セガレの知恵袋

古物商開業支援・情報家電相談室「ディーエスエル」代表 【HN】PAWAKICHI(ぱわきち)の個人ブログです。

「情報」さえあればもっと「より簡単に・より便利に・よりリーズナブルに活用できるはず!」をモットーに「デジタル生活」の「情報の共有・検証・注意喚起」を、現役「古物商開業支援員・デジタル生活相談室」スタッフの目線から「情報共有・検証・注意喚起記事」を日々発信・更新しています。
トップ>>

【検証】楽天モバイルで「iPhoneSE(2020)」-無料通話アプリ「楽天Link」の設定


【検証】楽天モバイルで「iPhoneSE(2020)」-無料通話アプリ「楽天Link」の設定

20230225-rakuten-000

無料通話アプリ「楽天Link」「RakutenMINI」から「iPhoneSE」への「移行作業」は思いのほか簡単です。





(前の記事)



「iPhone」の場合「着信時」アプリに相手の番号が表示されないのでそのままかけ直すと通常の料金が発生してしまうので「注意」が必要

まずは「iPhoneSE」側に「楽天Link」アプリをインストールします。

20230125-rkink-001

Rakuten Link
Rakuten Link
開発元:Rakuten Group, Inc.
無料
posted withアプリーチ

ここで今まで「RakutenMINI」で使用していた「楽天会員ユーザID」で「ログイン」します。

20230125-rlink-003

契約している「電話番号」を入力する事により、「RakutenMINI」側の情報が自動的に「ログアウト」し、「iPhoneSE」側に「移動」します。

20230125-rlink-004

これだけの「手順」で「楽天Link」アプリの「引っ越し」は完了です。

「iPhone」で着信する場合、相手が「楽天Link」で発信していれば「楽天Link」アプリリンクで「着信」しますが、相手が「楽天リンク以外で発信」していると「iOS標準の通話アプリ」で「着信」されます

アプリの「引っ越し先」が「Android端末」なら「使い勝手」は変わらないのですが、「iPhone」の場合、若干「使い勝手」に「癖」があるので「注意」が必要です。

まず「楽天Link以外」「スマートフォン・ケータイ」からの「着信」「楽天Link」アプリ内ではなく iPhone純正の通話アプリ」のほうに表示されてしまいます。

20230125--rlink-006

そのため「着信を受けた画面からそのままかけ直す」「楽天Link」を通さないため、通常の「電話料金が発生(22円/30秒)」してしまいます。

20230125-rlink-005

なので「iPhone」使用時に限っては、面倒ですが、「楽天Link」に移動してかけ直す必要があります。

【SMS】受信は無料ですが、送信時は相手次第で有料の場合も

「SMS」でのやりとりについては、さらに「複雑な仕組み」になっています。

「楽天Link」→「楽天Link」(iPhone.・Android端末共通):「楽天Link」アプリ内で完結(無料)

「楽天Link」→「iPhone」:「iMessage」の設定が「オン」であれば(無料)で「iMessage」でやりとり

「楽天Link」→「Android端末」:相手側の「SMSアプリ」によりますが、基本的に「有料」
(全角70字あたり3.3円国内SMSの場合)が発生。


もっとも「SMS」の扱いについては「iPhone・Android端末」とも同様になります。

20230125-rlink-006
20230125-rlink-007

以上のように「SMS」送受信に関しては「複数のアプリに分散」してしまうので「非常に分かりづらい」仕組みになっているようです。

基本的に「SMS」の送受信については、他キャリア同様、「有料サービス」と割り切って考えています。


(参考記事)




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】楽天モバイルで「iPhoneSE(2020)」-「RakutenMINI」から「eSIM」移行手順


【検証】楽天モバイルで「iPhoneSE(2020)」-「RakutenMINI」から「eSIM」移行手順

20230120-rakuten-001

「楽天モバイル」で利用している「RakutenMINI」「画面割れ」してしまったので、手持ちの「SIM」の入っていない「iPhoneSE(2020)」移行する事にしました。

「RakutenMINI」が「eSIMのみ」、「iPhoneSE(2020)」「eSIM対応」なので「物理的SIM交換なし」変更できるとの事なので「移行作業」を「検証」してみました。

「楽天モバイルショップ」に持ち込んで「移行」する
という方法もありますが、基本的に有料サービスで「3,300円(税込)」かかる場合もあるようです。

自分で「移行作業」を行う場合も当初「3,300円(税込)」の費用が発生していたようですが、2023年1月24日現在「0円(無料)」で「移行手続き」ができました。

「eSIM」のみの移行であれば思いのほかスムーズ-あとは「iPhoneSE(2020)」との「相性」次第

「楽天モバイル」「iPhone」とは「着信音が鳴らない」、無料通話アプリ「楽天Link」との「相性」が「指摘」されている部分もありますので「メイン端末」としては「一抹の不安」はありますが「サブ機」として、とりあえず「カメラ代わり」「キャッシュレス決済」をメインに利用して「様子を見る」こととします。

20230123-esim-000

なお「eSIM」搭載の「iPhone」端末は、「iPhoneXR」以降の機種に限られます。

そのため、それ以前の「iPhone」では、残念ながら「eSIM」を利用できません。


「楽天モバイル」サイト側の作業

「楽天モバイル」
「eSIM」「iPhone」に移す際にまずはじめに行うのが、「楽天モバイルサイト側でのeSIM再発行」作業になります。

【手順】

「楽天モバイル公式サイト」アクセスして、「my楽天モバイル」に進みます。

20230124-rakuten-002

「楽天ID」ログインし、「my楽天モバイル」「三本線」メニューボタンクリック。

20230124-rakuten-001

「my楽天モバイル」の項目にある「契約プラン」をクリック。

20230124-rakuten-002

「契約プラン」が表示されるので、「各種手続き」をクリック。

20230124-rakuten-003

「手続きメニュー」が表示されるので「SIM再発行」をクリック。

20230124-rakuten-004


「交換メニュー」が表示されたら、「紛失・盗難」→「eSIM」→「再発行する」と進みます。

20230124-rakuten-005


「交換手数料」が「0円」であることを確認できたら、「次へ進む」をクリックします。

20230124-rakuten-006
20230124-rakuten-007


「申込内容確認」で次へ進むと、「マイページ」申込番号が表示されます。

20230124-rakuten-008
20230124-rakuten-010


「申込み確認」をクリックし、「準備中」になっていれば、「準備中」の表示をクリックします。

現在の「回線切り替えステータス」が表示されますので、手元に「iPhone」を用意して「開通手続きをする」をクリックします。

「再発行」された「eSIMのダウンロード用QRコード」が表示されます。

ここで「楽天モバイル」サイト側の作業」は終了です。

「iPhoneSE」側の作業

「楽天モバイルサイト」側で「eSIM再発行手続き」、「開通手続き」完了したら「iPhone」側の作業に入ります。

「iPhone」に新たに「eSIM」を追加していきます。

「設定」「モバイル通信」タップします。

20230124-rakuten-011

「モバイル通信プランを追加」タップします。

20230124-rakuten-012


「楽天モバイルサイト」に表示された「QRコード」「iPhone」読み取ります。

20230124-rakuten-013

「eSIMをアクティベート」というボタンが表示されるので「続ける」タップします。

ここで画面左上「Rakuren」電波表示がでてきたら「開通」成功です。

20230124-rakuten-014

とりあえずこれで「楽天モバイル」の「eSIM回線」を利用して「iPhone」での通信が可能になります。

次回は無料通話アプリ「楽天Link」インストールして「iPhone」での動作を確認します。


↓(次の記事)
「楽天Link」「SMS」の設定





ちなみに「楽天モバイル」の利用料金は「楽天ポイント」で支払う事も可能です。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】スマートフォンで「緊急防災速報」対応外キャリアでもアプリを使えば「通知」が可能です-「Yahoo防災速報」


【これは便利!】スマートフォンで「緊急防災速報」対応外キャリアでもアプリを使えば「通知」が可能です-「Yahoo防災速報」

20230122-bousai-000

「地震」「火山噴火」「水害」や「国防上の懸念」が話題になる昨今ですが、「ケータイ・スマートフォン」「災害速報」は当然すべての「端末」に搭載されている機能なのかと思いこんでいたところ、「iPhone」「Android端末」とも各「ケータイキャリア」や「MVNO(格安スマートフォン)」「MNOのサブキャリア」の契約内容によっては「非対応」な場合もあるようです。

「地震・津波・豪雨・熱中症・国民保護情報」なども「端末」「キャリア」に依存せず利用できます

では「対応外キャリア・端末」ではこうした「災害速報」が利用できないかと言うとそうではなく、「iPhone」「Android端末」とも「災害速報アプり」がいくつか「公開」されていますので気に入ったアプリを「ダウンロード」して「速報通知」を「有効」にする事が可能です。

今回は個人的にインストールしている「Yahoo防災速報」アプリでその機能を「確認」してみます。

Yahoo!防災速報
Yahoo!防災速報
開発元:Yahoo Japan Corp.
無料
posted withアプリーチ

他のアプリでも採用されている機能ではありますが、「地震速報」だけでなく、「津波」「豪雨」「河川洪水」はたまた「国防上の国民保護情報(ミサイル発射など)」にも「対応」されているとされています。

20230122-bousai-004

また「位置情報」を「登録」しておく事により、「最寄りの避難所を検索」する事も可能なようです。

20230122-bousai-002

また「設定時」に「見落とし」がち「マナーモード中だと速報音声が鳴らない」という機能も「許可」にしておかないと「速報」として「あまり意味がない」ケースもありますので「確認」しておきましょう。

20230122-bousai-003

もっともこうした「速報機能」「先の大震災時に機能しなかった」とか「国防上の情報が事後発報」など「情報の信頼性が問われる問題」を指摘されがちではあるようですが「用意しておく」に越した事はないでしょう。


(参考製品)


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...