セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

使える機能

【検証】「古いiPad」こう再活用しています-「Facetime」「SkyPhone」専用機として「固定電話代わり」に


【検証】「古いiPad」こう再活用しています-「Facetime」「SkyPhone」専用機として「固定電話代わり」に

ipad-os9-000


亡父の形見である「iPad(初代第3モデル)」搭載の「iOs9」対応アプリもいよいよ無くなりつつあり、頼みの「Safari」でさえ「旧バーージョン」の上「多くの機能に対応」されないようになってしまいました。

「形見」ですので、最終的に「亡父の仏壇」の横に置く事にしたのですが、「以前その場所に固定電話の子機」が置いてあった事を思いだし「最後のおつとめ」として「通話アプリ」で他の家族のスマホと連絡が取れる環境に整えてみました。

高齢の親の部屋に設置して家族のスマホと「通話アプリ」で「タップ操作」だけで繋がれるようにしてみました

相手のスマホが「iPhone」であればお互いに標準機能として「Facetime(フェイスタイム)」でやり取りが可能ですので「アカウント」を作るだけで済むのですが「Android」端末の場合「Facetime」が存在しないので「iOs」「Android」両方でやり取りできる「通話アプリ」をインストールする必要があります。

ところが「iOs9」に対応できるアプリがほとんど全滅で、本当は「ビデオ通話」にも対応できる定番の「Skype(スカイプ)」導入したかったのですが、やはり「非対応」なので、似た名前で「音声通話のみ」「SkyPhone(スカイフォン)」なるアプリを導入してみました。


SkyPhone - 高音質通話アプリ
SkyPhone - 高音質通話アプリ
開発元:QuadSystem Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

「iPad」「Android」スマホそれぞれに「SkyPhone」アプリをインストール。個々に「アカウント」を設定すると「8桁のSkyPhone番号」が発行され、両方の端末に「お互いの番号を登録」する事が可能です。

一度登録してしまえば、あとは「登録名をタップ」するだけの操作で相手と繋がります。


ipad-os9-001


気になる「音質」ですが、「他の通話アプリ」「IP電話」同様「通信環境に依存」するものなので「可もなく不可もなく」といった印象ですが「本家Skype」と比べると「若干期待外れ」感はあるかもしれませんが、家族内での個人的な「通話」であれば「利用できる」レベルと言えるでしょう。



ipad-os9-002


若干「聞き取りにくい」ケースがありましたので「外付けスピーカホン」を接続して「強化」してみると「なかなか」使い勝手が上がります。


ipad-os9-003


↑標準の「Facetime」であれば「ビデオ通話」にも対応されていますので「より使いで」があるでしょう。


ipad-os9-004


導入してみて気づいたのですが「SkyPhoneがブルー」「Facetimeがグリーン」のアイコンなので「利用する人に色で誰への通話かわかる」という説明ができます。


ipad-os9-005


↑この機能も「設定」中に気づいたのですが「iOs9」でも「Siri(シリ)」が「ホームボタン長押しで起動」する事ができますので「スマートスピーカー代わり」に使えるかも知れません。(まだ試していませんが・・・)。

これで「まだまだ延命」できそうなので「神社でお焚き上げ」をしてもらう日もしばらく先になりそうです。

この「iPad」は「9.7インチ」なので「画面を大きく使う」には最適思ですが、「iPhone5」までの「iOs9」スマホでも「同じ使い方」が可能と思われますので「処分」する前にこうした利用法を試してみてもいいかもしれません。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】iPhoneの「SOS通知アラ-ム」音が「防犯ブザー」代わりに使える


【これは便利!】iPhoneの「SOS通知アラ-ム」音が「防犯ブザー」代わりに使える

iphone-sos-000



「iPhone」「設定」をいじっていた際、大きな「アラ-ム音」が鳴ってしまいけっこう「焦って」しまいましたが、この機能、本来「緊急通報」で「110」「119番」にかけるためのものは知っていましたのですが「防犯ブザー」代わりに使用している人も多いとの事らしいです。

↓「SOS音」を鳴らすのはかんたん、iPhone「電源ボタン」と「音量ボタン(UPのほうが感度が良い印象)」を「同時押し」→「5秒ほど待つ」「プー・プー・プー」けっこうな「音量」で「SOS音」を鳴らせる事ができます。


iphone-sos-003


なかなか「防犯ブザー」を持ち歩く事も少ないと思いますが「iPhone」を所持していれば「SOS音発生」する事が可能です

この機能を「有効」にするには「設定」→「緊急SOS」を選択。


iphone-sos-001


「緊急SOS」→「自動通報ボタン」「オン」にしておく必要があります。


iphone-sos-002


「SOS音」を鳴らすには少しコツがあります。

「電源ボタン」「音量ボタン」同時押しで「5秒」ほどかかるはずなのですが、タイミングなのか「鳴らす」まで少し「慣れ」が必要かも知れません。

「イザ」という時、「役に立たない」状況にならないため、あらかじめ「何度」か練習しておいたほうが「安心」でしょう。


iphone-sos-004


↓あらゆるバージョンの「iPhone」での「SOS通知」を解説している動画が公開されていましたので「リンク」を貼っておきました。参照してみてください。





↓(参考製品)やはり持っていた方が「安心」かも知れません。







家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】「タイトルがわからない楽曲」の情報を「iPhone」の「Siri」を使って調べる方法-iPhone Tips


【これは便利!】「タイトルがわからない楽曲」の情報を「iPhone」の「Siri」を使って調べる方法-iPhone Tips

ip-mimi-000


テレビやラジオなどで「BGM」として流れている「楽曲の情報」を知りたい、と思うケースがあるものの「曲名」「アーチスト名」など失念したりして「上手く検索できない」場合も多いと思います。

そんな時「iPhoneの標準機能」として「ミュージック認識」というものがあり「Siri」機能で「検索」する事ができますので試してみてください。


これは「周囲で流れている音楽を分析して曲名などを教えてくれる機能」で、もとは「Shazam」というアプリで使えた機能で「Shazan」が2017年にApple傘下になった事により、現在では「Shazam」をインストールせずとも「Siri」の音声機能として使う事が可能です。


「iOs」「Siri」の標準機能として対応されています

「iOs」
「コントロールセンター」→「ミュージックセンター」が「+」の状態であればこの機能が使用可能な事が確認できます。


ip-tips-001-horz


利用方法「曲名など知りたい楽曲」がかかっている状態「Hey Siri この曲何?」「音声入力」するだけです。


ip-tips-003-horz


すると、「Siriが認識できる楽曲の範囲内」であれば「Siri」が起動し「今開いています」と表示され、分析が終了」すると、「画面上」に「曲とアーティスト名など楽曲情報」が表示され「Apple Music」機能で確認できるという仕組みのようです。

もちろん分析できない曲もありますが、わりとマイナーかなと思われる楽曲思いのほかしっかり当ててくれる印象です。

ただし、「鼻歌」「自分で口ずさんだメロディー」認識してくれないケースが多く、上手く聴き取ってくれない曲はあるので期待はしすぎない心構えは必要かも知れません。

まあ「OSの標準機能」「無料」で使えるものなので「今後を期待したい機能」のひとつとらえるべきと言えるでしょう。








家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】「5G(ファイブジー)」-現状では「オーバースペック」かも?


【情報共有】「5G(ファイブジー)」-現状では「オーバースペック」かも?

5G-000

最近、我が家の近所でも「5G中継アンテナ」の設置工事が始まりました。

当然、数か月のうちに「5G対応エリア」になると思われるのですが、我々「一般ユーザー」にとっては「高速大容量」としか情報が少なく、「何が便利になるのか」いまひとつ「ピン」とくる点が不明に感じている向きも多いのではないでしょうか。

「2時間」の動画を「数秒でダウンロード」可能とうたっているものの、個人的にイメージが「ピン」とこないのですが・・・

「5G」
として「自動運転」「無人店舗」「ライブ配信」など「新しいテクノロジー」に利用されるという点が期待される機能ですが、こと「個人的」に利用する分に「何が便利になるのか」微妙な印象です。

よく「4G」との比較で言われるのが「2時間の動画ファイルを数秒でダウンロードできる」「低遅延」
など「抽象的」に「速い」と表現
されてはいますが、2021年3月現在、「速さ」で言えば「有線の光ファイバー回線に分がある」のが現実なので、自宅のインターネットが「光回線」であれば今のところ「5G」は「オーバースペック」なのかも知れません。

例えば、同じ「ファイルをダウンロード」するにしても「家庭内に光回線インターネット」を通して「WiFi環境」で行えば「スマホのギガを消費しない」ので、ただ単にこうした使い方であれば「何も急いで5Gにする必要はない」印象です。

ましてや、いかに「数秒で」といっても「理論上可能」そうだとしても「配信側が対応」していなければ「5G」でもその機能が発揮されず当面は「必須」とも言えそうにもないでしょう。

また最近では「駅」「商業施設」など「屋外」でも「無料で使えるフリーWiFi環境」もけっこう整ってきていますので、こうした「個人的な使用」に関しては「4G/LTE環境」でもまだまだ「不自由」は感じないようです。

ただ「新しい生活様式」に於いての「スポーツ観戦」「音楽・演劇鑑賞」など「ライブ配信」から、その機能が発揮さるのではないかと思われます。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】iPhoneなら標準で「歩数計」機能が使えます


【これは便利!】iPhoneなら標準で「歩数計」機能が使えます

jog-000

日々の「ヘルスケア」「Apple Watchi」を導入して「ウォーキング」など始めた方も多いと思いますがけっこう「価格」がネックになり、先に進んでいない向きもあるようですが、手持ちのスマホが「iPhone」ならば、「Apple Watchi」とほぼ同様の「アクティビティを記録」する事が可能になるようです。

逆に言えば「iPhone」の機能の一部を「腕時計化」したものが「Apple Watchi」そのものですので「当たり前といえば当たり前」な機能と言えるでしょう。



jog-006


  

iPhoneの標準ブラウザ「Safari」現行機種で有効な「独自機能」です
 ハイテク機能満載のiPhone。iPhoneの中味には様々なセンサーが内蔵されており、iPhoneには「ヘルスケア」という名称のアプリがプリインストールされています。

センサーから取得した情報を元にして、このアプリでカンタンに「歩数」が確認可能です。



jog-002

この機能を「有効」にするには、あらかじめ「設定」→「プライバシー」→「ヘルスケア」→「モーションとフィットネス」の画面で、「フィットネス・トラッキング」「ヘルスケア」をオンにしておきます。

jog-003

「歩数計」として「使用」するには「ヘルスケア」アイコンをタップします。

jog-004

アプリの「初回起動時」のみ「セットアップ」が必要です。

jog-005

jog-006

「ヘルスケア管理」の項目も充実しており、使い込むほど「Apple Watchi」などの「スマートウォッチ」が欲しくなるところですが、「数千円台」で購入できる「中華製スマートウォッチ」も多数発売されており、けっこう「高評価」な製品もありますので「Apple Watchi」購入前に試し買いするのも「アリ」かも知れません。

(参考製品)






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク