セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップスマホ/タブレット使える機能)>【これは便利!】「タイトルがわからない楽曲」の情報を「iPhone」の「Siri」を使って調べる方法-iPhone Tips

【これは便利!】「タイトルがわからない楽曲」の情報を「iPhone」の「Siri」を使って調べる方法-iPhone Tips


【これは便利!】「タイトルがわからない楽曲」の情報を「iPhone」の「Siri」を使って調べる方法-iPhone Tips

ip-mimi-000


テレビやラジオなどで「BGM」として流れている「楽曲の情報」を知りたい、と思うケースがあるものの「曲名」「アーチスト名」など失念したりして「上手く検索できない」場合も多いと思います。

そんな時「iPhoneの標準機能」として「ミュージック認識」というものがあり「Siri」機能で「検索」する事ができますので試してみてください。


これは「周囲で流れている音楽を分析して曲名などを教えてくれる機能」で、もとは「Shazam」というアプリで使えた機能で「Shazan」が2017年にApple傘下になった事により、現在では「Shazam」をインストールせずとも「Siri」の音声機能として使う事が可能です。


「iOs」「Siri」の標準機能として対応されています

「iOs」
「コントロールセンター」→「ミュージックセンター」が「+」の状態であればこの機能が使用可能な事が確認できます。


ip-tips-001-horz


利用方法「曲名など知りたい楽曲」がかかっている状態「Hey Siri この曲何?」「音声入力」するだけです。


ip-tips-003-horz


すると、「Siriが認識できる楽曲の範囲内」であれば「Siri」が起動し「今開いています」と表示され、分析が終了」すると、「画面上」に「曲とアーティスト名など楽曲情報」が表示され「Apple Music」機能で確認できるという仕組みのようです。

もちろん分析できない曲もありますが、わりとマイナーかなと思われる楽曲思いのほかしっかり当ててくれる印象です。

ただし、「鼻歌」「自分で口ずさんだメロディー」認識してくれないケースが多く、上手く聴き取ってくれない曲はあるので期待はしすぎない心構えは必要かも知れません。

まあ「OSの標準機能」「無料」で使えるものなので「今後を期待したい機能」のひとつとらえるべきと言えるでしょう。








家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...