セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

【注意喚起!】意外と使われていない「iPhoneを探す」機能を検証


【注意喚起!】意外と使われていない「iPhoneを探す」機能を検証

lost-iphone

「スマホをよく忘れる」「無くす」という話をよく聞きますが「スマホはお財布と同じ個人情報がつまったもの」です。

もしうっかり「紛失」してしまって「悪意のある人物」の手に入れられたら「口座からお金わ引き出されたり」「知人の個人情報」などが漏洩してしまったりする恐れ否定できませんので、それなりの「対策」を取らねばなりません。

幸い「iPhone」の場合、標準で「iPhoneを探す」機能が付いているのですが、意外とその機能を理解されていないケースが散見されますのでおさらいしてみましょう。


↓スマホ端末が「Android」の場合、以下の手順で探す方法もあります。


「便利機能」である事は確かではありますが「まずキャリアに連絡して利用をストップしてもらう」のが先決でしょう
「iPhone」の場合、同じ「Apple ID」の端末であれば「iCloud」ネットワーク内で繋がっていますので「電源が入って」「GPSにつながっている」前提で、「位置情報の確認」「端末ロック」の機能が利用できます。

「PC」からの場合、「ブラウザ」「iCloudサイト」にアクセスし「Apple ID」を入力すると。



find-iphone-001

「iPhoneを探す」というアイコンをクリックすると、「端末の現在地」がMAPで表示され「位置情報の確認」「端末ロック」の機能が利用できます。


find-iphone-002


「iPhone端末側」での操作は「iPhoneの設定」→「自分の登録名」をタップ


find-iphone-003

find-iphone-005

「探す」→「iPhoneを探す」の画面で「オン」になっているのが基本ですが、もし「オフ」になっていたらこの機能は「無効」になってしまいますので「オン」にしておきましょう。

find-iphone-004

この設定がなされていれば「現在繋がっているApple端末が全部表示されます」ので、「探したい端末のアイコンをタップ」します。

find-iphone-006

↓すると、「端末の現在地」が表示されます。

find-iphone-007

もし近く(例えば家の中)にあれば「サウンドを再生」すれば「音」で見つける事も可能ですので「再生」「通知」は「オン」にしておきましょう。

find-iphone-008

もし見つかって「端末の現在地」は判明したとしても「安心はできません」。

見つける前に「誰かに持ち出される」前「紛失としてマーク」して「端末をロック」し、契約している「ケータイ会社」に「現状の連絡」をして「一時停止の措置」を取ってもらう方が面倒ですが「無難」かと思われます。

ケースによっては「警察」に「紛失届」を出す必要があるかも知れませんね。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】行方不明のAndroid端末を探すーGoogleアカウントで「端末を探す」方法


【これは便利!】行方不明のAndroid端末を探すーGoogleアカウントで「端末を探す」方法

lost-android

外出中はもちろん、自宅の中でも「スマホ」を置きっぱなしにして「行方不明」になる事もけっこう多いと思います。

そんなときまず思いつくのは別の電話機で「自分のスマホの電話番号にかけてみる」という方法。

これで見つかれば良いのですが、すぐ身近にない場合心配になりますよね。

スマホ自体が「iPhone」であれば「iPhoneを探す」機能が一般的に知られていますが、端末が「Android端末」の場合どうでしょう。



「iPhone」ではおなじみの機能ですが「Android端末」でも「Googleアカウント」に紐付いて探す事が可能です

ところがあまり積極的にアナウンスされていないようですが「Android端末」の場合、「Googleアカウント」を紐づけている事が前提ですが「GoogleのGPS機能」を利用して「スマホアプリ」かPCの「Webブラウザ」から探す方法があります。

この機能を利用するためには、あらかじめ「スマホ」側の設定を確認しておく必要があります。



find-and-001

端末の「設定」から「セキュリティー」→「デバイスを探す」と進みます。


find-and-002

基本的に「デバイスを探す」が「オン」になっているはずなのですが、もし「OFF」になっていたら「ON」にしましょう。

find-and-003


「Androidデバイスを探す」方法として「Google Play」からアプリをダウンロードする方法「デバイスを探す」で検索してサイトを開きます。





find-and-004



端末を探す
端末を探す
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ
「Googleアカウント」が同じ端末であれば「すべての端末が表示」されますので、探したい端末を選択して探します。

探した結果は「端末の音を鳴らす」「Googleマップで場所を表示」できる他、「デバイスを保護」で「端末をロック」する機能がありますので「まずは使えないようにロックしておく」のが先決でしょう。


find-and-005

ただ、ロックしたからといって「完全に安心」というものでもなく、「念のため携帯キャリア側に連絡して、根本的にサービス停止」してもらったほうが安心でしょう。

ただし「Androidベース」の端末として、Amazonの「FireHD」がありますが、この端末には対応していないようです。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】Apple純正イヤホン「EarPods」の「音漏れ防止」「低音強調化」をかんたんに「改造」する


【検証】Apple純正イヤホン「EarPods」の「音漏れ防止」「低音強調化」をかんたんに「改造」する

earpods-000

「在宅ワーク」での「オンライン会議」「テレビ収録などのリモート出演時に多く使用されている」Apple純正イヤホンである「EarPods」ですが「オンライン通話に気軽に対応できる」「有線イヤホンながら」も好評価されています。

反面、Appleらしいスタイリッシュな仕上がりな分「使い勝手が悪い部分」があるのも事実。

特に有線でありながら「高音域が高い」はよいのですがかえって「キンキン」するのが気になったり「音漏れ」がけっこう気になるのも「形状上致し方ない」ところでしょう。


そこで、Apple純正イヤホン「EarPods」「分解することなく」できるお手軽な改造で、「装着感」や「音漏れを改善」「低音強調化」する方法を紹介しましょう。


APPLE 純正 イヤホン アップル 3.5mm ミニプラグ iPod iPhone iPad 本体標準同梱品 EarPods with 3.5 mm Headphone Plug 純正品 MD827LL/A (MD827ZM/B MD827FE/A同等品)
by カエレバ



Apple純正イヤホンを分解することなく「装着感」や「音漏れ」を改善するできるお手軽な改造方法です


「EarPods」は、穴を「絶縁ビニールテープでふさぐだけ」で驚くべき変化が現れます。

「カスタマイズ改良」の方法は至極簡単。前面の穴にビニールテープを貼るだけです。

earpods-001


まず「音漏れがかなり減少される」ので電車内でも安心です。

さらに、穴を塞ぐことで「低音が強調」されます。

こうした「音質」につては、多少好みが分かれる部分でしょうが、「音声通話」「radiko」「ポッドキャスト」などを聴くには「高音がキンキンし過ぎずよりリアルに聴こえる」ように感じました。


earpods-002


しかも、例え「音質」が気に入らなくても「テープを剝がすだけで元に戻る」ので、お気軽に「試してみる」ことが可能なのも注目すべきところでしょう。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...