セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

Amazon

「Amazon」で「公式」に「iPhone」直販されています






「Amazon」で「公式」に「iPhone」直販されています


iPhonex-amazon


いつのまにか(というか、2018年11月から正式に)「Apple製品」が通販サイト「Amazon」で「公式直販」されています。
ついに「Amazon」で「Apple製品」の直販が開始されました
「何でも揃う」イメージのある、「Amazon通販」ですが、「iPhone/iPad/AppleWatch/
AirPods」
など意外にも「直営販売」は、2018年11月から.

「Appleストア」「スマホキャリア」
「公式ショップ」からでしか入手できなかった、「Apple正規品」「Amazon」経由で購入できるようになっています。



もちろん、「Amazon」ですので、一部の製品を除いては、最新版「iPhoneXSシリーズ」も「プライム対応」で購入できる上、「iPad/irPods」など「正規品」ながら割安で入手できるケースもあるようです。



「iPhone」本体の販売不振「Apple直営ストア」の縮少など、ネガティブなニュースのある「Apple製品」ですが、「Amazon経由」で購入できるようにするなど、別の手を打ってきているのかも知れません。

家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






とうとう「Amazon Fire TV Stick」を購入-思いの外快適






とうとう「Amazon Fire TV Stick」を購入-思いの外快適

firetv-003

今まで、「Chromecast」を駆使して、「Amzon Prime Video」「Gyao!」など、スマホ・タブレットアプリの「動画のネットストリーミング配信」をテレビにキャストしていましたが、一部のサイトだと、「HD配信がSD画質」になったり、「全画面表示できない」など、不満な点も確かにあります。
「サイバーマンデー」対象商品だったので、思い切って購入
以前から気にはなっていたAmazon「Fire TV Stick」「サイバーマンデー」で、結構な大盤振る舞いになっていたので、思い切って「ポチって購入してみました。

firetv-000

内容は、「Chromecast」同様、テレビのHDMI端子に差す「スティック」と、電源供給用のケーブル。

さらに、操作は付属の「専用リモコン」で行う仕様になっています。


firetv-001

スティックをテレビのHDMI端子に差し、電源ケーブルをつなげると、付属のリモコンを使い「初期設定」を行います。

firetv-002

使用言語がいくつか表示されますので、もちろん「日本語」を選択します。


firetv-004

「WiFiネットワーク」は自動で感知してくれますが、「パスワード」を入力する必要があります。

firetv-005

「Amazon ID」を持っていれば、特に設定せずとも、スマホ・PCと同じアカウントで「ログイン」されます。

firetv-006

「ウォッチリスト」「視聴履歴」など、自分のアカウントなので、スマホ・タブレットアプリで観ていた番組を途中から「つづきを再生」する事が可能です。

firetv-007

firetv-008

気になる「画質」ですが、テレビのディスプレーにもよると思いますが、「Chromeブラウザからのキャスト」に比べれば、1920×1080ピクセル」の解析度に近い印象を受けます。

firetv-009

とりあえず、「プライム会員なので、「Amzon Prime Video」と、「Gyao!」のアプリをスティックにダウンロードして、視聴できるようにしてみました。

firetv-010

ただ、「YouTube」には、正式に対応しておらず、ブラウザの「Firefox」をダウンロードして、「設定し直す」必要があるので面倒なのと、「WOWOWオンデマンド」には対応していないので、「Chomecast」と併用する事になりそうです。






  1. 家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村








「Amazon Prime Music Unlimited」の「3ヶ月99円キャンペーン」2019年1月4日で終了






「Amazon Prime Music Unlimited」の「3ヶ月99円キャンペーン」2019年1月4日で終了


a-p-m-ul-000

「音楽サブスクリプションサービス」の中でも、実質「最安値」で利用えきる「Amazon Prime Music」楽曲がさらに充実した「Unlimited」「3ヶ月99円」キャンペーンが、いよいよ、2019年1月4日で終了になります。



結局「お試し」で終わらず、780/月で継続する予定-Amazonは「商売上手」ですね
私も、このキャンペーンを利用して「お試し」で使ってみましたが、通常のプライム会員向けの「Prime Music」と比べものにならないほど楽曲数が充実しており、プライム会員であれば「780円/月」で利用できるので、「キャンペーン終了後」も継続しようと考えています。



「Spotifi」「iTunes」など他の「サブスクリプションサービス」と比較すると、新曲リリースの配信スタートにバラつきはあるものの、サービスそれぞれといった印象なので、個人的には納得できる範囲です。

a-p-m-ul-001

なお、アーチスト、レーベルによって「サブスクリプション配信」を提供しない楽曲については、どのサービスにも配信されていないようです。

あれこれと音楽を楽しみたい向きには、この機会に「体験」してみてもいいかもしれませんね。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






「Kindle Unlimited」でしか配信されていない作品を読めるチャンス-「サイバーマンデー」で2カ月99円キャンペーン中






「Kindle Unlimited」でしか配信されていない作品を読めるチャンス-「サイバーマンデー」で2カ月99円キャンペーン中

kin-ul-000

2016年のデータによると、「電子書籍利用率」のトップは、35歳~39歳の男性で、かつ、Amazon「Kindle Unlimiedの読み放題サービス」に於いては、私を含めた、40代以上の男性ユーザーが増加しているとの話らしいです。



Amazonでは、こうした顧客狙いに、定期的「30日間無料」とか「2ヶ月99円」といったキャンペーンを開催されています。


確かに人によっては「?」な評価もありますが「読み放題」なので気兼ねなく利用できます


基本的には、このような「専用端末」で利用するのがベストですが、スマホ・タブレットアプリも提供されているので、私は「iPad」で楽しんでいます。

Get it on Google Play

「Kindle Unlimited」の特徴としては、紙媒体の書籍の電子版の他、「Kindleのみ配信作品」のほとんどが「読み放題」に含まれている点。

kin-ul-001

「レビュー」では、人によって
「評価が分かれる作品」も存在しますが、1冊ずつ購入するわけでもないので、気にせず、どんどん入れ替えて読んでいけるのも「Unlimited」ならではの使い方でしょう。

私もこのサービスを利用するようになって、月平均、30冊は、読んでいるので、980/月の「通常プラン」でも、充分、元は取れていると感じています。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






「フライデー」なのに土日まで?-本日AM10:00より「楽天ブラックフライデー」






「フライデー」なのに土日まで?-本日AM10:00より「楽天ブラックフライデー」


sale-000

「楽天市場」では、年に数回、こうしたキャンペーンセールを開催しています。
「楽天スーパーポイント」を大いに活用したいのなら、この手の定期的イベントをチェックすべし
このプログラムに参加するのには、「楽天会員」でかつ、「エントリー」する必要がありますが、この機会に「登録」すれば、即、参加が可能です。

 

個人的に、「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」「Amazon Prime会員」になっているので、ケースごとに「使い分け」ていますが、「品揃え」「価格」「商品配送」など、それぞれメリットがあるものの、「楽天スーパーポイント」を効率的に貯めるのなら、「楽天市場」のキャンペーンは見逃せません。

正直、「価格」だけで言えば「プライム会員」に軍配が上がるように見えますが、「クーポン」「ポイント」を考慮すれば、かえってこちらのほうが「お得」なケースがあるので、欲しい物があるのなら、覗いてみて損はない「セール」だと思います。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村








スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場





スポンサーリンク









参加中のブログ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...