セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

トラブルシューティグ

【注意喚起!】「初期化」できない「学校貸与と思われるiPad」がフリマアプリに「出品」されているという「噂」


【注意喚起!】「初期化」できない「学校貸与と思われるiPad」がフリマアプリに「出品」されているという「噂」

meru-pad-000


我が社に、ここ数件「持ち込まれて」きた「初期化」できない「iPad」

どう調べてみても「個人レベル」で対応できない「団体契約仕様」のよう。

「持ち込まれたお客様」によれば、揃って「フリマアプリ」で「匿名売買」手法により入手した、というもの。


たかだか「数万円」のためだけに「子供の信用」を落としてしまう行為は「いかがなものか」
詳しく説明すると「特定」されてしいまい「問題」になりそうなので、おおまかな「イメージ」だけ「説明」すると、「起動」時に「学校名・ログイン名」など表示されたまま「ログイン情報」を入力しないと先に進まない状況。

meru-pad-001


どうやら「オンライン授業」用に生徒向けに学校から「貸与」されている「iPad端末」「入手」し「出品」されているものを「つかまされて」しまったようです。

当然「所有権」は「学校など貸与元」にありますし、この状態では「中古市場には出回る事はまずありえない」ので「かなりグレイな出品」と言えそうです。


もし「入手」して「何とかして使おう」と思っても「ハード的」「ソフト的」にも「レンタル・リース元」より「完全にロック」されていますので「そのまま使用し続けた」としても「あらぬ疑いをかけられる恐れ大」ですので「フリマアプリ運営側に通報」して対処してもらうしか「解決策」はなさそうです。(出品者に直接クレームをつけてもさらにやっかいな事になりそうなケースなので)



しかしながら、たかだか「数万円」のためだけに「子供の信用」を落としてしまう行為は「いかがなものか」「複雑」な思いを感じます。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【トラブル解決!】Amazon「Fire HDタブレット」で「WiFiの自動接続」が有効にならない事が多い件


【トラブル解決!】Amazon「Fire HDタブレット」で「WiFiの自動接続」が有効にならない事が多い件

non-wifi-000


「リモートワーク」などの普及「公共施設」「商業施設」などの「フリーWiFi」「公衆無線LAN」を利用する機会が増えています。

基本的に「WiFi端末」の多くは最初に「WiFiスポット」の設定をしておいて、端末自体の「WiFi設定を常時オン」にしておけば、次回その「WiFi範囲内」に入れば「自動的に接続される」はずなのですが、Amazonオリジナルのタブレット端末「Fire HD」使用時に「自動的に接続できない」ケースが多く感じます。


「iPhone」「iPad」ですとこうしたトラブルはほぼ聞かれないのに対し「Androidベース」の端末については「機種」によりこうした手順が必要な場合もあるようです

「iPhone」「iPad」端末の場合、ほとんどこうしたケースが少ない印象ですが、特に「Android端末」の一部(に海外メーカー品が多い)や「Androidベースの改良OS」である「Fire HD」「FireTV Stick」用の「Fire OS」機器での「WiFi接続障害」はけっこう報告されているようです。

ちなみに別に所持している「Android端末」「SHARP AQUOS SENCEシリーズ」ではこうした問題も少なく、利用者からの報告として「京セラ」製もほぼ問題ないようですが、国内メーカーなら良いかというとそうでも無い様で「SONY エクスペリア」でも同様の「WiFi接続障害」もあるようなので、これも「仕様上の問題」と割り切って「都度設定する」動作を行うしかないようです。


以下「Fire HD」での画面で説明すると、「設定」→「インターネット」→「WiFiのオン・オフ」を一度「オフ」にし「オン」に戻す「使用可能なWiFiアクセスポイント一覧」が表示されます。


non-wifi-001


あくまで「個人的使用感」ですが比較的「コンビニ」「ファミレス」は概ね「自動接続」してくれるものの「イオンモール」「7スポット」「公共施設」「接続しているがインターネットが使えない」状態になる確率が高いようです。


non-wifi-002


大方「ここをタップしてネットワークにログイン」と表示されますので「タップ」します。


non-wifi-003


「WiFiスポット」によりインターフェースは異なりますが「ログインアカウント」(メール、SNSアカウントが多いと思われます)画面まで入れれば概ね「接続できる」ケースが多い印象です。


non-wifi-004



↓以上の操作で「接続が成功」する確率が高い気がします。



non-wifi-005



↓(関連記事)「公衆無線LAN」で「ビジネス上のやり取り」をやり取りする場合「VPN接続の設定」をして接続するのも「安全なポイント」かも知れません。







家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【トラブル解決】「オンライン会議」の回線状況が不安定な理由-「ホスト」が「ポケットWiFi」ではないですか?


【トラブル解決】「オンライン会議」の回線状況が不安定理由-「ホスト」が「ポケットWiFi」ではないですか?

mob-wifi-000
「オンライン会議」などを利用した「リモートワーク」も主流ななりつつある現在、平日日中こそなおさら「回線状況が不安定」なケースが見られます。

政府などで「リモートワーク」を推奨されている中「回線状況」の混乱を「考慮」せず進めた結果、「起こるべくして起こった」自体のようです。

最近報告されているケースでは「フリーWiFi」などの「公衆無線LAN」も「ギガもすぐ減る」などけっこう厳しいようです

確実な理由と言えないかも知れませんが、「定期的にオンライン会議」を主催している身として感じるのは通常「自宅・事務所」などの「光回線直結」でホストを立てている場合、あまり「回線不良」を感じないのですが「屋内WiFi化」の環境ですと、クライアント側が「スマホのデータ通信やWiFi」の場合「ときどき通信が途切れる」ように感じます。

ましてや「ポケットWiFi」や「スマホ通信」でホストを立てると「あっという間にギガを消費してしまう」上、けっこう「不安定な環境」になってしまいます。


さらに「フリーWiFi」「公衆無線LAN」の場合は施設によって「様々」「ビジネスホテル」ですと割と使用できる印象がありますが、「公共施設」や最近出始めた、こうした用途向けのはずの「ワーキングスペース」がけっこう「通信環境が不安定」なのは意外です(もっともホストでなければ快適に使えますが・・・)。


とりあえず、「ホスト」を立てる場合は、「自宅や会社」などの固定の「光回線」に「直付け」で「設定」したほうが「無難」かも知れません。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【トラブル解決】「iPhone」充電されているはずなのに「電源が入らない」時-とりあえず試してみる事


【トラブル解決】「iPhone」充電されているはずなのに「電源が入らない」時-とりあえず試してみる事

iphon-trb-000


2021年6月26日現在「インターネット通信」や「OSなどの不具合」など「スマートフォン廻りのトラブル」の報告が増えている昨今ですが、このケースも「同様な問題」なのか正式にアナウンスされていませんので「情報として定かではない」ものの、私の仲間内で相次いでいる「iPhone(アイフォン)が充電されいるはずなのに電源がダウンしていまう」という現象。

今朝、私の「iPhoneSE(2020)」起床してみたら「画面がブラックアウト」してしまっていたのですが、あれこれいじっているうちに「復旧」し、今のところ「問題なく作動できているよう」なので、「試してみた事」を報告します。


最近「何故か」こうした相談が増えていますが、とりあえずこの方法で復帰するようです

「最近の現象」としては「情報」はあがっていないよう
ですが、「iPhone」の場合「iOSの自動アップデート」の際「自動で電源がオフになる」ケースもあるようです。


この原因の場合「端末の再起動」「強制リセット」が「有効」との記事があったので「電源ボタン」を何度も押してみたのですが「再起動」してくれません。

そこで「強制リセット」の方法を試してみました。

方法は、

①「音量ボタン」の「↑大」を1回押す

②「音量ボタン」の「↓小」を1回押す

③「電源ボタン」を「5秒ほど長押し」


という手順なのですが、なかなか「再起動」してくれません。


iphone-trb-001


しかしこの動作を「しばらく繰り返し」していたら「5分ほど経って」からやっと「リンゴマーク」が表示され、無事「再起動」できました。


iphone-trb-002


「強制リセット」と言っても「指紋認証」を「有効」にするための「パスコード入力」が表示されただけで「とくに変更点」などなく「以前と設定は変更されておらず」使用できています。


iphone-trb-003


何度か「再起動を繰り返し」てみましたが「問題なく使用」できています。


iphone-trb-004

↓手持ちの「iPhone」「SE(2020年版)」しかありませんので、他機種ではどうかは「検証できていません」「参考」となりそうな動画を見つけましたので「リンク」を貼っておきます。↓





「設定」を確認してみたところ「iOSのアップデート」が実行されていましたので、私の「iPhoneSE」の場合はこのケースに当たるのかと思われます。

いずれにしても最近、こうした「スマートフォントラブルが多発」していますので、「安全な方法で再起動」してみるのも「有効」かも知れません。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】iPhone・iPadの「Lightning充電ケーブル」の「製品品質の差」が目立つ理由


【情報共有】iPhone・iPadの「Lightning充電ケーブル」の「製品品質の差」が目立つ理由

lighting-000


「iPhone12」から「充電用のLightning(ライトニング)ケーブル」が同梱されなくなり、自分で「サードパーティー」製や「100円ショップ」製品などで揃えるしかないのですが、これが「値段にかからわず」「当たりはずれが多い」のが現実で「四苦八苦」していいる方も多いようです。

そもそも「Lightning」自体「剝き出し端子」なので「少しの水分」でも「接触不良」を起こしたり、「Apple純正」品と言えども「上手く充電できていない」ケースも見受けられます。


lightning-001

「形状」上「USB-Type-C」と比べ「配線が剥き出し」なのも「弱点」ですが「使用アンペア」が異なる製品の組み合せが「原因」な場合もあるようです

そもそもの問題として「USB Type-C」がメインである「Android端末」と違い、「Apple製品」の場合、同じ「Lightning端子」を使用していても「iPhone用」「iPad用」とも「微妙に使用アンペアが違うと急速充電できない」 など、けっこう「デリケート」な部分が「Apple製品の弱点」と言えるかも知れません。


lightning-002


↓の表示の製品のように「iPad」の場合「2.1アンペア」の対応が必要なようですが、店頭に並んでいるほとんどの「Lightningケーブル」が「2.4アンペア」製品になっています。


lightning-003


lightning-004


ただし「まったく使えない」かと言うとそうではなく「急速充電」との表記があったとしても「充電時間が思いの外かかる」など「急いで充電しなければならない」ときは別として「けっして失敗」という事ではありませんが、人によっては「ストレスがかかる」状況にもなりそうです。


lightning-005


とくに「モバイルバッテリー」との接続使用時に気を付けたいのが「使用アンペアが合っているか」が快適に充電できるかの分かれ目と言われていますが「ケーブルの太さ」や「Lightning」ならではの「コネクタの弱さ」など「別の原因」も考えられますので「接続してみなければ分からない」やっかいなジャンルです。

2021年6月現在「iPhone12」向け「高評価なブランド」として「ANKER」が知られているところです。人によっては「ベルキン」一択という向きもあるようですが、個人的には「ANKER」しか購入した事がないので「どっちも試してみるべき」なのかも知れません。


(参考製品)








家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク