セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 現在は店は構えず、ネット通販コンサルタント、人脈を活かした「マリッジアドバイザー(仲人業).仕事の「パートナーマッチング」のお仕事がメインになりつつあります。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

Windows10

「Windows7」サポート終了について必要なこと



「Windows7」サポート終了について必要なこと

win7-last-000

Microsoftによる「Windows7」のサポートが「2020年1月14日」にいよいよ正式終了、とカウントダウンが始まっていますが、「個人ユーザー」はほとんど「Windows10」への移行が済んでいるらしいのですが、お仕事用に会社などで使われているPCでは「WindowsXP」のときと同様、移行がなかなか進んでいないのが現状という声もあるようです。

私自身、商売上、付き合いのある会社では「XP」どころか「2000」がいまだ現役で使用しているところもあり、他人事ながら「ウィルス感染」や「情報漏洩」の問題が絶えないのも、こうした「知識が徹底していない」のも原因かも知れないと思わざるをえません。
経験上「Win7&8.1」から「Win10」にアップグレードすると様々な問題もでてきているようですので思い切って「新品」に買い替えるのも「安心」かも
移行が完了しているPCについても元々インストールされていた「Windows7」から「Windows10」にアップグレードをしたマシンですと、定期的な「アップグレード」した際、いろいろ問題がでているケースもよく見かけます。

win7-last-001

「スペック的」には「Windows7」が動いている「メモリ4GB」ハードディスク「32GB」のPCでも「Windows10」にアップグレードできるとアナウンスされていますが、「Excel」「Word」などの「Office」製品をローカルで使う分には確かに問題ないのですが、「インターネット」に繋ぐサービスでは「上書きインストール」されたマシンは「新品」や「クリーンインストール」されたマシンに比べある一部の外国製SNSを導入すると「ハードディスクが 壊れた」り「ブラウザが書き換えられた」という相談も増えてきています。



この問題ばかりは、PCと「ソフト」の相性としかメーカー側も答えられないようで、この際、新しいPCに買い替えたほうが、あとあとストレスなく「利用し続ける」事ができそうな印象があります。

↓2019年度急速に販売台数が伸びたと言われている「サーフェス」シリーズ。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

どうせ新しく購入するなら、ネット動画最近主流になりつつある「4K画質」化しているので、「メモリも最低8GB」「対応ディスプレイ」モデルにしておいたほうがあとあと後悔しないで済むかも知れません。




新品といっても価格はそれぞれですが、「Microsoft Office」にこだわらない「Office非搭載モデル」であれば「数万円」で入手できる場合もあるのでチェックしておくのも今のうちでしょう。

東芝ダイレクト



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

ノートPCの「スリープモード」オート機能で「ダウンロード」「録音・録画」が中断されてしまう場合は



ノートPCの「スリープモード」オート機能で「ダウンロード」「録音・録画」が中断されてしまう場合は

5ddcc5515a0923f56c3109d8e72daf5d_s

「ノートパソコン」でネット上の動画・音楽ファイルなどを「ダウンロード」「キャプチャ」「ラジオの予約録音」などを行う際、多くの機種で「強制的にスリーブモード」になってしまい、うまくいかないケースの報告が多くなっているようです。

この原因として考えられるのが「Windows」の「省エネ機能」で「一定時間操作がないと強制的にスリーブモードになる」機能

特に「ノートパソコン」の場合、どのメーカーでも「初期設定」でこの機能がけっこう短い間隔で設定されているようですが、「Windows」の「設定」を変更することにより、改善されるケースもあるようなので試してみる価値がありそうです。





「省エネ」機能が売りの「ノートPC」だからこその問題ですが「設定」の変更で解決できます
win10-note-pc-004

「Windows10」の場合、「スタート」→「設定」→「システム」→「電源とスリープ」の項目を変更します。
win10-note-pc-001

画面右側の「電源とスリープ」以下の各項目「10分単位」で設定されていますが、これを「なし」に設定すると、「勝手にスリーブモードにならないように」することができます。

win10-note-pc

私の環境での検証結果では、「地デジ・BS/CSチューナー」の「予約録画」、「らじれこ」での「radiko番組の録音予約」はうまく改善できましたが、機種によってはまだ問題は残るようなので、この手法が正しいとは言い切れませんが、試してみる価値はあると思われます。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「デルアンバサダープログラム」ー「タブレット端末」としての使い勝手



「デルアンバサダープログラム」ー「タブレット端末」としての使い勝手


xps-tab-000

現在、「デルアンバサダープログラム」で手元にある「XPS13」ですが、タブレットにもなる「2in1」ではないのですが、「液晶タッチパネル機」なので、「Windows10タブレット」として使えるのか、検証してみました。
「ビジネスタブレット」としては申し分ない出来ですが、「ストアアプリ」の少なさが残念な印象
個人的な感想としては、「Officeソフト」などの使い勝手としては、「Windows10」なので、「Excel」「Word」の操作性は抜群。

「ブログ」「SNS」なども、iPadのアプリなどに比べて、より細かい部分まで編集できるのは便利です。



xps-tab-001

「公共WiFi」にも簡単に接続でき、携帯のテザリングにも対応(ただし、バッテリー、データ容量を早く消費するけど・・・)しているので、「タブレット端末」として持ち歩くのなら、申し分ない、と言いたいところですが、DELLに限らず、Windows10端末としての弱点として「ストアアプリ」が「GooglePlay」「App Store」に比べ、あまりにも貧弱な点。

モバイル環境にはぜひ欲しい「radiko」もないですし、画像、動画、エンタメ系アプリの多くが「有料」(しかも、Android、iOs版に比べ高価!)なところが不便。

結果、非常に使い勝手は良い製品ではあるものの、これ一台ですべてまかなえるものではないのは残念ではあります。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



「Win10」の新機能-「クリップボードの履歴」が思いのほか便利



「Win10」の新機能-「クリップボードの履歴」が思いのほか便利


win10-cb-000

2018年11月にリリースされた「Widows10 October 2018 Update (バージョン1809)」ですが、リリース直後に「不具合」が発見、撤回されたという緯があり、リリースされた「便利機能」があまりアナウンスされていないようです。

その中、けっこう便利に改善・追加された機能のうち、私の周りでもほとんど使っている人がいない機能として、「クリップボードの履歴」機能です。

正直、使わなくても困りませんが、あると確実に便利に使えます
この機能の存在がマイナーな理由のひとつとして、「デフォルトの設定のままでは使えない」事も影響しているようです。

win10-cb-001


この機能を有効にするには、「設定」→「クリックボード」→「クリックボードの履歴」「オン」にする必要があります。

win10-cb-003

通常の「クリップボードの履歴」だと「直前のもの」しか記録してくれないのですが、これをさかのぼって記憶してくれる機能です。

使い方としては、いつも通り「Ctrl」+「C」でコピーしていくだけで次々と「クリックボードの履歴」に記録され、試した限りでは、25個までの保存が可能なのを確認できました。

もちろん、保存はテキストだけではなく、画像もOKペーストするには、「Windows」+「V」で一覧が表示されるので、使いたいものを選ぶだけです。

履歴は一括でクリアできるほか、「ピン留め機能」を使い残しておく事も可能です。

「住所」「定型文」「ピン留め」で残しておくと、入力の手間が省け、作業を効率化できるので便利でしょう。


win10-cb-004


実際、使わなくても困らない機能かも知れませんが、頻繫にコピペ作業をされているという人であれば試してみる価値がある機能だと思います。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「Windows10」画面の向きが「横表示」になってしまったら



「Windows10」画面の向きが「横表示」になってしまったら


win-note-000


突然、ノートパソコンの画面表示「スマホ」のように「縦表示(PC上では横向き)」になってしまい往生しました。

「再起動」かけたり、いろいろ試してみても「復旧」せず、難儀していましたが、意外なところで解決できました。
「スマホ・タブレット」のように「縦表示」できるになってはいますが、あまり知られていませんね
win-note-001

実際には、単純なことで、マウスで「右クリック」→「ディスプレイ」と進むと、「画面表示」が「縦」になってしまっていますので「横」に変更するだけ

win-note-003

「ディスプレイの設定を維持しますか?」と表示がでますので「変更を維持」を選択します。

win-note-0

これで、無事復旧できました。

「Windows10」は、「タブレット」機の一部にも搭載されていたので、こういう現象もあり得るのかも知れません。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク