「赤ロム」と「白ロム」とは?


赤ロム保証



「赤ロム」とは?
「赤ロム」とは、中古携帯電話端末を指す俗称一種で、割賦販売購入された端末支払い完了中古品として流通し、その後キャリアによって利用停止にされる端末のことをいいます。

キャリアによって利用停止された端末は、電波感度を示すアンテナマークが赤く表示されるため、「赤ロム」呼ばれるようになったといわれているらしいです。

中古品として買い取られた時点では正常に機能していても、後に代金不払いによって利用停止措置が取られる場合がある。加えて、そのような端末は窃盗品など違法な手段で調達されたものである可能性もある。そのため、赤ロム」の存在は中古携帯電話端末市場ネットオークションフリマなどにおいて取引を禁止しているケースも多い。

「ゲオ中古スマホ」の場合は、特に安く販売している場合、「赤ロム」である可能性が高く、そのため、「同等品との交換、返金」などの「赤ロム保証」を行っているかどうかを確認してから購入するのが安全です。


「白ロム」とは?
SIMカードが入っていない端末の事「白ロム」と呼びます。SIMカードとは、電話番号等の契約情報が記録されている小さなカードのことで、キャリアショップで購入したスマホやガラケーには必ず入っています。

このSIMカードを抜いた状態の端末の事を通称「白ロム」と呼びます。

中古スマホ(白ロム)に格安SIMを挿せば、端末代だけでなく通信代も安く抑えることができます。

格安SIM」を挿して利用する場合は、必ず事前に動作確認が取れている端末であるかを確認しましょう。



ゲオのスマートフォン買取サイト「Smarket(スマーケット)」






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村