セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 現在は店は構えず、ネット通販コンサルタント、人脈を活かした「マリッジアドバイザー(仲人業).仕事の「パートナーマッチング」のお仕事がメインになりつつあります。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

OneDrive

「クラウドストレージ」に「データ同期」がなかなか「反映」されない時は



「クラウドストレージ」に「データ同期」がなかなか「反映」されない時は

cloud-drop-000

PCからスマホの「microSD」への「音楽ファイル」の移動「Dropbox」を使っていたり、「Officeファイル」を「OneDrive」で共有していますが、時間やWiFi環境にもよるのかも知れませんが、端末内の「クラウドストレージフォルダ」には入っているものの、「クラウドストレージ」自体には「同期」されていないケースがけっこうある気がします。
確実な理由は分かりませんが、一部のサービスは「専用アプリ」を起動すれば「同期」が早まる気がします
cloud-drop-001

上記画面のように、「エクスプローラー」上で「クラウドストレージ」に入っているのに、実際には「同期」できていない時、PCでも、スマホでもいいのですが、ストレージの「専用アプリ」を起動すると、わりと早く「同期」してくれる感覚があります。

cloud-dlop-002

「アプリ」を起動した状態の「エクスプローラー」画面上ですと、ファイルの左下の「チェックマーク」が表示されれば、「データ同期」ができるようになるようです。

cloud-drop-003

↓スマホ側で「確認」
するとちゃんと「同期」される事が確認できます。


cloud-drop-007

クラウドストレージも様々利用していますが、「Googleフォト」や「Google Play Music」など、「自動アップロード」できる設定にしておいても、多少「タイムラグ」はあるようです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「LibreOffie」-既定の保存形式を「MS-Office」形式に固定する



「LibreOffie」-既定の保存形式を「MS-Office」形式に固定する


libre-menu-002

「Microsoft-Offie」のファイルを編集、保存できる「LibreOffie」ですが、既定の設定では、「保存形式を選択する」ようになっていますが、私の環境のように「職場でMicrosoft-Offie」「iPadでオンラインOffice」を利用していて、自宅のPCが「LibreOffie」である場合、「保存形式をすべてMS-Office形式に固定」いておくと便利です。
この設定して「OneDrive」に保存すると「MS-Office」形式で認識してくれます
libre-msoffice

ツールバー「ツール」→「オプション」→「読み込みと保存」保存形式を「Microsoft-Offie」を選択し、チェックボックスの「保存形式」をMS-Officeに合わせてチェックを入れれば、以降のデフォルトの保存形式を変更できます。

libre-msoffice-001

iPadで利用している、「オンラインOffice」「OneDrive」経由で開くと、PCでの「LibreOffie」で作成したファイル「MS-Office」ファイルとして開くようになります。

これで、自宅が「MS-Office」でなくても「Office」環境を整えることが可能です。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「iPad」こう使っています-Excel、Wordは「OneDrive」も必須



「iPad」こう使っています-Excel、Wordは「OneDrive」も必須

iPad-excel

iPad用の「MicorosoftのOffice」アプリは、「無料」ダウンロードできる上、個人的使用であれば「無料」で利用できるので、Windows上の「Office」と連携できるので、iPadユーザーにも人気の機能です。(商用利用ためには市販のOffce365の購入が必要)
「Online Office」のクラウドは「OneDrive」一択しかない


Windows10と同じ、Microsoft(MS)アカウントサインインすれば、作成したファイル「専用フォルダ」に保存するだけでクラウド「OneDrive」自動的にアップロードされますので手間いらずです。

「OneDrive」アプリ上で「Office文書」の表示機能を備えていますので、いちいちアプリを切り替えることなく「閲覧・編集」ができますので「Online Office」を使用したい場合は入れておくと便利です。







「DropBox」や「Google Drive」は相性がイマイチの感
「OneDrive」以外にも「DropBox」「Google Drive」などにも「保存」自体は可能ですが、「DropBox」では「Excelの関数、グラフのレイアウトが崩れたり」「Google Drive」でも以前は「Excel,Word」として開く事ができましたが、現在(私の環境に限っては)、「Googleスプレッドシート」「Googleドキュメント」アプリでしか開けないようです。

さらに「再現性」は結構違和感がありますので、「Office Online」を使用したい向きには「OneDrive」一択しかないといえるでしょう。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「OneDrive」ースクリーンショットの自動保存の設定



「OneDrive」ースクリーンショットの自動保存の設定


onedrive-000



「Twitter」フォローしている「窓の杜」タイムライン「OneDrive」の機能に関する記事が流れていましたので、早速試してみました。


「USBメモリ」などの代わりに「OneDrive」をデータ移動の手段として使う
onedrive-001

記事によれば、「OneDrive」を活用すると、スクリーンショットの取得「ほんの少しだけ」便利になるとの事です。

onedrive-002

「OneDrive」設定画面スクリーンショット「OneDrive」に自動保存に設定しておくと、「PrintScreen」キーなどでキャプチャーした画像自動的に「OneDrive」に保存することが可能になります。

私の場合、デフォルトスクリーンショット「PC/ピクチャ/スクリーンショット」に保存されていますので、通常は「USBメモリ」などでデータ移動したりしていましたが、この手法を使えば、画像ファイルは「クラウド」上に保存されている事になるので、必要に応じて、様々な端末から「OneDrive」アクセスしてダウンロードする事が可能になります。

この手法は特に「拡張機能」や「アドオン」を追加することなく、「設定」をいじくるだけで可能な機能です。

「OneDrive」に限らず、Microsoft「無料サービス」以外に情報が少ない印象があるので、こうしたサイト「ブックマーク」「フォロー」しておくと、思わぬ発見があります。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク