セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

FireFox

【最新検証】「TVer」「Gyao!」動画のダウンロードは現状ほぼ不可ーどうしてもという場合「動画キャプチャー」という方法が有効なケースも



【最新検証】「TVer」「Gyao!」動画のダウンロードは現状ほぼ不可ーどうしてもという場合「動画キャプチャー」という方法が有効なケースも

tver-cap

当サイトでも質問、ご意見の多い「動画配信サイト」のコンテンツ保存に関する問題ですが「TVer」「Gyao!」に限らず、「YouTube」でも有料版がでてからどのダウンローダーも対応できなくなっているようです。(2020年7月29日動作確認)

「Chrome 」「Fire Fox」拡張機能である「ストリームレコーダー」「ダウンロードヘルパー」も残念な結果となるようです。

現状、どうしても「TVer」「Gyao!」動画を保存したい場合「ダウンロード無双」を購入するか、ただ単に個人的にであれば、パソコンにCMごと「MP4」動画として保存して様々なソフトで編集するしかないようです。
現行の「有料ソフト」も基本的には「画面キャプチャー」方式がほとんどなので、結果的にはこの手法しか確認できませんせした
個人的に「動画キャプチャー」には、「oCam」というフリーソフト「画質」や「音質」が気に入っているので愛用しています。↓

ちなみに
「ダウンロード無双」基本的に、この操作を「簡単にできる」ようにしたものなので「oCam」「フリーソフト」な上、ダイレクトに「.MP4」ファイルとして取り込んでくれますので、わりと自在に編集できるのも便利です。



私個人的には全く気になりませんが、前後の「CM」等気になる場合「CMカット」程度の操作であれば「Windows Media Player」で編集できるようなの試してみてはいかがでしょうか。

この手のソフトはフリーでも様々なものが公開されていますので「選択肢」には困らないでしょう。

いずれにしてもこの手の「無料動画配信サービス」は、オリジナルコンテンツというよりは「地上波放送の見のがし視聴が目的」なので、今後もあまり期待できないかも知れませんね。

「YouTube Premium」契約する前に-「広告カット」のブラウザ拡張機能(FireFox版)



「YouTube Premium」契約する前に-「広告カット」のブラウザ拡張機能(FireFox版)

yt-cm-000

動画の最初や途中に導入される「広告」を「非表示」にするため、色いろな「アドオン・拡張機能」出現してはいつの間にかなくなっているという「イタチごっこ」は相変わらず続いているようですが、2019年7月現在、ブラウザ「FireFox」に於いては、この手法のみ有効のようです。

「Chromeブラウザ」についてはこちら↓。


「ダウンロード」系アドオンは「FireFox」に分がありそうですが、「動作安定」に対策が必要な感はあります
「FireFox」アドオンストアで、現在入手できるのがこの「AdBlocker for YouTube」です。

yt-cm-001


この「アドオン」を「追加」すると動画の最初や途中に導入される「広告」を「非表示」にすることが可能になります。

この辺、「Chrome」用より精度は高い印象はあるのですが・・・。

yt-cm-002

「FireFox」の特徴として「高機能」な「アドオン・拡張機能」が豊富なのですが、追加すればするほど、どんどん動作が「重く・不安定」になる、という側面は指摘されています。

まあ、↓のような対策もないわけではないのですが・・・。

PC側の「メモリ」が「8GB」を超えれば「気にならなく」なるよう
です。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「Fire TV」で「YouTube」動画を観る-ブラウザ「FireFox」を使って再生する



「Fire TV」で「YouTube」動画を観る-ブラウザ「FireFox」を使って再生する


fire-fire-000


2019年、これまで「スマートTVデバイス」においては「犬猿の仲の関係」だった、AmazonとGoogleが和解しAmazonでも「Chomeast」が正式販売されたり、「FireTV」用の「YouTubeアプリ」、「Chomeast」向けの「Amazonプライムビデオアプリ」のリリースアナウンンスされているようですが、2019年6月現在、対応アプリはまだ公開されていないようです。

現在「FireTV」のメニュー内にある「YouTubeアプリ」は、どうも「海外仕様」のようなので、日本国内においては「非対応」な感じがします。

現状、推奨されている方法としては、「FireTV」用のブラウザ「SILK(シルク)」または、「FireFox」を通して「PCと同じ環境」での視聴です。

個人的にビジネスで「FireFox」を使用しているので「FireFox」を通しての「YouTube」再生を最近行うようになりました。

   

本年中には「専用アプリ」が公開されるとのことですが、現状ではこの工程で視聴できます
fire-fire-001

「FireFox」を立ち上げると「対応アプリの一覧」が画面に表示されますので、リモコンで「FireFox」を選択すると「アプリのダウンロード」が始まります。

fire-fire-002

「FireTV」版「FireFox」の画面は、リモコン操作向けの独自インターフェースになっています。

fire-fire-003

「PC」「スマホ」などで「Googleアカウント」を設定されている場合は、「アカウント」→「ログイン」と進むと、PC、スマホと連動するための「認証コード」が発行されます。

fire-fire-004


fire-fire-005

発行された「認証コード」を、PC、スマホの「YouTube設定画面」に入力し「次へ」と進みます。
fire-fire-006

「YouTube on TVがGoogleアカウントへのアクセスをリクエストしています」という表示が出たら、「許可」と進みます。

fire-fire-007

これで、他の端末で利用している「ブラウザ」「アプリ」同様、「Googleアカウント」に紐づけられた「ライブラリ」「視聴履歴」「後で見る」「再生リスト」など、PC等で観ていたコンテンツを「引き続けて視聴できるのは便利」ですが、レイアウトが独特なので最初は少し戸惑うかも知れません。

fire-fire-008

気になる「画質」ですが、あくまでも個人的感覚で「Chromecast」と大差ない、といった印象

ただ、「使い方」として、あれこれ検索しながら、気に入った動画「再生」するなら「Chromeast」のほうが使いやすいと感じますので、「FireTV」の場合は「登録チャンネル」や「再生リスト」を観る際に「リモコン」で操作できるので「使い分け」して利用しています。


fire-fire-009

あと「Chromecast」との違いで感じたのが、スマホ・タブレットアプリの場合、「CMがきわめて少ない」(皆無ではないが)ですが、「FireTV」の場合、PCの「ブラウザ視聴」同様の仕組みなので、けっこう頻繫にCMが入るのは気にはなるところです。

この辺、今後公開されるであろう「FireTV版アプリ」に期待したいところですが・・・。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「Google翻訳」を「Chrome」や「アプリ」以外で使用する



「Google翻訳」を「Chrome」や「アプリ」以外で使用する


google-honyaku-000

Webブラウザ「Chrome」では、「拡張機能」で、自動的にページを「翻訳表示」してくれますが、同じ「Chrome」でも「iOS」「Android」では拡張機能が使えず「別途アプリ」を起動する必要があったり、メインのブラウザが「Safari」「FireFox」「Opera」などの場合、恩恵を受けられないか、と思いがちですが、「Google検索」できる環境であれば、「Google翻訳」機能を利用できますので安心です。
「Chrome」ブラウザ以外でも「FireFox」「Safari」でも「設定」なしで利用できます
使い方は、通常の「Google検索窓」で「Google翻訳」と入力すると、表示の先頭に、左側に「調べたい言語」、右側に「表示したい言語」の入力画面が表示されます。

google-honyaku-001

「メール」「ブラウザ」の外国語の「テキスト」「コピー」して、左側の「調べたい言語」欄に貼り付けると、右側に「翻訳結果」が表示されます。

「翻訳された結果」
「怪しい日本語」になってしまうのは「ご愛敬」ですが、「翻訳アプリ」も容量がけっこうストレージを占めるので、使用頻度によっては、この機能でも充分かも知れません。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク