セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

Amazon

Amazon Fire TVで「YouTube」を観る-Firefox




Amazon Fire TVで「YouTube」を観る-Firefox

fire-youtube

2017年12月、突然GoogleAmazon「Fire TV」から「Youtube」撤退、閲覧不能になりました。

これにより、戸惑った「Fire TV」ユーザーも多かったろうと思われます。
「顧客第一主義」を捨てたとしか思えない他社製品の締め出し策
この事の発端は、2015年10月にAmazon「マーケットプレイス」から自社製のSTB「Fire TV」以外ライバル製品「Chromecast」「AppleTV」締め出したことから始まっているようです。

この件に対し、Amazon側の言い分としては、「ChromecastおよびAppleTVはAmazonPrimeDieoに対応していないので、ユーザーが混乱するため」としているが、一方では「AmazonPrime Music」などスマホアプリで「Googlecast」に対応しているのも事実

今回の騒動はたとえライバル企業の製品を対象とした措置としても、ユーザーを置き去りにした部分残念です。





GoogleとAmazonの微妙な関係?でも抜け道はあります
ところが、2017年12月に、ブラウザ「Firefox」を利用して「Fire TV」で「YouTube」が視聴できる方法が公開されました。


まず、テレビ「Fire TV」をセットしたあと、立ち上がる「メニュー」画面で「YouTube」アイコンクリックすると「Firefox」のインストールを促す画面が立ち上がるので、いわゆる「非合法の裏ワザ」というわけでもなさそうです。

この辺、Amazon「危機感」をいだいている推測することができますが、ユーザーにとっては導入の心配がひとつ減ったともいえます。

(関連記事)





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



Kindleマンガを実質読み放題?ー「Amazon Prime Reading」




Kindleマンガを実質読み放題?ー「Amazon Prime Reading」




実際には、年3,000円「Amazonプライム会員」向けの「特典」「Kindle本」の一部が「追加料金なし」で読めるサービスですが、タイトルはかなり限定されるものの「マンガ・コミック」本も含まれています。
a-p-m-004

「プライム会員」なら使わなきゃ損なサービス

a-p-m-002

アプリ「カタログ」→「prime reading」と進んで対象作品ダウンロードできます。

a-p-m-003


気になる作品のラインナップですが、「人気シリーズの初期数冊」、さらに「月毎に作品が入れ替わる」ような印象です。

a-p-m-001

端末にもよると思いますが、私のiPadの場合、「10冊」までのダウンロードが限度のようです。


思うに、人気作品の最初の数冊を「Prime Reading」で読ませておいて、続きは「Kineticストアで購入」するが、「Kindle Unlimited」を契約させる作戦のように感じますが、「暇つぶし的」に読む分にはこれでも充分楽しめると思います。


Google Play で手に入れよう






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



「kindle」を試してみる-Amazon Prime Reading




「kindle」を試してみる-Amazon Prime Reading


kindle-000

「電子書籍」に興味がある方も増えています。

現在、さまざまなサービスが公開されていますが、一番有名ところでは、Amazon「Kindle」というイメージがあります。
「プライム会員」の特典-Prime Readingで試し読み


あまり積極的にアナウンスされている印象がありませんが、「プライム会員」であれば、「一部のコンテンツ」に限られてはしまいますが、「追加料金なし」で読めることが可能です。




「Kindle」専用端末もさすが読書に特化したタブレットなので使い勝手は抜群だし、タブレット端末としても「最安値」で購入できるという高評価があります。

ただ、Androidベースながらも「YouTube」が視聴できないなど「PlayStore」アプリダウンロードできないのは「割り切って」使う必要はあります。

もちろん、「iOs」「Android」端末用のアプリ公開されているので、手持ちのスマホ・タブレットで利用するのもお進めです。


Google Play で手に入れよう
ダウンロードして立ち上げると「Kindle」アプリが立ち上がります。

「マンガ」作品なら、スマホの小さい画面でも我慢できる環境ですが、細かい文字の一般書籍の場合、タブレット端末の大きめな画面が望ましい感想です。

kindle-001

画面下の「カタログ」タップすると、ダウンロード可能なコンテンツが表示されますので、今回は「お試し」なので「プライム会員なら読み放題」選択


kindle-002


「プライム会員特典のコンテンツ」タイトル一覧が表示されますので、購読したいタイトルをタップして選択します。

kindle-003

「読み放題で読む」タップすると、クラウドに格納され、各端末に同期・ダウンロードされます。


kindle-004

「購入」した書籍は以下のような感じで、端末に表示され、指の「スワイプ」動作ページめくりができます。
kindle-005
「9.7インチ」ほどのサイズタブレット端末なら、本物の書籍感覚でかなり快適に読書を楽しめます。

kindle-006
実際、利用してみると、「Prime Reading」では物足りなくなり、結局「Kindli Unlimited」に加入することになりました。

有料とはいっても、980円/月で対象書籍が「読み放題」 なので、毎月1冊以上書籍を購入している人なら、充分お得な読書法だと言えると思います。











家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



Amazon攻略法ーChromeブラウザ拡張機能②クローバーサーチ




Amazon攻略法ーChromeブラウザ拡張機能②クローバーサーチ

前回、紹介した「自動価格比較ーAuto Price Checer」も便利ですが、表示できるサイトが「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク」大まかな検索結果になるので、この4つのモールでの買い物にこだわる分には、動作も安定していておすすめなのですが、モールにこだわらず「とにかく安いショップで購入したい」いう向きには、今一つ物足りないかもしれません。


Amazonの検索結果画面に他ショップごとの価格を表示させ比較できる「Google Chrome」拡張機能ークローバーサーチ

クローバー」

ここからダウンロードできます



クローバー002

chromeブラウザの右上「︙」→「その他のツール」→「拡張機能」「有効」にします。


クローバー005
このマークをクリックして「初期設定」をします。


004クローバー

「モールサイト」ごとではなく、「価格の安いショップ」順に表示されますので、「ショップ名」をクリックすれば、「販売ページ」に飛びます。

003クローバー

この「拡張機能」だけでも充分じゃないかと思われるかもしれませんが、この機能は「動作が不安定」という欠点があり、「機能しなくなる」事がしばしば起こります。

そんな時は、「︙」→「その他のツール」→「拡張機能」「修復」すれば治ります。

なので、私の場合、前出の「自動価格比較ーAuto Price Checer」と併用するようにしています。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



2017年度Amazonベストバイのデジタルガジェット




2017年度Amazonベストバイのデジタルガジェット


amazon-box

2018年に入ってから、各雑誌で「2017年度のAmazonベストバイ」が発表されています。



かくゆう私も「Amazon Prime 」会員なので、結構恩恵を預かっている一人です。

なお、この記事では、「楽天ポイント」や「Tポイント」を貯めたい人向けに「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」へのリンクも併記させて頂いています。

2017年実際に購入してみたAmazonベストバイガジェット
モバイルバッテリー
同じスペックの製品は、家電量販店「ドンキ」でも、5,000円台はしますので、ネット通販ならではモバイルバッテリーだと言えます。

半年ほど使用した結果、幾分容量が少なくなった様な気もしますが、何分バッテリーの事なので致し方ないのかなと思います。

USB急速充電器
AndroidスマホApple製品「充電規格」が違うので、1つのソケットから同時に充電できるのは「Anker」製ならではです。


Bluetoothスピーカー
寝室用に「エレコム製」有線スピーカーを使っていましたが、10年ほど使用したところで壊れてしまったので購入しました。



Bluetoothヘッドセット

Apple「Air Pods」が気になっていましたが、高価です、「Bluetooth」イヤホンを試して見たかったので購入してみました。

連続使用できる時間は、4時間前後といった感触ですが充電機能はないので「ダイソー」モバイルバッテリーを携帯して「外出対応」しています。



Bluetoothワイヤレスキーボード

仕事上、IPad端末「エクセル」を利用する必要がでたので購入。

US仕様キー配列なので、始めは操作に戸惑いましたが慣れると手放せなくなります。




Qi対応ワイヤレス充電器

購入を急ぎ過ぎたか、「急速充電」には対応していない製品でした。

現在、販売されているのは対応済みのものが出回っていますので、「買い」はこれからだと思います。




充電スタンドチャージャー

仕事場と寝室用に2セット購入しましたが、台数が増えつつある端末を1台で充電することができるので非常に便利です。

2017年度に購入したガジェットの中では一番活躍してくれています。

各誌で好レビューのデジタルガジェット

Bluetoothサウンドバー
別メーカーアウトレット品を購入してしまってから存在を知ったのですが、「音声が貧弱」「大画面テレビ」補完スピーカーとして、この価格で購入できるのであれば「試してみる価値大」な製品だと思われます



Fire TV Stick
AmazonGoogleの中があまりよろしくないらしく、「YouTube」に対応していないところが難点ですが、「Chromecast」よりも「4K視聴」一歩進んでいる感があります。

「Amazon Prime Video」
利用者であれば、是非欲しい製品です。

スマホ車載ホルダー

自動車のダッシュボードの上ではなく、カーコンポなどの位置にスマホを固定できるタイプの製品です。

スマホが気にならない目線で確認できるという事で評判のようです。



Qi充電器ホルダー
自動車運転中に「ワイヤレス」で「差し込むだけ」で充電できてしまうというスグレモノ

もちろん、「急速充電対応」なので安心です。



マルチリモコン

設定が面倒なところで、「賛否両論」ある「スマホのマルチリモコン化」ですが、この製品は、PCからでも編集が可能でアップデートも盛んで「使い勝手」が半端なく良い、との評判です。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



スポンサーリンク
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場
Amazonのおすすめガジェット





スポンサーリンク









参加中のブログ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...