セガレの知恵袋

「ITライフハックマスター 」AI和泉(旧ぱわきち)が生活に役立つIT・通信・放送に関する情報をわかりやすく「情報共有」するブログです

「ITライフハックマスター」 AI和泉(旧ぱわきち)です。情報家電業界で40年以上の経験を持ち、消費生活アドバイザーやテレビ地デジ化推進業務なども行ってきました。この時代を生きる人に役立つIT・通信・放送に関する情報をわかりやすくお届けします。私の目標は、新時代のインフラやデバイス、ガジェットの仕組みや最新話題を「情報共有」してもらうことです。

スマートテレビ

【情報共有】有機ELテレビの「5年寿命説」-初期製品の不具合が報告され始めているようです


【情報共有】有機ELテレビの「5年寿命説」-初期製品の不具合が報告され始めているようです

20240508-el-000

家電量販店の店長である後輩の話によると「有機ELテレビの画面の焼き付き」などの不具合が多発しているとの事らしいです。

考えられる原因として、かつての「プラズマディスプレイ」の問題に似た、仕組みとしての液晶テレビのバックライトによる画面表示に比べて、ブラウン管の仕組みを元にした「自発行」のため「静止部分の焼き付け」が発生する事がある点。

もっとも現行で販売されている「有機ELテレビ」についてはこのあたりの問題が改善されているらしいのですが、不具合が報告されている製品の多くが、4K8K対応テレビが普及し始めた、2017~2019年頃市場に出回った「製造から5年以上経った製品」にこうした問題が見られるようです。

仕組み上「画面焼き付け問題」は完全には避けられないのかも。ミニLEDという選択肢もありますが

2024年5月8日現在、テレビ選びにおいて、「液晶テレビ、有機ELテレビ、ミニLEDテレビ」3種類が主流となっています。

それぞれの特徴、メリット、デメリット、製品寿命、長持ちしない理由などを比較し、今後、ニーズに合ったテレビを購入するため参考となりそうな情報をまとめてみました。


【有機ELテレビ】


【メリット】

・「高コントラスト」 自発光のため、真の黒を表現できる(白と黒のコントラストが非常に高く、メリハリのある映像)
・「広視野角」 斜めから見ても色やコントラストが比較的変化しにくい
・「薄型パネル」液晶テレビやミニLEDテレビと比べて、薄型で軽量 バックライトが不要で、スリムなデザインが可能
・「応答速度が速い」 動きの速い映像でもクリアな表示を再現

【デメリット】

・「価格が高い」 製造コストが高く、価格が液晶に比べて高価
・「画面焼け」 長時間同じ画像を表示し続けると、画面に残像が残ることがある
(近年の有機ELテレビは、焼き付き対策が強化されているそう)

【製品寿命】

使用環境や使い方によって異なりますが、一般的に有機ELテレビの製品寿命は約5年~7年と言われています。


液晶テレビ



【メリット】

・「低コスト」 製造が容易で、一般的に他のタイプより安価
・「明るいディスプレイ」 明るい環境でも見やすい
・「広い視野角」色の変化が少なく、多角度から見てもクリアな画像を提供

【デメリット】

・「コントラストの限界」 黒が完全に暗くならず、灰色がかることがある
・「応答速度」 有機ELに比べて動きのあるシーンで残像が残りやすい
・「製品寿命」 約6万時間と有機ELテレビやミニLEDテレビと比べて、製品寿命が長い傾向がある
・「価格が安い」 3種類のテレビの中では最も安価な選択肢と言えるでしょう
・「省電力」 有機ELテレビやミニLEDテレビと比べて消費電力が低い
・「明るい画面」 高い明るさを実現し、明るい部屋でも見やすい画面
・「広い視野角: 斜めから見ても色やコントラストが比較的変化しにくい
・「製品寿命が長い」約10年~15年: 使用環境や使い方によって異なりますが、一般的に液晶テレビの製品寿命約10年~15年と言われています。

【デメリット】

・「黒色表現」 有機ELテレビやミニLEDテレビと比べて、黒色が浮いてしまう場合があります。
・「コントラスト」有機ELテレビやミニLEDテレビと比べて、コントラストが低いです。
・「応答速度」 有機ELテレビやミニLEDテレビと比べて、応答速度が遅く、動きの速い映像が少しぼやけて見える場合があります。
・「厚みがある」けっこう健闘してはいますが、 有機ELテレビやミニLEDテレビと比べると、厚みを感じます
・「焼き付き」有機ELテレビほどではありませんが、長時間同じ画面を表示し続けると、画面に焼き付きが発生する場合がある(10年以上使用している液晶パネルでは顕著に感じます)

・「バックライトの劣化」 液晶テレビは、バックライトの劣化によって画面が暗くなったり、色味が変わったりすることがあります

・「コンデンサの劣化」 コンデンサは経年劣化によって容量が低下し、電源回路が不安定になることがあります。

・「パネルの劣化」 長時間同じ画面を表示し続けると、パネルが劣化して焼き付きが発生することがあります。

ミニLEDテレビ

液晶テレビと有機ELテレビの良いとこ取り。

液晶テレビの明るい画面と省電力、有機ELテレビの優れた黒色表現とコントラストを両立

【メリット】

・「高い輝度とコントラスト」 ローカルディミングにより、細かい光の制御が可能
・「均一なバックライト」 ミニLEDは均一な照明を提供し、画質を向上させます
・「薄型:」有機ELテレビと比べて、比較的薄型

【デメリット】

・「コスト高」:新技術のため、生産コストが高くなりがちなのは否めません
・「技術的な複雑さ」 製造が複雑で、大量生産が難しい
・「製品寿命」 ミニLEDの寿命に関する具体的な情報は限られていますが、液晶テレビと同等またはそれ以上と推測されているようです
・「価格が高い」まだ量産体制が整っていないため、液晶テレビ、有機ELテレビよりも高価 

これらのテレビタイプはそれぞれ利点と欠点があり、選択は視聴環境や予算、好みによって異なります。

寿命に関しては、使用環境や画面の明るさ設定、表示内容などによっても大きく変わるため、メーカーの指定する寿命はあくまで目安となります。

また、新しい技術の進歩により、これらの数値は変化する可能性があります。

テレビの設定によって非表示にできる機種もありますが、「時間表示」「チャンネル表示」が焼き付く場合もあるようです。

我が家では「TVゲーム」を利用していませんので未検証ですが、ゲーム画面の背景画像が焼き付くケースもあるそうです。

いずれも「ブラウン管」時代のテレビからすれば「テレビ自体の寿命は短く」なっている傾向があるようです。


以上、参考になれば幸いです。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】「AndroidTV」搭載テレビで「Rチャンネル」を視聴する方法-「BrowsHere」アプリ使用


【検証】「AndroidTV」搭載テレビで「Rチャンネル」を視聴する方法-「BrowsHere」アプリ使用

20240302-rchan-000

「Rチャンネル」とは、楽天TVが展開するCSテレビチャンネルのライブ配信サービスになります。



基本的に、スマートフォン・タブレット端末の専用アプリ内で視聴する形式になります。

しかし同じネット配信とは言っても、テレビの大型画面で視聴できるための「AndroidTV」「GoogleTV」「Fire TV Stick」向けには、専用アプリが用意されていません。




「Fire TV Stick」の場合同様、ブラウザアプリ経由で視聴可能です
今回は、Browsehereなるブラウザアプリを使用した、アプリ非対応動画を視聴する方法を紹介します。



Browsehereとは、Android TVGoogle TVウェブサイトを閲覧できるブラウザアプリです。

RチャンネルBrowsehereというアプリを通して視聴する方法は、以下の通りです。

Android TVGoogle TVのホーム画面から、Google Playを開きます。

検索欄に「Browsehere」と入力して、Browsehereアプリを見つけてインストールします。

Browsehereアプリを起動します。

トップページから、検索エンジンを選択します。

20240302-rchan-001

検索欄に「Rチャンネル」と入力して、検索します。

20240302-rchan-002

検索結果の中から、楽天TVの公式サイトを選択します。

サイトにアクセスしたら、ログインしてください。

ログインには楽天会員のIDが必要です。楽天会員でない場合は、新規登録してください。

ログイン後、Rチャンネルの番組表から、視聴したい番組を選択してください。

20240302-rchan-003

番組の詳細ページから、再生ボタンを押して、Rチャンネルライブ配信を視聴できるようになります。

↓「Fire TV Stick」の場合も、Amazon製Silkブラウザ経由で同様の視聴が可能です。



しかしながら「AndroidTV」「GoogleTV」「Fire TV Stick」でのRチャンネル視聴は、登録されている50チャンネルの「LIVE配信」のみとなります。

「見放題」コンテンツ専用アプリが必要になりますが、iPhone、Android端末での視聴に限られてしまうようです。

↓ちなみに以下のチャンネルもスマートフォン・タブレット端末での視聴が前提のようです。



(関連製品)



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】チューナーレステレビで採用されているOS「AndroidTV」と「GoogleTV」の違いとは?


【情報共有】チューナーレステレビで採用されているOS「AndroidTV」と「GoogleTV」の違いとは?

20240111-tvos-000-vert

2023年度から、家電量販店店舗でも複数の「チューナーレステレビ」なる製品を見かけるようになりました。

この分野の製品では、テレビのOS(オペレーティングシステム)として「AndroidTV」「GoogleTV」と、2種類のOSが存在しています。

一見「同一OS」のように思われますが、厳密には「別歴史」がある似て非なるOSのようなので、その違いを調べてみました。

2024年現在販売されているテレビに於いては「同一OSのインターフェイスの違い」という位置付けのようです

とは言え、両方ともGoogleが開発しているOSであり、できる事はほぼ一緒ですので、これから購入する際には「あまり気にする必要はない」のかも知れませんが、Panasonic、TVS-REGZA(旧東芝)、Hisenseなどメジャーどころでは「独自OS」を使用してネット動画に対応しており、けっこう「使い勝手に差」がありますので、これらの違いを知っておいて損はないでしょう。

20240111-tvos-002


Android TVGoogle TVは、両方ともGoogleが開発したテレビ用のOS(オペレーティングシステム)です。

【AndroidTV】

Android TVは、かんたんに言うとスマートフォン、タブレット端末で使用しているAndroidOSをベース「テレビ向けにカスタマイズ」されているシステムになります。

あくまで、一部ではありますが、タブレットやスマートフォンで採用されている、あらゆる種類のアプリを実行できる事が特徴とされています。

また、Android TVは、デバイスメーカーがそれを実行するデバイスを作成するためのオープンプラットフォームなので、ニーズに最適なものをメーカー側で追加できるようになっているシステムです。

店頭で見かける製品としてしては、日本のメーカー「ORION」製チューナーレステレビなどに搭載されています。


【GoogleTV】

一方、Google TVは、同じGoogle製品でも、PC向け「ChromeOS」、スマートテレビデバイス「Chromecast」をベースに構築されたインターフェースで、本来別売りである「Chromecast」機能が内蔵されており、スマートフォン、タブレット端末、PCとも同期して「直接テレビ画面にミラーリング」できるようになっています。

「TCL」「GreenHouse」など「格安メーカー」の2023年からの機種もGoogleTVを採用。

また、SONY、SHARPでもGoogle TVを採用し始めています。




もっとも、AndroidTV搭載のテレビでも「Chromecastビルトイン(機能が内蔵)の製品が増えていますので、今後この「差」は関係なくなるのかも知れません。

以上の情報を踏まえると、Android TVは、スマートフォンやタブレットとの親和性が高く、オープンソースであるため、制限なしに任意のアプリやゲームを使用できる

Google TVは、より統一されたインターフェースを提供し、コンテンツの検索と発見に特化しています。

どちらのテレビが適しているかは、個人の好みによって異なるでしょう。


(参考書籍)







家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】「AndroidTV」搭載のテレビ-OSのアップデートはできるのか?


【検証】「AndroidTV」搭載のテレビ-OSのアップデートはできるのか?

20231108-andtv-000

ネット配信映像が視聴できる「AndroidTV OS」が内蔵されているテレビが増えています。

Androidと言えば、スマートフォンのOSとしても知られていますが、他のOS同様「定期的にアップデートしないと動作が不安定になる」かと心配な向きもあるかも知れません。

AndroidTVというOS自体、登場してからまだ数年しか経っていませんので、まだまだ実感が沸かないのですが、「家電量販店」の店員さんにそのあたり質問してみました。

すると、「最近の液晶テレビ自体の寿命が概ね5年前後なので、次に買い替える時点でOSがアップデートしていますよ」と言う人もいれば、「スマートフォンのAndroidのバージョンがだいたい2年ほどでアップデートされるので、同様の扱いになるのでは」といった「あいまいな返答」が多いようです。



もっとも「OS自体」ではなく、各「アプリ」それぞれが「頻繁にアップデート」されていますので「コンテンツ」を楽しむ分には問題なさそうではあります。

しかし常時「インターネット回線に接続されている」状態が前提の機能ですので「セキュリティ面での心配」をされる方には心配があるかも知れません。

基本的にAndroidスマートフォンのOSと同様の扱いとされているようですが・・・



今回は自宅の、ORIONチューナーレステレビ「SAUD501」でのOSアップデートを以下の手順で「確認」してみましたので、その結果を「情報共有」します。


【1】リモコンを使用して、ORIONテレビのメニューにアクセスします。

20231108-andtv-001


【2】メニュー内で「設定」または「システム設定」といったオプションを選択

20231108-andtv-002

【3】「デバイスの設定」→「詳細」と進みます

20231108-andtv-003

【4】「詳細」→「システムアップデート」

20231108-andtv-004

【5】「システムアップデート」の実行

テレビはインターネットに接続されていることを確認し、アップデートの確認を実行します。

アップデートが利用可能な場合、通常、テレビはそれを検出し、ダウンロードを開始します。

20231108-andtv-006


アップデートが正常に完了すると、テレビは再起動することがあります。

アップデートが正常にインストールされるまで待つ事もあります。
「ORION」のテレビの場合は以上の手順で確認できましたが、他社製テレビでも「似たような手順」を行う事で「アップデートの確認」ができるかも知れません。







家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】液晶テレビのの「白飛び」とはどういう症状現象か?


【情報共有】液晶テレビの「白飛び」とはどういう症状か?

20230928-sirotobi-000

「4K液晶テレビ」購入を検討し、製品比較をしている中で、画面の「白飛び」というワードがよく出で来るので「どういう現象」なのか調べてみました。

「白飛び」とは、表示能力や設定によって起こる現象の事を言いますが「設定」によってある程度改善が期待できます

液晶テレビの「白飛び」とは、「画面の明るい部分が明るすぎて、色や形が区別できなくなってしまう現象」を指すようです。

例えば、雪景色や空などの白いものを写したときに、細かいディテールが失われて真っ白になってしまうことがあります。これを「白飛び」と表現するようですが、「液晶テレビの表示能力や設定によって起こる」と言われています。

液晶テレビの「白飛び」には、主に以下の2つの「原因」があるようです。

①「バックライトの明るさが高すぎる」

バックライトの明るさが高すぎると、画面全体が白っぽくなり、階調が失われる傾向があります。

これは、店頭で目立つように明るく設定されたままの液晶テレビを購入した場合によく起こる現象です。

バックライトの明るさは、部屋の照明や視聴距離に合わせて調整する必要があります。

②「コントラストや彩度の設定が不適切」

コントラストや彩度の設定が不適切だと、画面の色や明暗が極端になり、白飛びや黒つぶれを引き起こします。コントラストは、画面の明るい部分と暗い部分の差を表します。彩度は、画面の色の鮮やかさを表します。コントラストや彩度を高く設定しすぎると、画面が不自然になります。


液晶テレビ白飛びを防ぐためには、以下の対処法があります。

・バックライトの明るさを下げる

バックライトの明るさを下げることは、最も簡単な対処法です。液晶テレビのリモコンやメニューから、バックライトの調整ができます。バックライトを下げると、画面全体が暗くなりますが、白飛びは減少します。

・コントラストや彩度の設定を適切にする

コントラストや彩度の設定を適切にすることは、少し難しいかもしれません。液晶テレビには、標準や映画などのプリセットモードがありますが、これらは必ずしも最適ではありません。自分でカスタマイズする場合は、参考画像や測色器などを使って調整すると良いでしょう。


(参考動画)





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク