セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 現在は店は構えず、ネット通販コンサルタント、人脈を活かした「マリッジアドバイザー(仲人業).仕事の「パートナーマッチング」のお仕事がメインになりつつあります。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

4K

Amazon「Fire TV Stick」の動作が不安定になったら



Amazon「Fire TV Stick」の動作が不安定になったら

Fire-stick-ooo

最近、仲間うちで「Fire TV Stick」で「読み込む反応が遅くなった」「ネットワークが頻繁に無効になる」という声が多数あり、我が家でも思い当たるところがあり、Amazonの「レビュー」をみているとやはり、こうした声もあがっているようですが、正直Amazon側からの「満足のいく回答」も見受けられない感じです。

ちなみに、我が家の場合では、こうした症状があるときは、一度「電源を落とし」→「スティックを抜き指しし直し」することで「正常化」することも多いようです。
今後「4Kコンテンツ」が増える事も考慮しても「2,000高い」「4K」タイプを購入したほうが無難かも知れません


ちなみに、「ネット上の声」では、2,000円高い「Fire TV Stick 4K」に交換したところ、読み込みが断然速くなったという声も多く、おそらく「旧モデルの改善は見込めないだろう」との見方が多いようです。

また、最近販売されているテレビについては、標準で「Netflix」「Amazonプライムビデオ」「YouTube」に対応している製品も増えてきているので、新たにテレビ購入を検討されている人は、こうした「スマートテレビ」も選択肢に入れてもよいかも知れません。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「4Kテレビ」なのに「画質が期待外れ」なケースが多い理由-「4K放送だけ画面が暗い?」



「4Kテレビ」なのに「画質が期待外れ」なケースが多い理由-「4K放送だけ画面が暗い?」

IMG_20190820_115215

2019年8月19日の「朝日新聞」で、「4K放送 画面暗い?」という記事が掲載されましたが、2018年の「格安4Kテレビ発売ラッシュ」時から指摘されていた問題が、「4Kテレビ」の普及で一気に露呈してきたものかも知れません。




現在、不満の多くが、「地デジ、BS の2K-フルHD の番組は非常に綺麗だが、4K番組にすると途端に画面が暗くなる」という声


2019年8月現在「メーカー」や「機種」によって、見えかたに差があるようです
記事では、販売を急ぐあまり、プロ用の「マスターモニター」で編集された映像に対し、家庭用テレビのコスト面から大きく下回る「画像再現力不足」な製品でうまく再現できない、などが「要因」とされているのでは、とあるようです。
つまり、「作り手」が見ている元映像に対し、テレビが「力不足」ということらしい。

また「液晶バックライト」の性能が上がって従来の3~5倍ほど明るくなり、結果2KフルHD放送がより明るくなったことにより、相対的に「4K放送」がより暗く見える要因である可能性がある、という何とも皮肉な状況のようです。

この辺り、発売当初の「液晶テレビの画像遅延」や「テレビとチューナーとの相性」など、アナログ時代では起きなかった問題は「デジタル家電」普及時の課題と言えるようです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「4Kテレビ」なのに「画質が期待外れ」なケースが多い理由-配信側の事情



「4Kテレビ」なのに「画質が期待外れ」なケースが多い理由-配信側の事情

4K-hd-001

2019年8月19日の「朝日新聞」で、「4K放送 画面暗い?」という記事が掲載されましたが、2018年の「格安4Kテレビ発売ラッシュ」時から指摘されていた問題が、「4Kテレビ」の普及で一気に露呈してきたものかも知れません。




放送の急ごしらえが影響?2020年に向けての勇み足が横行との声も
一口に「4K映像コンテンツ」といっても、現状「2通り」の方式があり、「YouTube 」「Netflix」「Amazon プライムビデオ」「NHK BS4K」の多くのコンテンツのように「4K用のカメラ機材」で製作したものと、ほとんどの「民放BS  4K」の番組で放送されている「2KフルHDカメラ機材」で撮影したものを「4K画質にアップコンバート」した番組を配信しているコンテンツの2種類があります。
後者が「画面が暗い」原因と言われていますが、民放の場合、途中に挟み込まれる「CM」が「2K」画質のため、画質を統一することができず、結果「4K番組だけ画面が暗くなる」というのが理由のようです。

この辺り、「地デジ化時」のSD→HDアップコンバート同様、画質が一定化するのにしばらく時間がかかるかも知れません。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「4K」対応の「無線LAN親機」に買換えました



「4K」対応の「無線LAN親機」に買換えました


bf-wifi-000

2014年に購入した「無線LAN親機」の接続が頻繁に「不安定」になってきたので、思い切って「買い替え」ました。

昨年あたりから、ネット上で「4Kコンテンツ」も増えてきているので、「4K対応」にしたいなあ、思って探すと、店頭に並んでいる「無線LAN親機」はほぼ「4K対応」になっていました。
AOSSボタン「無線引越し機能」一発ですべての機器の設定が完了するのは便利です
bf-wifi-001

同メーカー製の「5年前」の機種を購入した際、すでに「AOSS」で「かんたん接続」を謳っていましたが、PCとスマホ・タブレットはかんたんだったものの、「WiFi対応テレビ」など「設定に難儀」した覚えがあるので「覚悟」はしていましたが、5年も経てば「進化」されていて懸念した接続の不安も「杞憂」に終わりました。

【送料無料】BUFFALO WSR-1166DHP3-BK 無線LAN親機 11ac/ n/ a/ g/ b 866+300Mbps エアステーション QRsetup ハイパワー Giga Wi-Fiリモコン ブラック【在庫目安:お取り寄せ】
by カエレバ
購入価格も5年前に比べれば、約「半額」で購入できたので、「もっと早く買い替えとけば」と思いました。

bf-wifi-002

「杞憂」していた「設定のし直し」「旧親機」から「新親機」に「AOSS」ボタンで、「非接触」で「設定自体を移行」し、「端末側はなにもしなくてもいい」の説明書き通り、意外とあっさりと完了、前回大変だった「WiFi」対応テレビも問題なく接続完了。

bf-wifi-003

端末側での「設定」も「説明書」には掲載されていましたが、我が家の機器はすべて、「前回の接続設定」通り、「WiFi」設定のまま、問題なく、接続完了しました。

bf-wifi-004

ちなみに、今回は「ヤマダ電機」で購入しましたが、店頭POP表示では「5、053円」だったのですが、何故か「4,480円」で入手できました。

いわゆる、「ヤマダのレジ落ち」というやつで「573円」安く購入できました。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「4K非対応テレビ」でも「4Kコンテンツ」を視聴できるのか



「4K非対応テレビ」でも「4Kコンテンツ」を視聴できるのか

4k-hd-000

2020年の「東京オリンピック」を控えてか、現在店頭に並んでいるテレビのほとんどが「4K対応」「4Kチューナー内蔵」になりつつありますが、こうしたコンテンツは「対応機種」がないと観られないか?。

現在使用している「4K非対応」のテレビで「検証」してみました。

4K-hd-001

残念ながら、NHKを始めとする「BS/110°S衛星」を利用したチャンネルは、「4Kチューナー」が必須のようです。
「BS右」旋」のNHK・民放チャンネルはチューナーが必要ですが、「ネット配信動画」なら観れる場合も
しかしながら、「YouTube」「Netfllix」「Amazonプライムビデオ」を始めとする「ネット配信動画」については、「ネット対応テレビ」または、「FireTV」「Chromecast」などの「STB」「ドングル」を追加接続する事によって「4K画質ではないものの、とりあえず番組を視聴する」事だけはできるようです。

4K-hd-002

↑2009年製の、SHARP「AQUOS」で「YouTube」の「4K動画」を視聴する



「4Kコンテンツ」自体は、「YouTube」の「検索窓」で「4K 」と入力すれば、けっこうな本数ヒットします。

4K-hd-003

↑同じ「4K動画」を「iPad」で再生してみました。



「Netfllix」「Amazonプライムビデオ」の場合は主に「映画作品」がメインになりますが、普通に選択できるようになっていますので、特に何の操作を必要なく、「再生」するだけで視聴する事ができます。

4K-hd-004

ただし、テレビ側は、あくまでも「4K非対応」なら当然「HD画質」になってしまいますが、元が「4K用」に作られた「素材」なので、若干「キレイ」な感じはします。

この辺「個人の感覚」になるかとは思いますが、テレビ側の「アップコンバーター機能」次第かも知れません。


「ネット配信対応テレビ」も主流になりつつありますが、ほとんどの機種で「YouTube」と「Netflix」には対応しているものの、何故か「Amazonプライムビデオ」に対応しているものは少数派のようなので、「FireTV」は持っておくと便利でしょう。

新登場 Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属
by カエレバ


「Amazon」と「Google」との和解から今後「対応アプリ」が公開されると思いますが、2019年7月時点ではまだのようです。

とりあえず、非公認ながら↓の方法もありますが・・・。

Google Chromecast Ultra
by カエレバ




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク