セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

BS

4K対応チューナーーピクセラ




4K対応チューナーーピクセラ

ピクセラチューナー

「ASCII.jp」によると、先日のハイセンス「REGZA」に続いて、新4K衛星放送用チューナー「PIX-SMB400」の発売を発表しました。
10月初旬発売予定と発表
この製品は、現在出回っている「4K対応テレビ」に接続して使用する「外付けチューナー」「地デジ(パススルー方式)」「BS/110°CS」「新4K衛星放送」対応するとアナウンスされています。

他の「スマートテレビデバイス」と同じように、OS「Android TV」を採用し、「YouTube」「Netflix」にも標準で対応との事。



気になる販売価格「3万円未満」を予定しているとの事なので、「4K対応テレビ」を既に導入されている方にはチェックしておきたいところです。



前回紹介した「ハイセンス」製品はアンテナ設備の更新は不要としていますが、この製品は対応する受信アンテナが必要としています。

2011年の「地デジ」化の際、こうした「外付けチューナー」製品は「マスプロ」「YAGI」などアンテナ製造メーカーから始まりましたが、「ピクセラ」PCサプライメーカーです。

今回の発表により、こうした製品が各メーカーより発表される事が予想されます。

今後の各社の動向が期待できる製品です。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



4K対応チューナーーHisense「REGZA」




4K対応チューナーーHisense「REGZA」

2018年12月1日に開始される「BS4K放送」に対応するチューナーが市場に出回っていないので、どうなっているのかと思っていたところ、業界ではいち早く、東芝の「REGZA」ブランドを引き継いだ「ハイセンス」概要を発表したようです。

愛読している「週刊アスキー」に同社の「4K対応チューナー」の記事が掲載されていました。


2018年秋頃を目標に対応チューナーを発売予定



同社の発表によると、「対応チューナー」は、8Kには非対応4K放送のみ「シングルチューナー」USB外付けHDDを増設する事で4K番組の録画が可能2TBのHDD容量であれば、88時間分の4K番組の録画が可能とされています。

気になる販売価格はチューナーのみで、「5万円を切る設定」との事。
現在のアンテナ設備でも4K視聴可能とアナウンスされているが・・・

記事によると、既存のアンテナ設備のままでも、「NHK」「BS朝日」「BS-TBS」「BSフジ」「BSジャパン」「BS日テレ」の6チャンネル視聴可能としています。



業界内では、「4K受信対応パラボラアンテナ」に変更する必要が発表されており、家電量販店でも、同対応アンテナが発売されていますが、実際どうなるのか始まってみないと分かりそうもなさそうです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



BS4K放送には対応パラボラアンテナが必要




BS4K放送には対応パラボラアンテナが必要


4k-para-001

2018年10月に開始予定の「BS波による4K放送」ですが、2011年の「地デジ化」の時と違って、イマイチ情報が少ない印象があります。

意外とアナウンスされていないアンテナ問題
インターネットによる「IP配信」「ケーブルテレビ」による、「有線」での配信や、専用チューナーなどは既に始まっていますが、「NHK」民放各局による、「BS放送」については、あまりにも情報不足です。

通常のBS放送は「右旋円偏波」、4KBS放送は「左旋円偏波」

技術的な話になるのでかんたんに説明すると、今BS・CS放送を視聴するために取り付けてある「パラボラ」のままでは「BS4K放送」は受信できない。という事。

4k-para-002

具体的には、パラボラアンテナの、中華鍋にむきあっている部品「LNB」(Low Noise Block Converter)という部分が、4K放送対応「左旋」という電波と、現状のBS/CS放送「右旋」という電波両方に対応しているアンテナに取り替える必要があります。


4k-para-003

現在、家電量販店で販売されている「パラボラアンテナ」はほぼ、対応アンテナになっているようです。

4k-para-004

価格的には、アンテナ本体が、約1万円前後、これに取り付け工事費が加算されます。




アンテナは販売されているがチューナーはいまだ未発売
「4Kテレビ」「4K対応テレビ」「対応パラボラアンテナ」販売されているのに対して「別途対応チューナーが必要です」とアナウンスしているのにかかわらず、肝心「対応チューナー」製品自体は販売されているのを見たことがありません。

「地デジ化」の際は、いち早く各社から、対応テレビレコーダーなどが発売されましたが、今回は様子が異なっているようです。なにか政治的な問題でもあるのでしょうか?。

その一方、業界内の噂として、現在人気「各安4Kテレビ」の供給は終了し、「有機ELパネル」による「4Kチューナー内蔵テレビ」の発売がいよいよ始まるのでは、という話もあるようです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



BSパラボラアンテナの向きが変わってしまったら




BSパラボラアンテナの向きが変わってしまったら


parabora

降雪大風などで「パラボラアンテナ」向きが変わってしまい、BS/CS放送観れなくなる事があります。
BS/CSアンテナの調整だけでも約1万円(税抜)からかかります
そんな時は通常電器店に依頼して調整してもらうのが普通ですが、電器店に確認してみると、ベランダ設置のパラボラ調整ならば、だいたい1万円~(税抜)、屋根の上の設置だと2万5千円(税抜)かかるとの事です。

さすがに屋根の上に上がって作業するのも危険なので、電器店にお願いするしかありませんが、自分で手に届く「ベランダ設置型」ならば、正確な向きさえ分かれば「向きを変えるだけ」なので、DIYできます。

正確な位置を調べられる無料アプリが存在する
電気屋さんは高額「電波測定器」を使って、衛星波の向きを確認しますが、現在ではこうした機器を使わなくてもスマホ無料アプリ同じ様な事ができます。


Google Play で手に入れよう

BS-com-001

インストールし、起動すると以下の画面に切り替わります。


BS-com-002

「アンテナを設置」タップします。

BS-com-003

あとはスマホ片手パラボラアンテナと格闘するのみです。

BS-com-004


BS-com-005


BS-com-006

以前は携帯電話でテレビのある部屋と連絡を取り合いながら調整していたものですが、このアプリを使うようになってから、ほぼそうした手間も省けるようになりました。

ただ、新築の戸建て住宅のほとんどが、パラボラも地デジアンテナとセットで屋根の上に立てられてしまっているのでこの方法が取れないケースもあります。

またこれからBSアンテナを設置しようとお考えならば、「屋内アンテナ」という選択肢もあります。


デジタル放送波の特性上、向きさえ間違えなければ屋内でも受信が可能なはずです。

ただし、値段が高い印象がありますが、「取り付け費用」など何万も出すこと考えると、あながち高いとも言い切れないと思われます。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村





「WOWOW」ならBSもVODも充実しています




「WOWOW」ならBSもVODも充実しています

wowow-001


「AbemaTV」「Gyao」「YouTube」など無料ネット映像配信「Netfllix」「HuLu」など有料サブスプリクションサービスの台頭により、部の悪くなった感のある、BS/CSの有料チャンネルサービスですが、BS視聴環境さえあれば簡単に視聴でき、ブルーレイレコーダーテレビ用HDDに録画して楽しめ、且つ、スマホ・タブレット向け「ストリーミング配信」も行っている「WOWOW」一歩抜きん出ている印象を受けます。

人気アーチストのライブ音楽フェスなど「WOWOW」が主催、協賛しているイベントが多く、当然独占放送になりますので見逃せません。
「海外ドラマ」にはさすが本場発の「Netflix」「HuLu」に分があるようですが、国内ドラマに於いては「WOWOW」でしか観れない「オリジナルドラマ」クオリティが高いとの評判です。
>

「邦画」に於いては、ヒット作のテレビ初放送が多い印象です(特に日テレ系作品)。人気シリーズの過去作品の放送関連作もほぼ同時に放送されるのが特徴です。

また、一時期隆盛を誇った「Vシネマ」が廃れ、代わりに「WOWOWオリジナル作品」が「TSUTAYA」などでレンタルされるという時代になりつつあるようです。

BS放送なのでBDレコーダー環境でフル活用できる

通常のBS波ですので、BSチューナー内蔵のテレビ、録画機器で録画視聴がフル活用できるのが人気の理由のひとつといえるでしょう。



「地デジ」番組と同じように、特にダウンロードなど面倒な操作が必要なく録画視聴を楽しめます。

「番組表」も普通の新聞にも掲載されています。(契約者には月毎の番組表は送られます)

スマホ・タブレット視聴ももちろん快適
「DLNA」に対応している、ブルーレイレコーダーなどをお使いでしたら、以下の方法で「スマホ・タブレット」で快適に視聴する事ができます。

国内メーカー製
レコーダーであれば、各社名称が異なりますが同じサービスが提供されています。、

VOD(ビデオ・オン・デマンド)も充実
「WOWOW」加入者にしかアナウンスされていないサービスですが、加入すると「PC/スマホ・タブレット」向け「WOWOWオンデマンド」という、ストリーミング配信サービスが利用できるようになります。


人気テレビドラマスポーツ中継など、録画環境がなくても「見逃し作品」をオンデマンド視聴できるように配慮されています。

ただ、映画については旧作がメインで新作の劇場公開映画はあまり配信されていない印象はあります。



WOWOW加入はネットがお得
 


「WOWOW」ネットから申込みをする方法と電話で申し込みをする2通りの方法があります。
面倒だから電話で申込むという方や「B-CASカード番号」等よく分らないので電話で申込むという方もいますがもったいない話です。

電話申込みをすると割引が受けられなくなるので、「ネット申し込み」の方が断然お得だと思います。


【Chromecast】対応のサービスです
スマホ・タブレット用のサービスですが、大画面テレビで視聴する事ができます。

スマホ・タブレットがリモコンになります。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



スポンサーリンク
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場
Amazonのおすすめガジェット





スポンサーリンク









参加中のブログ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...