セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

FireHD

「オーディオブック」-Amazon「Audible」の「無料体験」を再度登録してみた



「オーディオブック」-Amazon「Audible」の「無料体験」を再度登録してみた

audible-000

ラジオ代わりに愛聴していた時期もあったオーディオブック「Audible」ですが、対応するタイトルがまだまだ少なく、個人的好みの書籍を一通り聴き終わって、1年ほど契約をストップしていましたが、「お帰りメール」がAmazonから届いたので、再度契約してみる事にしました。


「お帰りメール」が届いたのでもう一度登録してみました
とりあえず、読んでみたかった「新刊本」が対応していたので「無料体験」から様子見をしようと思います。

audible-002





audible-003

「無料体験」登録をすると、「1コイン」が特典として付与されますので「1冊分」無料で入手できました。

audible-005

また、以前購入していた「オーディオブック」も登録が残っているので「復活」して引き続け聴く事もできるようです。

audible-006

ただし、今回「誤算」だったのは、昨年購入した、Amazonのタブレット「FireHD」には対応しておらず、仕方がないので手持ちの「Androidスマホ」にアプリをインストールしての「再スタート」です。

Amazonのサービスなのに「非対応」なのは何か変ですよね。

こうしたレビューも多く見受けられます。


↓「FireHD」では現状、以下の方法で楽しむしかないようです。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

Amazon「FireHD」で「Kindle本をオーディオブック化」する-勝間さんChの動画を試してみた



Amazon「FireHD」で「Kindle本をオーディオブック化」する-勝間さんChの動画を試してみた

kindle-audio-000

「SNS」や「動画」「音楽」「電子書籍」など、ライフスタイルの多様化によって、なかなか読書が進まない・時間を取れない、という問題を抱えていたところ「耳で聴く本・オーディオブック」Amazonの「Audible」なるサービスに出会い、移動中や休憩中などでも「読書」が進むようになりましたが、いかんせんまだまだサービスに対応している書籍が少ない、という不満もあります。





そんな中「勝間和代」さんのYouTubeチャンネル「Kindle本をオーディオブック化する」という動画を見つけ、使えるか試してみました。
「Audible」に比べれば「発音」「読み違いが多い」などまだまだですが対応書籍がない場合この手法もアリですね
これは、使用端末がAmazon「FireHD」に限る、独自の「読み上げ機能」を利用して、「Kindle本」をオーディオブックのように「耳で聴く」方法になります。

kindle-audio-002

基本的に「Fire OS」の最近のバージョンであれば、この機能が利用できますが、端末側で「設定」→「言語と入力」→「読み上げ機能」と進めば確認することができます。

kindle-audio-001

使い方は、まず「読み上げてもらいたいページ」を「3回タップ」します。

kindle-audio-004

すると、画面右下に「再生ボタン」が表示されますので「タップ」すると、いかにもな「機械的な音声で読み上げて」くれます。

kindle-audio-003

「再生ボタン」の左側の「1x、2x」という表示のアイコンは「読み上げ速度」で、勝間さんは「3x」程度で早聴きされているようですが、私の場合、通常速度の「1x」にしないと「発音が聞き取りにくかったり」「読み違えが多い」のでまだ「早聴き」は難しそうです。

kindle-audio-005

人にもよると思いますが「radikoのタイムフリー」「Podcast」を利用されている方ならすぐ慣れるかと思われます。



私の場合、現状でも「FireHD」から直接「イヤホン」や「Bluetoothデバイス」で「音楽」などを聴いているので、勝間さんのように「MP3」して持ち出すなどの手間はかけていませんが、概ね問題なく利用できています。







↑上記動画の「Android」の「トークバック機能」も試してみましたが、私の機種環境のせいなのか、やたら「通知」や「着信」などで「再生停止が頻発」して使いづらいので、現在は利用していません。

この辺は「機種依存」の可能性もありそうなので、ぜひトライしてみてください。

ただ「Kindle本」によっては対応していない書籍もありますので、あくまでも「読み上げ機能が使える場合もある」程度に考えておいてほうが無難でしょう。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「激安」「中古iPad」など「1万円以下」のタブレット端末は使えるのか?



「激安」「中古iPad」など「1万円以下」のタブレット端末は使えるのか?

tab-app-000


先日、知人が「ドラレコアプリがインストールできない」と持ち込んだ「中華製」新品で7千800円で購入したという「タブレット端末」。

よく確認してみると、Andoroidのバージョンが「4.4」内蔵ストレージが「16GB」しかないというスペックで、アプリ自体が「OSのバージョンに対応していない」というものです。

AndoroidOSは、2020年3月現在、バージョン9になっているので「OSが最低でも【8】以上アップデートできない機種」では「Instagram」「LINE」Webブラウザの「Firefox」など定番のアプリもインストールさえできないようです。


ちなみに「iPad」の場合、「iOs9」までの機種が「同様」の状態です。↓




こうした「型落ち」「中古品」はOSが対応してないので、予算が1万円以下ならAmazon「FireHD」も選択肢かも知れません
「Andoroidタブレット端末」では、「MediaPad」「dTab」など、さかんに販売されていた時期がありましたが、この市場に限っては「iPad」の独り勝ち状態で、売れ残った「ひと世代前のスペック」のタブレット端末が、秋葉原などの店頭や、ネット通販、フリマアプリで出回っているのが現状で、「格安」と思って飛びつくと「安物買いの銭失い」となってしまうケースが散見されるようです。

一方「中古のiPad」は、現状「OSアップデート可能」な機種はそれなりに「高価」ですので「1万円を切る」機種には手を出さないほうが賢明のようです。



ただ、「iPad」も「数万円」で購入できるモデルも発売されてはいますが、予算的に「1万円以下」で押さえたいという向きには、Amazon「FireHD」という選択肢もありますが、使いこなすには、それなりの知識と「保証対象外」になる場合も覚悟する必要はありますが、数千円で「iPadに負けないスペック」の機種が手に入るので「検討してみる価値」はあるかも知れません。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「Kindleオーナーライブラリー」対象書籍の入手法がわかりずらい件



「Kindleオーナーライブラリー」対象書籍の入手法がわかりずらい件

kindle-ol

「Kindleオーナーライブラリー」とは、「月に1冊だけ有料電子書籍を無料でダウンロードできる」という「Kindle利用者」向けの特典ですが、これが「サイト内」のどこを探しても「利用方法」が見つからなく「利用をあきらめている」人も多いと思います。

かくゆう私も「Prime Reading」でも充分「利用価値」があると感じていましたのですが、偶然、下記サイトを発見!試してみたところ、思いのほかかんたんにダウンロードできましたので、その使用法を紹介します。↓


「サイト」上どこを探しても案内が見つかりません、「アプリ版」では利用できず「Kindle本体」「Fire HD」端末から「月1冊」利用できるようです
利用条件のポイントとして、PCサイトやiPadなどタブレット端末の「アプリ版」では使用できないようです。

あくまでAmazonの電子書籍リーダー「Kindle端末」「FireHD」からでしかダウンロードできないようです。

 

「オーナーライブラリー」という名の通り、これらの端末の「オーナー」向けのサービスと考えたほうが良いでしょう。

手持ちの「FireHD」で試してみます。

「Kindle」のアイコンをタップして「検索」できる状態にします。

kindle-lib-001 (2)

ポイントは「検索窓」の入力する文字。

「プライム対象 (探したいジャンルなど)」を入力して「検索」

kindle-lib-002 (2)

今回は、有料サブスクリプション「Kindle Unlimited」対象の作品でしたが、この方法で検索した結果では、「オーナーライブラリー」対象作品「Kindleオーナーライブラリー」の文字が「ごく小さく表示」されますの「無料で読む」をタップしてみます。

kindle-lib-003 (2)

すると「課金を促す画面が表示」されることもなく「ダウンロード」がはじまりました。

kindle-lib-004 (2)

しばらくすると、端末に作品がダウンロードされた事が確認されます。

kindle-lib-005 (2)

あとは、「Kindleストア」内で「購入」「Prime Reading」で入手した書籍同様に閲覧する事ができるようになりました。

kindle-lib-006 (2)

ただ、「オーナーライブラリー」対象書籍あくまでも「個人的印象」ですが「話題の本・作家」が少なく「選択肢が限られている」とは感じますが、読みたい書籍があれば、期間など制限なく利用できるので、こまめに探してみる価値はありそうです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



「Amazon FireHD」で「楽天マガジン」を読む



「Amazon FireHD」で「楽天マガジン」を読む

IMG_20190822_145737~2


Amazon「Fire HD 」で、雑誌など「電子書籍」を読む場合、基本的に、「Kindleのコンテンツ」を利用するように作られていますが、こと雑誌に関しては選択肢が少ないのと、画面をピンチアウトで「大きく表示」できないので、「楽天マガジン」などを読みたいところですが、「Fire OS」では対応していないので、↓以下の方法「Amazon 」「Google 」からのサポート、保証が受けられなくなりますが、無理やり「Android 」化してインストールして検証してみました。


あくまで「非公認」なので「動作は不安定」ですが「Kindle雑誌」と違い画面の拡大も可能なのは便利です
インストールされると、一見、Android タブレットと同様に、表示されますが、他の「Google  Play Store アプリ」もそうですが、少しモッサリとした操作感はある印象です。

Screenshot_20190822-145925

「Kindle 」版と同じタイトルの雑誌でも「ピンチアウト」で拡大、縮小して読むことが可能なのは便利なのですが。

Screenshot_20190822-150002

とはいうものの、「オフライン」時に上手く起動しなかったり、急にアプリが落ちたりと「動作に不安定」感はありますが、「非公式」な手法ですので、その辺は了解して、何度か起動すれば、データ自体は消えていないので、諦めずトライするしかなさそうです。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク