セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

デジタルガジェットレビュー

【製品レビュー】話題の「ゲオ」オリジナル「骨伝導ワイヤレスイヤホン」を購入してみた


【製品レビュー】話題の「ゲオ」オリジナル「骨伝導ワイヤレスイヤホン」を購入してみた

geo-eya-000


最寄りの「GEO(ゲオ)」店内で見かけて以来、気にはなっていいたものの、正直「イヤホンには不自由していなかった」のでスルーしていたのですが、ここ最近「雑誌」や「ネットメディア」でプッシュされているようで「機会があれば入手しよう」と思っていた製品です。




形状上仕方ないのでしょうが「外の音も聞こえる半面、音漏れも気になる」かも知れません

機会は思わぬところにあるもので「ゲオ」での買い物にも使える「Pontaポイント」が意識していない間に溜まっており、「これといった使い道」もなかったので、初の「骨伝導イヤホン」を購入してみました。


geo-eya-004


「Pontaポイント」が気づかぬうちに「1910ポイント」も溜まっていたので、「3,279円(内消費税298円)の商品を「1,910円引き」の「1,368円」で購入できました。


geo-eya-001


↑「パッケージ内容」はいたってシンプルで「イヤホン本体」「充電ケーブル」のみです。


geo-eya-002


「ゲオ」オリジナル製品という事ですが「Made in China」なので、国内メーカーの「PB(プライベートブランド)」「ジェネリック」同様「国内で企画」して、製造を「中国企業」にまかせている製品と思われます。 


geo-eya-005


基本的に「イヤホン左右」ボタンを押して操作しますが、この製品では「音量の上げ下げ」はイヤホン側では操作できず、ペアリングする「端末側の音量調節機能」を使用する必用があります。


geo-eya-003


付属する「充電ケーブル」は今時何と「MicroUSB」!!!。

説明書には「パソコンなどのUSB端子から」とわざわざ書いてありますので、おそらく「1A(アンペア)」相当と思われます。

スマートフォン用の「充電器」のほとんどが「2.4A」なので「過充電」で「発火」などのおそれもありますので「説明書に従っておいた方が無難」でしょう。

この「製品の使用感」ですが「骨伝導」との事なので「こめかみのあたり」にパッドをあてても十分聞き取る事が可能なのですが「他の音が聞こえる分、音漏れがけっこう気になるレベル」です。


geo-eya-006



駅や買い物など「いちいちイヤホンを取り外す必要がなく通話」などできる反面、「耳を塞がない形状」なので「イヤホン内の音が聞き取りにくい」場合もあったり、逆に「図書館」や「電車内」など「音漏れ」が望ましくない場所では「あきらかに音漏れがする」ので「使用時に音量を下げる」など「配慮」する必要があります。

とは言え「交通量が多い道路」など「後ろからくる自転車」などの音も聴き取れますので「ジョギング」「ウォーキング」時に「ラジオ」「オーディオブック」などを聴く分には「安心して使えそう」です。

気になる「音質」ですが、音楽を聴くには「骨伝導」がゆえ「けっこう籠った音質」になりますので、同じ「ワイヤレスイヤホン」でも音楽向け「インナーイヤピース」型を選ぶべきで、「用途にあわせ使い分ける」べきでしょう。

正直なところ「通話」や「オンライン会議」など「音質」以外にも「遅延」などけっこう気になる製品のように感じますので「用途」は限られるかも知れませんが「骨伝導入門機」としては面白い製品ともいえるでしょうか。



*比較用に(参考製品)











家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品レビュー】「SOUNDPEATS」のスマートウォッチに「Apple Watch」用「カバーケース」を取り付けてみた


【製品レビュー】「SOUNDPEATS」のスマートウォッチに「Apple Watch」用「カバーケース」を取り付けてみた

aw-sp-000


「Apple Watch」をはじめ「スマートウォッチ」も多種出回ってきています「スマホ・タブレット」と異なり「ウォッチ」ならではの「曲面部分」がある構造ゆえ「液晶保護カバー」など「満足いくレベルの品がない」分野な印象があります。

個人的には「Apple Watch」は購入した事はありませんが「中華製スマートウォッチ」をいくつか購入して「愛用」していますが、こうした「スマートウォッチ用保護カバー」はすぐはがれてしまったり、くすんでしまうものも少なくなく、本家「Apple Watch」を含め、皆さん「試行錯誤」されているようです。

↓現在メインに使用している「SOUNDPEATS」のスマートウォッチ




↓今まで満足いく「液晶保護グッズ」に出会わなかったので使用していた「液体保フィルム」



あくまでも「サイズが同じ」だけなので「無理やりはめ込む」方法はけっして「おすすめ」できませんが、何とか使えてはいるよう・・・

とはいうものの、お気に入りの「スマートウォッチ」の「画面」は何とか「保護」したいので「装着したまま作業できる」ものを探してみたところ「Apple Watch」用ではあるものの、所有の「スマートウォッチ」と「サイズがピッタリ」な「カバーケース」を見つけ「ダメもと」で購入してみました。





aw-sp-001


aw-sp-002


↓予想した通りサイズは合っているものの「違う製品のケース」ですので、なかなか装着に苦労します。

aw-sp-003


↑↓「サイズ」は合っているハズなのですが「上下の形状が異なるので悪戦苦闘」しましたが何とか「装着」できました。


aw-sp-004


aw-sp-005


↓しかし思わぬ誤算「充電口」が隠れてしまいます・・・。


aw-sp-007


どうやら「充電」の際は「取り外す」必要があるようです。


aw-sp-006


とはいうものの「別の製品用のカバー」を無理やり取り付けているので「多少の不具合、欠点は致し方無い」ところではあるでしょう。

もっとも「Amazonレビュー」で「本家Apple Watch」での評価としても「隙間が空く」「曇る」「タッチ反応が悪い」などの意見が見られますので「画面を守る」という意味では「十分役目は果たせる」とは言えるのでかと「個人的」には思います。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】高コスパガジェエットの人気ブランド「AUKEY」「MPOW」が「Amazon」から消えた?


【情報共有】高コスパガジェエットの人気ブランド「AUKEY」「MPOW」が「Amazon」から消えた?

aukey-mpow-000



当サイトでもちょくちょく紹介している「Amazonで購入できる中華ガジェット」ですが、最近、ワイヤレスイヤホンやWebカメラなど、お手頃価格で機能もそこそこ「高コスパ」ブランドである「AUKEY(オーキー)」「MPOW(エムパウ)」など一部の製品が「Amazon」内から消えているように感じます。

個人的にも「ラジオ・ポッドキャスト・オーディオブックのリスニング」用に「AUKEY」の「Bluetoothイヤホン」、テレビでの「映画・音楽ライブ視聴」用に「MPOW」の「ヘッドホン」を愛用しているのですが「安いのに高品質」と、とても満足して利用しているのに「何があった」のでしょうか?。






AUKEY公式楽天市場店

エムパウジャパン楽天市場店


少なくとも国内に於いては「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」の「国内正規店」は健在のようですが・・・

要因として考察される記事が、月刊誌「ラジオライフ2021年7月号」にて公開されていました。↓





詳しい内容は同記事を参照いただきたくのが一番ですが、どうも「アメリカ版Amazon」の「不正レビュー(やらせレビュー)」に関連するものらしいのですが「日本版Amazon」に於いての関連は不明。

個人的に思い当たる節「確かに出品数が激減」しているのも明らかなのもそうですし、「Twitter」などで配布されている「割引クーポン」以前は「Amazonの割引コード」だったものが「楽天市場の正規店で利用するコード」に変更されている点。

「公式店」については現状「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」に於いては「アクティブ」に営業しているのは確認できますが、「Amazon」では「商品自体」少数ながら出品されたはいるものの「在庫限り」や正規店ではない「マーケットプレイス」(正規店以外の出品)の在庫のみな印象なので、今後「AUKEY」「MPOW」製品については扱いを「注視」して行きたいところです。



AUKEY公式楽天市場店


エムパウジャパン楽天市場店



(参考文献)






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品レビュー】Android向けスマートウォッチ-SOUNDPEATS「Watchi1」が思いのほか「コスパ高」感ありな印象


【製品レビュー】Android向けスマートウォッチ-SOUNDPEATS「Watchi1」が思いのほか「コスパ高」感ありな印象

watchi1-000


「スマートウォッチ」「ウェアラブル端末」としては「Apple Watchi」一強の印象がありますが、お世辞にも「コスパ良しとは言えない」のと「そもそもAndroid端末との併用を想定していない」ので、まったく使えないわけではないものの「高い買い物」になってしまい「多くの機能を享受できない」ので「iPhoneユーザー」以外にはあまり「おすすめできない」のも事実です。

↓そこで、Amazonなどで販売されている、いわゆる「中華製スマートウォッチ」が「数千円台」で数種類出品されているのでいくつか購入しては「買い替え」している状態ですが「価格なり」の製品もあるものの、経験上「あまりひどい製品」といった印象は幸いかも知れませんが感じたことはありません。



↓特に「Xiaomi(シャオミ)」「Mi Band(ミーバンド)」シリーズなど「ちょっとしたプレゼント」にも「低価格ながらもファショナブルな上機能的」で好評なのでおすすめです。


「シャオミ」製も捨てがたいところでしたが「イヤホン」を愛用しているので「統一」してみたらけっこう「快適」に使えています
最近自分用に使用している「yamay」なるメーカーの製品が購入して「3年」も頑張ってくれていますが「バッテリーが一日も持たなく」なってきたので「Xiami」の新製品に「買い替え」ようと調べていたところ、同じような「中華系メーカー」で私自身「Bluetoothイヤホン」を愛用している「SOUNDPEATS」からも「ちょっとだけApple Watchi?似」な「ウェアラブル端末」が販売されているのを発見、「もしかしたらイヤホンとの相性が良いかも」と、今回は「SOUNDPEATS Watchi1」なる製品を購入してみました。




↓届いたパッケージの内容は「本体(バンドも付属)」「充電ケーブル(やはり独自規格)」「取説」のセットと「シンプル」。

watchi1-001




「セットアップ」は他の「ウェアラブル端末」同様画面に表示された「QRコード」を「スキャン」して「Google Play」から「スマホ」に「専用アプリをダウンロード」する方法が取られています。

watchi1-002

「設定」自体は「スマホ」アプリの内容にそって進んでいくだけです。

watchi1-003



watchi1-004


「アカウント」さえ間違えなく「設定」できれば「Gmail」「SMS]「Facebook」「LINE」の通知など「自動的に同期」してくれます。


watchi1-005

「着信先」「メールの相手」「SMS」「SNS」のメッセージの「数行」は表示してくれますので、想定したより「実用的」に感じますが、期待していた「イヤホン」との連携機能が「曲送り・戻し」「一時停止・再開」は問題なく動作できるものの「曲名が非表示」「音量」は「スマホ側で操作」しなければならないのが「残念」なところです。


watchi1-007

しかしながら「数千円台」で入手できますので「Apple Watchi」1台購入する金額で「数台使い分け」できるので、けっして「高い買い物」とは言えないと思います。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】Apple純正イヤホン「EarPods」の「音漏れ防止」「低音強調化」をかんたんに「改造」する


【検証】Apple純正イヤホン「EarPods」の「音漏れ防止」「低音強調化」をかんたんに「改造」する

earpods-000

「在宅ワーク」での「オンライン会議」「テレビ収録などのリモート出演時に多く使用されている」Apple純正イヤホンである「EarPods」ですが「オンライン通話に気軽に対応できる」「有線イヤホンながら」も好評価されています。

反面、Appleらしいスタイリッシュな仕上がりな分「使い勝手が悪い部分」があるのも事実。

特に有線でありながら「高音域が高い」はよいのですがかえって「キンキン」するのが気になったり「音漏れ」がけっこう気になるのも「形状上致し方ない」ところでしょう。


そこで、Apple純正イヤホン「EarPods」「分解することなく」できるお手軽な改造で、「装着感」や「音漏れを改善」「低音強調化」する方法を紹介しましょう。


APPLE 純正 イヤホン アップル 3.5mm ミニプラグ iPod iPhone iPad 本体標準同梱品 EarPods with 3.5 mm Headphone Plug 純正品 MD827LL/A (MD827ZM/B MD827FE/A同等品)
by カエレバ



Apple純正イヤホンを分解することなく「装着感」や「音漏れ」を改善するできるお手軽な改造方法です


「EarPods」は、穴を「絶縁ビニールテープでふさぐだけ」で驚くべき変化が現れます。

「カスタマイズ改良」の方法は至極簡単。前面の穴にビニールテープを貼るだけです。

earpods-001


まず「音漏れがかなり減少される」ので電車内でも安心です。

さらに、穴を塞ぐことで「低音が強調」されます。

こうした「音質」につては、多少好みが分かれる部分でしょうが、「音声通話」「radiko」「ポッドキャスト」などを聴くには「高音がキンキンし過ぎずよりリアルに聴こえる」ように感じました。


earpods-002


しかも、例え「音質」が気に入らなくても「テープを剝がすだけで元に戻る」ので、お気軽に「試してみる」ことが可能なのも注目すべきところでしょう。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク