セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

2021/02

【注意喚起!】FBで「シェア」しては「危険!」とうわさの「投稿記事」とは?

【注意喚起!】FBで「シェア」しては「危険!」とうわさの「投稿記事」とは?

shae-000

最近、周りの人々から「Facebook(フェイスブック)」で「投稿記事」を「シェア」しようとしたところ、「本当にシェアしてもよろしいでしょうか」なる「警告」とも思われるメッセージが表示されるとの「相談」を受けるようになりました。


↓個人的には、過去「Twitter」で「怪しい自動フォロー返しツール」を使用した際に「警告」もなしに「いきなりアカウント停止」をくらった経験はありましたが、「Facebook」で初耳です。



「無料」で使えるサービスの「宿命」として運営側の事情もあり「致し方ない」ところかも知れません
私自身も「Facebook」を多用していますが、こうしたケースはなく、仕事仲間にいろいろ尋ねてみたところ、どうも「巷に伝わる噂」「都市伝説」「陰謀論?」で出回っているはなしらしく、何やら「環境問題」「某国の政治状況」についての「意見」についての「とある内容(基準は定かではないようですが・・・)の記事」「シェア」すると、こうしたメッセージが表示され「無視」し続けていくと「アカウント停止」もしくは「端末自体が壊れてしまう」というもの。

もっとも、身の回りにこうした「被害?」に会ったケースはいないようなので、あくまで「都市伝説」のたぐいと思われますが、そもそも「無料」で利用できるサービスですので「運営側の事情(主に広告で成り立っている)」である程度「制限がある」のも致し方無いところではあるでしょう。

「言論の自由の侵害」と騒ぐ向きもあるようですが、いかに「SNS」といえどもけっして「慈善事業」ではなく「営利を目的とした事業」のサービスですので「運営側」が「営業上問題があると判断」した場合、「無料で利用している1ユーザー」が騒いだとしても、逆に「営業妨害」となるケースも「無きにしも非ず」かも知れません。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】「Fire TV Stick」で「アレクサ」を使って「テレビ」を操作する

【これは便利!】「Fire TV Stick」で「アレクサ」を使って「テレビ」を操作する

firetv-rimo-000

2009年モデルの、SHARP「AQUOS」「Amazon Fire TV Stick」を接続して「スマートテレビ」ライフを楽しんでいますが、「Fire TV Stick」の「リモコン」と手持ちのタブレット端末「Fire HD8」が同様に「アレクサ」の「音声操作」が可能な事に気づき、いろいろと試してみています。

↓これまで「Fire TV」の「ホーム」画面を開いている状態「radiko」「Podcast」「Spotify」などの「音声操作」ができる事を「検証」してみました。







「Alexa対応テレビ」でない古い機器でも「Fire TV Stick」接続されていれば「一部機能」が使えるケースも確認できてます

何の気なしに「アレクサ テレビを消して」とリモコンの「マイクボタン」を押しながら言ってみたところ、「テレビ」自体の電源が「オフ」になりました。


firetv-rimo-002


今度は「アレクサ テレビをつけて」と言ってみると「Fire TV」の「ホーム画面」の状態で電源がつき「テレビ画面」が立ち上がります。


firetv-rimo-003

さらに近くに置いてあったタブレット端末「Fire HD8」の「アレクサ」も反応端末に話しかける「Fire TV Stick」のリモコン同様、「テレビ」本体の「オン・オフ」はできるようです。

とは言え、「入力切り替え」で「地デジ」「BS」には「テレビ自体が古く非対応」なので、致し方無いところではあるでしょう。


firetv-rimo-001


「音声操作」が確認できたのは各「動画配信アプリ」と「番組名」の再生なのですが、あまり「正確ではない」印象「アレクサ」で認識できるもの、できないものもあるようです。


firetv-rimo-

「アレクサ」の基本機能「今日の天気」「いま何時?」なども対応してくれますので、Amazonスマートスピーカー「Echo」に近い使い方ができると思われますので、いろいろ楽しめそうです。


firetv-rimo-004

↑↓「YouTube」「TVer」「Gyao!」なども「音声操作」で「起動」はしてくれます「観たい番組」を「再生」できるかは「微妙?」なところかも。

firetv-rimo-005


↓「アレクサ」を使える主な「Amazonデバイス」

   


↓「Fire TV Stick」「Echo」などのスマートスピーカー機能「Alexa(アレクサ」内蔵テレビ」も販売されていますので「テレビの買い替え」を考えている際には「検討してみる価値」はあるかも知れません。







家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】無料のクラウドストレージに「音楽MP3ファイル」を保存する-「MEGA」

【これは便利!】無料のクラウドストレージに「音楽MP3ファイル」を保存する-「MEGA」

mega-000
「Google Play Music」時代には、自前の「音楽ファイル無料で約1万曲保存可能」で「楽曲のクラウドストレージ」として重宝できたのですが、「YouTube Music」に移行された以降、こうした使用法が利用できなくなってしまいました。

↓「YouTube Music」に残っている「自前のバックアップファイルの一部」は下記方法で「PCにダウンロード」できたのですが・・・。






↓ちなみに「画像ファイル」については「Googleドライブ有料化」に備え以下記事のように「クラウドストレージ」の移行を完了しています。





無料プランでも「15GB」まで「保存可能」ですので、ちょっとした「MP3プレイヤー機」や「スマホにダウンロード」した楽曲の「バックアップ先」として使えるのでは?

いずれどこか「使い勝手のよいクラウドストレージ」の開発されるまでの間約1000曲ほどある「MP3」ファイルを保存できる「無料のクラウドストレージ」を探していたところ、本来有料のサービスながら「15GBまでなら無料で保存できる」「MEGA」なるサービスを見つけました。





「デスクトップアプリ」も公開されていますが、今回は「Chromeブラウザ版」で手持ちの「MP3」ファイルを「バックアップ」してみます。





今回は「MP3」ファイルを「フォルダごと」まとめて「アップロード」してみました。


mega-001


「MP3の音声ファイル」「MP4の動画クリップ」をまとめてバックアップしてみましたが、感覚的に「Googleドライブ」「Drobox」に比べ「けっこう時間はかかる」ので「心配」になりますが、ちゃんと「バックアップ」してくれるようです。


mega-002


「Google Play Music」からバックアップファイルを「ダウンロード」する際、「ファイル名が勝手に変更される」「楽曲が別バージョンでダウンロードされる」などの問題はありましたが、「MEGA」の場合、「元ファイル」どうしのやり取りになりますので「ただ単にファイルのコピペ」と思っても差し替えないようです。

ただ「時間」はかかります。



mega-003


私の場合「音楽ファイル」「動画ファイル」は基本的に「PCで編集したい」ので利用していません「iOs」「Android」端末用の「専用アプリ」も公開されていますので、「環境」によって「使い分け」もできそうです。



MEGA
MEGA
開発元:Mega Limited
無料
posted withアプリーチ

「15GB」あれば「MP3ファイル」だけなら軽く「1000曲」前後は今のところ、私の環境であれば問題なさそうです。








家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】「YouTube Premium」契約する前にー「YouTube Music 無料プラン」で以前自分でアップロードしていた楽曲をダウンロードできるのか?

【情報共有】「YouTube Premium」契約する前にー「YouTube Music 無料プラン」で以前自分でアップロードしていた楽曲をダウンロードできるのか?

ytmp-000


「Goole Play Music」から「YouTube Music」に移行する際に、「移行ツール」で完全に引き継げなかった「ファイル」「YouTube Music」内にあるものの、有料の「Premiumプラン」で契約しておかないと「端末への保存」が「不可」な上、「YouTube Music内での再生に限られる形式」なため、「移行失敗」を悔やまれるところですが、意外なところで、愛用しているネット動画のダウンロードツール「どがれこ」「YouTube Music」が対応しているのを発見、「自分でアップロードしたファイルのダウンロード」が可能か「検証」してみました。

あまり推奨できる方法ではないかも知れませんが「楽曲」によってはPCに保存できるケースを確認できました


ytmp-007


↑2021年2月18日現在、「YouTube Music」が「YouTube」「niconico動画」同様に対応されているようです。

ところが、自分の「Googleアカウント」で「ログイン」して「ライブラリ」から楽曲をダウンロードしようとするも「ダウンロードボタン」が「非表示」になってしまいます。


ytmp-002


そこで「ログイン」せずに「楽曲を検索」すると「ダウンロードボタン」が表示されたので「クリック」してみます。


ytmp-003

「Goole Play Music」時代と同様「楽曲によっては自分がアップしたものとGoole Playで配信されたものと入れ替わってしまう(ライブ版がスタジオ版になってしまうなど)の問題は残る」ものの「楽曲のダウンロード」自体は可能なようです。



ytmp-004

「どがれこ」「ライブラリ」内に「MP3」ファイルとして保存できた事を確認できます。


ytmp-005

「ダウンロードされたファイル」の保存先「PC/ローカルディスク/(メーカー名)/Documents/Music/youtube~/ファイル名」となりますが「任意のフォルダ」に移動し「編集」する事が可能です。

ytmp-006


とは言うものの、一部「消えてしまった楽曲」があるなど「100%完全」というわけではないようなので、より完全さを求めるのであれば、有料の「YouTube Premium」の契約も「検討する価値」はありそうです。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】「Googleフォト」有料化-「Amazonフォト」にスマホ写真を自動アップロード先を変更してみる

【情報共有】「Googleフォト」有料化-「Amazonフォト」にスマホ写真を自動アップロード先を変更してみる

g-a-foto-000


現在、スマホで撮影した写真(.jpeg,.png)ファイルと「スクリーンショット」「Googleフォト」に自動的にアップロード・同期して、まさに「クラウドストレージ」として「便利」に利用していますが、Google側の発表によると、2021年6月1日より、「これまで無制限であったGoogleフォトの写真保存容量」を「Googleドライブのストレージにカウントする」とアンアウンスされています。

つまり、「ストレージ容量を超えた分が有料になる可能性」があります。

なお、2021年6月1日までに保存していた写真はカウントされない。

ちなみに「15GBの無料ストレージ」には、Googleフォト以外にも、「GoogleドライブやGmailが含まれる」ため、写真が保存できる容量は実際にはさらに少なくなるので、今後、「クラウドストレージ」容量の「無料分」を確保したいところです。

「Amazonプライム会員」である必要はありますが「実質最安値の写真ストレージ」のひとつかも知れません

幸い、同じようなサービスで「Amazonフォト」が利用できる環境(プライム会員特典対象)にありながら今まで「気づかず利用していなかった」ので「Googleフォト」の補完になるかも「検証」してみました。

↓スマホアプリ「App Store」「Goole Play」からダウンロードできます。

Amazon Photos
Amazon Photos
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

g-a-foto-002

それぞれの「アプリ」で「自動アップロード」に「設定」しておけば、「Googleフォト」同様、「スマホの写真を撮ったり、スクショを撮る」だけで「Amazonフォト」のクラウドストレージで「同期」する事が可能です。


g-a-foto-001


もっとも「無料」(実質的にはプライム会員会費内です)で利用するには「Amazonプライム会員」になる必要がありますが・・・。↓






ただ「PCで同期されたファイルをダウンロードして編集しよう」とすると、インターフェースに「慣れ」が必要なようで「イマイチ使い勝手に難」は感じますが、「Googleフォト」同様に使いこなせるまで「時間はかかる」かも知れません。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク