セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 現在は店は構えず、ネット通販コンサルタント、人脈を活かした「マリッジアドバイザー(仲人業).仕事の「パートナーマッチング」のお仕事がメインになりつつあります。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

Bluetooth

忘れ物防止タグー「Tile Mate(タイル)」を入手してみました



忘れ物防止タグー「Tile Mate(タイル)」を入手してみました

tile-000

「クレジットカード」「PASMO]」「楽天Edy」「〇〇Pay」中心の生活になり、「財布」の持ち出し「忘れ」が頻発するようになったので、何か対策がないかな?と思案していたところ、「ローソン」「TileMate Book」なる、いやゆる「付録がメインのムック本」を発見!。

ネットで評判を調べてみると、「ムック本版」は「電池交換不可」との事で「ボタン電池」で交換可能な「正規版」を入手して使用感を検証してみました。
「880円」のコンビニムック版も安くて良いのですが「電池交換」できないので「正規版」を導入してみました
tile-001

「家電量販店」など実店舗では販売されていなかったもののネット上では、平均「2,000円前後」の実売価格ですが、「タイムセール」「ポイント」を駆使して「1,000円以内」で入手できました。

探し物を音で見つける Tile Mate(電池交換版)ネコポス配送/ スマートトラッカー Bluetoothトラッカー タイルメイト 単品
by カエレバ

いかにもな「中華製品」らしく、相変わらず「理解しにくい日本語取説」ではありますが、詳しく説明している「動画」がアップされていますので「リンク」を貼っておきます↓。



「設定」は、スマホにインストールした「アプリ」上で行います。

私の場合「財布」に取り付けたいので「財布」を選択し「次へ」と進みます。
tile-002

tile-003


tile-004

「財布」を見つけたいときは「財布」のアイコンをタップ→「探す」へ

tile-005

宅内であれば「音」で知らせてくれるのですぐ所在が分かるのですが、どこかに「置き忘れて」いたら「地図」表示されますので、「アドレス」をタップすれば大まかな場所を把握できる仕様になっているようです。

tile-006

ちなみにこの「Tile」の特徴としては、「Tile」を所持しているユーザー同士で「電波を共有」していて「端末つなぎ」でわりと遠くの場所にある「Tile端末」を発見できる可能性もある点。

現状ではまだまだ、という感じではあるようですが、こうした形で普及してゆけば結構使えるようになるのでは?という印象を受けます。



実売価格「880円」で購入できる「ムック版」でも、それなりに使える印象ではありますが、「正規版」も高くても「2,000円前後」で入手できますので、あながち高いわけでもなさそうですので今回はこちらを購入しました。

対応するボタン電池「CR1632」で品ぞろえの良いショップによっては「100円(税抜)」で入手できる場合もありますので、長い目でみると、電池交換可能な方が「お買い得」かも知れません。


パナソニック CR1632× 2個リモコンキー 時計用電池リチュウム電池/豆電池/でんち/キーレス/コイン電池/ボタン電池/リチウム電池/スマートキー メール便 送料無料 セット panasonic
by カエレバ


なお、「ネット上での批判的なレビュー」の中には、何か「別の目的」で使用したい向きには思う通りに使えないという意見のようなので、あまり気にしなくても良さそうです。

個人的な意見ではありますが、使ってみると、意外に便利に感じています。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

Bluetooth「5.0」化でイヤホン等の評判が微妙な件



Bluetooth「5.0」化でイヤホン等の評判が微妙な件

bt-5-000

Apple「AirPods pro」や、SONYワイヤレスイヤホンのBluetoothバージョン「4.2」から「5.0」などにアップされ、「音声の遅延」や「ペアリングが楽になった」「ノイズキャンセリング(ノイキャン)」などが強化された事ばかりアナウンスされていますが、その一方、「音が途切れやすくなった」などを感じていたのは、私だけではなかったようで、人気の機種でも似たような症状の評価が報告されているようです。
「バージョンアップ」して良くなった点もあれば不都合も発見されたりと様々ですな
「初代AirPods」は斬新なモデルながら「ノイキャン機能が残念」なイヤホンでしたが「Pro」はけっこうこの辺を気にしていたらしく「カナル型」にする事により「解決」したのは良いのですが「遅延」はかえって目立つようになったとの評判もあるようです。

【キャッシュレス5%還元 全国送料無料 平日15時・土曜14時まで当日発送】AirPods pro MWP22J/Aエアポッズプロ Bluetooth対応ワイヤレスイヤホン「Apple アップル純正ワイヤレスイヤホン」[ラッピング対応可]
by カエレバ
SONYの売れ線「ワイヤレスイヤホン」も,2019年度に於いては「最高傑作」との呼び声でしたが、やはり「Bluetooth」ならではの「解決すべき課題」なのか「遅延」「突然切断される」などの報告今だ存在するようです。


ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3 : 完全ワイヤレス/Bluetooth/ハイレゾ相当 最大6時間連続再生 2019年モデル ブラック WF-1000XM3 B
by カエレバ
↓現在、私の愛用ワイヤレスイヤホンで最近「ドンキ」「家電量販店」でも見かけるようになった「SoundPeats」ブランド

以前は「4.2」のものを使用していましたが「5.0」バージョンのものに買い替えたところ、「Podcast」「radiko」などの「トーク番組」で特に感じるのが、コンビニ「家電量販店」など「Wifi環境下」に近づくとどうしたわけか理由が定かではありませんが、「電波状況が不安定になる」ことがあります。

SoundPEATS(サウンドピーツ) TrueFree+ ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0 完全ワイヤレス イヤホン AAC対応 35時間連続再生 自動ペアリング 左右独立型 マイク内蔵 両耳通話 防水 小型 軽量 TWS ブルートゥース ヘッドホン ブラック B07PRVKC45
by カエレバ

確かに「4.2」バージョンと比べると、「ケースから出すだけでペアリングしてくれる」「プレイリスト内の音程が平均化されている」と実感はあるものの、「5.0」バージョンだとメーカー・ブランドに関わらず「遅延」や「Wifi付近」などでの「音飛び」が多くなった(電波干渉が原因?)という声も多くなった印象です。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【中華ガジェットレビュー】ブラックフライデーで入手した「Mpow」ヘッドホンの実力は?



【中華ガジェットレビュー】ブラックフライデーで入手した「Mpow」ヘッドホンの実力は?

mpow-000


「ネット通販」の「ステマ(ステルスマーケティング)」や「やらせレビュー」など、最近やや分の悪いイメージな「中華製デジタルガジェット」類ですが、Amazonマーケットプレイス以外で「楽天」「Yahoo!ショッピング」や「ビックカメラ」等実店舗でも販売されているブランドは値段なりの印象を受ける製品も少なくないようです。
「中華製」にかからわず「ヘッドホン型」は音がこもるものの低音や奥行きが広いので音楽より「映画向き」には使えそうかも
今回、Amazon「ブラックフライデー」「Mpow」のヘッドホンをクーポン利用で1000円台で入手できるとの事で「ダメモト」で購入、検証してみました。


製品内容的には「Bluetooth4.0」ながらも「有線接続」にも対応。使用中にバッテリー充電切れを起こしてもイヤホンジャックにつなげて「聴き続ける」ことが可能なのが「売り」です。

mpow-001

一見製品が「チープ」な印象を感じますが、「SONY」や「JBL」の類似製品でも、数千円のものであれば似たような出来なので、値段を考慮すればまずまずなのではないでしょうか。


mpow-002

「Bluetooth接続」も手持ちの「iPad」で試したところ「一発」で「ペアリング」できました。

気になる「音質」ですが、ネット上のレビューでは「賛否両論」あるようですが、この問題は「個人の好み」に左右されるところなのであくまでも「自分の耳」で判断するしかないのですが、私の環境で検証したところ、「音域は幅広く低音もしっかり全体にダイナミックな音声再現」を感じるのですが、こと「音楽鑑賞」については「カナル型イヤホン」に軍配が上がる印象。

一方、iPadで「プライムビデオ」や「Netflix」など、特に「映画作品」など、「カーアクション」「爆破シーン」などは予想以上の迫力なので、この価格でこの環境を得られるならば「映像鑑賞用」として専用使用に使えそうです。

ただ、多くのユーザーはこの手の製品はどうしても「SONY」「JBL」にこだわる傾向にありますが、経験上国産品であっても「最低3万円台」は出さないと「満足な音」は体感できないと思われますので、音にこだわりたい向きならこうした「廉価品」は無視して迷わず「SONY」などのヘッドホンを購入すべきでしょう。

ちなみに私自身も「SONY」の2万5千円で購入した「有線イヤホン」を所持していた事もありましたが、形状だから仕方ないのか「音がこもる」のは致し方ないようですので、用途によって「使い分ける」必要がある製品であるのではないのでしょうか。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

Amazonなどネット通販で人気のガジェットがドンキなど店頭でも販売



Amazonなどネット通販で人気のガジェットがドンキなど店頭でも販売

soundpearts-000

一部の「悪質出店者」による「怪しいレビュー」「ステルスマーケティング」など、何かと話題になっている、いわゆる「中華製ガジェット」

入手してみると確かに「?」な製品も存在することは実感していますが、「Anker」「SoundPEATS」「Aukey」など「品質に定評あるコスパ良し」ののブランドも存在しており、私個人も実際愛用しています。
「ステマ問題」など何かと不安な「中華製品」ですが「店頭」に並んでいるというのは「確かな製品」の証しともいえそうです
最近、「ドン・キホーテ」「ビックカメラ」などでも、私個人で愛用している「Bluetoothイヤホン」が店頭に並ぶようになったり、「Anker」の「モバイルバッテリー」が販売されています。

特にイヤホンについては「SoundPEATS」、モバイルバッテリーについては「Anker」「高コスパ」で評判のようです。

soundpearts-002

同じ製品でも「ドン・キホーテ」より「Amazonの直販」のほうが「消費税」分安く入手できました。

↓更に「プライムデー」だと1000円近く安く購入できる場合も・・・。

soundbeats-003

同じ製品でも「ビックカメラ」では少し「高めな価格設定」のようです。

soundpeats-001



soundperats-004

Anker-bic





「ネット通販」の直販サイトでもAmazon「プライムデー」「エントリー」されるケースも多いブランドですので、そうした時期を狙って購入するのも「安く購入できる手」かも知れません。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

NHK「クロ現+」でも特集された「ネット通販のヤラセレビュー」問題



NHK「クロ現+」でも特集された「ネット通販のヤラセレビュー」問題

sutema-000

以前から「ネット通販」で購入できる「格安デジモノガジェット」を中心とした、「製品レビュー」「真偽」(とくに中華製品ガジェット)が「問題視」されていましたが、2019年10月3日のNHK「クローズアップ現代+」でもその実態が「特集」されました。
某国製品のレビューの信用度は以前から指摘されているところですが「注意」したいものです
ちなみに私のように「デジタルガジェットの話題」を扱っているサイトにも、こうした「レビュー依頼」のメッセージや「SNS」の「友達申請」が多数来ているのが現状です。

sutema-001

ただ、SNS上では「レビューしたのに入金されない」というトラブルも少なくないようですが・・・。

sutema-005

「仕組み」としては「主に海外の出品者」がこれも「海外のレビュー仲介業者」を通して、日本への「留学生」や日本の「SNS」「ブログ」等運営者「レビュー」を依頼し、「5つ星レビュー」を「商品代」+「数百円の謝礼」を「PayPal」や「Wechat」などで支払うというもので、「ネット通販独特の広告事業」という位置づけのようです。

sutema-002
こうした「ヤラセレビュー」の見分け方の一例としては、「星5つしかない」「高レビューと低レビューに極端に分かれている」製品は注意したほうが良いとも言われているようです。

sutema-004
なお、サイト運営側から「悪質レビュー」と判断された製品、出費者は「アカウント停止」になり、上記のような表示になりますが、敵をさるもの、同じ製品でも「別アカウント」「製品ロゴの貼り替え」などで再出品したり「イタチごっこ」があとを絶たないのが現状と言われてもいるようです。

sutema-006

ここにきて「人海戦術」だけでなく、海外でのケースですが、スマホを複数セッティングしてアプリ設定で「機械的に製品購入→レビュー投稿」を大量に行うケースも増えているようです。

ただ、勘違いしないでいただきたいのは、こうした「悪質レビューをしている業者も目立つ」という事実はあるものの「中華製品だから怪しい」ということでは決してなく「Anker」「Aukey」「SoundPEARTS」など、信頼のおける業者も定評がありますので、購入の際、この点を見極められれば、お得な買い物ができますのでお間違いなく。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク