セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

AmazonPrimeVideo

2018年版「動画サブスクリプションサービス」をいろいろ試してみた






2018年版「動画サブスクリプションサービス」をいろいろ試してみた


video-sub

2017~2018年にかけて「AbemaTV」「DAZN」など新しい「動画サブスクリプションサービス」が出揃い、「スカパー!」等の「CS放送」の存在価値が薄れつつある一方、早くも淘汰、撤退するサービスも出てきそうな様相を呈してきそうな印象を受けます。

そんな中、「Chromecast」「FireTV」で、テレビにキャスト可能で、スマホ・タブレット端末でも視聴できるサービス「いろいろと」試用してみて、最終的に「Amazonプライムビデオ」「WOWOW」、「Gyao!」の3つのサービスで、個人的には、充分「観たいコンテンツを視聴する」を満たす結果になりました。

「Chromecast」と「Fire TV Stick」接続で「従来のTV波」いらず?

「Amzon Prime Video」


「Hulu」「Netflix」より後発になりますが、「Amazonプライム会員」なら、追加料金なしで利用できるサービスながらも、「オリジナル番組」のクオリティの高さと、ドラマ、映画については、新作には弱いものの、「CSの人気チャンネル作品」、「旧作映画」のラインナップの豊富さは、他のサービスに劣らぬ内容です。

「4Kコンテンツ」についても「Netflix」とほぼ同時期に配信が始まっている点も注目点です。

ただ、テレビドラマは仕方ないのですが、旧作映画の場合、「ブラウン管テレビ時代のテレビ放映用」の素材のコンテンツが多々存在するのは残念なところです。


また、「スポーツ」「音楽」「ドキュメンタリー」などはラインナップされていないので、他のサービスと併用しなければならないのも寂しい点ではあります。



WOWOWオンデマンドは「WOWOW加入者」のサービスです



PC・スマホ・タブレットでの「オンデマンド配信」に加え、「リルタイム視聴」が可能になり、かなり使い勝手が向上しました。

「WOWOW」ならではコンテンツとして、「音楽ライブ番組」の「WOWOW独占放映」が多く、「BD/DVD化」前の映像が観れるの他サービスと大きく差別化されているところ。

ただ、「スポーツ中継」については「ボクシング」「テニス」などに偏っている印象「DAZN」などに軍配が上がるジャンルと感じます。

一方、好評なのは「WOWOWオリジンルドラマ」で、話題作は「Amazonプライムビデオ」、BS「Dlife」などで再放映されたり、TSUTAYAでDVDレンタルされるなど、クオリティの高さがうかがえます。

映画の新作については、テレビ放映が一番早く、続いて「レンタルショップ」「Amazonプライム」→「Gyao!」「地デジ」の順番で配信されているように感じます。



「Gyao!」

sub-gyao

ご存知、老舗の「無料動画配信サイト」

とは言うものの、全てが「無料」で観られるという訳ではなく、一部のドラマ(特に韓流に多い)、アニメなど「第1話のみ無料」という番組も多く、続きを観るために「課金」が必要なのですが、「割高感」はあり、「DVDをレンタルした方が安い」場合もあるので注意が必要です。

コンテンツ「バラエティ」「ドキュメンタリー」「映画」「音楽」「ドラマ」等、結構充実していますが、「配信期間が短い」番組が多く「見逃がして」しまうケースがあるので、「通知をオン」にしておくなど工夫して見逃がさないようにしたいものです。


「スポーツ」は意外に多く配信されていて「WWE」などの人気コンテンツもここで観る事もできるので侮れません。


2019年1月現在、この3つの「配信サービス」で視聴していますが、。個人的にはこれだけでも充分楽しめていると思っています。

「Amazonプライム」「Gyao!」「Fire TV Stick」「WOWOWオンデマンド」は「Chromecast」テレビにキャストして楽しんでいます。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






スマホ・タブレットでテレビを観る-「Amazon Prime Video」






スマホ・タブレットでテレビを観る-「Amazon Prime Video」

a-p-v-001

CS放送に代わるテレビ番組視聴方法として、最近増えつつある「動画サブスプリクション」サービスですが、今一番「安価」で利用できるのが「Amazon Prime Video」です。

頻繁にAmazonで買い物をする人の多くが加入している「プライム会員」であれば、追加料金なしで視聴できるのも大きな魅力です。

「配信番組数」は正確に公表されていませんが、一度視聴すると「リコメンド機能」で次々と「メニュー」には表示されていない作品が出てくるので、かなりのコンテンツがラインナップされているようです。


「30日間無料お試し期間」があるので、一度覗いて「体感」してみるのをお勧めします。


個人的には「スカパー!」いらず、ただし「音楽コンテンツ」はほとんどなし

Google Play で手に入れよう



a-p-v-002

「映画コンテンツ」については「邦画」「洋画」とも、「レンタルDVD」「スカパー!」解禁とほぼ同じタイミングで配信されます。

ドラマについては国内コンテンツは「TBSオンデマンド」「テレビ朝日」系は新旧揃っている印象ですが、オリジナルドラマは少し弱い印象。「WOWOW」ドラマの人気作を配信する事で補っている感はあります。

海外ドラマも「FOX」系に強く「吹き替え版」が多いのも個人的には気に入っています。

一方、オリジナル番組では「バラエティ」系ではかなり高評価なコンテンツが揃っているのも特徴です。
非推奨ながら「Chromecast」で何とか視聴も可能
PC版の「Chrome」ブラウザに限られますが「キャスト」機能テレビにキャスト視聴が可能ですが、動作が不安定なのと、「HD番組」でも「SD画質」になってしまいますが、コンテンツによっては充分視聴に耐えられるという印象で利用できています。



いち早く「4K番組」にも対応
「Netflix」同様、この手の「動画サブスプリクション」サービスとしては、いち早く「4K番組」も配信されています。
「4K対応テレビ」をお持ちであれば Fire TV Stick 4K」を接続すれば「4K番組」を堪能できます。




利用価格的には、「スカパー!」や「ケーブルテレビ」のCS放送に比べ「お得感」はありますが、「音楽系」はほとんど皆無ですので、私の場合、やはり「WOWOW」は解約できずにいます。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村







スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場





スポンサーリンク









参加中のブログ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...