セガレの知恵袋

古物商開業支援・情報家電相談室「ディーエスエル」代表 【HN】PAWAKICHI(ぱわきち)の個人ブログです。

「情報」さえあればもっと「より簡単に・より便利に・よりリーズナブルに活用できるはず!」をモットーに「デジタル生活」の「情報の共有・検証・注意喚起」を、現役「古物商開業支援員・デジタル生活相談室」スタッフの目線から「情報共有・検証・注意喚起記事」を日々発信・更新しています。

クラウド・Webサービス

【注意喚起!】「Yahoo!メール」からの「普段お客様がご利用になられていないメールソフトでのログインがありました」なるログインアラート


【注意喚起!】「Yahoo!メール」からの「普段お客様がご利用になられていないメールソフトでのログインがありました」なるログインアラート

20221004-ymail-005


利用している「Yahoo!メール」アドレス宛てに以下のような「普段お客様がご利用になられていないメールソフトでのログインがありました」という「メール」が届きました。

20221004-ymail-001

どうやら「海外」のメールソフトから他人が私のメールアドレスを使い「メッセージなどの送受信」を行っているようです。


「なりすましメール」「メールが乗っ取られた」と疑われた時、とりあえず「応急措置」した事


「メールソフトのログイン履歴」を確認してみると、「中国」「米国」の「IPアドレス」から「身に覚えのないログイン」が行われているようです。

20221004-ymail-002


とりあえず「Yahoo!メール」サイトで「対応策」を取るわけですが、今回は「海外からのYahoo!メールを使用することはない場合」相当すると思われますので、ここを「優先的」に「処置」します。
20221004-ymail-003

「参考」欄の「海外からのアクセス制限」という項目に進みます。

20221004-ymail-004

ここで「海外からのアクセス制限」を「有効」から「無効」に「変更」します。

とりあえず、この設定で「海外からのアクセス」は防ぐ事はできそうですが、念のため、該当「Yahoo!メールアドレス」での「ログインパスワード」も「変更」しておきました。

いずれ「他のインターネットサービスでのログインメールアドレス変更」も検討する必要がありますが、しばらく「様子」を見て行く事にします。



(参考書籍)


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【注意喚起!】税務署からの【未払い税金のお知らせ】メール-新手の「詐欺メール」の可能性大


【注意喚起!】税務署からの【未払い税金のお知らせ】メール-新手の「詐欺メール」の可能性大

20220905-sagi-000

ここ数日の間、個人メールアドレス宛に「税務署からの【未払い税金のお知らせ】メール」なる「怪しいメール」立て続けに「3通」同じ「文面」で送付されました。

あきらかに「身に覚えのない」内容でしたので「検索」してみたところ、やはり「同じようなメール」があちこちに届いている模様です。



すべてが「詐欺」とは言い切れませんが同じ内容であれば「無視」しても良いでしょう

そもそも「怪しい」と気付いた理由は、届いたメールアドレスが「公的に使用」しているものではなく、「アプリやサイトの検証」のために使用している、いわゆる「捨てメアド」なので「税務署から届くはずのないアドレス」であったためです。

20220905-etax-001

↑確かに「e-Tax」で「確定申告」を行っているのですが、こんな「メール」は今まで届いた事がありません。

20220905-etax-002

↑「国税庁」に続く「メールアドレス」の「文字列」から推測しても「およそ国税庁らしからぬ」アドレスのように感じます。

念のため「Braveブラウザのtorモード」+「DuckduckGo」で「検索」してみると「該当するメールアドレス」はヒットせず「中文」「ロシア語?」のサイトがズラっとヒットする「検索結果」になるので、これ以上の「検索は不要」のようです。

20220905-etax-003

さらに「リンク先」は「本物」のようなのですが、ここを「クリック」「タップ」すると、以下の
<https://castingura.org/>
という「別のアドレスのサイト」に自動的に接続されるようプログラムされているようです。

「スマートフォン」アプリからは確認できませんが、「PC」の「メールアプリ(個人的にThunderbirdを使用)」では「メールアドレス」にカースルを合わせると「ポップアップで表示」されました。

20220905-etax-004

↑ちなみにこのリンクを開いてみると「漢字」「日本語としての表記がおかしい」あからさまな「怪しいサイトが表示」されますので「リンク」は開かない方が「あとあとトラブルに遭わず」に済むでしょう。(この画面まで開くのは何があるかわかりませんのでお勧めしません)

もっとも「国税庁」でもこうした「不審メール」についても「情報公開」されていますので「確認」しておいた方が「無難」でしょう。



そもそも経験上「税金の督促」については「メール」など回りくどい方法ではなく「直接訪問」などの方法をとるのが「国税庁」なので「メール」や「SMS」というのはあきらかに「怪しい」と思われます。


(関連書籍)


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】「Google」「DuckDuckGo」に続く「検索エンジン」の選択肢-「Brave(ベータ版)」も健闘しているらしい


【情報共有】「Google」「DuckDuckGo」に続く「検索エンジン」の選択肢-「Brave(ベータ版)」も健闘しているらしい

20220617-brave-000

「検索エンジン」として最も多く利用されている「Google」ですが、「無料で利用できる」がゆえ「個人情報」などを「収集」していたり「検索結果」の上位が「広告」だらけなのも「致し方無い」ところ。

対し「Googleと検索結果が異なる上、ヒットする記事が多い」「表示される広告が非常に少ない」評判「検索エンジン」として「支持」されている「DuckDuckGo(ダックダックゴー)」です.


しかし、「公式なアナウンス」は見つからないのですが「Googleに買収された」という噂も騒がれています。



これに近い情報として、2022年3月11日の「ネット記事」で開発者のガブリエル・ワインバーグCEOによる「気になる発表」がありました。

(以下上記記事引用)

2022年3月11日
ユーザーのプライバシー保護を重視したインターネット検索エンジン「DuckDuckGo」のガブリエル・ワインバーグCEOは、DuckDuckGoの検索アルゴリズムにロシアの偽情報に関連するサイトのランクを下げるアップデートを適用したことをTwitter上で明らかにしました。しかし、「この措置は検閲に相当する」という批判の声が一部ユーザーから上がっています。

↑以上「Google」との関係は明らかにはされてはいないようですが、
この記事に「反応」した、一部の「コアなユーザー」たちが「DuckDuckGo」の「Google」化か、と「危機感」を提唱し、新興のWebブラウザとして人気のある「Brave(ブレイブ)」「公開」している検索エンジン「Brave(ベータ版)」「乗り換える」層が増えているらしいです。





まだ(ベータ版)ながら「Google」「DuckDuckGo」と違った「検索結果」が得られる可能性に期待も


PCブラウザでは現在「Brave」しか「選択」できない模様

この「Brave」の「検索エンジン」を利用するには、現在(ベータ版)のみの「公開機能」だからか「Braveブラウザ」でしか「検索エンジン」として「選択」できないようです。



「Brave検索エンジン」を使用するには「Braveブラウザ」「設定」→「検索エンジン」項目の「プルダウンメニュー」「Brave」を「選択」する事で「使用」する事が可能です。

brave-brave-001

これでブラウザの「検索バー」の「標準の検索エンジン」「Brave」に「設定」できるようになります。

brave-brave-002

ただし、同じ「Chromium系ブラウザ」である「Google Chrome」「Microsoft Edge」では、2022念6月現在「Brave」が「選択できない」ようです。


スマートフォン(iPhone・Android端末)では「ブラウザアプリ」の標準「検索エンジン」になっています

「スマートフォン(iPhone・Android端末)」でもこの「Brave検索エンジン」を使用する事もできますが、PCブラウザと同様「Braveブラウザ」でしか利用できませんので「Brave」アプリインストールする必要があります。

Brave 広告ブロック(adblock)するウェブブラウザ
Brave 広告ブロック(adblock)するウェブブラウザ
開発元:Brave Software
無料
posted withアプリーチ

brave-brave-003

手持ちの「iPhoneSE(2020)」にインストールした「Braveブラウザ」「設定」項目を確認してみると「既定の検索エンジン」「Brave Search」あらかじめ「設定」されていました。

brave-brave-004

もちろん、他の「Bing」「DuckDuckGo」「Google」などメジャーな「検索エンジン」への変更も可能です。

brave-brave-005

心なしか「インターフェイス」に「日本語表記が少ない」気がしますので「慣れ」が必要です。

肝心の「検索結果」については「ベータ版」というところで「これからを期待」したいという「印象」を感じましたが「操作方法」の「習得」によるのかも知れません。

おそらく「Google」「DuckDuckGo」とは使い方の異なる「コマンド」「演算子」などがあるはずです。
現在「情報が乏しい」ので、使用法が「確認」できれば「快適」に使えるようになりそうです。


(関連記事)





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】Facebookの「不快な広告を非表示」にする-「標準機能」でも「1広告づつ」非表示する事は可能ですが・・・


【これは便利!】Facebookの「不快な広告を非表示」にする-「標準機能」でも「1広告づつ」非表示する事は可能ですが・・・

fb-post-000


ジャストシステム
が、2021年6月12日に公開した調査結果によれば「現在SNSを利用している人(719人)のうち4割はFacebookのタイムラインに表示される広告を見て、不快に感じた経験がある」と回答しているとの事。

「広告がやたら多い」のは「広告収益によりユーザーが無料で利用できる」サービスのため「我慢せざるをえない」のところですが、「自分の関心事」ではあるものの「検索などしていない」はずなのに「Facebookの広告」に「関連記事」が表示され「もしや盗聴されている?」と「心配になる」ケースが度々あります。




「Chromeブラウザ」用など「一度にすべての広告非表示」できる「アドオン」も存在しますが「完全」というわけではないようです

事の「真偽」「Facebookの広告表示アルゴリズム」は別
として、多くの方があらゆる手法で「広告ブロック」に「苦慮」されていますが、その手法を見てみましょう。



↓「PCブラウザ」での場合、標準機能としてとして、「ブロックしたい広告記事」右上の「・・・」をクリックして「プルダウンメニュー」から「この広告を非表示にする」を「選択」します。

fb-block-003

すると「該当の広告」を「とりあえずブロック」事ができますが、あくまでも「とりあえず」程度なので「また表示される」事は「覚悟」しておくべきでしょう。

「Facebook広告」のブロックに関して「こうした繰り返し」になるのは、仕組み上「致し方無い」のかも知れません。

↓スマートフォン・タブレット「アプリ版Facebook」の場合も同様に「・・・」部分から「投稿を非表示」をタップする事により「PCブラウザ版」と同様の操作が可能です。


fb-block-004

しかしながら「標準機能」としては「1広告づつ」の処理が必要なので、不要な広告をコツコツと「ブロック」して工程が面倒です。

そこで「まとめて広告表示をブロック」したいと考えるわけですが、PCの場合「ブラウザのアドオン」を導入する方法が「有効」です。
fb-block-001





スマートフォン・タブレット端末の場合は「AdBlocck」アプリ「Playストア」「Appストア」それぞれからダウンロードする方法もあるのですが、このアプリは「Facebookアプリ」ではなく「ブラウザアプリ」から「Facebook」を開く場合にのみ「有効」となりますので「ひと手間がかかる」のが難点です。

広告ブロッカーブラウザ: アドブロック,広 告 ブロック
広告ブロッカーブラウザ: アドブロック,広 告 ブロック
開発元:Adblock – Rocketshield Browser Technology Limited
無料
posted withアプリーチ

AdGuard ー Safariでしっかり広告ブロック
AdGuard ー Safariでしっかり広告ブロック
開発元:Performix
無料
posted withアプリーチ

PC、スマートフォン・タブレットいずれも「完全の広告ブロック」されるわけではありませんので、いずれ「広告が表示されたらまた同じ工程を繰り返す」必要はありそうです。



(参考動画)




(参考書籍)







家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【トラブル解決】家庭内WiFiが「不安定」-意外な電化製品による「電波干渉」が原因な場合も


【トラブル解決】家庭内WiFiが「不安定」-意外な電化製品による「電波干渉」が原因な場合も

denpa-tb-000

自宅の「Wi-Fi」(家庭内LAN)を使用している際に、「一瞬だけWi-Fiが切れる」頻度が増えているようです。

「それまでは問題なく使えていたのに、突然Wi-Fi接続がなくなり、しばらくたつと元に戻る」という現象などが多発している印象もあります。

この「原因」として考えられるひとつに、他の家電製品による「電波干渉」が予想されます。

昨今の家庭内「IoT家電化」や「リモートワーク」が定着している現在、「Wi-Fiでインターネットを利用」するときに、気をつけたい「電波干渉問題」について確認してみましょう。

「Wi-Fi」の接続が途切れる「電波干渉」の「原因」と「対応法」

「電波干渉」とは、「Wi-Fiの電波と他の電化製品から発せられる電波が混線して通信が不安定になる状態」を指します。

マンション・アパートなど「集合住宅」の場合、「隣の家で使用されるWi-Fiルーターの電波が干渉する」ケースも少なくないようです。

「電波干渉」が発生すると、「通信速度の低下」や「インターネットの接続不良」などが「不安定」になるという事態が生じるようです。


↓また、家庭内の「電子レンジ」「IH調理器」「コードレス電話機」「Bluetooth機器」などの「家電製品」の多くが「WiFi」に使用されている「2.4GHz帯の周波数」と同じ、もしくは「近い周波数帯」であるため「電波干渉」になるケースも多いと言われています。

denpa-tb-001


とは言え「一定時間が経てばWi-Fiに復帰する」ため、「放置されている人も多い」と思いますが、何度も発生する場合は、対処した方が無難でしょう。

最も簡単ですぐにできる対処法として、「Wi-Fiと同周波数帯の電波を発生させる電化製品とWi-Fiルーターの距離を取る」という手法で、ある程度「電波干渉を改善」する事が「確認」されています。

また「Wi-Fiルーター」「5GHz帯」を利用できるものであれば、接続先を「5GHz帯」の「SSID」に変更してみると「改善」される場合もあるようです。

特別なケースとして、「集合住宅」など「世帯が隣接された立地」「近隣のWi-Fiルーター」との「干渉」が疑われる場合は、「周波数帯を変更しても電波干渉が発生する可能性」があります。

そうした状況下であれば「Wi-Fiルーター」の「チャンネル数を変更」すると「改善が期待」できそうです。

「2.4GHz」では「最大14個」、「5GHz」「最大19個」「チャンネルが用意されています」ので、「Wi-Fiの管理画面」から「干渉を受けないチャンネルに手動で切り替える」ことが可能ですので「試してみる価値」はありそうです。

「管理画面」の開き方や「チャンネルの変更方法」「機種によって異なります」ので、メーカーのサポートサイトなどを確認して行うと良いでしょう。

(関連記事)




(参考書籍)


(関連製品)





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク