セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

使える機能

【これは便利!】「タイトルがわからない楽曲」の情報を「iPhone」の「Siri」を使って調べる方法-iPhone Tips


【これは便利!】「タイトルがわからない楽曲」の情報を「iPhone」の「Siri」を使って調べる方法-iPhone Tips

ip-mimi-000


テレビやラジオなどで「BGM」として流れている「楽曲の情報」を知りたい、と思うケースがあるものの「曲名」「アーチスト名」など失念したりして「上手く検索できない」場合も多いと思います。

そんな時「iPhoneの標準機能」として「ミュージック認識」というものがあり「Siri」機能で「検索」する事ができますので試してみてください。


これは「周囲で流れている音楽を分析して曲名などを教えてくれる機能」で、もとは「Shazam」というアプリで使えた機能で「Shazan」が2017年にApple傘下になった事により、現在では「Shazam」をインストールせずとも「Siri」の音声機能として使う事が可能です。


「iOs」「Siri」の標準機能として対応されています

「iOs」
「コントロールセンター」→「ミュージックセンター」が「+」の状態であればこの機能が使用可能な事が確認できます。


ip-tips-001-horz


利用方法「曲名など知りたい楽曲」がかかっている状態「Hey Siri この曲何?」「音声入力」するだけです。


ip-tips-003-horz


すると、「Siriが認識できる楽曲の範囲内」であれば「Siri」が起動し「今開いています」と表示され、分析が終了」すると、「画面上」に「曲とアーティスト名など楽曲情報」が表示され「Apple Music」機能で確認できるという仕組みのようです。

もちろん分析できない曲もありますが、わりとマイナーかなと思われる楽曲思いのほかしっかり当ててくれる印象です。

ただし、「鼻歌」「自分で口ずさんだメロディー」認識してくれないケースが多く、上手く聴き取ってくれない曲はあるので期待はしすぎない心構えは必要かも知れません。

まあ「OSの標準機能」「無料」で使えるものなので「今後を期待したい機能」のひとつとらえるべきと言えるでしょう。








家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】「5G(ファイブジー)」-現状では「オーバースペック」かも?


【情報共有】「5G(ファイブジー)」-現状では「オーバースペック」かも?

5G-000

最近、我が家の近所でも「5G中継アンテナ」の設置工事が始まりました。

当然、数か月のうちに「5G対応エリア」になると思われるのですが、我々「一般ユーザー」にとっては「高速大容量」としか情報が少なく、「何が便利になるのか」いまひとつ「ピン」とくる点が不明に感じている向きも多いのではないでしょうか。

「2時間」の動画を「数秒でダウンロード」可能とうたっているものの、個人的にイメージが「ピン」とこないのですが・・・

「5G」
として「自動運転」「無人店舗」「ライブ配信」など「新しいテクノロジー」に利用されるという点が期待される機能ですが、こと「個人的」に利用する分に「何が便利になるのか」微妙な印象です。

よく「4G」との比較で言われるのが「2時間の動画ファイルを数秒でダウンロードできる」「低遅延」
など「抽象的」に「速い」と表現
されてはいますが、2021年3月現在、「速さ」で言えば「有線の光ファイバー回線に分がある」のが現実なので、自宅のインターネットが「光回線」であれば今のところ「5G」は「オーバースペック」なのかも知れません。

例えば、同じ「ファイルをダウンロード」するにしても「家庭内に光回線インターネット」を通して「WiFi環境」で行えば「スマホのギガを消費しない」ので、ただ単にこうした使い方であれば「何も急いで5Gにする必要はない」印象です。

ましてや、いかに「数秒で」といっても「理論上可能」そうだとしても「配信側が対応」していなければ「5G」でもその機能が発揮されず当面は「必須」とも言えそうにもないでしょう。

また最近では「駅」「商業施設」など「屋外」でも「無料で使えるフリーWiFi環境」もけっこう整ってきていますので、こうした「個人的な使用」に関しては「4G/LTE環境」でもまだまだ「不自由」は感じないようです。

ただ「新しい生活様式」に於いての「スポーツ観戦」「音楽・演劇鑑賞」など「ライブ配信」から、その機能が発揮さるのではないかと思われます。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】iPhoneなら標準で「歩数計」機能が使えます


【これは便利!】iPhoneなら標準で「歩数計」機能が使えます

jog-000

日々の「ヘルスケア」「Apple Watchi」を導入して「ウォーキング」など始めた方も多いと思いますがけっこう「価格」がネックになり、先に進んでいない向きもあるようですが、手持ちのスマホが「iPhone」ならば、「Apple Watchi」とほぼ同様の「アクティビティを記録」する事が可能になるようです。

逆に言えば「iPhone」の機能の一部を「腕時計化」したものが「Apple Watchi」そのものですので「当たり前といえば当たり前」な機能と言えるでしょう。



jog-006


  

iPhoneの標準ブラウザ「Safari」現行機種で有効な「独自機能」です
 ハイテク機能満載のiPhone。iPhoneの中味には様々なセンサーが内蔵されており、iPhoneには「ヘルスケア」という名称のアプリがプリインストールされています。

センサーから取得した情報を元にして、このアプリでカンタンに「歩数」が確認可能です。



jog-002

この機能を「有効」にするには、あらかじめ「設定」→「プライバシー」→「ヘルスケア」→「モーションとフィットネス」の画面で、「フィットネス・トラッキング」「ヘルスケア」をオンにしておきます。

jog-003

「歩数計」として「使用」するには「ヘルスケア」アイコンをタップします。

jog-004

アプリの「初回起動時」のみ「セットアップ」が必要です。

jog-005

jog-006

「ヘルスケア管理」の項目も充実しており、使い込むほど「Apple Watchi」などの「スマートウォッチ」が欲しくなるところですが、「数千円台」で購入できる「中華製スマートウォッチ」も多数発売されており、けっこう「高評価」な製品もありますので「Apple Watchi」購入前に試し買いするのも「アリ」かも知れません。

(参考製品)






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【注意喚起!】あなたのスマホ「盗聴機化可能アプリ」知らずにインストールされていませんか?


【注意喚起!】あなたのスマホ「盗聴機化可能アプリ」知らずにインストールされていませんか?

touchou-000


「カメラ」「マイク」「GPS」といった機能を備えたスマホは、優秀な「盗聴器」にもなりえるポテンシャルを持った電子機器です。

「テレビドラマ」内で「ストーカー」犯人がターゲットのスマホに「盗聴機能」を設置している場面よくあるケースですが、何も「特別な盗聴ツール」があるわけではなく、実は、私のスマホにも既にインストールされていた「通話録音アプリ」を「悪用」して「盗聴器」同様の機能を持たせる事が可能な事が判明しましたので「注意喚起」として報告します。


アプリインストールしたスマホをターゲットとする場所に置くだけで、スマホが盗聴器に変身。スマホなら、棚やテーブルの上に無造作に置かれていても誰も気に留めることもありませんので「ノーマーク」な方も多いと思われます。

けっして「悪質」なアプリではないのですが「身に覚え」がなければ「アンインストール」しておいたほうが安心かも知れません

本来、「言った・言わない」といった「トラブルを防ぐ」理由で「会話内容を記録」しておくため「インストール」していたアプリですが、使い方を誤まれば、立派な「盗聴器」になってしまいますので、もし、こうしたアプリ「自分の知らぬ間に」スマホにインストールされていたら「要注意!」犯人に悟られないうちに「そっとアンインストール」しておいたほうが無難でしょう。


「Google Play」「App Store」内で数種類のアプリが公開されていますが、私の環境下では以下の2つのアプリがインストールされています。

「Android」スマホの場合「注意すべきアプリ」
自動ボイスレコーダー (Voice Recorder)
自動ボイスレコーダー (Voice Recorder)
開発元:SMSROBOT LTD
無料
posted withアプリーチ

「自動ボイスレコーダー」は、音声を感知した時だけ録音できるボイスレコーダーアプリ。

スマホが盗聴器化されているのか見分けるポイントは、アプリの「設定」「無音部分をスキップしますか?」にチェックが入っているか?

また「怪しまれない」よう、スマホスタンドなどを使って、自然な形でスマホをセットしておいてあるケースも報告されているようです。

あとは「録音」をタップしてスマホをセットされてしまえば、これで周囲の会話や物音など、音声を感知した時だけ録音されるというわけ。音声ファイルはMP3形式で保存され、クラウドストレージなどにアップロード可能なので「会話内容がクラウドにアップロード」されてしまう危険がありそうです。


「iPhone」の場合「注意すべきアプリ」


ディクタフォン - 音声レコーダー&ボイスメモ
ディクタフォン - 音声レコーダー&ボイスメモ
開発元:ALON Software Ltd.
無料
posted withアプリーチ
「Alon Dictaphone」というiPhoneのボイスレコーダーアプリであれば、「無音部分をスキップできる機能」が搭載されています

「無音時は録音しない」をONにして使えば、「スマホの盗聴器化が完了」してしまう、という「要注意」なアプリです。



なお、スマホをリアルタイムで監視する盗聴器として使いたい場合は、「iPhone」「通話オーディオルーティング」使うケースもあるようです。

「通話オーディオルーティング」→「スピーカー」→「自動で電話に出る」をオン
にしておき、この「iPhone」「電話をかけると自動応答してくれる」という仕組み。すると、周囲の音が電話越しに聞え、周囲の音を拾い盗聴器」化されるというもの。

いずれも「スマホ端末」購入時にあらかじめ「インストール」される事がまずなく、「自分自身でインストール」するものなので、もし「知らぬ間に」画面に「見知らぬアイコン」があったら「要注意」です。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【注意喚起!】意外と使われていない「iPhoneを探す」機能を検証


【注意喚起!】意外と使われていない「iPhoneを探す」機能を検証

lost-iphone

「スマホをよく忘れる」「無くす」という話をよく聞きますが「スマホはお財布と同じ個人情報がつまったもの」です。

もしうっかり「紛失」してしまって「悪意のある人物」の手に入れられたら「口座からお金わ引き出されたり」「知人の個人情報」などが漏洩してしまったりする恐れ否定できませんので、それなりの「対策」を取らねばなりません。

幸い「iPhone」の場合、標準で「iPhoneを探す」機能が付いているのですが、意外とその機能を理解されていないケースが散見されますのでおさらいしてみましょう。


↓スマホ端末が「Android」の場合、以下の手順で探す方法もあります。


「便利機能」である事は確かではありますが「まずキャリアに連絡して利用をストップしてもらう」のが先決でしょう
「iPhone」の場合、同じ「Apple ID」の端末であれば「iCloud」ネットワーク内で繋がっていますので「電源が入って」「GPSにつながっている」前提で、「位置情報の確認」「端末ロック」の機能が利用できます。

「PC」からの場合、「ブラウザ」「iCloudサイト」にアクセスし「Apple ID」を入力すると。



find-iphone-001

「iPhoneを探す」というアイコンをクリックすると、「端末の現在地」がMAPで表示され「位置情報の確認」「端末ロック」の機能が利用できます。


find-iphone-002


「iPhone端末側」での操作は「iPhoneの設定」→「自分の登録名」をタップ


find-iphone-003

find-iphone-005

「探す」→「iPhoneを探す」の画面で「オン」になっているのが基本ですが、もし「オフ」になっていたらこの機能は「無効」になってしまいますので「オン」にしておきましょう。

find-iphone-004

この設定がなされていれば「現在繋がっているApple端末が全部表示されます」ので、「探したい端末のアイコンをタップ」します。

find-iphone-006

↓すると、「端末の現在地」が表示されます。

find-iphone-007

もし近く(例えば家の中)にあれば「サウンドを再生」すれば「音」で見つける事も可能ですので「再生」「通知」は「オン」にしておきましょう。

find-iphone-008

もし見つかって「端末の現在地」は判明したとしても「安心はできません」。

見つける前に「誰かに持ち出される」前「紛失としてマーク」して「端末をロック」し、契約している「ケータイ会社」に「現状の連絡」をして「一時停止の措置」を取ってもらう方が面倒ですが「無難」かと思われます。

ケースによっては「警察」に「紛失届」を出す必要があるかも知れませんね。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク