セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

MP3

「DropBox」経由で「Podcast」番組を転送する






「DropBox」経由で「Podcast」番組を転送する


exp-000

ダウンロードした、「Podcast」番組を「スマホ・タブレット」など「携帯端末」に転送するのに、私の場合、「クラウド」経由で、「OneDrive」「GoogleDrive」「AmazonDrive」など、いろいろ試してみましたが、こと「音声ファイル」の転送については、「Dropbox」が安定しているように感じます。


「通信環境」によるかも知れませんが、「音声ファイル転送」には「Dropbox」の相性が良さそうです


「MuicBee」での「Podcast」ファイルは「Windows10」の「PC/ミュージック/Music Bee/Podcast/(以下番組名)」。


exp-002

「エクスプローラー」「Dropbox」にファイルを移動します。


epx-002

スマホ端末側の「ファイル管理アプリ」で、端末側に「転送」します。


exp-004



exp-005

「MP3」形式のファイルになりますので、「音声プレイヤーアプリ」「番組」の再生をします。

exp-006

私の場合、「GooglePlayMusic」アプリを利用していますが、「MP3」に対応してれば、どのアプリでも問題ないでしょう



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村









「Music Bee」-「プレイリスト」を作る






「Music Bee」-「プレイリスト」を作る

mb-img

「プレイリスト」とは、お気に入りの楽曲を「好みの順番で再生してくれる」、ひと昔で言うところの「自分だけのオリジナルベスト版カセットテープ」を作る感覚のリスト機能で、収録時間に限りのある「カセットテープ」と違い、「ストレージ」の許す限り「数百曲」にも及ぶリストの作成も可能です。

ほとんどの「音楽プレイヤー」で採用されています。

当然「Music Bee」でもこの機能を搭載されていますが、「iTunes」同様、「高機能」であるがため、「少々分かりにくい」というのが難点ですが、コツさえつかんでしまえば、自由に「プレイリスト」作りを楽しむ事が可能です。
正直「使いやすい」とは思いませんがちゃんと作成できます
mbee-pl-003

「プレイリスト」を作成するには、まず左上の「Music Bee」→「ファイル」→「プレイリスト」→「新規プレイリスト」と進むと「空のプレイリスト」が作成されますので「任意の名前」を付けます。

m-bee-pl-001

「プレイリスト」に曲を追加するには、「追加したい楽曲を選択」した上で、「右クリック」→「送る」→「プレイリスト」→「作成したリスト」に追加します。

mbee-pl-004

作成した「プレイリスト」を参照するには、「左メニュー」の「プレイリスト名」をクリックすれば、「再生順」に内容が表示されます。

m-bee-pl-002

曲順の「並べ替え」も「マウス操作」で、簡単に行えます。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






「Music Bee」-「Podcast」も利用できます






「Music Bee」-「Podcast」も利用できます

m-bee-cast-000

「Podcast」と言えば、Appleのサービスなので、当然「iTunes」が定番なのですが、PCのスペックによるとは思いますが、いかんせん「容量が大きく起動が重たく遅い」のが難点。

「音楽関係」のファイルを「Music Bee」にすべて移行してあるので、「Podcast」も扱えれば便利です。

もちろん「Music Bee」でも「Podcast」を管理できるのですが、「iTunes」ほど使い勝手が良いとはいえず、少し分かりにくい点もあるのでまとめてみました。

重い「iTunes」を使わなくても「Podcast」も管理できます
m-bee-pcast-001

「左メニュー」「ポッドキャスト」の欄がありますので、ここで「Podcast」を追加する事が可能です。

m-bee-cast-003

画面右上の「+」をクリックすると「Podcast」番組一覧がずらっと表示されるのですが、「日本版iTunes」と違い「世界中の番組」がアルファベット順に表示されるので、目的の番組にたどり着くまでが大変です。

m-bee-pcast-002

そこで試していただきたいのは、左メニュー上のプルダウンを「itunes Store」にして「検索ボックス」に「番組名」を入力し「検索」。

m-bee-cast-004

「チャンネルを登録」すれば、「ポッドキャストタブ」に登録された番組一覧が表示されますので、通常の「音楽ファイル」と同様に再生・管理することができるようになります。

m-bee-pcast-003

ちなみに「PC内」でのファイルの保存場所「PC/ミュージック/Music Bee/Podcasts/(番組名)」になります。

スマホ等で聴きたいときは、「DropBox」アップロードして、端末にダウンロードスマホの「音楽プレイヤーアプリ」で聴いています。


m-bee-pcast-004

なお、「一部の番組が登録できない」という報告もあり、実際そうしたケースもありましたが、何回かトライしていくうちに「いつの間にか」登録できていたりしたので、はっきりとした理由は不明ですが、「PCのスペック上の問題」ではなかろうか、と考えています。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村









「プレイリストおじさん」-「MP3+m4a混載プレイリスト」を作る






「プレイリストおじさん」-「MP3+m4a混載プレイリスト」を作る


pm-pl-000

私のスマホには、MP3再生用に「Google Play Music」、「音楽サブスクリプション」として「Amazon Prime Music」アプリをそれぞれインストールしていますが、「サブスク」の楽曲は「専用アプリ」でか再生できないので、それぞれ切り替えて聴くしかないと思い込んでいましたが「Amzon Prime Music」アプリでも、端末内の「MP3ファイル」が再生できるので、「MP3+サブスクのm4a」混在の「プレイリスト」を試しに作ってみたところ、意外と簡単に作成できたので、その方法を紹介します。
Amzon PrimeMusicアプリなら「MP3+m4a」混載して認識して「プレイリスト」が作成できます



Google Play で手に入れよう

こんな感じの「混在プレイリスト」「Amazon Prime Music」側で作ってみます。

pm-pl-001

注意しなければならない点は「Amazon Prime Music」は、通常の「MP3ファイル」に比べ、かなり「音量が高い」ので、「MP3ファイル」も、なるべく近い音量に合わせる事。

下記の方法で、音量を変換しておきます。




この「MP3Gain」で、Volume「98dB」に変換しておくと、正確とはいえないものの、アプリ側で、適当に合わせてくれますので、「連続再生」しても、あまり違和感なく聴く事ができる印象です。

pm-pl-002

端末内の「MP3」ファイルを追加するには、「Amazon Prime Music」を「オフライン」にすると、楽曲が表示されますので、「プレイリスト」に入れたい曲名の右側の「:」をタップします。

pm-pl-004

次に、操作方法で「プレイリストに追加」タップ

pm-pl-005

既存の「プレイリスト」に追加するには、プレイリストを選択します。

pm-pl-006

画面右上をタップすると、プレイリストの操作が可能になりますので、「編集」を選択すると、「曲順」の変更が可能です。

pm-pl-007

気になる「音質」ですが、個人差があり、それぞれ好みの分かれるところですが、「サブスク」に合わせてくれているようなので、個人的にはあまり違和感なく聴けています。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






「MP3」楽曲のカット編集がかんたんにできる「どがらじ」関連ソフト






「MP3」楽曲のカット編集がかんたんにできる「どがらじ」関連ソフト


doga-cat-001

「音楽ファイル」の不要な部分をカットするだけなら、「どがらじ」ソフトからリンクされている、「簡単!音楽カッター」なるソフトが、他の「音楽編集ソフト」より、シンプルで、直感的に操作でき、便利です。

以下の方法でも「クオリティの高い」ファイルに編集できますが、結構操作が慣れるまで苦労します。


「音楽ファイル」の不要な領域を選択して「削除」するだけの機能ですが、直感的ニカット作業がはかどります
「簡単!音楽カッター」
doga-cat-002


上記から、ダウンロード、インストールすると、「変換したいファイルのURL」の入力欄がありますので、「コピペ」して、「開く」をクリックします。

すると、楽曲の長さが「青い傍線」で表示されます。


doga-cat-003

マウス操作で、切り取りたい部分を「選択」し、画面下の「カット」をクリック。

doga-cat-004

カットされたファイルは、変換元と同じフォルダに保存されます。

新たに出来上がったファイル名は、オリジナル名に「記号:」などが追加されたファイル名になりましすので、必要に応じて、「リネーム」する必要がありますが、「変換に失敗」したときのために、オリジナルファイルは残しておいた方が安心でしょう。

「カット」のみの機能なソフトなので、割りとあっけなく完了してしまうので心配でしたが、「音質もそのまま」「不要な部分」も無事、削除した「楽曲ファイル」に仕上がります。

あまりメディアでは紹介されていない「フリーソフト」ですが、「どがラジ」の機能の一部という位置付けのようですが、他のソフトで作成したり、オンラインからダウンロードした楽曲も編集できますので、覚えておいて損はない機能だと思われます。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場





スポンサーリンク









参加中のブログ
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...