セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

iTunes

iTunesの使い方-Podcastはやっぱり定番




iTunesの使い方-Podcastはやっぱり定番

「Podcast(ポッドキャスト)」は、人気あるラジオ番組を時間に関係なく、聴取できたり、個人で独自にコアな番組を配信されたり、と使いこなしていくうちにクセになるサービスです。

音楽を聴く003

iTunesが元祖なだけあって使い勝手はダントツ
そもそも、AppleiPod向けに始まったサービスなので、同じApple製の「iTunes」での操作の使いやすさは、「一日の長」がある感があります。

ガラケー時代には、PCの「iTunes」ダウンロードしておいて、PCとケータイをケーブルでつないで「転送」して聴取していたものです。

スマホ・タブレットの時代になってからは、専用のアプリがそれぞれ公開されていますので、「iTunes」で利用する方法を知らない人も多いのではないでしょうか。



同じAppleIDでログインすれば番組が同期される
では、今さら「iTunes」を使うメリットなんですけれど、「スマホ・タブレット」アプリに、同じAppleIDでログインすれば、「iTunes」で登録している内容が端末側に反映されるという点があります(一部のアプリでは非対応)。

「iTunes」画面で「編集」→「ポッドキャスト」と進みます。

iTunes-001
「ストア」をクリックすると、Podcast番組一覧表が表示されます。

スマホ・タブレット
の小さな画面より、PCの大画面で見た方が「番組」を探しやすい気がします。

iTunes-Podcast002

割と多くの番組が配信されているな、と感じるのも、iTunesならではですね。

iTunes-Podcast003










家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



iTunesの使い方-iPod/iPhone/iPadとのファイル連携




iTunesの使い方-iPod/iPhone/iPadとのファイル連携

iCloudミュージックライブラリを活用してWindowsでiPhon/iPadの楽曲を共用する
「iPad」側の「設定」「ミュージック」→「iCloudミュージックライブラリ」の設定を「ON」に変更します。
iTunes-iCloud010

「Windows」側の「iTunes」で、「iPhone/iPad」で使用している、「Apple ID」ログインします。

iTunes-iCloud001

ログインのチェックボックスはすべて、「チェック」にしておきます。

iTunes-iCloud002

「同期」が完了すると、「iPad」で購入した「アルバム」「Windows」側の「iTunes」に表示され、PCでも再生できるようになります。

iTunes-iCloud003

ただし、楽曲はiCloud上にありますので「オフライン」で聴きたい場合は、ダウンロードしておく必要があります。

iTunes-iCloud004

「iPad」側で、同期を確認するには、「ミュージック」アプリをタップ


iTunes-iCloud008

WindowsPC内の「iTunes」ライブラリが表示されます。

iTunes-iCloud009

なぜか、PC版では非表示だった「アルバムアート」も、正規のものではないものの、同一アーチスト「画像」が表示されています。(一部のアルバム除く)

使用してみた感想として、個人的にはですが、PC、モバイル共Apple使いで、テレビのミラーリングに「Apple TV BOX」を利用している環境ならば、かなり便利なソフトであると思われます。


ただ、他の機器が、WindowsAndroidだったりすると、「組み合わせ」でもっと快適な環境も構築できそうです。


Appleも当然、音楽も映像も、自社から購入してくれた、顧客向けのサービスとして無料で提供しているはずなので、これ以上の機能は期待できないかも知れません。












iTunesの使い方-音楽CDを変換する




iTunesの使い方-音楽CDを変換する

iTunes-001

音質は良好だがとにかく分かりにくいユーザーフェイス
「iTunes」の場合、他のCD変換ソフトと比べ、CDを挿入しただけでは何も始まらないので、ちょっとコツをつかむまで迷うかも知れません。

まず、CD取込み「環境設定」をしましょう。

iTunes-cd002

「編集」→「環境設定」→「一般環境設定」と進みます。

「ライブラリ名」デフォルトのままで問題ないです。

iTunes-cd003

続いて、「インポート設定」をクリック。

インポート方法をプルダウンメニューから選択します、私の場合、主にスマホのMP3プレイヤーを使用するので、汎用「MP3エンコーダ」を選択しました。

設定は、「カスタム」にすると、より高音質な設定が選べます。

iTunes-cd004

ステレオビットレートを、「320kbps」に設定しておくと、MP3ファイルでも、結構ないい音質となります。

数あるCD取込みソフトとしては、音質の細かい設定などできるので、とても優秀だと思うのですが・・・。


CD内の楽曲情報読み取り機能が貧弱
例えば、ある日本人アーチストのアルバム(わりとメジャーな人だと思うのですが)を読み込むと、ジャケットアートワークはおろか、アルバムタイトル、曲名までも「曲情報」を表示できないケースも。↓

iTunes-cd006

では、アメリカでもかなりメジャーアーチストアルバムでも、アルバム情報は取得されてはいるが、アートワークが読み込まれていない、というケースが多々あります

iTunes-cd007
原因としては、「AppleのiTunesストアで販売」している楽曲しか認識されないという説があり、Appleに問い合わせても、「仕様ですから」とりあってもらえない、という話も聞きます。

あくまでも、「楽曲はiTunesストアから購入しろ!」というスタンスなのでしょうか?。

また、日本販売独自「ボーナストラック」「ベスト盤」など、別のアルバムとして認識され、曲が分割された、同じタイトルのアルバムが複数、作られた時もありました。 

このようなケースの場合、下の方法で修正できますので、試してみる価値はあるかも知れません。


または、CD取込みは、別のソフトで行う、という選択もアリでしょうm。














家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村




iTunesの使い方-音楽プレイヤーとして利用する




iTunesの使い方-音楽プレイヤーとして利用する

iTUune_photo


「iTunes」とは簡単に説明するにはむずかしいソフト
一般的には、音楽ビデオファイルなどの再生に使う「メディアプレイヤー」としての機能や「CDの音楽をPCに取り込む」ソフトとして、認識さてれいる人も多いと思います。

しかし、「iTunes」にはそれだけではなく、「iOsアプリの管理」「マルチデバイスの同期」など、iPhone,iPadユーザーには便利な機能が詰め込まれているのですが,実際のところ、「何が何やら」といった感じの分かりにくいソフトです。

これらの機能は追って解明したいとおもいますが、今回は「音楽プレイヤー」としての「iTunes」を検証したいと思います。


「iTunes」をダウンロード
Apple社製品なので、「iTunes」を公式サイトからダウンロードします。


iTunes001

Windows10の場合、「PC/ダウンロード」フォルダダウンロードされますが、すぐにインストーラが立ち上がります。



iTunes002

iTunes003

インストールオプションの設定は、「ショートカット」「ソフトウェアの自動更新」はチェックしたままで問題ないと思いますが、「既定のプレーヤーとして使用」チェックしてしまうと、他のソフトとの関係であとあと面倒なこともあるかも知れないので、「その都度、起動ソフトを選択」できるよう、チェックを外しておいた方が無難だと思います。

容量の大きなソフトなので、インストールには、結構時間はかかります。


PC内のMP3ファイルを再生する
お世辞にも、ユーザーライクなインターフェイスとは言えない「iTunes」

PC内に保存してある音楽アルバム再生する際は、「ファイル」から「フォルダーをライブラリに追加」と進んで、該当のフォルダを選んで「フォルダを選択」すると、iTunesの「ライブラリ」に追加されます。

iTunes-1



iTunes-2
再生したいアルバムをクリックすると、再生が始まります。

iTunes-3

「曲」クリックすると、フォルダ内の曲一覧が表示されます。


音楽CDを再生する
Windows10の場合、デフォルトで音楽CDをトレイに挿入すると、「Grooveミュージック」自動的に立ち上がりますが、「iTunes」を立ち上げた状態で、CDを挿入すると、下の画面のように、「iTunes」で、CDを読み込み、再生されるようになります。

iTunes007
音楽CD再生自体は、「Groove」「WindowsMediaPlayer」もあり、それぞれ、好みが分かれるところですが、「iTunes」で、CDから、MP3やAACファイルに変換する機能も定番ですので覚えておいて損はないでしょう。














スポンサーリンク
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場
Amazonのおすすめガジェット





スポンサーリンク









参加中のブログ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...