セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

PDF

「LibreOffie」で「PDF」ファイルを編集できます






「LibreOffie」で「PDF」ファイルを編集できます


libre-pdf-000

今や、ビジネスや個人的な「文書」などのやり取りで、機器や「OS」に依存しないファイルとして「PDFファイル」が主流となっています。

一般的に「Adobe Reader」「Adobe Acrobat」で取り扱うのが「定番」ですが、「LireOffice」内でも、「ファイルの読み込み、書き込み、修正」などが可能で、他のOfficeソフトとの連携ができ、「LibreOffie」内で作業が完結できるので便利に利用しています。

定番の「Adobe Reader」でも利用できる「PDFファイル」の編集も「LibreOffie」で可能です
使用方法はいたってシンプル。

「LibreOffie」を立ち上げると、「すべてのOfficeソフトが表示」されますが、「ファイル」→「開く」→読み込たい「PDFファイル」を選択すると、「Draw」で「PDFの編集画面」が立ち上がります。

libre-pdf-001

「ワープロ」「表計算」などでやるべき、「文字の修正」や「装飾」「Draw」で行うようになっているようです。

libre-pdf-002



libre-pdf-003

libre-pdf-004

「編集自体」「1行ごと」編集するようになります。

この辺、操作方法が「独特」なので「慣れ」は必要だと感じました。

libre-pdf-005

編集が終わり、「保存」する訳ですが、そのまま保存すると「Draw」形式のファイルとして保存されてしまうので「PDFファイル」として「配布、管理」「共用」「送信」するためには、「ファイル」→「PDFとしてエクスポート」「PDFファイル」として出力すれば、どの環境でも通用する「PDFファイル」が出来上がります。

あくまでも個人的な感触では、「Adobi」系も使い方にクセがあるので、「Office」ソフトを利用されているならば、ひとつのアプリ内で「作業を完結」できるので、この方法を利用しています。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






LibreOffice Calcの使い方-「印刷」「PDFエクスポート」






LibreOffice Calcの使い方-「印刷」「PDFエクスポート」


libre-insatu-000

Microsoft「Excel」の代わりに愛用している「LibreOffice-Calc」を仲間内で推奨していますが、よく質問されるのが、「印刷設定方法がExcelと異なり、思うようにレイアウトできない」というケース。

決して、「Excel」と同様な印刷ができないのではなく、あくまでも「完全互換」という訳ではなく、「操作方法」が違うので、「Excel」同様、細かい「印刷設定」は可能ですので、私が使っている方法を紹介します。

「エクセル」感覚だと最初戸惑いますが、慣れればPDF化もほぼ同時にできるので便利
Excel」ですと、「印刷プレビュー」から細かい設定をするのが一般的だと思いますが、「LibreOffice」の場合、「印刷プレビュー」もありますが、細かい設定は、メニューバーの「表示」→「改ページ」に進むと、以下の画面に移り、細かい設定が可能になります。↓

libre-insatu-002

「余白」「位置設定」「ヘッダー・フッターの非表示」の変更などはここで行えます。

libre-insatu-003

ちなみに、「LibreOffice」の特徴として「PDF形式のエクスポート」も標準で、通常の「印刷」感覚で、他のソフトやプラグインを導入する事なく、「ファイル」→「PDFとしてエクスポート」から、すぐに「PDFファイル」化できる便利な仕様になっています。

libre-insatu-004


libre-insatu-005

PDFへの変換方法として、私が使っているのは、「sheet」にチェックを入れて「エクスポート」。

これを省くと「ワークシート全部」「印刷したくない部分」も合わせて変換されてしまうので注意が必要です。


libre-insatu-006

変換したファイルは、通常の「PDFファイル」としてAdobe Acrobatなどで確認する事ができますので、メールに添付するなどして使用できるようになります。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村








「スクショ」した「png」ファイルを「PDF」に変換して「電子書籍リーダー」で閲覧する






「スクショ」した「png」ファイルを「PDF」に変換して「電子書籍リーダー」で閲覧する


cube-010

ネット上で気になる記事を「iPad」で「スクリーンショット」で保存して「Googleフォト」に保存し「png」ファイルとして保存していましたが、「オンライン」でないと閲覧できない事や、画像を探すのに手間がかかるので「PDF」化して「電子書籍リーダーアプリ」で管理できれば便利かなと思っていたところ、「iOsアプリ」では有料のものしか見当たらなかったので、Windows版のフリーソフトを見つけたの、試しにどこまでできるか検証してみました。
まだまだ設定を調べてみる必要がありますが、とりあえず「iBooks」で閲覧できるまでは成功
今回使用したソフトは、某PC雑誌で高評価な「CubePDF」

ここからダウンロードしました


cube-001

手順としては、「Googleフォト」の画面からは直接編集できないので、まずPC内の任意のフォルダにダウンロードします。

cube-002

ダウンロードしたファイルをクリックして表示させます。

cube-003

「CubePDF」仮想プリンタとしてPDF形式で出力する仕組みなので、「印刷」→プリンターを「CubePDF」に選択して「実行」します。

cube-004

「PDFファイル」にして保存するには、「出力先」を指定して、「変換」と進みます。

cube-005



cube-006


cube-007

「変換」し保存された「PDFファイル」「iPad」へ転送し、「iBooks」に読み込ませます。

私の場合、以下の方法で転送しています。

無事、「iBooks」に追加されました。

cube-008

「iBooks」内のブックをタップすると、下記のように表示され、「横スライド」でページをめくる「電子ブック」形式で閲覧ができるようになります。

cube-009



ただ、設定がまだよく理解できていないようで、読み込んだ画像が小さいのでスワイプして拡大して読んでいます。

今回はとりあえず「電子書籍リーダー」で閲覧できる事が確認できましたので、溜まった画像ファイルを編集して、ジャンル別に「電子ブック」化して管理したいと思います。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






「iPad」こう使ってます-「iBooks」をPDF書籍リーダーとして使う方法






「iPad」こう使ってます-「iBooks」をPDF書籍リーダーとして使う方法


iPd-pf-000

iPadプレインストールされているアプリ、「IBooks」ですが、「電子書籍」として、「Kndle」「楽天マガジン」をメインに利用しているので利用した事がありませんでしたが、「FaceBook」ウォール「iBooks」でPDFを表示させる方法が出ていたので、試してみました。
使わないけど削除できないアプリが快適に使用できるようになった
「PDFファイル」を「iBooks」に転送する方法はいくつかあるようですが、「有線でつないだり」「iTunes」で同期させなければならないので面倒なイメージでしたが、「メールのPDFファイルを添付して、iPadで指定した方法で開くだけ」というシンプルな方法で、「iBooks」で「電子書籍」として認識できるようになります。

iPad-pdf-001

このように、添付ファイルとして「PDFファイル」を受け取れますので、右の「↓ダウンロードボタン」をクリックすると。

iPad-pdf-002

ダウンロード先の選択で「共有」をタップ。

iPad-pdf-003

するとファイルを開くアプリが選択できますので、「iBooks」をタップします。

しばらく時間がかかりますが、あらためて「iBooks」を立ち上げると、ダウンロードしたPDFファイルが「電子書籍」として表示されます。



iPad-pdf-004

使い方は「Kindle」など主な「電子書籍リーダー」と同様で、「指によるスワイプ操作」でページをめくってゆく事ができ、PDFファイルを非常に簡単の閲覧する事が可能になります。


iPad-pdf-005

今まで、「PDFファイル」の閲覧には「Adobe Acrobat」を愛用していましたが、閲覧の際、「縦方向へのスワイプ操作」が必要でしたが、この「iBooks」であれば、他のアプリ同様、「横スワイプ」で読むことになるので便利です。

一時期流行った「自炊」した本の閲覧や、最近、サイトや「メルマガ」の付録ファイルネット通販製品の「取説」も、PDFファイルで提供されるようになってきているので、覚えておいて損はない「iPad」の便利機能のひとつです。










家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村








iOs「Safari」WebサイトをPDF化して「iBooks」で読む






iOs「Safari」WebサイトをPDF化して「iBooks」で読む


Safari-pdf-004
iPhneiPadなどiOs端末には必ず入っている「iBooks」ですが、普段「Kindle」「楽天マガジン」を利用しているので、Appleで書籍を購入しない限り「無用のアプリ」だとばかり思っていましたが、「PDFリーダー」としても使えるようです。
「Safari」ブラウザならWebページを簡単にPDFファイル変換できます
iOs標準Webブラウザである「Safari」には、閲覧しているWebページを「PDF化」して、オフラインで観ることができる機能が備わっています。

Safari-pdf-001
「メニュー」を呼び出して「PDFをiBooksに保存」タップすると、今閲覧しているWebページが「PDF」ファイルとして「iCloud」に保存されます。

Safari-pdf-002

これを閲覧するには「iBooks」を立ち上げ、「iCloudを使用」タップ

Safari-pdf-003
すると、「iBooks」本棚に保存された「PDFファイル」ライブラリに表示されますので、オフラインでも閲覧が可能になるという訳です。

当然、「電子書籍リーダー」なので、「左右フリック」でページをめくるなど、非常に読みやすくなります。

今まで「PDF」ファイルタブレット端末で閲覧するためにかけていた手間は、一体何だったんだろうを思う便利機能が「Safari」に搭載されていたのを、今さらながら気付かされました。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村







スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場





スポンサーリンク









参加中のブログ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...