セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

Google

【検証】「YouTube Music」ー「Google Play Music」から移行して感じた事



【検証】「YouTube Music」ー「Google Play Music」から移行して感じた事

yt-gpm-000

2020年末にサービス終了予定の「Google Play Music」ですが、いち早く「YouTUbe Music」に移行してみました。

しかし、「後継サービス」というより、「別サービス」にデータを移行したという印象の上、インターフェイスを含め、イマイチ使い勝手に戸惑っています

 
↑「移行作業」自体は至極簡単なのですが・・・。
以前のように自前でアップロードした楽曲を「MP3」としてダウンロードできないようなので「バックアップ先」を別に確保する必要があるかも知れません
同じ「Google」のサービスなのですが全く「別物なインターフェイス」ですので「自分でアップロード」した「楽曲ファイル」がなかなか見つかりません。

yt-gpm-001

さらに「自分の手持ちの楽曲をバックアップつもり」なのに「再ダウンロード」して楽しむには有料の「YouTube Prmium」に契約しなければ端末に保存できないよう。

この辺、Google 側の概念として「再ダウンロード」ではなく、「一時的に端末に取り込んでオフラインで聴ける」というものらしい。

それも汎用の「MP3形式」ではなく「アプリ内でのみ再生可」という「Spotify」や「Amazon Music」楽曲と同様の扱いになるようです。

yt-gpm-002

個人的に「音声ファイルのバックアップ」先として「Google Play Music」を愛用していましたが、どうも「Google側」とは違う考え方のようなので「データのバックアップ」には別のクラウドサービスを探す事になりそうです。

年内は「Google Play Music」上でデータが残っているようなので、必要な楽曲を再度PCにダウンロードしておいた方が無難でしょう。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【トラブル解決】iOs9「Chrome」ブラウザで「端末のポリシー違反に関するお知らせ」が出て使用できななくなった時の対応



【トラブル解決】iOs9「Chrome」ブラウザで「端末のポリシー違反に関するお知らせ」が出て使用できななくなった時の対応

os9-chrome

亡父の形見の初代「iPad3」テレビ代わりに愛用していますが、「OS9」までしかアプリが対応されていないので「ブラウザ」を駆使して「TVer」「Gyao!」などを視聴していたところ「Chromeブラウザ」「端末のポリシー違反に関するお知らせ」なる表示が出てきて「使用不能」に・・・。

os9-chrome-000

単純に考えれば「そろそろ買い替え時」なのでしょうけれども「形見のiPad」なので何とか引き続き使用したいものなので「ググって」「いろいろいじって」みたところ「何とかなりました」。
「Chromeブラウザ」に限らず「iOs9サポート終了」にともない「カレンダー」など一部の「Googleアプリ」に影響がでているようですが、概ねこの方法で改善できるようです
ネット上での報告では「Chrome」に限らず、「カレンダー」など、一部の「Googleアプリ」(YouTubeは問題ありませんでした)で同じ様な事例が上がっていました。

結果「iPad」側の設定で「パスコードが未設定」だとこうした症状が起こるようで、確かに我が「iPad3」も未設定でしたので設定してみます。

os9-chrome-001

「iPad」「設定画面」左メニュー「パスコード」をタップ。
os9-chrome-002

「パスコードロック」→「パスコードをオンにする」と進み任意の「4桁のパスコード」を設定する事ができます。

os9-chrome-003

「パスコード」を設定し「再起動」します。

以降、起動する都度「パスコード」を入力することになります「それが当たり前」なので「意識する」のは必然でしょう。

os9-chrome-004


これで以前のようにブラウザ「PC版サイトをリクエスト」で表示させるアプリ非対応の動画も視聴できています。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

最近「日本語」の精度がダントツとの評判の「翻訳サービス」-「DeepL」(ディープル)



最近「日本語」の精度がダントツと評判との評判の「翻訳サービス」-「DeepL」(ディープル)

deepl-000

Amazonなどで「海外製品」を購入した場合「取扱説明書の日本語がかなり怪しい」という経験をされた方も多いと思います。

これは、元来「忠文」で作成したものを「Google翻訳」や「Microsoft翻訳」を使って「日本語」にしているため「単語」「文法」が「見た目面白い文書」になってしまっているそうです。

同様のサービスとして、「DeepL(ディープル)」なる「翻訳サイト」最近「日本語に対応」され、これがかなり「精度が高い」との評判なので「試用」してみました。
いずれにしてもいくら翻訳精度が向上したと言っても肝心の「日本語読解力」がないと「意味不明」になってしまいますので「コピペ」だけですますにはまだまだでしょう
2020年4月現在、「Windows」「Mac」向けの「翻訳ソフト」は公開されているようですが「iOs」「Android」など「スマホ・タブレット」では「ブラウザ」からの使用になります。



↓「ブラウザ版」で使用してみます。

画面左側の「原文の言語」を「入力」または「コピペ」すると、右側の「訳文 日本語」欄に訳されて表示されます。

deepl-001

「入力」していくと感じるのが文字を入力すると「AIで考えながら単語が変化してゆく過程が確認」していくのが今までの翻訳サービスより進化しているように思われます。

deepl-002

「PRO」版「設定」によっては、PCソフト内の「Office」「メール」「ブラウザ」などと「連携して翻訳」できそうです、まだ試してませんが、今までの「同様のサービス」に比べれば、なるほど「自信のほどがうかがえる」のもうなずけます。

deepl-003

ただ、前提として、「翻訳精度」が上がった、と言っても、肝心の「日本語のニュアンス」「スラング」「方言」などはまだまだな印象ですので、「翻訳機能」にああだこうだとケチをつけるより「自分の日本語読解能力を高める」必要があるのが「永遠の課題」と言えそうです。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


最近TVCMで見かける「ChromeBook(クロームブック)」とは?



最近TVCMで見かける「ChromeBook(クロームブック)」とは?

chromebook-000

最近「テレビCM」放映をよく見かける「クロームブック」と言われる「低価格パソコン」「ビックカメラ」「ヨドバシカメラ」などの家電量販店でも見かけるようになりましたが、製品自体は、数年前から「学校などの教育現場」「企業向け」として「特定の使用に特化」したPCとして提供されていたものですが、低価格であれば「スマホ・タブレット」、eスポーツなど速度重視の高価格「ゲーミングPC」といった「2極化」している市場の中、「基本的な作業さえできればWinsows10じゃなくてもよい」といった、一時期流行した「ネットブック」当たりの位置づけ「低スペック・低価格パソコン」としての流通を目指しているようです。
ネット接続が前提の低価格パソコンの一種で「Windows」ではなく「GoogleChromeOS」なので中身を理解した上であれば「基本的なPCとしての機能」はありますが・・・
chromebook-001


特徴としては一見「WinsowsPC」とほぼ同じですが、「ハードスペック的に1世代前」搭載されているOSが「Google」が独自に開発した「Chrome OS」という、イメージとしては、Webブラウザの「Chrome」の中だけであらゆる「Google系アプリ」で完結されるPCで、一部スマホ・タブレットの「Andoroid用アプリ」も利用できるという、今までのPC、スマホ・タブレットの中間に当たる機種とも言えるでしょう。



製品の設計、OS・アプリの提供は「Google」が行っていますが、対応PCはネットブック時代に定評のあった「HP」「ASUS」「ACER」などのメーカーがメインで製造されているイメージです。

HP ヒューレット・パッカード HP Chromebook x360 14-da0009TU ノートパソコン 8EC15PA-AAAA [14.0型 /intel Core i5 /eMMC:64GB /メモリ:8GB /2019年10月モデル][14インチ 新品 クロームブック][8EC15PAAAAA]
by カエレバ

ASUS 10.1型タッチ対応ノートPC[Chrome OS] Chromebook Flip C101PA−OP1(2017年10月モデル)
by カエレバ

ACER エイサー CB315-3H-F14N/E ノートパソコン Chromebook 315 ピュアシルバー [15.6型 /intel Celeron /eMMC:32GB /メモリ:4GB /2020年01月モデル][CB3153HF14NE]
by カエレバ

「Google」内でも「Gメール」「カレンダー」「ドキュメント」「スプレッドシート」など、ビジネスで使える最低限の機能が標準で使用できますし、「アプリ」「アドオン」「拡張機能」「Facebook」「Twitter」「LINE」なども利用できるそうなので「プライベートPC」としては、まずまずの製品かも知れません。

個人的にはとても気になる製品ですが、残念ながらまだ手にしていません。

1世代前のスペックでも作動できる上、対応「OS」も無料でダウンロードできるとの情報もあるので、事務所で転がっている、ノートPCに導入して検証してみようと考えています。

今後、インストールできたらまた報告します。


(関連書籍)
【POD】仕事で使える!Chromebook ビジネスマンのクラウド活用ガイド

インプレスR&D 2015年01月30日
売り上げランキング :
by ヨメレバ



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「SHARP AndroidOne S3」-Androidに特化した「ワイモバイル」ならではの「ミドルクラス機種」思いの他使い勝手良しとの評判



「SHARP AndroidOne S3」-Androidに特化した「ワイモバイル」ならではの「ミドルクラス機種」思いの他使い勝手良しとの評判

sharp-s-000

昨今、国内メーカー、中華メーカーに限らず「スマホ端末が高額化」の方向に進んでいるような気がします。

そんな中、「ワイモバイル」専用ですが「AndroidONE シリーズ」ミドルクラスの価格帯ながらも「AndroidONE 」を名乗るだけあり、かつ、購入後3年間「OSのアップグレードに対応」しており、ひそかに評判が高いようです。

ちなみに私個人的にも「ワイモバイル」ユーザーなので「AndroidONE S1」から「S3」に乗換えて愛用していますので、あくまでではありますが、個人的な感想をレポートしてみます。

ちなみみ「AndroidONE 」には「Sシリーズ」が「SHARP製」「Xシリーズ」が「京セラ製」になります。




「Google」純正の「Pixelシリーズ」も魅力ですが使い道を考慮すれば「コスパ良し」の印象


Andoroidに特化したスマホといえば「Google Pixelシリーズ」が話題なところですが、いかんせん「10万円」前後の「ハイエンド機」なのでおいそれと手に入れるには躊躇します。

 そこで「Google純正」ではないものの、「AndroidONE 」シリーズなら、昨今のスマートフォンのなかでは「ミドルクラス」のスペックであっても、スマートフォンの性能面での進化はある程度行き着くところまで進んでいるので、特に「カメラ性能に期待」「ゲーミングスマホ」として使用するのでなければ、現状、十分なスペックかと思います。

s3-001

iPhoneでは「ストレージ」容量を気にして機種を選ぶ必要がありますが、Andoroidスマホであれば「外付けMicroSD」対応しているので内蔵ストレージも「32GB」あれば普段使いに不自由を感じさせません。

s3-002

また、「アンインストールできないキャリアアプリ」が他社に比べて少なく「内蔵ストレージ」も心なしか軽い気もします。

対して「Googleアプリ」については最新の機能が「全部入り」「常時アップデート」されるのが特徴のようです。

s3-003


気になる「液晶パネル」ですが、さすが元「液晶のSHARP製」ならでは「AQUOSシリーズ」でおなじみの「IGZO液晶パネル」の発色が非常に良いところもお気に入りな点でもあります。

s3-004

また「格安スマホ」「中華性スマホ」のアクセサリ類の多くが「ネットでしか入手できない」ことが指摘されていますが「ワイモバイル」用の「カバー」「保護フィルム」など、家電量販店「ヨドバシカメラ」「コジマ」「ビックカメラ」などでも販売されていますので安心です。

「Android One S3」のネット上の評価を総括すると、「Android Oneシリーズ」ならではのシンプルな魅力と「SHARP」のお家芸ともいえるバッテリー持ちの良さ、そして何よりも約3万円で十分使えるスマホが手に入るコスパの高さが好評。

コスパ重視「ソフトバンク」または「ワイモバイル」「Androidスマホ」を選びたいという私個人的には「Android One S3」はお気に入りな端末です。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク