セガレの知恵袋

「ITライフハックマスター 」AI和泉(旧ぱわきち)が生活に役立つIT・通信・放送に関する情報をわかりやすく「情報共有」するブログです

「ITライフハックマスター」 AI和泉(旧ぱわきち)です。情報家電業界で40年以上の経験を持ち、消費生活アドバイザーやテレビ地デジ化推進業務なども行ってきました。この時代を生きる人に役立つIT・通信・放送に関する情報をわかりやすくお届けします。私の目標は、新時代のインフラやデバイス、ガジェットの仕組みや最新話題を「情報共有」してもらうことです。
トップ>>

【検証】古いFMラジオで「ワイドFM」が聴けるのか?


【検証】古いFMラジオで「ワイドFM」が聴けるのか?

20240629-fm-000

「ワイドFM(Wide FM)」とは、AM放送の難聴対策や災害対策のために、従来のFM放送用の周波数(76MHz~90MHz)に加えて、新たに割り当てられた周波数(90MHz~95MHz)を用いてAM番組を放送するものです。

本来は、ワイドFM対応ラジオを新たに購入、もしくは、古いFMラジオに外付けワイドFMチューナーを追加して聴く必要があると公式にはアナウンスされていますが、一部のラジオでも何とか聴く事ができましたので「検証」結果を共有します。


FM周波数90MHz~95MHzに対応している、かつアンテナ調整が可能な機種であれば聴ける事も確認できています

今回、ワイドFM聴取が確認できたのは、2011年3.11の震災を受けての「計画停電」時に重宝した、SONY製ICF-B01という、乾電池、手回し充電可能なポータブルラジオ。

20240630-fm-001

20年ほど前の製品なので当然「ワイドFM」には対応されてるとの明記はありませんが、アナログテレビ時代に「1ch~3chが聴ける」という、90MHz以上の周波数帯をカバーしているので何とかなりそうです。



我が家の受信環境(神奈川県横浜市内でポータブルラジオ使用)では、民放AM各局放送が非常に弱く、室内ではNHKでさえ聴こえにくい上、某国の宣伝放送が出力を上げる時間帯にはラジオが役に立たない事もあります。

そんな中、ワイドFMとして、TBSラジオ:90.5MHz、文化放送:91.6MHz、ニッポン放送:93.0MHzが聴こえさえすれば役にたちそうです。

ところが、このSONY製ICF-B01では、周波数目盛りが「90、テレビ1,2,3ch」の表示しかありません。

おそらくこのあたりにワイドFMの周波数を合わせれば、聴こえるかと思い合わせてみると・・・。

20240630-fm-002

無事、TBSラジオ:90.5MHz、文化放送:91.6MHz、ニッポン放送:93.0MHzあたりで聴こえるようです。

ちなみにこのラジオにはAM放送にも対応しているので、それぞれAMでの元放送も聴く事が可能なのですが、当然、ワイドFMの方が「クリアな音質で安定して聴く事」ができるようです。

さらに、このSONY製ICF-B01は、アンテナ調整が可能な機種ですので、場所によってアンテナの向きを変えるなど調整を行えば、より安定したラジオ聴取ができそうです

20240630-fm-003

↓各地域の「ワイドFM周波数」については、総務省公式サイトに記載されています。


災害時対策としてこうしたポータブルラジオの購入を検討しているのであれば、今一度手持ちのポータブルラジオを確認してみても良いかもしれません。

ただし、けっこう古い規格のラジオなので「手回し充電」が可能なものの、スマートフォンなどの「USB電源には非対応」なので、単純に「ラジオ用電源」にしか使えませんが・・・。


(参考製品)



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】YouTube動画の音声をテキスト化できるChromeブラウザ拡張機能-「YouTube文字起こし」


【検証】YouTube動画の音声をテキスト化できるChromeブラウザ拡張機能-「YouTube文字起こし」

20240628-moji-000

YouTube動画の文字起こしは、Chromeブラウザであれば「拡張機能」で対応可能です。

保存したいテキストはコピー&ペーストして二次利用も可能です

YouTube動画をテキスト化するのに便利なのが「YouTube文字起こし」なる拡張機能。



他の拡張機能同様、「Chromeウェブストア」から入手できます。

Chromeブラウザ上で「拡張機能アイコン」をクリックし、「有効」にする必要があります。
20240628-moji-001

拡張機能が有効の状態で、YouTube動画を再生すると、ブラウザ画面右側の「YouTube Transcript」の下に「文字起こし」された状態で表示されます。

ただし、「読み間違え」「誤字」などがところどころ散見されるのはご愛敬と割り切りべきでしょう。

20240628-moji-002

↑表示されたテキストは「範囲を選択→コピー→ペースト」もできますので、メモ帳Googleドキュメントなどに貼り付け「二次利用」する事も可能です。

このようにとても便利な機能なのですが、けっこう動作が重くなってしまうのが残念なところです。

もっとも「Wi-Fi」など環境に左右されるのかも知れませんが・・・。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】スマートフォンカメラで「赤外線リモコン」が故障しているかどうかを判断する方法-iPhone、Android端末で確認


【検証】スマートフォンカメラで「赤外線リモコン」が故障しているかどうかを判断する方法-iPhone、Android端末で確認

20240626-remo-000

エアコンのリモコンを何度押してもエアコンがうんともすんとも動かないとき、「もしや室外機の故障?」と焦ってしまいがちですが、リモコンだけ不具合が発生しているケースも考えられます。

とりあえずは冷静になって、何が壊れているのか?を確認してみましょう。

1.エアコン本体の強制運転ボタンを押すと動く→ エアコンはこわれていない

2.リモコンの電池を入れ替えても動かない→電池ではない

3.リモコンのリセットボタンを押して再設定 → 動かない

4.リモコンかエアコン受光部の故障を疑う

とりあえず、リモコンかエアコンの受光部が悪いのかを、手持ちのスマートフォンで確認できる方法があります。

この方法は赤外線リモコンでは有効ですが、赤外線ではないRFリモコンでは対応外のようです

エアコンのリモコンに限らず、赤外線ランプを使用したリモコンの故障は、じつはカンタンに見分けられます。

20240626-remo-001

リモコンをにスマートフォンのカメラを向けて(なるべく暗いところで)、適当なボタンを押します。

20240626-remo-002

目には見えない赤外線もカメラだと映る仕組みを利用します。

リモコンから電波(赤外線)が飛んでいるのか?、カメラモニターに「赤外線ランプが点灯」していることが確認できれば、リモコンが正常に動作しています。

20240626-remo-003

この確認方法は「照明」や「BDレコーダー」のリモコンでも有効でした。

20240626-remo-004

注意点としては、この方法は赤外線を使用した製品で幅広く使える裏ワザですが、赤外線ではないRFリモコンでは対応外になります。

また、直接光を見ないように、スマホはインカメラに向けた方が良いようです。


(参考製品)




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...