セガレの知恵袋

古物商開業支援・情報家電相談室「ディーエスエル」代表 【HN】PAWAKICHI(ぱわきち)の個人ブログです。

「情報」さえあればもっと「より簡単に・より便利に・よりリーズナブルに活用できるはず!」をモットーに「デジタル生活」の「情報の共有・検証・注意喚起」を、現役「古物商開業支援員・デジタル生活相談室」スタッフの目線から「情報共有・検証・注意喚起記事」を日々発信・更新しています。
トップコネクテッドテレビスマートデバイス)>【検証】「FireTV Stick」向け「NHKプラス」アプリが2022年7月より「本格的にサービス開始」-とりあえず「仮登録」で即視聴も可能

【検証】「FireTV Stick」向け「NHKプラス」アプリが2022年7月より「本格的にサービス開始」-とりあえず「仮登録」で即視聴も可能


【検証】「FireTV Stick」向け「NHKプラス」アプリが2022年7月より「本格的にサービス開始」-とりあえず「仮登録」で即視聴も可能

20220805-nhk-000

NHKで提供されている、ネット動画配信サービス「NHKプラス」「FireTVStick」向けアプリが、2022年7月1日から「正式バージョン」に「更新」されています。

これまで「テスト配信期間限定の措置」として「登録不要」で利用できたのですが、この「正式バージョン」から「ログイン」作業が必要になりました。




「テレビ向けアプリ」では「見逃し配信」のみ視聴可ですが、「録画し忘れ」た番組を視聴できるので「利用価値」アリと思います

「FireTVStick」向けの「NHKプラス」への「ログイン」「パソコン」や「スマートフォン・タブレット」と組み合わせた「2段階認証」で行います。

今回は「パソコン」上で「Web版NHKプラス」と併用して「仮登録」してみました。

20220805-nhk-001

https://plus.nhk.jp/


IDを兼ねたメールアドレスパスワードを先に入力すれば、すぐに「仮登録」ユーザーとして「NHKプラス」の各機能を利用できるようになります。

20220805-nhk-002



20220805-nhk-003

次に「FireTVStick」側での「設定」ですが、「FireTVStick」の「アプリストア」内にあらかじめ「登録」されている「NHKプラス」アプリをダウンロードすると同時に「自動的にインストール」されます。

20220805-nhk-004

「NHKプラス」のアプリを起動すると、画面上にはログイン用のURL・QRコードと6桁の認証番号が表示されます。

「URLを入力、もしくはQRコード」を読み取り、「パソコンやスマホ・タブレット」から「認証サイトへアクセス」します。

20220805-nhk-005

「認証サイト」アクセス後は、まず「パソコンやスマホ・タブレット」「NHKプラスへログイン」したうえで、「表示された認証番号を入力」します。

20220805-nhk-006

「ID・パスワードの登録」が完了後に「ログイン」すれば、そのまま「NHKプラス」を制限なしで利用可能になりますが、実はこれで手続完了ではありません。

「NHKプラスの仮登録」「有効期間は1か月」です。

サービスを引き続き利用するには、「1か月の有効期間中」「マイページ」から「本登録申込み」を行う必要があります。

「仮登録」のまま、「確認コード」を入力せず「一定期間放置するとテロップ付きの画面へ戻る」とアナウンスされています。

「NHKプラス」を利用するだけで「何段階も手順を踏む」のは、「NHK受信契約の有無を確認してから利用を認める」ためとも言われています。

↓「ログイン」が完了すると「過去1週間分」の「番組」を「選択」して「視聴」する事が可能になります。

20220805-nhk-007

「番組名」がわかっていれば、直接「検索」して「番組」を選択する事可能です。

20220805-nhk-008

「カテゴリーからたどる」または「検索」で見つけた番組を「再生」してみます。

20220805-009

「スマートフォン・タブレット端末」版に比べると「パソコン」「FireTVStick」版アプリでの「再生」には若干「タイムラグ」が気になりますが、再生が始まれば「途中でフリーズ」などの「遅延症状」は「検証」時には感じられませんでした。

20220805-nhk-010

「番組」にもよるのかも知れませんが、「検証」時、どの番組にも「警戒情報」が表示されてしまうのが気になりました。

この処置「NHK地上波番組」通りの扱いなのかも知れません。

なお、「NHKプラス」の「FireTVStick」向けアプリは、「NHK地上波チャンネル」の「リアルタイム視聴」には「非対応」で、「見逃し視聴のみ」の対応になります。(パソコン・スマートフォン・タブレット端末ではリアルタイム視聴可能です)

もっとも「テレビ」を所持している時点で「地上波が視聴できる事が前提」のアプリですので、このアプリの位置付けとしては、民放ポータル「TVer」「NHK版」と考えると良いでしょう。

このサービスの「有効性」を感じるのは「NHK受信契約者」で「レコーダーを所持していない」もしくは「レコーダーを所持していても放送後に気づいて録画できなかった」というケース便利さを感じるサービスかと思われます。

(関連記事)




(参考製品)



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...