セガレの知恵袋

「ITライフハックマスター 」AI和泉(旧ぱわきち)が生活に役立つIT・通信・放送に関する情報をわかりやすく「情報共有」するブログです

「ITライフハックマスター」 AI和泉(旧ぱわきち)です。情報家電業界で40年以上の経験を持ち、消費生活アドバイザーやテレビ地デジ化推進業務なども行ってきました。この時代を生きる人に役立つIT・通信・放送に関する情報をわかりやすくお届けします。私の目標は、新時代のインフラやデバイス、ガジェットの仕組みや最新話題を「情報共有」してもらうことです。
トップ>>

【情報共有】有機ELテレビの「5年寿命説」-初期製品の不具合が報告され始めているようです


【情報共有】有機ELテレビの「5年寿命説」-初期製品の不具合が報告され始めているようです

20240508-el-000

家電量販店の店長である後輩の話によると「有機ELテレビの画面の焼き付き」などの不具合が多発しているとの事らしいです。

考えられる原因として、かつての「プラズマディスプレイ」の問題に似た、仕組みとしての液晶テレビのバックライトによる画面表示に比べて、ブラウン管の仕組みを元にした「自発行」のため「静止部分の焼き付け」が発生する事がある点。

もっとも現行で販売されている「有機ELテレビ」についてはこのあたりの問題が改善されているらしいのですが、不具合が報告されている製品の多くが、4K8K対応テレビが普及し始めた、2017~2019年頃市場に出回った「製造から5年以上経った製品」にこうした問題が見られるようです。

仕組み上「画面焼き付け問題」は完全には避けられないのかも。ミニLEDという選択肢もありますが

2024年5月8日現在、テレビ選びにおいて、「液晶テレビ、有機ELテレビ、ミニLEDテレビ」3種類が主流となっています。

それぞれの特徴、メリット、デメリット、製品寿命、長持ちしない理由などを比較し、今後、ニーズに合ったテレビを購入するため参考となりそうな情報をまとめてみました。


【有機ELテレビ】


【メリット】

・「高コントラスト」 自発光のため、真の黒を表現できる(白と黒のコントラストが非常に高く、メリハリのある映像)
・「広視野角」 斜めから見ても色やコントラストが比較的変化しにくい
・「薄型パネル」液晶テレビやミニLEDテレビと比べて、薄型で軽量 バックライトが不要で、スリムなデザインが可能
・「応答速度が速い」 動きの速い映像でもクリアな表示を再現

【デメリット】

・「価格が高い」 製造コストが高く、価格が液晶に比べて高価
・「画面焼け」 長時間同じ画像を表示し続けると、画面に残像が残ることがある
(近年の有機ELテレビは、焼き付き対策が強化されているそう)

【製品寿命】

使用環境や使い方によって異なりますが、一般的に有機ELテレビの製品寿命は約5年~7年と言われています。


液晶テレビ



【メリット】

・「低コスト」 製造が容易で、一般的に他のタイプより安価
・「明るいディスプレイ」 明るい環境でも見やすい
・「広い視野角」色の変化が少なく、多角度から見てもクリアな画像を提供

【デメリット】

・「コントラストの限界」 黒が完全に暗くならず、灰色がかることがある
・「応答速度」 有機ELに比べて動きのあるシーンで残像が残りやすい
・「製品寿命」 約6万時間と有機ELテレビやミニLEDテレビと比べて、製品寿命が長い傾向がある
・「価格が安い」 3種類のテレビの中では最も安価な選択肢と言えるでしょう
・「省電力」 有機ELテレビやミニLEDテレビと比べて消費電力が低い
・「明るい画面」 高い明るさを実現し、明るい部屋でも見やすい画面
・「広い視野角: 斜めから見ても色やコントラストが比較的変化しにくい
・「製品寿命が長い」約10年~15年: 使用環境や使い方によって異なりますが、一般的に液晶テレビの製品寿命約10年~15年と言われています。

【デメリット】

・「黒色表現」 有機ELテレビやミニLEDテレビと比べて、黒色が浮いてしまう場合があります。
・「コントラスト」有機ELテレビやミニLEDテレビと比べて、コントラストが低いです。
・「応答速度」 有機ELテレビやミニLEDテレビと比べて、応答速度が遅く、動きの速い映像が少しぼやけて見える場合があります。
・「厚みがある」けっこう健闘してはいますが、 有機ELテレビやミニLEDテレビと比べると、厚みを感じます
・「焼き付き」有機ELテレビほどではありませんが、長時間同じ画面を表示し続けると、画面に焼き付きが発生する場合がある(10年以上使用している液晶パネルでは顕著に感じます)

・「バックライトの劣化」 液晶テレビは、バックライトの劣化によって画面が暗くなったり、色味が変わったりすることがあります

・「コンデンサの劣化」 コンデンサは経年劣化によって容量が低下し、電源回路が不安定になることがあります。

・「パネルの劣化」 長時間同じ画面を表示し続けると、パネルが劣化して焼き付きが発生することがあります。

ミニLEDテレビ

液晶テレビと有機ELテレビの良いとこ取り。

液晶テレビの明るい画面と省電力、有機ELテレビの優れた黒色表現とコントラストを両立

【メリット】

・「高い輝度とコントラスト」 ローカルディミングにより、細かい光の制御が可能
・「均一なバックライト」 ミニLEDは均一な照明を提供し、画質を向上させます
・「薄型:」有機ELテレビと比べて、比較的薄型

【デメリット】

・「コスト高」:新技術のため、生産コストが高くなりがちなのは否めません
・「技術的な複雑さ」 製造が複雑で、大量生産が難しい
・「製品寿命」 ミニLEDの寿命に関する具体的な情報は限られていますが、液晶テレビと同等またはそれ以上と推測されているようです
・「価格が高い」まだ量産体制が整っていないため、液晶テレビ、有機ELテレビよりも高価 

これらのテレビタイプはそれぞれ利点と欠点があり、選択は視聴環境や予算、好みによって異なります。

寿命に関しては、使用環境や画面の明るさ設定、表示内容などによっても大きく変わるため、メーカーの指定する寿命はあくまで目安となります。

また、新しい技術の進歩により、これらの数値は変化する可能性があります。

テレビの設定によって非表示にできる機種もありますが、「時間表示」「チャンネル表示」が焼き付く場合もあるようです。

我が家では「TVゲーム」を利用していませんので未検証ですが、ゲーム画面の背景画像が焼き付くケースもあるそうです。

いずれも「ブラウン管」時代のテレビからすれば「テレビ自体の寿命は短く」なっている傾向があるようです。


以上、参考になれば幸いです。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】「Fire TV Stick」を使用してTV端子がない場所で「地上波・BS・CS放送」を視聴する-「Diga」を親機にDLNA環境構築


【検証】「Fire TV Stick」を使用してTV端子がない場所で「地上波・BS・CS放送」を視聴する-「Diga」を親機にDLNA環境構築

20240506-dixim-000

テレビを設置したいが、部屋に「TV端子」がない、もしくは何らかの事情で「チューナーレステレビ」や「HDMIモニター」などで、地上波、およびBS・CS放送を視聴したい場合、「Fire TV Stick」を使用して、別の部屋のテレビチューナー・HDD内の「録画・リアルタイム視聴」が可能である事が「検証」できました。

有料アプリが必須ですので「お試し版」で動作を確認してから導入したほうが無難でしょう

今回は、ブルーレイレコーダーPanasonicDiga内の映像を、別部屋の「Fire TV Stick」を接続したテレビで「録画・リアルタイム」で視聴した経過を「情報共有」します。

↓PanasonicDigaのHDD内の録画一覧

20240506-dixim-001

「Fire TV Stick」側では「Amazonアプリストア」から「DiXiM Play FireTV版」をダウンロード→インストールします。

20240506-dixim-002

「Amazonアプリストア」では、アプリ選択画面に表示されませんので、検索窓に「DiXiM」と入力し、検索します。

20240506-dixim-004

以下のように「DiXiM Play Fire TV版」が表示されましたらインストールします。

20240506-dixim-005

ちなみにこのアプリを提供元である「デジオン」は、主に国内でゲーム関連のアプリを開発しているそうで、「課金」としても安全だという評判です。

20240506-dixim-006

Wi-Fi環境や使用機器により、正常に動作できない可能性もありますので、とりあえず、「お試し」動作を検証してみます。

20240506-dixim-007

「お試し」では、1番組1分間視聴可能です。

20240506-dixim-008

再生前に以下の「課金を促すメッセージ」が表示されますが、動作確認だけなら、1日何回でも試用可能です。

20240506-dixim-009

まず、DNLA接続されている機器一覧が表示されますが、我が家の機器で「リアルタイム視聴」が可能なのは、PanasonicDigaだけでした。(その他機器では録画番組は視聴できました)

20240506-dixim-010

メニューHDD→すべてを選択すると視聴可能な録画一覧が表示されますので観たい番組を選択します。

20240506-dixim-011

「お試し視聴(1分)」が開始します。

20240506-dixim-012

「リアルタイム視聴」はメニューに戻り「チューナ」を選択します。

20240506-dixim-013

地上波、BS、CSそれぞれから観たいチューナーを選択

20240506-dixim-014

視聴したいチャンネルを選びます。

20240506-dixim-015

若干、タイムラグが気になるものの、ちゃんと視聴できました。

20240506-dixim-016

DNLA機器の組み合わせにも左右されるのかも知れませんが、我が家の環境では「一時停止・早送り・早戻し」にも対応されているようです。

「お試し」「これは使えそう」と思えるのであれば個人的感想として「有料課金」しても損はしない機能かと思われます。

↓利用料金




(参考製品)






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】スマートフォンで生成AI「Google Gemini」機能を使う方法


【情報共有】スマートフォンで生成AI「Google Gemini」機能を使う方法

20240502-gemini-000

OpenAIのChatGPT,MicrosoftのCopilotに続く生成AIのひとつ、GoogleのGemini(旧Bard)が、2024年5月1日より、スマートフォンアプリ版が使用可能になっているようですが、対応される端末のOSが「Android14」以降、とかなり限られた条件のようです。



PC・スマートフォン関連の雑誌やネット記事によると、iPhoneAndroidの以前のバージョンでは「Googleアシスタント」経由でGeminiの一部機能を使えると言うアナウンスがされていますが、機能が理解しにくく「イマイチ使い勝手に難」がありそうです。

専用アプリの利用条件が限られるので,iPhone・Androidとも「ブラウザ経由」が現実的でしょう

Google Gemini
Google Gemini
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ
しかし、iPhone、iPadであれば「Safari」Androidなら「Chrome」Fireタブレット「Silk」ブラウザなどで「Gemini-Web」Googleアカウントでログインする事により、モバイル端末上で、Geminiの機能のほとんどが使用可能になるようです。(すべてを確認できたわけではありませんので悪しからず)


【利用方法】

1.それぞれの端末で「Safari」「Chrome」「Silk」などのブラウザを開きます。

2.https://gemini.google.com/app/0cdd4cce6d9de88cにアクセスします。

20240504-gemini-001

3.Googleアカウントでログインします。

20240504-gemini-002

あとは、画面の指示に従って、Gemini Webを利用します。


20240504-gemini-003

ただし、この手法は、あくまでも2024年5月3日時点の情報であり、今後変更される可能性はあるかも知れません。

Webベースの機能になりますのでの利用には当然インターネット接続が必要です。

また、一部の機能は、日本語に対応していない場合があります。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...