セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

OneNote

「OneNote」-利用できるテンプレート集




「OneNote」-利用できるテンプレート集

onenote-temp-001

「OneNote」はおおよそ、ほとんどの「デジタルデータ」を一括管理できる便利なアプリで、私のPCでも立ち上げっぱなしの愛用アプリですが、「ノート」を簡単に作成するための「テンプレート」が、Microsoftから公式に公開されています。

Microsoft Store (マイクロソフトストア)

Microsoftの公式「Officeテンプレート」サイトで入手が可能です
「Officeスタイルカタログ」からダウンロードできます。
onenote-temp-002

「OneNote」は現在、「Office365」にも収録されているので、「エクセル」「ワード」「パワーポイント」同様に、各種テンプレートが配布されていますので、欲しいテンプレートをクリックして選択します。


onenote-temp-003

ダウンロードされた「テンプレート」デフォルトでは、PCの「ダウンロード」フォルダに収納されます。

onenote-temp-004

Windows「エクスプローラー」「ダウンロード」を開き、収納された「テンプレートファイル」クリックすれば、自動的に「OneNote」が立ち上がり、「編集モード」になりますので、必要事項を入力し、「保存」(自動的に同期保存されます)すれば、以降同じアカウントでログインした端末からも閲覧・編集が可能になります。


onenote-temp-005


ただ、次期バージョン「Office365」から、「OneNote」は、「ストアアプリ」版に統一され、「Officeアプリ」から外れてしまうと発表されていますので、このテンプレート配布がこのまま継続されるか不明なので、「テンプレート」を入手するなら今のうちかも知れません。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村





「OneNote」-名刺をデジタル管理する




「OneNote」-名刺をデジタル管理する


meisi-jpg

無料で利用できる、「名刺管理サービス」として、【CamCard(カムカード)】【Eight(エイト)】などが主流のようですが、愛用している「OneNote」にも「名刺管理」機能搭載されていますので、わりと使えるので紹介します。


Google Play で手に入れよう


onenote-meisi-002

「名刺管理」「+ノートブック」を作成します。「+セクション」にそれぞれ任意のタイトルを付けることができます。

onenote-meisi-003

各名刺の「+ページ」を作成します。

スマホの撮影機能を利用して「名刺」をクラウド管理
onenote-meisi-001

名刺データ「スキャナー」で取り込む事も可能ですが、スマホ「OneNote」を立ち上げて、アプリの撮影機能で撮影したほうが楽に取り込みできます

onenote-meisi-004

スマホアプリで外出先から編集・参照
onenote-meisi-005

「OneNote」検索機能では画像内の文字も検索できるので「人名」「会社名」「メールアドレス」などキーワードとして検索することが可能です。

ただし、名刺のデザインスキャン、撮影状態によっては、画像内に含まれる文字が正しく認識されないケースもあるので、確実に検索できるようにしたい場合、なるべく「テキストメモ」として入力しておいたほうが無難でしょう。

onenote-meisi-006


「iPhone」アプリの場合「ドキュメント」モードで撮影が有効
「iOs」での名刺取り込みの際は、「ドキュメント」モードにして撮影すれば、自動的に名刺の部分だけトリミングされるとともに、読みやすいように画質の補正が行われ、すばやく綺麗に名刺を取り込む事が可能なので、スマホiPhoneなら試してみる価値大でしょう。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村




「OneNote」-ジブンSNS的利用法




「OneNote」-ジブンSNS的利用法

onenote-sns-001

Windows10標準搭載されている「ストアアプリ」の中でも、スマホ・タブレットなど、他の端末とデータを同期できるので一番重宝しています。

「OneNote」無料で使えるようようになるまで「EverNote」を利用していましたが、「無料版」だと使える端末の台数制限があったり、月々の使用容量が定められていたり、「同期」に非常に時間がかかる、という不満を持っていましたので、Windows10にアップグレードした際に「OneNote」引っ越しました。
現在複数のバージョンが存在しますがいずれ統一されるとのこと
いずれもクラウド「OneDrive」上で同期できますが、配布形態により、3パターン「OneNote」が存在していて、基本的な内容は一緒ですが、インターフェイスや使い勝手が少しだけ違いがあるようですが、今後統一されるとのことです。

「Windowsストア版」

Windows10インストールされていれば、標準で搭載されている、「メニュー」→「タイル」に表示されるタイプ。Windows10ユーザーなら無料で使えるバージョンです。

「デスクトップ版」

Microsoft Office365に含まれているバージョンで、「タグ機能」に対応など、現状使い勝手が一番良いバージョンですが、以降のOffice365には対応される予定はなく「Windowsストア版」にその機能が移行される予定とのことらしいです。

「スマホ・タブレット版」

iOs,Android版とも無料でダウンロードできます。

端末内だけでもデータ保存可能ですが、WiFi環境下「OneDrive」に同期すれば、全ての端末でノートを共有できます。

インターフェースは、PCの「ストア版」とほぼ似ていますので、使い方に迷うことも少ないと思われます。


Google Play で手に入れよう

iPadでの表示です。

onenote-sns002


「OneNote」デジタルノート階層構造になっていて、「ノートブック」→「セクション」→「ページ(実際に記事を記載するページ)」という構成です。

「ページ」には、テキスト入力の他、Webページの貼り付け、画像(写真等)、動画、PDF等、あらゆるデジタルデータを埋め込む事ができます。

onenote-sns-003

使い方は人それぞれですが、私の場合、パーソナルなSNS的に利用していて、出先でのブログ、Webサイト用記事「下書き用アプリ」としても愛用しています。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



純粋なテキスト情報のみを「コピペ」する方法ーPure TEXT




純粋なテキスト情報のみを「コピペ」する方法ーPure TEXT

pure-txt-phot

「メール」SNS、「OneNote」などに、Webページ「エクセル」等のOffice畫面から「文書」部分「コピー&ペースト」すると、フォント、カラー、大きさ、ハイパーリンク、計算式などの情報も一緒にコピーされてしまい、「思う通り」の表示結果にならないケースが多々あります。

右クリックで一発でプレーンテキストをコピペしてクリップボードに保存するアプリーPureText 
こんなケースの場合、通常、「メモ帳」などの「プレーンテキスト」を扱える「テキストエディタ」を立ち上げ、1度そこにコピーしてから、「コピー&ペースト」し直す方法が一般的です。


「Windows10」の場合、「Microsoft ストア」からこのアプリを入手するのが簡単です。

pure-txt-001


pure-txt-002

「入手」クリックするだけで、インストールが開始されます。

pure-txt-003

インストール中です。




pure-txt-005

インストールが完了すると、常駐しますが、ショートカットキーの変更など、内容の編集は、上記の場所をクリックして、「設定」を確認する事ができます。

pure-txt-004

「Options」選択すると、アプリの編集畫面に切り替わります。


pure-txt-006

初期設定では、「貼り付け」ショートカットキー「Windows」+「V」になっています。

この設定は変更も可能ですが、何故か「Ctrl」+「V」に設定しようとすると「エラー」になってしまうので、デフォルトのまま使用します。


pure-txt-010

「OneNote」にWebページの文章部分を普通に取り込むと「ハイパーリンク」や「HTML文法情報」も一緒にペーストされてしまうので、これを「プレーンテキスト」で貼り付けるためには、コピーしたい部分を選択して、「右クリック」で、2段めに表示されている文書部分を選択すれば、クリップボードにコピーされます。



pure-txt-key


通常の「コピー&ペースト」だと、「Ctrl」+「V」ですが、この機能を使う際は、「Windowsキー」+「V」となりますので、始めはショートカットキー操作に戸惑いますが、慣れれば簡単で便利です。


pure-txt-009


「OneNote」「メール」、「SNS」にも、クリップボードから一発で、すぐ編集に取りかかれる「プレーンテキスト」形式「貼り付け」できました。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



One Note-Crhome拡張機能「Clip to Onenote」で素早くクリップ




One Note-Crhome拡張機能「Clip to Onenote」で素早くクリップ


onenote-adon-000

「OneNote」で、現在閲覧している、Webページの内容を「取り込む」のに、一発で「OneNote」に追加できる「Google Chrome」「拡張機能」を発見しましたので、早速、組み込んで使用してみました。

「OneNote」は、Microsoftサブスプリクション「Office365」に搭載されているアプリの1つですが、「Windows10」ユーザーであれば、基本的に、月5GBまで「無料」で利用できるサービスです。

Microsoft Store (マイクロソフトストア)
今のところ「クイックノート」に登録されてしまうようですが、他端末での同期も快適です
「Windows10」環境であれば、基本的にセットアップ済みのはずですが、Windows7などからアップグレードしたバージョンの場合、セットアップされていない場合は「ストア」からダウンロードできます。

onenote-adon-001

「Crome ウェブストア」から拡張機能を追加する
onenote-adon-002

「Crhome」ブックマークバー「アイコン」が追加されますので、保存したいページを表示した状態でアイコンをクリックすれば「OneNote Clipper」が表示されますので、「Microsoftアカウントでサインイン」します。

onenote-adon-003

「OneNote」内の任意のフォルダに「ノート」を追加するように表示はされますが、何故か「Notebook1>クイックノート」にしか、保存できませんでした。

もっとも、保存フォルダは、後からでも編集できますので、問題はないと思うのですが。
onenote-adon-004

スマホ・タブレット版アプリ「無料」インストールすることができます。



Cover art



「iPad」アプリ「同期」できているか確認してみます。

onenote-adon-005

「同期」が完了するまで、多少の「タイムラグ」がありますが、「Evernote」に比べれば「早い」印象を受けます。


onenote-adon-006

「Webページ」「ブログ」の作成
「下書き」として「テキスト」「リンク」等保存できるので、割と重宝できています。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



スポンサーリンク
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場
Amazonのおすすめガジェット





スポンサーリンク









参加中のブログ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...