、またはこれから加入する場合は「スカパー!マルチアンテナ」への交換を順次行っているようです。
(ケースによっては無料交換できるキャンペーンもあります)
4k-para-009




4k-rara-008




4k-paea-007


現在4K番組を視聴している機器等はそのままで変更の必要は基本的になさそうです
「スカパー!プレミアム」による4K番組放送、「ケーブルテレビ」による「4Kオンデマンド」の場合はSTB(セットトップボックス)が4K対応していれば交換等の必要はありません。

「アクトビラ」「Netfflix」「dTV」
などに対応している「4K対応テレビ」をお持ちで「インターネット回線」で視聴されている場合も変更の必要はありません。


ちなみに、4K・8K化に伴う「NHK受信料」の値上げは今の所予定はないとの事です。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場





スポンサーリンク









参加中のブログ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...