セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

4Kテレビ

【情報共有】最近市販されている「4K・8Kテレビ」では「B-CASカード」が必要無い?


【情報共有】最近市販されている「4K・8Kテレビ」では「B-CASカード」が必要無い?

bcas-000


今更ですが、最近、家電量販店で販売されている「4K・8Kチューナー内蔵テレビ」のどこを見ても「B-CASカード」を差すスロットが無い事に気づきました。




「B-CASカード」は、もともと「BSデジタル放送用」に開発された受信や録画・コピー回数を制限する「B-CAS方式」を利用するためのカードです。

もちろん皆さんご存じの通り、2011年の「地デジ化」以降、現在ではBS放送だけでなく「地上波デジタル放送(地デジ)」や「110°CS」放送でも使用されています。
「不正使用防止」のため「機器に内蔵チップ化」されているようです
「WOWOW」などの「BS有料放送」「スカパー!」「有料放送」は、テレビに挿入した「B-CASカード番号」で管理され、放送局側が契約者限定で受信可能に設定しています。

「WOWOW」などに新規加入する際に「B-CASカード番号が必要」なのはこの仕組みのためです



ところが最近販売されている「4K・8K放送」には受信や録画・コピー回数の制限にB-CAS方式ではなく「ACAS」という方式が採用されていて、4Kチューナーを内蔵した機器には「ACAS方式対応」チップが内蔵されているので「B-CASカードスロットが無い」という事です。

背景として「B-CAS方式がすでに解析されてしまい、不正改造したカードの流通が止まらない」ため、新たな方式が必要となったためとされています。

テレビなどに内蔵される「ACASチップ」は、「ACAS方式」のほか「B-CAS方式」にも対応しており、「4K・8K放送」だけでなく従来の「地デジ・BS・110°CS」放送も「ACASチップ」があれば受信可能な仕様となっています。

なお、「ACASチップ」メイン基板とは別に取り付ける仕組みになっていますので「故障」など「交換」自体は可能なようですが、従来の裏技的な「B-CASカードの抜き差しによる視聴制御」などは「不可能」になりますので、今後「ソフト的な制御方法」も現れる予想もあります。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品情報】格安4Kテレビが欲しい-「HISENSE(ハイセンス)」の4Kは買いか?


【製品情報】格安4Kテレビが欲しい-「HISENSE(ハイセンス)」の4Kは買いか?

hisense-43v-000

「東芝」から「テレビ部門」ごと買収し「REGZA」ブランド、エンジン技術などを譲り受け、2017年頃から「格安4K液晶テレビ」市場に登場した「HISENSE」

2019年より「4Kチューナー内蔵」モデルも出回るようになり、価格の安さにひそかに注目はしていたのですが、当時ネット上の評判として「4K番組は確かにきれいだけれども、地デジの画像が不自然」というものが目立ち、様子見していました。




理由として「HIENSEブランド」としては、2019年以前の製造品として「REGZAエンジン等」古いパーツが利用されていて「地デジの画質に影響していた」のではないかと噂されていました。


「型落ち」「年落ち」品は要注意、2020年以降製造品でも店頭で実機確認したほうが無難でしょう

一方、2020年頃から店頭で見かけるようになった「REGZAエンジンNEO」なるパーツが搭載されているモデルの一部機種から「4K番組以外の放送でも高画質」をアナウンスされています。

この「REGZAエンジンNEO」というパーツは「東芝REGZA」ブランド名で販売されている本家の「REGZAエンジン」の「機能を削った(とはいうものの、プロのサービスマンや機械マニアしか分からないレベル)エンジン」というもので、実際量販店で実機を確認してみたところ「格安4Kテレビにありがち」な「地デジ画像がのっぺり・もっさり感」がなく、同じ製造年代でも「型番」によって「差」がありそうなのが「HISENSE」の4Kテレビの注意点と言えそうです。


hisense-43v-001


また何と言っても「REGZA」の売り機能として「画像のアップコンバートが秀逸」なのがうれしい機能。

あくまで「疑似」で「完全」とは言えません「DVD(SD画質)→疑似HD画質」「フルHD→疑似4K」として楽しめるのが「REGZA」ならでは。





とは言え同じ「格安」をうたう「FUNAI」のテレビと比べて「安い」のは確かですが「HISENSE」の場合、「地デジ・BS・110°CS・BS4Kチューナー」がそれぞれ内蔵されているものの「裏番組」に対応できるのが「高額機」に限られてしまうとか、「ネット配信動画」が標準で「一部のサービスしか対応していない」ケースも多いので、「Amaonプライムビデオ」「WOWOWオンデマンド」などを楽しみたい場合、「FireTV Stick」「Chromecast」など「外付け機器」を別途購入する必要がありますので「いちがいに比較するのも難しい」製品です、一度「店舗に出向いて実機を確認してみる」ことをお勧めします。




(参考製品)





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品情報】格安4Kテレビが欲しい-「FUNAI」の4Kは買いか?


【製品情報】格安4Kテレビが欲しい-「FUNAI」の4Kは買いか?

funai-43v-000

かつて「フナイ」(船井電機)のテレビと言えば、アナログテレビ時代に「ORION」と並び「テレビデオ」₌(「14」「20」インチサイズの「ブラウン管テレビ」に「VHSビデオデッキ」が内蔵した製品)「激安」で販売していたイメージブランドで、「韓国」「中国」メーカーが日本市場に入る前から「ディスカウウントストア」「ホームセンター」の「目玉商品」でおなじみの「国内AV家電」の「老舗メーカー」的な位置付けな存在でした。

時は経ち、テレビも「地デジ化」したところで、国内市場に於いては、しばらく見かける事が無くなっていたのですが、2017年より「ヤマダ電機限定品」として「4K液晶・有機ELテレビ」の「格安機」「ヤマダ電機店舗」およびネット通販で「楽天市場」「Amazon」「Yahoo!ショッピング」で販売されています。

自宅リビングの「32V SHARP AQUOS」が2009年に購入した「10年超え」のモデルのため「買い替え時」かと、「43Vサイズ」「4K液晶」「4Kチューナー内蔵」で、適当なテレビの情報を集めていたところ、「国内メーカー」としては、けっこう「高評価なレビュー」が多く、気になっていたので、店舗に出向き、実機を確認、「検討」してみることとしました。




けっして「安かろう悪かろう」ではない「歴史ある国内メーカー」の上「保証期間」が長いのも安心な製品といえるでしょう

「FUNAIの4Kテレビ」の強みとしてアナウンスされている点は、各社の「4Kテレビ」にありがちな「地デジ放送の発色が不自然」「アニメ番組の発色がドギツすぎる」などを改善しているところ。


funai-43v-001


また「同価格帯の4Kテレビ」「地デジ・BS・110°CS・BS4Kチューナーがひとつづつ」な製品がほとんどなのに対し「FUNAI」はそれぞれ「2基づつ内蔵され」全放送「裏番組録画に対応」している「お得感」があります。


funai-43v-002

ネット配信系では一見「YouTube」「hulu」しか対応していないように感じます「AndroidTV」が内蔵されており、それぞれアプリを追加して「Netflix」「Amazon プライムビデオ」「Gyao!」「TVer」など、ほとんどの「動画配信サービス」を視聴できるようになります。

なお「ネガティブなレビュー」として「音質に難がある」という点については現状他のメーカーのテレビでも同様、「形状上致し方ない部分」で、気になる場合「外付けスピーカー」の増設で解決できるでしょう、我が家では現在も「外付けスピーカー」を使用していますので、そのまま流用できそうです。




また、格安テレビで心配な「製品保証」ですが、他社メーカー保証のほとんどが「1~3年間」なのに対し「ヤマダ電機」で購入した場合、組み合わせにもよるようですが「メーカー保証」プラス「ヤマダ保証」で「5~7年の長期保証」も可能なケースもあるようです。

しかしながら「価格」だけで考えると「海外メーカー製」よりは「割高感」があるのも、こうした「手厚い保証」があるからかも知れません。







家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】「WOWOW/4K放送」を視聴するには「対応パラボラアンテナ」が必要


【情報共有】「WOWOW/4K放送」を視聴するには「対応パラボラアンテナ」が必要

bs4k-wow-000

「4チューナー内蔵テレビ本体」自体はけっこう出回ってきましたが、肝心の「4Kコンテンツ」が少なく「Netflix」「Amazonプライムビデオ」「YouTube」など「ネット配信」のコンテンツのほうが豊富でせっかくの「4Kチューナー」を生かせるチャンネル・コンテンツがまだまだ揃っていない印象なので「宝の持ち腐れ」状態な環境も多いのではないでしょうか。

しかし、2021年3月1日より、BS(左旋パラボラアンテナ)対応の「WOWOW/4Kチャンネル」が登場するとアナウンスされています。
「ネット環境は不要」ですがいわゆる一般的な「4Kチューナー」と「BS左旋対応アンテナ」など設備が必要です
現在「NHK/BS4K」「ショップチャンネル」など一部チャンネルのコンテンツのいくつかは従来の「パラボラアンテナ(右旋)」で「運がよければ(環境が偶然揃えばのはなしですが)視聴できる場合もある」状態ですが「WOWOW/4Kチャンネル」については「新しい(左旋)対応アンテナ」および「BS4Kチューナー」「4K対応ケーブル」などが必要なケースがあります。

4k-wowow-001

「WOWOW」に現在加入されている場合は「何も契約の変更」なく2021年3月1より「WOWOWプライム」「WOWOWライブ」「WOWOWシネマ」に続く「WOWOW/4K」が自動的に追加されるだけですので視聴を考えている場合は「アンテナ」「チューナー」を確認しておきましょう。

4k-wowow-002



多くの「動画配信サービス」が「映画・ドラマ」中心なのに対し「WOWOW」の場合「映画のテレビ配信が早い」「音楽ライブ番組がわりと充実」「スポーツもテニス・ボクシング・スペインサッカー」「ゴルフ」などのコンテンツが楽しめる上、テレビブルーレイレコーダーに「通常のBS番組」同様「録画」して楽しめますので「4K放送受信可能」な環境ならば「契約の検討」もアリかも知れません。

wowow

個人的にはこの「WOWOW/4K」と「Amazonプライムビデオ」さえ視聴できれば「4K放送」は十分と考えています。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


【情報共有】じつは店員さんもよくわかっていない-「テレビ解像度」のはなし


【情報共有】じつは店員さんもよくわかっていない-「テレビ解像度」のはなし

4k-tv-000

「家電量販店」の店員さんもさまざまで、勉強されているスタッフはかなり細かい事まで説明してくれるのですが、とくに「繁忙期」に、あまり詳しくない店員さんに当たるとただ「キレイ」「音はいい」などと、ありきたりな説明ばかりで「売る方も買う方もよくわからず購入が成立」してしまう光景を目にして「いらぬ心配」をしてしまいます。

とくに「画質」に関して詳しいスタッフが少ない印象なので自分なりにまとめてみました。
現状市販のテレビは「1080p」ネット上で出回っている動画は「720p」が主流のようです
現在、店頭で展示されているテレビのほとんどが「43インチ以下」のサイズで「フルHD/2K」でそれ以上のサイズが「4K液晶/有機ELディスプレイ」の製品が並んでいます。

「4K」とはいうものの現実問題として「4K作品」として作られているのはまだわずかで、「BS4K」と呼ばれるチャンネルの多くは「HD・フルHD番組を4K相当画質にアップコンバート」して放映、配信しているのがほとんど「8K」はまだまだ先のようです。

対して「ネット配信」のコンテンツは「SD」~「4K(3840X2160)」まで「玉石混合」の様相で、大画面テレビなら、違いを感じる事ができますが、液晶テレビでも「32インチ以下」「パソコン」「スマホ」「タブレット」端末で視聴する分には「4K」は「オーバースペック」な上「容量を使う」ので、現状「1080p」サイズが扱いやすく、まだまだ主流であると言われています。

「YouTube」「Netflix」「TVer」「Gyao!」「Amazonプライムビデオ」
などのコンテンツのほとんど「720p」中心になっているようです。

4k-tv-001
注意すべき点は「フルHD /2K」「4K/UHD 」という表現は「総務省」が認めているのですが「日本国内でしか使われていない販売時における表現法」らしいので、海外ではまた違う表現をするらしいのですが、技術としては同じものというとの事らしい。

市販の「映画」や「ライブ」などのメディアディスクに於いては「SD画質のDVD」が一番多く「フルHDのBlue-rayディスク」の時代がくると思いきや「ネット配信」にとってかわられている印象で、「UHD」コンテンツも正直あまり見かけず苦戦しているように見えます。

家庭向けには「光ファイバー」などによる「ブロードバンド回線」がほとんど開通し、モバイルに於いても「5G」の普及により、これら「ディスクメディア」は不利な状況になるともささやかれているようです。
また、このご時世、「テレワーク」が普及し、自宅などで「動画ファイル」を扱う機会も増えると思われますが、「SNS」や「Web会議システム」「プレゼン」などで採用されている「動画形式」は「720pのMP4」ファイルが主流のように思われます。

なお、PC で編集できる「動画編集、変換ソフト」も最近出回って来ていて「4K画質」まで扱えるものが増えてはいますが、いざ「出力」や「ファイル転送」する際、自身の「DVDドライブ」が未対応だったり、相手の端末で再生できないケースもまだまだ発生するようなので「720pのMP4」ファイルでやり取りするのが無難かも知れません。
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク