セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

デジタルガジェットレビュー

【製品レビュー】Android向けスマートウォッチ-SOUNDPEATS「Watchi1」が思いのほか「コスパ高」感ありな印象


【製品レビュー】Android向けスマートウォッチ-SOUNDPEATS「Watchi1」が思いのほか「コスパ高」感ありな印象

watchi1-000


「スマートウォッチ」「ウェアラブル端末」としては「Apple Watchi」一強の印象がありますが、お世辞にも「コスパ良しとは言えない」のと「そもそもAndroid端末との併用を想定していない」ので、まったく使えないわけではないものの「高い買い物」になってしまい「多くの機能を享受できない」ので「iPhoneユーザー」以外にはあまり「おすすめできない」のも事実です。

↓そこで、Amazonなどで販売されている、いわゆる「中華製スマートウォッチ」が「数千円台」で数種類出品されているのでいくつか購入しては「買い替え」している状態ですが「価格なり」の製品もあるものの、経験上「あまりひどい製品」といった印象は幸いかも知れませんが感じたことはありません。



↓特に「Xiaomi(シャオミ)」「Mi Band(ミーバンド)」シリーズなど「ちょっとしたプレゼント」にも「低価格ながらもファショナブルな上機能的」で好評なのでおすすめです。


「シャオミ」製も捨てがたいところでしたが「イヤホン」を愛用しているので「統一」してみたらけっこう「快適」に使えています
最近自分用に使用している「yamay」なるメーカーの製品が購入して「3年」も頑張ってくれていますが「バッテリーが一日も持たなく」なってきたので「Xiami」の新製品に「買い替え」ようと調べていたところ、同じような「中華系メーカー」で私自身「Bluetoothイヤホン」を愛用している「SOUNDPEATS」からも「ちょっとだけApple Watchi?似」な「ウェアラブル端末」が販売されているのを発見、「もしかしたらイヤホンとの相性が良いかも」と、今回は「SOUNDPEATS Watchi1」なる製品を購入してみました。




↓届いたパッケージの内容は「本体(バンドも付属)」「充電ケーブル(やはり独自規格)」「取説」のセットと「シンプル」。

watchi1-001




「セットアップ」は他の「ウェアラブル端末」同様画面に表示された「QRコード」を「スキャン」して「Google Play」から「スマホ」に「専用アプリをダウンロード」する方法が取られています。

watchi1-002

「設定」自体は「スマホ」アプリの内容にそって進んでいくだけです。

watchi1-003



watchi1-004


「アカウント」さえ間違えなく「設定」できれば「Gmail」「SMS]「Facebook」「LINE」の通知など「自動的に同期」してくれます。


watchi1-005

「着信先」「メールの相手」「SMS」「SNS」のメッセージの「数行」は表示してくれますので、想定したより「実用的」に感じますが、期待していた「イヤホン」との連携機能が「曲送り・戻し」「一時停止・再開」は問題なく動作できるものの「曲名が非表示」「音量」は「スマホ側で操作」しなければならないのが「残念」なところです。


watchi1-007

しかしながら「数千円台」で入手できますので「Apple Watchi」1台購入する金額で「数台使い分け」できるので、けっして「高い買い物」とは言えないと思います。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】Apple純正イヤホン「EarPods」の「音漏れ防止」「低音強調化」をかんたんに「改造」する


【検証】Apple純正イヤホン「EarPods」の「音漏れ防止」「低音強調化」をかんたんに「改造」する

earpods-000

「在宅ワーク」での「オンライン会議」「テレビ収録などのリモート出演時に多く使用されている」Apple純正イヤホンである「EarPods」ですが「オンライン通話に気軽に対応できる」「有線イヤホンながら」も好評価されています。

反面、Appleらしいスタイリッシュな仕上がりな分「使い勝手が悪い部分」があるのも事実。

特に有線でありながら「高音域が高い」はよいのですがかえって「キンキン」するのが気になったり「音漏れ」がけっこう気になるのも「形状上致し方ない」ところでしょう。


そこで、Apple純正イヤホン「EarPods」「分解することなく」できるお手軽な改造で、「装着感」や「音漏れを改善」「低音強調化」する方法を紹介しましょう。


APPLE 純正 イヤホン アップル 3.5mm ミニプラグ iPod iPhone iPad 本体標準同梱品 EarPods with 3.5 mm Headphone Plug 純正品 MD827LL/A (MD827ZM/B MD827FE/A同等品)
by カエレバ



Apple純正イヤホンを分解することなく「装着感」や「音漏れ」を改善するできるお手軽な改造方法です


「EarPods」は、穴を「絶縁ビニールテープでふさぐだけ」で驚くべき変化が現れます。

「カスタマイズ改良」の方法は至極簡単。前面の穴にビニールテープを貼るだけです。

earpods-001


まず「音漏れがかなり減少される」ので電車内でも安心です。

さらに、穴を塞ぐことで「低音が強調」されます。

こうした「音質」につては、多少好みが分かれる部分でしょうが、「音声通話」「radiko」「ポッドキャスト」などを聴くには「高音がキンキンし過ぎずよりリアルに聴こえる」ように感じました。


earpods-002


しかも、例え「音質」が気に入らなくても「テープを剝がすだけで元に戻る」ので、お気軽に「試してみる」ことが可能なのも注目すべきところでしょう。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品レビュー】SOUNDPEATS「完全ワイヤレスイヤホン」-3,000円の価格差を実感


【製品レビュー】SOUNDPEATS「完全ワイヤレスイヤホン」-3,000円の価格差を実感

soundpearts-kanzen-001

Amazon発の「格安デジタルガジェット」類も「Anker」「Soundpeats」など「家電量販店」「セブンイレブン」「ドンキ」などでも見かけるようになりましたが、個人的「ワイヤレスイヤホン」については「Soundpeats」製品を使い続けています。

確かに「SONY」「JVC」などの数万円する「高級機」と比べれば、いわゆる「オーディオマニア」からすれば「物足りない」部分もあるでしょうが、「アプリ」「イヤーピース」などうまく組み合わせれば「それなりに高音質」と感じているので「高コスパ」な製品として満足してはいるのですが「製品故の宿命」なのか「2年も使うとバッテリー持ちが極端に弱く」なってしまうので、今回は同じ「Soundpeats」製品でも奮発して。プラス3,000円のモデルを購入してみました。
「プロの評論家が選んだ完全ワイヤレスイヤホン」国内最大級オーディオビジュアルアワード製品の実力を検証
2年前購入した「True Free+」もとても気に入っていたのですが「連続再生時間が約2時間持たない」くらい低下してしまいましたので、こちらは「通話の待ち受け専用に使用する」ことにして「Truengine 3SE」という同社のイヤホンの中でも「高価格帯」(とは言っても6~7千円台)のものを購入してみました。

soundpearts-kanzen-000

↓さすが「ケースの材質」だけでも「価格差」を感じます。

M)SOUNDPEATS Truengine 3SE ワイヤレスイヤホン Type-C充電対応 / クリア通話 / 長時間再生 / IPX5防水 イヤホン 自動ペアリング 小型
by カエレバ

↓この「Truengine 3SE」に比べると以前から愛用している「True Free+」も「チープ感」を感じるようになってしまいますが「音質などまだまだ負けてはいません」。

ワイヤレスイヤホン TrueFree+ サウンドピーツ SoundPEATS ブルートゥース イヤホン bluetooth 5.0 TrueFreeplus メーカー直営 100%正規品 完全ワイヤレス AAC 35時間連続再生 自動ペアリング ワイヤレス マイク テレワーク オンライン会議
by カエレバ


soundpearts-kanzen-002

「True Free+」から「Truengine 3SE」の大きな変更点として「ペアリングが片方ずつ独立」していて「以前より接続がスムーズ」になったところと「イヤホン操作が物理ボタンからタッチセンサーに変更」された点。

これにより「イヤホン側の音量の上げ下げが可能になった」のはいいのですが、慣れるまで「誤動作」を頻繁に起こしてしまいました。

基本操作:
1.イヤホンのボタンを素早く2回押すと再生/一時停止or着信受話/通話終了します。
2.左側(L)のイヤホンのボタンを1回押すと音量下げます。
3.右側(R)のイヤホンのボタンを1回押すと音量上げます。
4.左側(L)のイヤホンのボタンを1.5秒間長押しすると一つ前の曲を再生します。
5.右側(R)のイヤホンのボタンを1.5秒間長押しすると次の曲を再生します。
6.イヤホンのボタンを素早く3回押すと端末の音声認識アシスタント機能(Siri/Google)を起動します。

肝心の「音質」「奥行きがかなり再現」されているので最初「違和感」を感じましたが「バックで鳴っているかなり細かい部分や、あやふやに聞こえていたコーラスの歌詞も聴きとれる」など「値段なり」なことはありそうです。

↓個人的には「イコライザーを自由に設定」可能な「HP Player」アプリもおすすめです。




より「深みがある音を再現したい」向きには「イヤーピース」を付け替える方法もあります。
 

↓今注目しているのが「同ブランドのスマートウォッチ」。

現在使用しているスマートウォッチですと「音楽再生の設定が上手く連携できていない」問題があるのですが「同ブランド製品」ならその辺クリアできていそうかと思われるのですが「レビュー」等情報が少ないので今後チェックして購入してみたい製品のひとつです。

SOUNDPEATS Watch 1 スマートウォッチ 活動量計 万歩計 睡眠モニター 着信通知 IP68防水 スポーツウォッチ 腕時計 音楽再生コントロール 長時間待機 SMS通知 GPS運動記録 ストップウォッチ 座り過ぎ通知 オート
by カエレバ



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】Amazon「Fire HD 8」を「Echo Show」化して利用してみる-Amazon Prime Music編


【検証】Amazon「Fire HD 8」を「Echo Show」化して利用してみる-Amazon Prime Music編

echo-am-000

「Fire HD」シリーズは「Amazonオリジナルのデバイス」なので当然「Amazon Prime Music」にも対応しています。

「約200万曲以上」「洋邦の楽曲」が聴ける「ポッドキャスト」の一部の番組にも標準で対応。

さらに「Radiko」アプリもダウンロードできますので「アレクサ」機能で「音声で操作」する事が可能ですが、ちょっと「クセ」はある印象です。



↓「Fire HD」を「Echo Show」化?する手法はこちら





「プライム会員」である事が前提でかつ「使い方にクセがある」ものの、そもそも「スマートスピーカー」とはこんな感じなのか?
「Radiko」を再生するには

「アレクサ、ラジコでFM〇〇をかけて」と話しかけると

「はい、FM〇〇を再生します」と返答し「再生」してくれます。

echo-am-001

次に「Podcast」を「再生」するには

「アレクサ、ポッドキャストで〇〇〇(番組名)をかけて」と話しかけると

「はい、AmazonMusicで〇〇〇(番組名)を再生します」と返答し「再生」してくれます。

echo-am-002

とここまでは「ポッドキャスト」の再生もかんたんなのですが「iTunes版ポッドキャスト」より「番組数が少ない」のが気になるところではあります。

これは「Spotify」版「Podcast」でも同様です。

さらに「音楽」については「楽曲」「アルバム」「プレイリスト」毎ではなく「アーチスト名でのシャッフル再生」しか上手くできませんでした、もしかしたら「Amazon Music Unlimited」契約が必要なのかも知れません。



echo-am-003

ちなみに「Amazon Music」では楽曲の一部で「歌詞表示」ができるものもあるのですが、これは「音声」ではなく「画面の歌詞マークをタップする」必要があります。

echo-am-004

いずれの「音声コンテンツ」の操作は「音量を上げて(下げて)」「止めて」「次を再生して」など「音声」で操作できるときとできないときがあるなど、イマイチ統一されていないケースもあるかも知れませんがあくまで「専用機」ではないので「致し方ないところ」でしょう。




(参考書籍)


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】Amazon「Fire HD 8」を「Echo Show」化して利用してみる-セットアップ編


【検証】Amazon「Fire HD 8」を「Echo Show」化して利用してみる-セットアップ編

fire-echo-000

最近「Google HOME」「Amazon Echo Show」など、いわゆるAI搭載「スマートスピーカー」が手ごろな価格で手に入るようになりました。

つい最近も、Amazonのセールで5千円台で「Echo Show」が手に入るチャンスがあったのですが、うっかり買いそびれてしまいました。

しかし同じ「Alexa(アレクサ)」対応機器なら我が家に「Fire HD 8」タブレットと「Fire TV Stick」があるではありませんか!。

とりあえず「Fire HD 8」にはスタンドになるカバーケースを取り付けてありますので、何とか「似た形状」で使えそうなので「Echo Show」代わりにならないか「ググって」「検証」してみました。
同じAmazonの「Alexa搭載デバイス」なのでこの一台だけでもいろいろ遊べそうです
↓現状、こんな感じで「スタンド」させているので、スピーカーとしては「物足りない」感じはしますが「Alexa(アレクサ)」君は、答えてくれると思います。

fire-echo-001




fire-echo-002

「Fire HD 8」側では、この状態で「画面上部」から下に「スワイプ」すると、「〇〇さんのFIRE」という画面がおりてきますので、右上の「Showモード」ボタンを「オン」にするだけ。

fire-echo-003

始めは画面が真っ暗なままで「失敗か!」と思わせられますがしばらくすると「Echo Show」のような「Alexa」風の表示が出てきて「Alexaによる音声操作」ができるようになりました。

fire-echo-004

もし、このような状態にならない場合「設定」画面「Alexa」の箇所で「Alexa」「ハンズフリーモード」の設定が「オフ」になっているかも知れませんので「オン」にします。

fire-echo-005 (2)

我が家の場合「Fire TV Stick」とも連携させたいので「複数のAlexaデバイス」の項目も「オン」にしておきました。

fire-echo-006

これで、とりあえず、一見「Echo Show」もどきの出来上がりです。

「天気予報」「明日の予定」「ニュース」など「アレクサ」君がちゃんと答えてくれています

今日のところは「ポッドキャスト」「Radiko」の再生など上手くできませんでしたのでまた成功したら報告します。

(今回参考にさせていただいた動画)↓






(参考書籍)




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク