セガレの知恵袋

古物商開業支援・情報家電相談室「ディーエスエル」代表 【HN】PAWAKICHI(ぱわきち)の個人ブログです。

「情報」さえあればもっと「より簡単に・より便利に・よりリーズナブルに活用できるはず!」をモットーに「デジタル生活」の「情報の共有・検証・注意喚起」を、現役「古物商開業支援員・デジタル生活相談室」スタッフの目線から「情報共有・検証・注意喚起記事」を日々発信・更新しています。
トップ>>

【情報共有】家庭用「FAX(ファックス)機」はいつまで使えるのか?


【情報共有】家庭用「FAX(ファックス)機」はいつまで使えるのか?

20220703-fax-000

かつてはビジネスの場面でももちろん、個人宅でも、現在でいうところの「メール」「メッセンジャー」的な使い方をされてきた「FAX機」ですが、現在でももちろん「現役」で利用できます。

とは言え「リモートワーク」の普及により、自宅などの「通信環境」を従来の「アナログ電話(NTTのメタル回線)」から「ひかり電話(デジタル回線)」や昨今増えている「ドコモhomeでんわ」などを使用した「IP電話」に切り替えられている世帯も増えているようですが、「FAXでのやり取りが必要」な会社も少なからず存在し、2024年「NTTメタル回線終了後」も、元来「アナログ規格」である「FAX 通信」安定して利用できるのか気になるところなので「検証」してみました。

「リモートワーク」の一般化で「不要論」露呈?確かにここ数年利用していないかも

「結果的に」「光ファイバー網」を通した「NTT東西のひかり電話」「auひかり電話」、「ケーブルテレビ網」を使用した「ケーブルプラス」「J:COMPHONE」に於いては「NTTメタル回線」とほぼ同様に「FAXの送受信が可能」が可能です。

ただし、「ひかり電話」などで「FAX」を使う場合、電話機の規格「G3」という規格(画質)でないと、「ひかり電話のFAXに対応していない」ので「FAX機能が使えない」場合もあるようです。

これに似た「スーパーG3」という規格も「存在」しますが、まったくの別物ではあるものの、「送受信できない」というわけではなく、送信側が「スーパーG3」でも受信側では「G3画質に変換されて」出力されるのでさほど問題はないかと思われます。

なお、この「スーパーG3」規格の「FAX」は、2024年からのNTT加入電話(メタル回線)終了以降切替えが予定されている「メタルIP電話」になると、一部「業務用回線」を除き「非対応」になり自動的に「G3規格」で出力されるようになるとアナウンスされています。


(関連記事)




注意したいのが「ドコモのhomeでんわ」という「ワイヤレスな固定電話」「FAX」を利用するには基本的な料金プランではなく、約1,000円ほどプラスした「homeでんわベーシック」で契約しなければならないので「FAX利用」には「あまりおすすめできない」印象です。

また「ドコモのhomeでんわ」に似た、ソフトバンク「おうちのでんわ」という「ワイヤレスな固定電話」サービスで「FAX」を利用する際は、相手先FAX番号の前に「0009」を必ずつける必要があるなど「制約」があり、こと「FAXの送受信」だけに限って「使い勝手に不安」はありそうです。

とは言え、「スマートフォン」「タブレット端末」が登場し、多くの場面でこうした「書面のやりとり」「PDF」「Jpegファイル」などが主流になり、すっかり「出番」が少なくなっている印象ですので、「FAXでのやりとり」が「ごく少数」という環境であれば「コンビニのマルチコピー機のFAX」を利用したほうが「かえって割安」かも知れません。

(参考書籍)


(参考製品)


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】音声SNS-Twitter「スペース」の会話を「録音」する方法-「らじれこ」の「サウンドキャプチャー機能」


【検証】音声SNS-Twitter「スペース」の会話を「録音」する方法-「らじれこ」の「サウンドキャプチャー機能」

20220628-tw-000

「スペース」とは「Cliubhouse(クラウハウス)」に似た「音声SNS」です。

主に「スマートフォン」「複数のユーザー同士で音声会話による」やり取りを楽しむ「新しいラジオ的」な仕組みなのですが、会話を「録音」してあとで聞き直せるのは、その「スペース」自体を作成した「ホスト」のみに限られます。

この様な「制限」がありますが、「コレは記録しておきたい」内容をあとで「聞き直したい場合」もあるかも知れません。

この様な場合、「参加メンバーに無断で公開するなど厳禁」なのは言うまでもありませんが、「了承を得た」上であくまで「個人的記録」として「保存」する方法も「無いわけではない」ので、その手法を見てみましょう。

ただし、この手法は「PC」のブラウザで「Twitter」にアクセスした状態でのみ「可能」なようです。

「PC」での作業になりますが「MP3形式」で保存できますのであらゆる端末で「再生」が可能です

「専用のダウンロードツール」は存在しません
ので、「PC音声」をそのまま「録音」する「サウンドキャプチャーモード」が装備されている「らじれこ」という「フリーソフト」が便利です。




「らじれこ」を起動し、左メニュー「サウンドキャプチャー」に進みます。

20220628-tw-001

「サウンドキャプチャー」欄の「録音する」クリックすれば「PC内で再生されている音声」「MP3形式」で「PC内に保存」される仕組みになっています。

20220628-tw-002

「スペース」の音声を「録画」するには「配信が開始」した時点で、

20220628-tw-003

「らじれこ」「録音する」クリックして「録音中」に表示されていれば「録音」されています。

20220628-tw-006

「録音が終了」されたら、左メニュー「ライブラリ」を選択すると「サウンドキャプチャー~」なるファイル名「ラジオライブラリ」内に保存されている事が確認できます。

20220628-tw-007

今回は「保存されたファイル」「MP3形式」「iCloud」アップロードし、手持ちの「iPhone」「音楽プレイヤー」アプリで聴けるようにしてみます。

20220628-tw-008

「PC」から「iCloud」「アップロード中」。

20220628-tw-009

↓「iCloud Drive」「PC]「クラウド」「iPhone」で「同期」されている事が確認できます。

20220628-tw-010

これで「iPhone」で「PCで録音した音声」を「再生」できるようになります。

20220628-tw-011

こうした手法で「スペース」の「音声」を「録音」「持ち出し」する事が可能なのですが、「スペース」自体「相手のある個人的な会話」になりますので「相手の了承が必要」なのは言うまでもありません。

ましてや他の「SNS」や「ネットメディア」などに「アップロード」するのは「マナー違反」捉えられかねませんのでファイルの取り扱いにはじゅう分気を付けなければならないでしょう。


(参考書籍)




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】受信契約なしでも「NHK-BS」の「画面メッセージ」が一部の「ブルーレイレコーダー」で「録画」した番組では「非表示」になってしまう件


【情報共有】受信契約なしでも「NHK-BS」の「画面メッセージ」が一部の「ブルーレイレコーダー」で「録画」した番組では「非表示」になってしまう件

20220628-bs-messe-000

あくまでも役に立たない「豆知識」かも知れませんが・・・。

新しく購入した「テレビ」「ブルーレイレコーダー」では、「NHKのBSチャンネル」に合わせると画面下に「受信機設置のご連絡のお願い」メッセージ表示され続ける仕組みになっています。

このメッセージは、「NHKへ連絡すれば消える」だけの「話」ではありますが、自動的に「NHKにBSチャンネルが映る」事を知らせて「衛星契約を結ぶ」必要が発生します。

もちろん「以前のテレビ」「レコーダー」で「衛星契約」済みであれば新たに「契約が発生する」のではなく「NHK側にテレビが追加された」という連絡のみになりますので「余計に請求される」事はありませんので「安心」して下さい。

「NHK受信料」「テレビの台数」にかかるのではなく、「3台あろうが5台あろうが」台数に関係なく「1世帯」ごとの「契約」しか発生しない仕組みになっています。

しかしながら、一部の「HDD内蔵録画機能付きテレビ」や「ブルーレイレコーダー」「受信機設置のご連絡のお願い」メッセージを「非表示」で番組を視聴できてしまうという「バグ」?が報告されています。

(関連記事)



「Panasonic」製のレコーダーでは以前から「指摘」されていましたが他社製品でも「追いかけ再生」可能な機種でよくある「バグ」らしい?

ブルーレイレコーダー」以前の「DVD/HDDレコーダー」の時代から「Panasonic」など一部のメーカー製品で「録画した番組ではメッセージが表示されない」という「バグ?」「指摘」されてはいました。

その後「一時メッセージが表示」されるように「改善」されたと聞いていましたが、2022年に入り、メーカーにかからわず「録画した番組」と「追いかけ再生(録画中の番組をスタートから再生できる機能)だとメッセージが表示されない」という報告が出ているようです。

20220628-bs-messe-001

もっとも「メーカー」「機種」によるという話でもないようで、「同じシリーズ製品でも表示される・されない」と混在しているようです。

こうした「バグ?」的な問題「テレビ待機中に自動的にファームウェアの書き換えが行われる」ので「知らずのうちに対応されている」のかも知れません。


なお「PC用テレビチューナー」で「録画」した場合「受信機設置のご連絡のお願い」メッセージそのまま「録画」されてしまいますので、やはり「レコーダー」側の「気付かないバグ?」である可能性は高いのかも知れません。



新しく「テレビ」「レコーダー」など「買い替えた」際、試してみては?というあくまでも「豆知識」でした。


(参考製品)

(参考書籍)



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事(画像付)
カテゴリー
スポンサーリンク






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...