セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップスマートテレビ4Kテレビ)>「4Kテレビ」なのに「画質が期待外れ」なケースが多い理由-初期の「格安4Kテレビ」に多い評判

「4Kテレビ」なのに「画質が期待外れ」なケースが多い理由-初期の「格安4Kテレビ」に多い評判


「4Kテレビ」なのに「画質が期待外れ」なケースが多い理由-初期の「格安4Kテレビ」に多い評判

4K-hd-002

2019年8月19日の「朝日新聞」で、「4K放送 画面暗い?」という記事が掲載されましたが、2018年の「格安4Kテレビ発売ラッシュ」時から指摘されていた問題が、「4Kテレビ」の普及で一気に露呈してきたものかも知れません。




輝度(画面の明るさ)など「コスト面に課題?」という指摘も
当時発売されていた「格安4K」モデルのテレビを購入した人の意見として、「4K番組は確かに綺麗だが、地デジ、BS コンテンツの輝度が白っぽく粗い感じがする」というもの


これは、コスト面の問題で、「4K画質」には対応しているものの、「地デジ、BS のアップコンバート」機能が省略されている製品も少なからず販売されていたという噂。
ちなみに、修理を依頼しても「仕様ですから」と「画面交換」等に応じてくれないケースもわりとあるとの話でしたが、その後生産された製品についてはあまりそういう話は出てこないようなので、その辺、解決した製品が出回っている、という事でしょう。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...