セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

Office

「OneNote」-利用できるテンプレート集




「OneNote」-利用できるテンプレート集

onenote-temp-001

「OneNote」はおおよそ、ほとんどの「デジタルデータ」を一括管理できる便利なアプリで、私のPCでも立ち上げっぱなしの愛用アプリですが、「ノート」を簡単に作成するための「テンプレート」が、Microsoftから公式に公開されています。

Microsoft Store (マイクロソフトストア)

Microsoftの公式「Officeテンプレート」サイトで入手が可能です
「Officeスタイルカタログ」からダウンロードできます。
onenote-temp-002

「OneNote」は現在、「Office365」にも収録されているので、「エクセル」「ワード」「パワーポイント」同様に、各種テンプレートが配布されていますので、欲しいテンプレートをクリックして選択します。


onenote-temp-003

ダウンロードされた「テンプレート」デフォルトでは、PCの「ダウンロード」フォルダに収納されます。

onenote-temp-004

Windows「エクスプローラー」「ダウンロード」を開き、収納された「テンプレートファイル」クリックすれば、自動的に「OneNote」が立ち上がり、「編集モード」になりますので、必要事項を入力し、「保存」(自動的に同期保存されます)すれば、以降同じアカウントでログインした端末からも閲覧・編集が可能になります。


onenote-temp-005


ただ、次期バージョン「Office365」から、「OneNote」は、「ストアアプリ」版に統一され、「Officeアプリ」から外れてしまうと発表されていますので、このテンプレート配布がこのまま継続されるか不明なので、「テンプレート」を入手するなら今のうちかも知れません。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村





One Note-Crhome拡張機能「Clip to Onenote」で素早くクリップ




One Note-Crhome拡張機能「Clip to Onenote」で素早くクリップ


onenote-adon-000

「OneNote」で、現在閲覧している、Webページの内容を「取り込む」のに、一発で「OneNote」に追加できる「Google Chrome」「拡張機能」を発見しましたので、早速、組み込んで使用してみました。

「OneNote」は、Microsoftサブスプリクション「Office365」に搭載されているアプリの1つですが、「Windows10」ユーザーであれば、基本的に、月5GBまで「無料」で利用できるサービスです。

Microsoft Store (マイクロソフトストア)
今のところ「クイックノート」に登録されてしまうようですが、他端末での同期も快適です
「Windows10」環境であれば、基本的にセットアップ済みのはずですが、Windows7などからアップグレードしたバージョンの場合、セットアップされていない場合は「ストア」からダウンロードできます。

onenote-adon-001

「Crome ウェブストア」から拡張機能を追加する
onenote-adon-002

「Crhome」ブックマークバー「アイコン」が追加されますので、保存したいページを表示した状態でアイコンをクリックすれば「OneNote Clipper」が表示されますので、「Microsoftアカウントでサインイン」します。

onenote-adon-003

「OneNote」内の任意のフォルダに「ノート」を追加するように表示はされますが、何故か「Notebook1>クイックノート」にしか、保存できませんでした。

もっとも、保存フォルダは、後からでも編集できますので、問題はないと思うのですが。
onenote-adon-004

スマホ・タブレット版アプリ「無料」インストールすることができます。



Cover art



「iPad」アプリ「同期」できているか確認してみます。

onenote-adon-005

「同期」が完了するまで、多少の「タイムラグ」がありますが、「Evernote」に比べれば「早い」印象を受けます。


onenote-adon-006

「Webページ」「ブログ」の作成
「下書き」として「テキスト」「リンク」等保存できるので、割と重宝できています。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



格安・中古PCを購入したらまず入れたいソフト




格安・中古PCを購入したらまず入れたいソフト


notepc001


「Windows10」モデルならとりあえず必要な機能は揃っているが
「Windows10」にはあらかじめ基本的なソフトはバンドルされています。

win10-desktop

Webブラウザ「Edge」

とりあえずこのブラウザから必要なソフトをダウンロードできます。

メールソフト「メール」

画像管理「フォト」


最低限の画像処理はできます。

音楽再生・変換「Groove ミュージック」「WindowsMedia Player」


MP3、AAC形式にはWindowsMediaPlayer変換可能です。

動画再生「映画&テレビ」

MP4は読み込みに時間がかかります画質はキレイです。DVD再生には対応していません

DVDディスク再生が可能なフリーソフト
Windows7までは、DVD再生がサポートされていましたが、Windows10からは「有料ソフト」扱いになるため、別途フリーソフトで対応する必要があります。
「Officeソフト」は基本的にバンドルされていない

Microsoft Store (マイクロソフトストア)

Microsoft Office別途購入するという手もありますが、多くの格安PCの場合、
「KINGSOFT Office」(無料でバンドルされているが、試用期間版のためいずれ有料になる)がプレインストールされているケースがあります。

「LibreOffice」(MicrosoftOfficeほぼ互換フリーソフト

「窓の杜」からダウンロード


MicrosoftOfficeの使用ライセンス料が高価なため導入している企業も多い定評のあるオフィスソフト。

とりあえず、以上のソフトをインストールしておけば、あとから必要なソフトをダウンロードしたり、「WiFi環境下」で使用するのであれば、「無料」で利用できる「クラウドサービス」を利用するという選択もできますので、格安・中古PCでも快適に使う事が可能です。

(参考文献)



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



「MS-Office」ソフトを無料で使用する方法




「MS-Office」ソフトを無料で使用する方法


Microsoft Store (マイクロソフトストア)

今や、ビジネスの場面では、「使えなくては仕事にならない」存在となった、マイクロソフトの「Office」ですが、手持ちのPCにプリインストールされていれば、家に仕事を持ち帰っても問題ないのですが、新品でも、10万円以下、または、メーカー直販、BPOパソコン中古で購入する場合、Officeソフト自体バンドルされていなかったり、「Office搭載」と謳いながら、試用期間限定無料他社Office(多くは、キングソフト社製)が搭載されているケースも多いようです。

仕事で必要だからといって、「マイクロソフトOffice」を自分で購入するとなると、「Amazon」などで購入しても、数万円の出費になってしまいます。

とはいえ、家に持ち帰っても、「VBAマクロ」を組んだり、「パワーポイント」の資料を1から作成しなければならないケースなどの必要がない以外、使用するのは、「データ入力」とか、「書類の編集のみ」という人も多いのではないでしょうか?。それだけのために、数万も出すのももったいない話ですよね。

そういう思いをされている人に、私が使っている方法を紹介したいと思います。


オンライン版オフィスなら無料で使用できる
【MS-Offlice Online】

マイクロソフト社
公式に提供している無料のWebサービスなので、正式な「MS-Office」ファイルの編集を行えます。

「オフライン」でも作業できますが、ファイルはマイクロソフトのクラウド「ONE Drive」に保存される仕組みになっているので、仕事先でクラウド保存しておけば、「WiFi環境」があれば、家でもどこでも、呼び出して作業できるというサービスです。


無料版なので、「マクロ機能」などすべての機能が使えるわけではありませんが、通常のファイル編集用として使う分には問題ないという感想です。


office-online


Android版はこちらをタップ

IOs,Androidにも対応しているので、スマホ・タブレットでも利用できるので便利です。


オフラインなら互換フリーソフト利用もアリ
私が以前勤めていた会社で、「マイクロソフトOffice」と併用していた、オープンソースのフリーソフト「Open Office org」の後継となる、Officeソフト。

現在でも私のノートPCにインストールして愛用しています。

「VBAマクロ」がおかしかったり、表示のズレなど、完全に互換という分けではないのですが、作成したファイルを「MS-Office」ファイルとして保存できる他、Webで公開されている、「Officeテンプレート」なども、「Officeファイル」として読み込んでくれるので、いずれ有料になる「キングソフトOffice」をアンインストールして、こちらを使用しています。

経費節減のため採用している企業も多いという評判の高いソフトです

【Libre Office】
LibreOffice001

「Libre Office」のダウンロード


LibreOffice002


googleサービスと連携も可能
【MS-Offlice Online】 は、「ONE Drive」に保存されるのがデフォルトのサービスですが、「Google Drive」内の、「Officeファイル」も編集する事もできることが私の環境で確認できました。

【google スプレッドシート】

google-sp

マイクロソフト
【MS-Offlice Online】を公開する以前にこのサービスを利用していたので、作って置いたファイルが無駄にならずに済み、非常に助かっています。

(参考文献)














家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村




スポンサーリンク
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場
Amazonのおすすめガジェット





スポンサーリンク









参加中のブログ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...