セガレの知恵袋

古物商開業支援・情報家電相談室「ディーエスエル」代表 【HN】PAWAKICHI(ぱわきち)の個人ブログです。

「情報」さえあればもっと「より簡単に・より便利に・よりリーズナブルに活用できるはず!」をモットーに「デジタル生活」の「情報の共有・検証・注意喚起」を、現役「古物商開業支援員・デジタル生活相談室」スタッフの目線から「情報共有・検証・注意喚起記事」を日々発信・更新しています。
トップ>>

【検証】「Fire TV Stick」で「カラオケ」を楽しむ-「カラオケ@DAM」アプリ


【検証】「Fire TV Stick」で「カラオケ」を楽しむ-「カラオケ@DAM」アプリ

20221102-dam-000

家庭用のテレビ「通信カラオケ」を利用する方法は、割と歴史が古く、2011年前後から「アクトビラ」という「デジタルテレビ共通サービス」(現在はサービス終了)から始まり、任天堂「Wii」などの「TVゲーム機」で「カラオケ」を楽しまれているお宅も多いと思います。

じつは、Amazonのスマートデバイス「Fire TV Stick」でも別途「アプリ」をインストールする事により、「通信カラオケ」を利用する事が可能です。

「Fire TV Stick」でも別途「アプリ」をインストールする事により、「通信カラオケ」を利用する事が可能です

「Fire TV Stick」では、カラオケボックス「DAM(ダム)=第一興商」「カラオケ@DAM」というアプリが対応されています。

20221105-dam-001

「カラオケ@DAM」アプリは「Fire TV Stick」「ホーム画面」「アプリ一覧」から「選択」して「インストール」して利用する事が可能です。

20221105-dam-002

20221105-dam-003

「画面内のガイド」に従って「選曲」「音程のキー変更」など割と「直感的」に使える感じです。

20221105-dam-004

「Fire TV Stickリモコン」での操作を覚えてしまえば、「カラオケボックス」「デンモク端末」感覚で使用できる印象です。

20221105-dam-005

「歌唱するには課金」880円(税込)/月「歌い放題」の契約する必要はありますが、文字通り「通信カラオケ」でさらに「DAM」ならではの「楽曲数」が豊富ですので「カラオケ歌唱の練習」には「文句ない出来」「愛用」できています。

なお、「画面にこだわらない」というのであれば「iPhone・iPad・Android端末」向けに「DAM」アプリが公開されていますので、「スマートフォン・タブレット端末」でも「カラオケ」を楽しめます。



デンモクアプリ
デンモクアプリ
開発元:DAIICHIKOSHO CO.,LTD
無料
posted withアプリーチ

(関連記事)




(関連製品)

家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品レビュー】キャンドゥの330円「Bluetoothリモコンシャッター」は使えるのか?


【製品レビュー】キャンドゥの330円「Bluetoothリモコンシャッター」は使えるのか?

20221102-cando-000

「スマートフォン」カメラ機能を使って「自撮り動画」を撮る際、「リモコンシャッター」があれば便利かと考えていたところ、「キャンドゥ」「Bluetoothリモコンシャッター」なる製品が「330円(税込)」で販売されていたのを発見。

パッケージには「動画」に対応されているのか「明記」されていなかったのでちょっと迷いましたが「330円」なので「自撮り写真」にも使えそうなので、「動画撮影」には「ダメもと」で購入してみましたので「製品レビュー」してみます。

「静止画」では「実用レベル」かつ「iOs16」では「動画撮影」にも対応できました

対象「スマートフォン」「iPhone」では「iOs16」から、「Android」では「バージョン4.3」以降に対応されているようです。

20221102-cando-001

「電源」はボタン電池「CR2032」「ダイソー」などでも手に入る製品で、「常時電池消費」されているわけではなく「シャッターボタン使用時」のみ「電池使用する」タイプのようで「けっこう電池持ちが良さそう」です。

20221102-cando-002

まず、「スマートフォン」側「設定」「Bluetooth」を「ペアリング」させます。

20221102-cando-003


20221102-cando-005

このデバイスは「CW Shutter」という「名称」で「認識」されますので、「デバイスが表示」された時点で「ペアリング」を完了させれば「使用可能」になります。

20221102-cando-006


20221102-cando-007

「使用方法」は単純に「スマートフォン」のカメラ機能をあらかじめ「カメラ側で操作」しておいて、「シャッター操作」のみを、この「リモコン」で行う仕組みです。

20221102-cando-011

↓手持ちの「iOs16」にアップデートした「iPhoneSE(2020)」で「実機検証」してみたところ、「静止画撮影」時の「シャッターのリモート操作」」、「動画撮影」時の「撮影開始」「撮影終了」の操作有効である事が確認できました。

20221102-cando-008


20221102-cando-009


20221102-cando-010

ところが「Android11」「SHARP AQUOS sense 4」で「検証」したところ「静止画撮影」の場合でも「シャッターの反応が不安定」だったり、「動画撮影」については「操作対象外」のようでした。

「Android」端末の場合、どうも「機器により相性がある」ようです。


(参考製品)

家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【トラブル解決!】iPhoneを「iOS16」にアップデートしたら「バッテリーの減り」が早くなったと感じた時-試してみるべき2つの方法


【トラブル解決!】iPhoneを「iOS16」にアップデートしたら「バッテリーの減り」が早くなったと感じた時-試してみるべき2つの方法

20221102-iphone-000

愛用している「iPhoneSE(2020)」「iOs16」アップデードしたところ、「バッテリー消費」が早く感じられるようになりました。

この「SE(2020)」については「音声SIM」は利用せず、あくまでも「写真」「動画撮影」「Web会議」用の「サブ機」として「オフライン」「Wi-Fi」環境下でしか使用しておらず、「LINE」「ポケモンGO」など「バッテリーを激しく消耗するアプリを入れていない」はずなのですが・・・。

「OSアップデート」時に自動追加された「不要」な「常駐機能」をオフにする方法です

今回の「iOs16」のアップデートでは、どうやら「新機能」として、「常駐ウィジットの機能強化」と「触覚フィードバック」という「キーボード入力」時に「振動する」機能が追加されており、「バッテリー消費」の原因となっているようです。

この「2つ」の「新機能」「設定」を変更する事で「多少ではあるもののバッテリー消費を軽減できる可能性」「Appleのサポートページ」でも「提示」されているようです。

「1」ウィジェットを削除する

「iOs15」から標準搭載
されている「ウィジェット機能」では、「常にバックグラウンドでアプリが起動」しているため、当然「バッテリー消費」し続けています。

このため、少しでも「バッテリー消費を節約」したいのであれば、「ロック画面(およびホーム画面)」「ウィジェットを表示を減らす」という方法も「有効」のようです。

20221103-ios16-001

「ウィジェット」「削除」したい場合、「ロック画面を長押し」して「カスタマイズ」をタップ。

20221103-ios16-002

「ウィジェットボックス」タップし、削除したい「ウィジェット」の左上にある[−]マークをタップする事で「常時起動しているウィジットを減らす」事ができます。

20221103-ios16-003


「2」キーボードの触覚フィードバックをオフにする

「iOs16」
からの「新機能」として、「触覚フィードバック」という「iPhoneのキーボード入力時に音が鳴る」代わりに、「指に振動が伝わることで、入力したことをはっきり感じられる」機能が追加されています。

この機能「バッテリー持続時間に影響を与える可能性がある」「Appleのサポートページ」に明記されています。

どの程度「バッテリーを消費」するかの詳細は「明示」されてはいませんが、「バッテリーを節約したい」のであれば、この機能を「無効」にするという方法もあります。

20221103-ios16-004

「ホーム画面」「設定」アイコンから 「サウンドと触覚」と進み。  

20221103-ios16-005

「キーボードのフィードバック」を選択します。

20221103-ios16-006

「キーボードのフィードバック」内の「サウンド」「触覚」それぞれの項目を「オフ」にします。

20221103-ios16-007

これで「触覚フィードバック」機能が「無効」になり、幾分かは「バッテリー消費」を防げるようです。

もっともこのあたりの「感覚」は「人それぞれの実感」によるところが大きいかも知れませんが「バッテリー消費が気にになる」場合に「試してみる」価値はあるかも知れません。


(参考書籍)


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事(画像付)
カテゴリー
スポンサーリンク






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...