セガレの知恵袋

「ITライフハックマスター 」AI和泉(旧ぱわきち)が生活に役立つIT・通信・放送に関する情報をわかりやすく「情報共有」するブログです

「ITライフハックマスター」 AI和泉(旧ぱわきち)です。情報家電業界で40年以上の経験を持ち、消費生活アドバイザーやテレビ地デジ化推進業務なども行ってきました。この時代を生きる人に役立つIT・通信・放送に関する情報をわかりやすくお届けします。私の目標は、新時代のインフラやデバイス、ガジェットの仕組みや最新話題を「情報共有」してもらうことです。

デジタルガジェットレビュー

【検証】iPhoneを通話録音して証拠に残すためのガジェット-ORYMPUS「テレフォンピックアップ通話録音用マイク(TP8)」


【検証】iPhoneを通話録音して証拠に残すためのガジェット-ORYMPUS「テレフォンピックアップ通話録音用マイク(TP8)」

20240321-tp8-000

iPhoneでは、基本的に米国内のルールに基づいて「通話録音が不可能」になっています。

「いやいや専用アプリも存在するよ」という向きもありますが、Apple非推奨である上、使用料がけっこう高価な割には使い勝手が・・・あまり現実的ではなさそうです

そんなところ、iPhone専用ではありませんが、「ORYMPUS TP8」なるガジェットを利用して、きわめて「アナログ的」な手法、iPhone通話が可能である事が確認できましたので「情報共有」します。

なお、この手法には、「ORYMPUS TP8」イヤホンマイクにプラスして別途ICレコーダーが必要です。

本製品を耳とiPhoneのマイクの間にはさみ、通話中の音声を直接マイクに送りICレコーダーでそれを記録するというアナログ的?な仕組みです

「ORYMPUS TP8」インナーイヤー方式のテレホンピックアップマイクで、通話中の音声を拾うために使用されます。

製品自体は、2,000円前後で入手できますが、録音記録には別途、ICレコーダーが必要です。

今回は、個人的に愛用している「ORYMPUS VN-6200」というICレコーダー「検証」してみました。

20240321-tp8-001


「ORYMPUS VN-6200」類似のICレコーダー


これにより、iPhoneでの通話中に相手の声も含めて録音することができます。

この録音方法の仕組みは、「TP8」耳と電話の受話器の間に位置することで、通話中の音声を直接マイクに送り、「VN-6200」がそれを記録するというものです。

20240321-tp8-006

iPhone通話を開始し、「ORYMPUS VN-6200レコーダー」録音を開始します。

20240321-tp8-008

「TP8」全指向性マイクロホンで、周囲の音を均等に拾うことができるため、通話中の両方の声をクリアに録音することが可能です。

20240321-tp8-003

「TP8」「ORYMPUS VN-6200レコーダー」マイク端子に接続し、イヤホン部分を耳に装着します。

20240321-tp8-005

この方法では、iPhone本体の機能を使用せずに、外部のレコーダーを使って通話を録音するため、iOSのバージョンLINEFacebookメッセンジャーなどあらゆるアプリの制限を受けない上、Androidスマートフォンや固定電話の受話器でも録音が可能です。

ただし、通話録音した音声については「それなり」感はあります。

仕組み上、通話音以外の音声も拾ってしまいますので、なるべく外部音が気にならない場所での通話録音するなど工夫する必要はありそうです。

今回使用したICレコーダーのメーカーが「TP8」と同じ「ORYMPUS」製品なので、さほど気になりませんでしたが、他メーカー製品では「未検証」です。

もしかしたら、機器同士の相性問題はあるかも知れません。

↓今回、操作・音声の確認など以下の動画を参考にさせていただきました。




(参考製品)



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品レビュー】「スマートウォッチ」は利用したい機能を考慮すれば「数千円台」の製品でもお得感アリ-「SOUNDPEATS Watch 3」


【製品レビュー】「スマートウォッチ」は利用したい機能を考慮すれば「数千円台」の製品でもお得感アリ-「SOUNDPEATS Watch 3」

20230116-watchi-000

個人的に「スマートウォッチ」型のデバイスについては「電話の着信を知れせてくれる」「メール」や「LINEなどのメッセージの通知」、および「歩数計機能」だけあれば良い、という考えなのでこれまで「1万円以内」の製品しか購入した事がありません。

かれこれ「4台」ほどほぼ「2年毎」に買い替えています。

過去「無名の中華製スマートウォッチ」から始まり、「シャオミ」の「Mi Band」→直近では使用している「Bluetoothイヤホン」と同じ「SOUNDPEATS Watch 1」愛用していました。



ところが購入して「約2年」ほどで「充電口にサビ」が発生充電ができなくなってしまいました。

20230116-watchi-001


「電話の着信」「SNS・LINE・メールの確認」「歩数計」だけで機能で充分なら「Apple Watch」の「1/10」に価格の製品を「買い替え続ける」のも「コスパ高」かも

そこで「新しい製品」を入手しようと「ネット上」をながめていると「SOUNDPEATS」の後継機「Watch 3」「楽天1位」「Amazonベストセラー」に入っており、「レビュー」でもまあまあな感じでしたので「Amazon」「3,980円(税込)」で購入してみました。

「丸型」の「Watch 2」も気になったのですが、「情報量が多くタッチ操作のしやすさ」を考えて「角型」の「Watch 3」を選びました。

20230116-watchi-002

「パッケージ」内容は「本体」と「独自形状の充電ケーブル」。

「取説」「複数言語」対応「日本語説明が怪しい」のは相変らずですが、何気に「カラー」で「厚くちょっぴり豪華」になった印象。

20230116-watchi-003

この手の「スマートウォッチ」ありがちですが、初回起動時に画面に「QRコード」が表示され「ペアリング」したい「スマートフォン」のカメラで読み込み「設定アプリ」をダウンロード・インストールする仕組みになっています。

20230116-watchi-004-horz

あとは「画面の指示」に沿って「インストール」作業を行うだけです。

20230116-watchi-006-horz

「位置情報」の設定、「ペアリング」の確認が完了すれば、自動的に「時間」「通知するアプリ」の「設定」などが完了します。

20230116-watchi-008

もともと利用していなかった「ヘルスデータ」「睡眠管理」などは「あとからゆっくり見ていく」として「とりあえず歩数計」の「機能確認」をしてみます。

20230116-watchi-009

「ペアリング」する「スマートフォン」(今回はAndroid端末、SHARP AQUOS sense4で検証)にインストールした「ステップカウンター」なる「歩数計アプリ」「Watch 3」「歩数計データ」「1日」が終了した時点で「比較」してみました。

20230116-watchi-010

結果、「Watch 3」の方が「スマートフォンアプリ」に比べると「約2割」ほど多く「計測」されるようです。

もっとも「Watch 3」は「左手首」「スマートフォン」は「腰のベルトに固定されたケース」に入れてでの「計測結果」になりますので「同じ条件とは言えず」その「差」致し方無いのかも知れません。

ちなみに本家「Apple Watch」シリーズでも「同様の計測結果がでる」との報告もあるそうです。

あくまでも「スマートウォッチ」「スマートフォン」とも「目安」でしかありませんので「割り切った使い方」をするしかなさそうです。

歩数計 - 万歩計、ステップカウンター & カロリー計算
歩数計 - 万歩計、ステップカウンター & カロリー計算
開発元:Leap Fitness Group
無料
posted withアプリーチ

しかしながら「ちょっぴりうれしい点」が二つ。

ひとつは思いのほか「バッテリー」の持ちが良いところ。「取説」や「レビュー」にある「一週間」「オーバーな表現」と言えそうですが、それでも「1回充電」すれば「4~5日は持つ印象」なので、本家「Apple Watch」「FitBit」などの「高額スマートウォッチ」が「1日しか持たない」事を考えれば「合格点」と言えそうです。

また、意外に便利なのが「音楽アプリの操作」「わかりにくい」ながらも「可能」なところ。

20230116-watchi-011

「再生中楽曲」「スタート/ストップ」、「前曲に戻る」「次曲に進む」などの操作が「可能」なのはもちろん。

20230116-watchi-012

「音声アイコン」をタップする事で「音量の操作」も可能でした。

この「SOUNDPEATS」「Watchシリーズ」に限らずですが、こうした「デジタルガジェット」は「2年ほどでアップグレード」される製品群に」なります。

たとえ「10倍の価格帯」の製品でも「2年の寿命」と考えれば、こうした「格安デバイス」を「買換え続け」たとしてもけっして「安物買いの銭失い」とは言い切れない分野かも知れません


(関連製品)







家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品レビュー】「ゲオ」で見つけた「スマホ用電源不要木製スピーカー」-思いのほか「安定感」があり「ラジオ代わり」になりそうな印象


【製品レビュー】「ゲオ」で見つけた「スマホ用電源不要木製スピーカー」-思いのほか「安定感」があり「ラジオ代わり」になりそうな印象

20220728-geo-wood-000

「スマートフォン」の音声を「反射」させる事によって「増幅」「電源不要」の「疑似スピーカー」として利用できる製品がいくつか販売されています。

以前も「110円(税込)」の製品をレビューしており、意外と「使える」印象でした。

しかし、その「形状」ゆえか「置き場所により不安定」という問題も「気になるところ」でもあります。



「スピーカー」部分が「2つ」あるので「疑似ステレオ?」的な音声が楽しめますが「音」は値段なりか

たまたまではありましたが、行きつけの「ゲオ」店舗で、同じようなコンセプトの「スマホ用電源不要木製スピーカー」「シングルスピーカー」「ダブルスピーカー」の2種類の製品が、それぞれ「1,078円(税込)」で販売されているのを「発見」。

20220729-geo-001

「設置時の安定性」「ダブルスピーカー」による「疑似ステレオ?」を期待して「ダブル」タイプを購入。

20220728-geo-wood-001

さすが「木製」なだけあって「1,078円(税込)」な値段ながらも「頑丈感」「高級感」には期待が持てます。

20220728-geo-wood-004

「説明書き」「充電しながら使用できる」とありますが、手持ちの「充電ケーブル」だと「はみ出して」しまいます。

対応する「充電ケーブル」選ぶ必要があるようです。

20220728-geo-wood-002

とは言え「スピーカースタンド」としての「安定感」は抜群です。

20220728-geo-wood-003

肝心の「音質」については、プラスチック製の「110円(税込)」の製品に比べれば「音の深みは若干感じる」ものの「高音のキンキン感」は気になります。

「スマートフォン」側の「音量」「イコライザ」の設定で調節する必要はあるでしょう。

「気になって」いた「ダブルスピーカー」による「疑似ステレオ?」については「左右2個所から音声が出力されている」からか「何となくステレオ?」のように感じますが、この感覚は「人それぞれ」かも知れません。

コンパクトな製品がゆえに「じっくり音楽を聴く」というよりは、「ラジオ」感覚で利用する分には「複数人数」でも「共有」できますので「電源不要のスピーカー」として、ひとつ「所持」しておくと「停電時」の「ラジオ代わり」など、あとあと「役に立つ」かも知れません。


(参考製品)



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品レビュー】「iPhone」のストレージ容量を「外付けSDカード」で拡張する-「Lightning SD カードリーダー」を導入してみた結果


【製品レビュー】「iPhone」のストレージ容量を「外付けSDカード」で拡張する-「Lightning SD カードリーダー」を導入してみた結果

20220627-lightning-sd-000

「Android端末」では、「MicroUSBカード」で「データストレージを拡張」する事が可能な機種もありますが、「iPhone」では「内蔵ストレージ」の保存するしかないので「大量の画像データ」「容量の大きい動画データ」を取り扱いたい場合「iPhone」のストレージ「128GB」以上の端末を購入する必要があります。

しかし当然ではありますが「大容量GB」の機種ほど端末価格が「高価」になるのも「致し方無い」ところです。

そのため「iPhone」「iPad」での「ストレージ拡張」では「クラウドストレージ」の「iCloud(アイクラウド)」に「バックアップ」するという方法が「推奨」されています。
20220628-lightning-sd-001
この「iCloud」で保存できるデータの容量が「5GB」までは「無料」で利用できます。

個人的な「写真」データ程度であれば「何とか収まる」かも知れません「仕事用のデータ」「動画」などですと「5GB」はあっという間に超えてしまうケースも多いようです。

そこで「月々いくばくかの料金を支払う」事で「保存容量を追加」する事もできますが「少額とは言え長期的に考えればそれなりの金額を払い続ける必要」があります。

クラウド「iCloudストレージ」有料化で「拡張」する方法も「有用」ですがこの手法であれば「初期投資2~3、000円程度」でそこで「16GB」運用する事もできます

そこで、個人的に使用している、「Android端末」のように「MicroUSBカード」を「複数」用意して、用途によって「使い分けられる」方法を紹介します。

この手法は、以前からも「専用カードリーダー」を使えば「有効」である事は知られていたのでが「カードリーダー」自体が「高価」な製品しかなかったためあまり「一般的」ではありませんでした。

ところが、2022年6月現在「Amazon」内で「2,000円以内」で「iPhoneのLightning端子に対応したカードリーダー」が複数発売されていて、この「カードリーダー」にプラス「キャンドゥ」で販売している「MicroUSBカード(16GB)」といった「組み合わせ」が可能になりました。

結果、「初期投資(カードリーダー1,750円+MicroUSBカード550円=2,300円」「データ容量」を増加する事に成功しています。

↓「導入」したのは以下の製品



「キャンドゥ」でも販売されている「HIDISC」ブランド「16GBMicroUSBカード」

この「カードリーダー」「512GB」まで対応されるようなので、iPhoneストレージとしては「ほぼじゅう分」な「容量」で使えるかも知れません。




20220627-lightning-sd-001

使い方はただ単に「Lightning端子」に挿すだけ。

20220627-lightning-sd-002

「MicroUSBカード」「差し込みスロットがSDカード仕様」ですので「SDカードアダプタ」が必要です。

20220627-lightning-sd-003

「接続」して「iPhone」側の「ファイル」アプリ「iPhone内を確認」してみて「NO NAME」という新しい「フォルダ」が表示されていれば「ストレージ」として「認識」されています。

20220627-lightning-sd-004

端末内に「認識」されれば「ファイルの移動」など「端末内のファイル」同様、「データ移動」などの操作などが可能になります。

20220627-lightning-sd-005

「iCloud」での「ファイル管理」「データ通信」「WiFi環境」下での操作が必須ですが、この「物理的SDカード」の操作であれば「オフライン」で「PC」や「他の端末」への「データ移動」が可能なので「思ったより便利」に感じます。


(参考製品)




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】ダイソーの「電子メモパッド」の「ペン」だけを無くしてしまった時-セリアの「タッチペン」がピッタリ!


【これは便利!】ダイソーの「電子メモパッド」の「ペン」だけを無くしてしまった時-セリアの「タッチペン」がピッタリ!

memopad-pen-005


「ダイソー」から発売されて以来、けっこう好評なのか、「キャンドゥ」「ワッツ」などでも「550円(税込)」で販売されるようになった「電子メモパッド」ですが、「付属のタッチペン」を紛失してしまい「困って」いたところ、いろいろ試してみた結果「意外な製品がピッタリ」だったので「紹介」します。





形状的に「ペン型」「固い」「尖り過ぎていない」ものであれば「専用ペン代わり」になりそうですがパッドに「傷が付きにくい」製品を選んだほうが「安心」でしょう

構造上「ペン型」で「接触面が尖りすぎず、かつ固い」もの
であれば「代用できないことはない」のでですが「携帯性」「画面を傷つけにくい」ものを探していたところ、「セリア」で販売されている「携帯ゲーム機」用「タッチペン」の「ペン先」が「良さげ」に感じたので購入してみたところ、これが「ピッタリ」でいい感じです。


memopad-pen-000


本来は「携帯ゲーム」機の「液晶画面」にタッチ操作するための「ペン」なのですが、これが「デリケート」な「電子メモパッド」の画面に「相性が良い」という印象です。


memopad-pen-001


「ペン」自体
に「紐などが取り付けられる穴」が空いているので、無くさないように「本体」と「繋げて」おくと「安心」でしょう。



memopad-pen-004


なんと「予想外」にも「ダイソー」の「電子メモパッド」「ペンホルダー」に「セリア」の「ゲーム用タッチペン」がピッタリなのですが、この種類の「タッチペン」「ダイソー」「キャンドゥ」では販売されていないのも「意外」ではあります。


memopad-pen-006

もし「付属のタッチペン」を紛失していまったとしても、この組み合わせが「有効」のようですし、かつ「スマートフォン」「タブレット端末」にも使用できますので「セリア」などで見つけたら「入手」しておいても「後々使える」かも知れません。


(参考製品)


(参考書籍)




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク