セガレの知恵袋

古物商開業支援・情報家電相談室「ディーエスエル」代表 【HN】PAWAKICHI(ぱわきち)の個人ブログです。

「情報」さえあればもっと「より簡単に・より便利に・よりリーズナブルに活用できるはず!」をモットーに「デジタル生活」の「情報の共有・検証・注意喚起」を、現役「古物商開業支援員・デジタル生活相談室」スタッフの目線から「情報共有・検証・注意喚起記事」を日々発信・更新しています。

クレカ・ポイントカード

【情報共有】「Visaタッチ」「Mastercardコンタクトレス」「JCBタッチ」とは?


【情報共有】「Visaタッチ」「Mastercardコンタクトレス」「JCBタッチ」とは?

20220825-touch-000

「キャッシュレス決済」としては「最古参」「VISA」「Mastercard」「JCB」の「クレジットカード」ですが、一般的には「クレジットカードリーダー」なる「カードを差し込んで」「カード裏面のアナログ磁気情報を読み込み」→「暗証番号を入力」して「決済完了」となる仕組みが多いようです。

「小売店」や「タクシー」などの「支払い」では「お馴染みの決済方法」ですが、2022年9月現在「〇〇タッチ」「コンタクトレス」という新たな「タッチ決済」という「クレジットカードの決済方法」を使える店舗などが増えているようです。

「物理的カード(クレジットカード)」で「交通系ICカード」のようにサインレスかつ暗証番号不要で「決済端末」にかざすだけで「会計が完了」する仕組みです

「クレジットカード」の「タッチ決済」とは文字通り「タッチ決済対応のクレジットカード」を「NFC」「おサイフケータイ」「FeliCa」機能搭載スマートフォンや「Suica(スイカ)」「PASMO(パスモ)」「nanako(ナナコ)」などの「カード型電子マネー」と同じように「タッチするだけ」で、時間のかかる「暗証番号入力」や「レシートへのサイン」などを省略できる仕組みになります。

↓以下の「マーク」がある「カード」「店舗」この機能が利用可能です。

20220825-credit-card-touch-payment-logo


日本国内に於いては「カード会社」により「名称」「カード自体の決済方法が異なり」ますので、それぞれ「VISAタッチ」「Mastercardコンタクトレス」「JCBタッチ」という名称の「決済サービス」が展開されています。

「VISAタッチ」

「Visaのタッチ決済」
は、「専用カード」での利用ではなく、「カードそのものに搭載されている」機能になります。

「前払い方式(プリペイド型)」「電子マネー」とは違い、「事前チャージが不要」で、「支払いサイクルの仕組み」的には、「後払い方式(ポストペイ型)電子マネー」「iD」「QUICPay」と同じ感覚です。

「Visaブランド」「デビットカード・プリペイドカード」に搭載されている「Visaのタッチ決済」を利用する場合は、「即時に金融機関口座や残高」から引き落とされます。

「Mastercardコンタクトレス」

「VISAタッチ」
同様、「事前チャージ不要」の便利な「後払い方式(ポストペイ型)」となっています。

「支払いサイクルの仕組み」的にも、「VISAタッチ」同様、「後払い方式(ポストペイ型)電子マネー」「iD」「QUICPay」と同じです。

ただ、「Mastercardブランド」「デビットカード・プリペイドカード」に搭載されている「Mastercardコンタクトレス」を利用する場合は、「即時に金融機関口座や残高」から引き落とされます。

「JCBタッチ」

「JCBタッチ」も先述の「VISAタッチ」「Mastercardコンタクトレス」ほぼ同様の仕組みになります。

もっとも、2022年9月現在「VISAタッチ」利用可能店舗数が「先行」しているようですが、今後「Mastercardコンタクトレス」「JCBタッチ」「追って行く」形になるそうです。

「タッチ決済」の「問題点」

これは「QRコード決済」開始時にも「指摘」されていた事でもありますが、「店員さんがタッチ決済に慣れていない」という問題。

ただ、これはあくまでも「認識」の問題だけなので間もなく「スムーズに決済」できるようになるかと思われます。

あくまでも「クレジットカード」の「決済手段のひとつ」に過ぎませんので「クレジットカードの機能(プリペイドカード・デビットカードもクレジットカード)のひとつ」であり、「レジでの扱い」は「クレジットカード」となるわけです。

「コンビニ」など、多くの「チェーン店レジ」では「クレジットカード払い」を指定すれば自動的にカードのタッチ決済に対応されますので、「クレジットカードで」と言って端末にタッチするだけで「スムーズに決済」できそうです。

ほとんどの場合、端末にかざしてから「1~2秒」程度で音が鳴り、その時点で決済完了します。

以前から「おサイフケータイ」などで利用されていた「非接触型決済」という手段を「クレジットカード会社」が始めたというだけで、特段新しいサービスという訳でもないようです。

(関連記事)



(参考書籍)



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

憧れの「ブラックカード」ならぬ「黒い色」のクレジットカード


憧れの「ブラックカード」ならぬ「黒い色」のクレジットカード


blackcard-001

クレジットカードを利用されている方なら、憧れの「ブラックカード」これは審査も厳しく、年会費も高額ではあるものの、「家」や「自動車」も購入できるという「最強」なカード。

とても「高値の花」なのであまり気にした事もなかったのですが、ここのところ、「ブラックカード」ならぬ「色が黒」なだけの「普通のクレジットカード」が出回ってきているので、一見「なんちゃってブラック」なクレジットカードが存在します。

比較的「審査が通りやすい流通系」のクレジットカードが中心なので入手しやすいのも魅力です。

「ブラック」とは言っても単に「色が黒い普通のクレカ」年会費無料の上比較的審査も緩いらしいので申し込んでみては
blackcard-002

私の場合、「YJカード」の更新時にカラーが「黒」を選ぶ事ができたので、変更して使っていたところ、ある知人が「ブラックカード」と勘違いし感心していましたが、なるほど「Tポイント」の部分を隠せば「ブラックカード」に見せかける事ができそうです。

ただ、カードの材質が本物と違い「傷みやすい」のでよく見ればすぐバレそうですが、「ハッタリ用」に使えそうです。

blackcard-003

「YJカード」に関していえば「Yahoo!ショッピング」でポイントアップキャンペーンが行われているとき申し込むと結構ポイントがたまるので、一度申し込んでみては。

ただ、こうした「黒いカード」が増えてくると、あまり「ハッタリ効果」はなくなりそうなので、入手するなら「今のうち」かも知れません。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「慶弔」の送金も「現金書留」ではなく「電子マネー決済」に


「慶弔」の送金も「現金書留」ではなく「電子マネー決済」に

keichou-000

ここのところ、個人的に「香典」を送らなければならないケースが多くなり、基本的に「現金書留」にて送金していましたが、ケースによっては「Amazonギフト」「iTunesギフト」コードで依頼される場合もありました。

最近、仲間うちでは「出席代表者」がまとめて「連名」で渡すのに代表者の「LINEアカウント」に「LINEpay」で送金する事が増えてきているようです。


「現金書留」→「銀行振込」→「iTunesギフト」→「Amazonギフト」という流れでしたが現在「LINEpay」が手数料もかからずその場で決済でき、メインになりそうです
なるほど、「現金書留」「銀行振込」ですと「手数料」も馬鹿になりませんし、「ギフトコード」を「メールで送信」にセキュリティ的に不安な向きもありそうですが、「LINEpay内で送金」を行うのであれば「その時点で決済が完結」するので、ある程度「安心」な手法かも知れません。

keichou-001

「LINEpay」を導入しているのであれば「送金」から「相手のアカウント」に金額を入力して「登録」するだけです。

「LINE内」での取引になるので「海外」でも手数料がかからず送金のやりとりができるので「LINEアカウント」をもっているのであれば使わない手はなさそうです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

モバイル決済「LINE Pay」を導入してみた


モバイル決済「LINE Pay」を導入してみた

LINEpay

「○○Pay」「・・Pay」など、パンダの名前のような「モバイル決済」が乱立していて、しばらく「様子見」をしていましたが、「LINE」アプリ自体、頻繁に利用しており、「割り勘機能」「少額送金」も可能ということなので「LINE Pay」で、「モバイル決済」デビューする事にしました。
今まで生活費用に「楽天Edy」を使っていましたが、NFC非対応スマホでも利用できる「LINE Pay」に変えてみました
LINEpay-000

スマホのアプリ自体は、「LINE」内「ホーム」→「ウォレット」からダウンロードする形式になっています。




Google Play で手に入れよう
インストールが完了すると、「LINE」本体とは別に「LINE Pay」のアイコンが追加されます。

LINEpay-001

使用するためには、まず金額を「チャージ」する必要があります。

「銀行口座」と「クレジットカード」で支払いを設定する事ができますが、今回は「銀行口座」からのチャージに設定しました。

LINEpay-003


使い方は思ったより簡単で、対応店舗で「LINE Payで」と言って下の画面を提示すれば、店員さんがスキャンしてくれます、ただそれだけ。

LINEpay-005

レシート上「カード会社 LINE Pay」と表示されます。

LINEpay-006

ちなみに、仲間うちで「あまりよく知らない知人の葬儀の代理出席者への香典の預け方」として、「Amazonギフトコード」やこの「LINE Pay」を利用するケースも増えてきているようです。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「サンドラッグ」で「楽天ポイント」が使える・貯まるように-「ポイント二重取り」も可能


「サンドラッグ」で「楽天ポイント」が使える・貯まるように-「ポイント二重取り」も可能

sundrug-000


sun-raku-000

日常的に日用品(特に洗剤、トイレットペーパーなど)、食品(コーヒーや米などが安い)などを購入するのに利用しているドラッグストア「サンドラッグ」が、生活圏内に「4店舗」あるので、「サンドラッグ」の「ポイント」を多いに利用していますが、最近「楽天ポイント」も利用でき、ポイントも「二重取り」できるという事になったので、早速「登録」してみました。
生活圏内に「サンドラッグ」が4件あるので、使いでがありそうです
sun-raku

「ポイント」利用を有効にするためには、アプリで「利用登録」する必要があります。

登録手順とカードは「店舗」に設置されていますので持ち帰ります。

sundrug-001


サイトにアクセスし既に「楽天ポイント」を利用しているので、「ユーザID」「パスワード」を入力し、「ログイン」をタップ。
sun-raku-001
画面の指示に従い、「カード番号」を入力の上、利用登録が完了します。


sun-raku-003

もし、「楽天ポイント」自体利用していないのであれば、「同封」のカードをもとに「新規登録」も可能です。

sun-raku-004

ちなみに貯まるポイントは「サンドラッグポイント」が、100円(税抜)につき、「1ポイント」
「楽天ポイント」が、200円(税抜)につき、「1ポイント」と「ポイント二重取り」になりますので、けっこう「お得感」はありそうです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク