セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 現在は店は構えず、ネット通販コンサルタント、人脈を活かした「マリッジアドバイザー(仲人業).仕事の「パートナーマッチング」のお仕事がメインになりつつあります。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

Amazon

「ネット通販」の「レビュー」が信用できるかワンクリックで判定できるサービスー「レビュー探偵」



「ネット通販」の「レビュー」が信用できるかワンクリックで判定できるサービスー「レビュー探偵」

amazon-tantei-005


2019年、ネット通販(とくにAmazon)で問題になったのが「ステマレビュー」と呼ばれる、製品の評価を意図して「高評価」で投稿されている「やらせレビュー」行為。

とくに中国製などの「スマホ・PC用ガジェット」で実際購入してみると、高レビューにもかかわらず「粗悪品」というケースが多発してきつつあるので、商品購入の際の参考にしていた向きには大変混乱を招いているようです。
「Amazon」など海外製品の本当の評価?を知る方法だが「悪意のある」攻撃投稿もあるのであくまでも「参考」程度に使うべきでしょう
この問題は何も「Amazon自身」が意図してやっている行為ではなく、あくまで「一部」の業者が、自社製品を高評価にする事で売り上げUPしようとしているものなので、「海外製品」「海外ショップ」全体がそうではないので「海外製品のイメージダウン」につながるとして迷惑を被っているショップやブランドも多いのが現実のようです。

こうした背景から、有志が公開してくれたWebサービス「レビュー探偵」です。

PC版では、ブラウザ「Google Chrome」「拡張機能」「アドオン」として公開。

スマホアプリ「Android端末」向けが「Playストア」でダウンロード可能になっています。

amazon-tantei-001


機能としては
商品レビューの信用度
S~Fランクに自動で一括判定。 これにより悪質なやらせレビューに騙されての購入を回避したり、レビューを読む時間を減らして買い物時間の短縮ができるとの説明ですが・・・。 あくまで、レビューの信用度は膨大なレビューを独自のロジックで判定した結果ですので人の目で検証しているわけではなく、結果は慎重に見極める必要がありそうです。

amazon-tantei-002

amazon-tantei-000


「レビュー探偵」アプリ(Android)
amazon-tantei-003


amazon-tantei-004
しかしながら一見、正確なレビュー評価を確認できるツールのようですが、この業界「意図してライバル会社の製品の評価を下げる」行為も多発して「足の引っ張り合い」をしているので、必ずしもこのサービスが「正確」なのかどうかは微妙なところで、「鵜呑み」にするのも危険かと思われます。

便利ではありますが、あくまで、参考までにとどめておくべきでしょう。

(関連記事)



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「弔電」ネット注文だと希望日時に間に合わない?ーNTTのD-MAILで間に合いました



「弔電」ネット注文だと希望日時に間に合わない?ーNTTのD-MAILで間に合いました

chouden-000

急な不幸があり、お通夜告別式にも参加できそうもなさそうなので、とりあえず「弔電」を送ろうと「Amazon」「楽天市場」で探してみると、ほとんどが「希望日時に届かない」という状況に・・・。思わず頭を抱えてしまいました。
「NTT」未加入者でも「クレジットカード決済」なら大丈夫でした
すると、近しい仲間も同じ状況だったようで「困った」と連絡があり、同じように頭を抱えているとのこと。

「そういえばネットで注文できるようになる以前は直接NTTに電話していたよな」と気づき「NTTの電報申し込みサイト」を探し当てました。

chouden-001

『灯台下暗し』さすがNTTです、他サイトでは「商品」を選んでから「お届け日」を選択する画面構成なので「当日中」では間に合わないケースが多いのかもしれませんが、NTTの「D-MAIL」なるサイトだと「お届け日」を決めてから「商品」を選ぶ事ができたので、希望の品とはいきませんでしたが、サイトの案内で「最速3時間」との事。迷わず注文しました。



するとPM13時過ぎに注文した「弔電」が、当日の「お通夜」の時間に何とか間に合いそうです。

dmail

早速、件の仲間2人にもこのサイトを連絡。

結果、私を含めこのサイトで注文した3人とも、無事「お通夜」の時間に「弔電」が間に合ったという連絡が来て安心しました。

もっともこうした「急の不幸」に於いては「弔電の台紙や御線香を選ぶ」より、確実に届けるのが「最優先」ですので「電報の元祖:NTT」に依頼するのが間違いはないという事を実感しました。

まあ、日程に余裕があれば「ネットでじっくり選ぶ」という選択肢もあるのですが、今回はやむなく、ですが確実に届けられたので良しとしましょう。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【中華ガジェットレビュー】ブラックフライデーで入手した「Mpow」ヘッドホンの実力は?



【中華ガジェットレビュー】ブラックフライデーで入手した「Mpow」ヘッドホンの実力は?

mpow-000


「ネット通販」の「ステマ(ステルスマーケティング)」や「やらせレビュー」など、最近やや分の悪いイメージな「中華製デジタルガジェット」類ですが、Amazonマーケットプレイス以外で「楽天」「Yahoo!ショッピング」や「ビックカメラ」等実店舗でも販売されているブランドは値段なりの印象を受ける製品も少なくないようです。
「中華製」にかからわず「ヘッドホン型」は音がこもるものの低音や奥行きが広いので音楽より「映画向き」には使えそうかも
今回、Amazon「ブラックフライデー」「Mpow」のヘッドホンをクーポン利用で1000円台で入手できるとの事で「ダメモト」で購入、検証してみました。


製品内容的には「Bluetooth4.0」ながらも「有線接続」にも対応。使用中にバッテリー充電切れを起こしてもイヤホンジャックにつなげて「聴き続ける」ことが可能なのが「売り」です。

mpow-001

一見製品が「チープ」な印象を感じますが、「SONY」や「JBL」の類似製品でも、数千円のものであれば似たような出来なので、値段を考慮すればまずまずなのではないでしょうか。


mpow-002

「Bluetooth接続」も手持ちの「iPad」で試したところ「一発」で「ペアリング」できました。

気になる「音質」ですが、ネット上のレビューでは「賛否両論」あるようですが、この問題は「個人の好み」に左右されるところなのであくまでも「自分の耳」で判断するしかないのですが、私の環境で検証したところ、「音域は幅広く低音もしっかり全体にダイナミックな音声再現」を感じるのですが、こと「音楽鑑賞」については「カナル型イヤホン」に軍配が上がる印象。

一方、iPadで「プライムビデオ」や「Netflix」など、特に「映画作品」など、「カーアクション」「爆破シーン」などは予想以上の迫力なので、この価格でこの環境を得られるならば「映像鑑賞用」として専用使用に使えそうです。

ただ、多くのユーザーはこの手の製品はどうしても「SONY」「JBL」にこだわる傾向にありますが、経験上国産品であっても「最低3万円台」は出さないと「満足な音」は体感できないと思われますので、音にこだわりたい向きならこうした「廉価品」は無視して迷わず「SONY」などのヘッドホンを購入すべきでしょう。

ちなみに私自身も「SONY」の2万5千円で購入した「有線イヤホン」を所持していた事もありましたが、形状だから仕方ないのか「音がこもる」のは致し方ないようですので、用途によって「使い分ける」必要がある製品であるのではないのでしょうか。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「Music Bee」ーアルバムアートワークが読み込めない場合の対応



「Music Bee」ーアルバムアートワークが読み込めない場合の対応

album-art

音楽CDからPCで読み込んで「MP3」化する際。「タグ情報」などあらかじめ細かく取り込んでくれる「Music Bee」ですが、ここ最近「アルバムアートワーク」情報がうまく取得できないケースが報告されています。


ちょっと「グレイ」な手法かもしれませんが「個人的コレクション」として楽しむ分には「アリ」でしょう


この辺り、「Music Bee」側としての明確な説明はありませんが、「アートワーク」以外はほぼ取得してくれるので問題は表示する「アルバムジャケット画像」をどこからか「調達」すれば、「Windows Media Player」「iTunes」に」比べ「コピペ」するだけなで解決する問題なので、「自作」してもよし、ネット上から調達するという方法もあります。

art-mb-001

本来はCD情報を取り込む際、「インターネットを検索」してくれるのですが・・・。

art-mb-006

「画像を検索できません」というケースの場合。

「A●azon」などで「アーチスト名+アルバム名」で検索をかければ「販売されているCD」のジャケット画像が表示されます。


art-mb-002

これらの画像を「コピー&ペースト」して「Music Bee」の編集画面に取り込む方法もあります。

art-mb-003

対象の「画像」を「右クリック」して「画像をコピー」して。

art-mb-004

アートワーク欄に「ペースト」するだけで「ジャケット画像」が追加され「画像データを含めてCDを取り込んで」くれます。

art-mb-005

基本的に市販の音楽CDであれば、「アルバムジャケット」画像が見つかるものですが、「一部ネット上に情報提供を拒否をしているアーチスト」作品や、海外アーチストの「日本国内でのみリリースされている作品」など、ネット上で流通されていない作品は見つからないケースも実際ありますので、その場合、個人的には「似たようなイメージの画像」を見つけて「貼り付けて利用」しています。

まあ、自分で楽しむだけであえて人に見せるものでもない「自己満足」な領域なので、これも「アリ」だと思っています。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

Amazonなどネット通販で人気のガジェットがドンキなど店頭でも販売



Amazonなどネット通販で人気のガジェットがドンキなど店頭でも販売

soundpearts-000

一部の「悪質出店者」による「怪しいレビュー」「ステルスマーケティング」など、何かと話題になっている、いわゆる「中華製ガジェット」

入手してみると確かに「?」な製品も存在することは実感していますが、「Anker」「SoundPEATS」「Aukey」など「品質に定評あるコスパ良し」ののブランドも存在しており、私個人も実際愛用しています。
「ステマ問題」など何かと不安な「中華製品」ですが「店頭」に並んでいるというのは「確かな製品」の証しともいえそうです
最近、「ドン・キホーテ」「ビックカメラ」などでも、私個人で愛用している「Bluetoothイヤホン」が店頭に並ぶようになったり、「Anker」の「モバイルバッテリー」が販売されています。

特にイヤホンについては「SoundPEATS」、モバイルバッテリーについては「Anker」「高コスパ」で評判のようです。

soundpearts-002

同じ製品でも「ドン・キホーテ」より「Amazonの直販」のほうが「消費税」分安く入手できました。

↓更に「プライムデー」だと1000円近く安く購入できる場合も・・・。

soundbeats-003

同じ製品でも「ビックカメラ」では少し「高めな価格設定」のようです。

soundpeats-001



soundperats-004

Anker-bic





「ネット通販」の直販サイトでもAmazon「プライムデー」「エントリー」されるケースも多いブランドですので、そうした時期を狙って購入するのも「安く購入できる手」かも知れません。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク