セガレの知恵袋

古物商開業支援・情報家電相談室「ディーエスエル」代表 【HN】PAWAKICHI(ぱわきち)の個人ブログです。

「情報」さえあればもっと「より簡単に・より便利に・よりリーズナブルに活用できるはず!」をモットーに「デジタル生活」の「情報の共有・検証・注意喚起」を、現役「古物商開業支援員・デジタル生活相談室」スタッフの目線から「情報共有・検証・注意喚起記事」を日々発信・更新しています。

2022/12

【情報共有】ブルーレイレコーダー不要論ー「外付けHDD」は格安ながらも「機能が限られている」ので「要注意」

【情報共有】ブルーレイレコーダー不要論ー「外付けHDD」は格安ながらも「機能が限られている」ので「要注意」

20221226-hdd-000

「ブルーレイレコーダー」は、「番組を録画」するだけではなく、「ブルーレイ・DVDディスクプレイヤー」としてはもちろん「ディスクに書き込んで番組を保存」する事が可能です。

また「おうちクラウド」「DLNA」環境機能が搭載されている機種を導入すれば「スマートフォン」など他の端末でも「専用アプリ」によってレコーダー内のコンテンツを視聴できるようになるのでとても便利でもあります。

しかしながら「ただ見逃したくない番組を録画する」というだけの目的であれば「けっこう高い買い物」になってしまうのも確かです。

2022年12現在「最安値」の「ブルーレイレコーダー」でも「3万円台」は出さなければ入手は難しいでしょう。

(関連記事)



対して「外付けHDD」だと「数千円台(だいたい2TB)」から導入できるので「初期投資」を抑えるため「テレビ購入時」にセットで「外付けHDD」を導入されるケースも多いようです。(家電量販店の店員さんが必ずおすすめしてくるパターン)

安いもので「2TB:7,8千円台」で入手できますが「テレビ」を買い替えたら他の「テレビ・PC」では再生できなくなりますので観たらすぐ削除しても良い「見逃し録画」用途に限られます

とは言えこの「外付けHDD」には、「安いが故様々な制限」があり、「必ずしも使い勝手が良い」かと言うと「メリット」「デメリット」がそれぞれあり、導入前に確認しておかないとあとあと「こんな事なら最初からブルーレイレイレコーダーにしておけば良かった」という声も「少なくない」ように感じます。

まず前提として「外付けHDD」による「番組録画に対応しているテレビ」である事が「必須」で、2011年前後に出回った「初期のデジタルテレビ」「背面にUSBスロット」があるテレビであったとしても「写真データ専用のUSB」だったり、また現在「家電量販店店頭」に並んでいる「一部の低価格テレビ」でも「外付けHDD非対応」の機種も存在します。

また「ブルーレイレコーダー」では「レコーダー側のチューナーからの映像を録画する」のに対し、「外付けHDD」では「テレビ側のチューナーからの映像を録画する」仕組みになります。

このため「外付けHDD」は「テレビ機器固有のIDと紐づけられ」テレビの「拡張機能」的な扱いになり、もし「テレビ側が何らかのトラブルが発生」もしくは「壊れて」しまった場合、「録画してあった番組が観れなくなって」しまいます。

もちろんこの「外付けHDD」内のデータは「録画を行ったテレビ」の「拡張機能」でしかありませんので「他のテレビ」や「PC」では「再生できません」。


一時期、こうした「他のテレビでも観れるようにするための統一規格」である、「SeeQVault」(シーキューボルト)対応の「外付けHDD」話題にはなりましたが、「4K放送の録画には非対応」「すべてのテレビで再生できるわけではない(テレビ側もSeeQVaultに対応している必要がある)」といった「使い勝手に不満」が多いせいか、「現行(2022年製造)のテレビ」では「SeeQVaultに非対応」となり、「失われた規格」になってしまいました。



こうした背景もあり、「価格」だけも見て「外付けHDD」という選択あとあと「残念」に感じるかも知れません。

もっとも単純に「留守中に放送された番組をあとからゆっくり観る」という使い方だけであればじゅうぶん「使用目的」に叶う製品かと思われます。


(参考製品)


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品レビュー】「ダイソー」で見つけた「AirPods&EarPods用シリコンカバー」ー何気に使える印象

【製品レビュー】「ダイソー」で見つけた「AirPods&EarPods用シリコンカバー」ー何気に使える印象

20221225-daiso-000

「iPhone」「イヤホン」としては「相性が抜群」である「Apple純正」のワイヤレス「AirPods」、有線「EarPods」ですが、その形状ゆえ、「音漏れが気になる」「外れやすい」など「自分の耳の形によって使い勝手が異なる」といった意見もあるようです。

こうした「不満点」を抱いている方も多いようで、過去も「AirPods」「EarPods」の「プチ改善方法」を紹介しています。↓



↑「音漏れ改善」方法



↑「外れにくくする」方法

「Apple純正イヤホン」独特な形状ゆえの「不満点」を「ある程度解消?」されています(あくまでも個人的使用感ですが)

この問題をたった「110円(税込)」で「改善」してくれる「AirPods&EarPods用シリコンカバー」なる製品を「ダイソー」で発見。

早速入手して、手持ちの「EarPods」で「装着感」を「検証」してみました。

20221225-daiso-001

この製品は、さすが「AirPods&EarPods用」というだけあって、イヤホンを「ピッタリ」カバーしてるれます。

カバーされる事によって「音漏れ効果」があるように感じます。

20221225-daiso-002

「カバー」ヘッド部分自体「耳の内側」に引っかかる形状になっており、「外れにくい構造」になっています。

もっともこの辺「人それぞれ耳の大きさが異なる」ので「一概にベストな製品か」というと「試してみる」しかありませんが、「110円(税込」」の製品なので「ケチケチしないで試してみる」のも「一興」でしょう。



(参考製品)



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【トラブル解決!】「Windows10」PCが「DLNA」認識されなくなった時

【トラブル解決!】「Windows10」PCが「DLNA」認識されなくなった時

20221225-dlna-000

「PC」内の「動画」「写真」ファイルの「DLNA」共有「Fire TV Stick」「Fireタブレット」「AirScreen」なるアプリを導入して「リモート視聴」など愛用していましたが、突然アプリ側で「Windows10」PCが「DLNA接続機器」として「認識されなく」なってしまいました。



何らかの原因で「ネットワーク共有が無効」になっている場合も「設定」を元に戻せば回復できる可能性あり

「原因」は定かではありませんが、心当たりとしては「Windows10アップデート」後に気づいたので、もしかしたら「OS側」で「設定が書き換えられた」可能性も考えられます。

ともあれ「Windows10」の「設定」を確認してみます。

20221225-dlna-001

「Windows10」デスクトップ画面左下の「スタート(Windows)」アイコンから「スタートメニュー」→「設定」→「ネットワークとインターネット」に進みます。
20221225-dlna-002

「ネットワークと共有センター」を選択し、「共有の詳細設定」を確認します。

20221225-dlna-003

「別のネットワークプロファイル用に共有オプションを変更します」以下の「ネットワーク探索を有効にする」、「ファイルとプリンターの共有」項目に「チェック」が入っているか「確認」します。

20221225-dlna-004

この項目が「無効」になっていると「DLNA」接続機器として「認識されない」ようです。

20221225-dlna-005

↑とりあえずこの処置を行った以降「AirScreen」アプリ上で「接続機器」として「認識」、「ファイルの再生」が「再開」できています。



(参考製品)



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】ブルーレイレコーダー不要論ー「見逃し配信」だけなら「TVer(ティーバー)」「NHKプラス」利用で充分なのか?

【情報共有】ブルーレイレコーダー不要論ー「見逃し配信」だけなら「TVer(ティーバー)」「NHKプラス」利用で充分なのか?



「TVer(ティーバー)」が出現する前の「見逃し番組」の視聴方法では「レコーダー」に「録画」しておいた番組を「後から視聴する」しかありませんでしたので「便利になった」ものです。

現行「ブルーレイレコーダー」「高機能」がゆえ「高価」です。

安い製品
でも「3万円台~」欲を言えば「10万円以上」の機種も珍しくありません。

しかし「テレビ離れ」が叫ばれているとは言うものの、「テレビドラマ」「バラエティ」は相変わらず観たい人は多いようですが番組をの「視聴方法」が「見逃し配信」へと「変化」されています。

民放「TVer(ティーバー)」NHK地デジ・BS「NHKプラス」アプリを利用して「スマートフォン」「タブレット端末」または「Fire TV Stick」など「スマートデバイス」を使用して「テレビ画面」で、放送後に楽しむ方法も「一般的」になっているようです。

「テレビ東京」番組にも対応された一方「フジテレビ」コンテンツは有料の「FOD」でしか視聴できないので「完全」ではないという声も

この「Tver(ティーバー)」では基本的に「地上波(一部のBS)」キー局「オンエアされた番組」を「過去1週間分」さかのぼって「オンデマンド」形式で視聴できるものです。




TVer(ティーバー) 民放公式テレビ配信サービス
TVer(ティーバー) 民放公式テレビ配信サービス
開発元:TVer INC.
無料
posted withアプリーチ
対して「NHK」の「地デジ・BS放送」「NHKプラス」で「見逃し配信」視聴が可能です。




ところが「フジテレビ系」の番組に限って「有料(FODプレミアム:月額977円(税込)」を契約しないと一部の番組しか「見逃し配信」で視聴する事ができません。

もっともこのあたりは「個人それぞれ好みによるところが大きい」ようです

「フジテレビ系」に観たい番組が多いのであれば一度確認したほうが良いでしょう。

ドラマ / アニメ はFOD テレビ見逃し配信や動画が見放題
ドラマ / アニメ はFOD テレビ見逃し配信や動画が見放題
開発元:FujiTV
無料
posted withアプリーチ

また、テレビ自体に「TVer」視聴機能がある場合でも、こうした「ネット配信サービス」は「レコーダー」「外付けHDD」いずれにも「録画」はできません。

もっとも「環境に大きく左右される」手法ではありますが、「PC」に「TVer」番組を「ダウンロード」できる場合もないわけではありません。



「見逃し配信」だけ視聴できれば十分という向きでしたら、こうした「Fire TV Stick」などの「スマートデバイス」や「ダウンロードできるPC」などの環境が整っていれば「ブルーレイレコーダー」なしでも「十分」なのかも知れません。


(参考製品)

家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品レビュー】Amazonベストセラーの格安デジタルアンプ「Nobsound NS-01G Pro」で古い「アナログスピーカー」を再活用-「PCオーディオ」環境構築

【製品レビュー】Amazonベストセラーの格安デジタルアンプ「Nobsound NS-01G Pro」で古い「アナログスピーカー」を再活用-「PCオーディオ」環境構築

20221221-amp-000

製造年代不明の(1980年代かと思われる)である「AIWA」「TWIN DUCT 3WAY BASS SPEAKER SYSTEM」なる「スピーカーセット」が我が家のの倉庫に眠っていましたので「再利用」しようと「PCオーディオ」用に接続しようと試みました。

20221221-amp-005

ところが、一緒に眠っていた「TEAC」「プリメインアンプ」が保管状態が悪かったのか「中身の錆がひどく起動不可」のため、「そこそこ音が出れば良い」と思い、Amazonベストセラー「格安中華性デジタルアンプ」を購入して「PCオーディオ環境」整えてみました。

接続するだけでも「それなりの高音質」PCの「再生ソフトのイコライザ設定」「デジタルパーツ追加」するなど工夫すれば「さらなる性能アップ」が期待できそうです


今回購入したのは、Amazonベストセラー1位で、購入時点で、「3,990円(税込)」の「Nobsound NS-01G Pro」なる、「入力」が「イヤホンジャック」「microUSB」「Bluetoothワイヤレス」に対応、「出力」が「スピーカー2基」分の「接続端子(バナナプラグ対応)」といういたって「シンプル」な構成。(光オーディオケーブルには非対応)

20221221-amp-001

この手の「格安中華製品」にありがち「電源ケーブルは別途購入」ではなくちゃんと「ACアダプター」が「同梱」されており、「届いてすぐ使える」という嬉しい製品です。

20221221-amp-002

「デジタルオーディオ仕様」「バナナプラグ対応」の製品なのですが「スピーカーコード(白・赤)」「端子のつまみ」を回し「コードを直接接続」する事が可能です。

20221221-amp-003

とりあえずこれで「PCからの音源」を「古いスピーカー」で「再生」する環境は整ったのですが、正直「同じ音源」でも「イヤホンで聴く」場に比べ「聴こえる音質」に「違和感」を感じるかも知れません。

「radiko(ラジコ)」「ポッドキャスト」「YouTube動画」などを楽しむ分にはさほど気にならないのですが「音楽コンテンツ」では「ジャンル」によっては「音質に差が出る」印象を感じます。

「PC内音源」として「MP3」「Music Bee」という「音楽管理ソフト」、サブスクとしては「Spotyfi(スポティファイ)」「YouTube Music」を利用していますが、それぞれ「イコライザ調整」などを行い「改善」を期待したいところです。

また、「スピーカーコード」「デジタルオーディオ仕様」のものに交換したり、接続に「バナナプラグ」を導入するなど「工夫」が必要かも知れません。







(関連製品)


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク