セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

PC・スマホ教室であった質問

【これは便利!】様々な「ID・パスワード」をあえて「アナログなノート」に記録しておく-「エンディングノート」


【これは便利!】様々な「ID・パスワード」をあえて「アナログなノート」に記録しておく-「エンディングノート」

pass-000


現在、あらゆるサービスで「ID」やら「パスワード」などが「必須」「使い回しは危険」というところで「複数」のこうした「パスワード」等が管理する必要があります。

個人的には、「クラウド」上に「スプレッドシート」形式で「バックアップ」していますが、「パスワード管理アプリ」でひとまとめに管理することが「推奨」されています。↓


1Password - Password Manager
1Password - Password Manager
開発元:AgileBits Inc.
無料
posted withアプリーチ

一般的に「1Password」など「クラウド保存」が推奨されていますが「イザ」という時「エンディングノート」などに「記帳」しておくとあとあと面倒がないかも

ところが、この手法ですと、肝心な「クラウド」「アプリ」の「ログイン情報」を失念してしまった場合、「すべてのサービスにログインできない事態」になりかねませんよね。

こうした事態に対応するため、時代に逆行するようですが、あえて「アナログ」な形式で保存しておくと「安心」かも知れません。


pass-001


そこで、たまたまではあるのですが、個人的に「終活」のため「エンディングノート」を用意していて、「記入欄」に「携帯電話・パソコンについて」記録するようになっている事に気づき「そうか、このノートにID・パスワード情報など記入しておけば、基本的に家にしまっておくものなのでなくす可能性も低い」という事に気づきました。


pass-002


手持ちの「エンディングノート」には「ID・パスワード」欄はありませんので、このノート内では「その他気になること:MEMO」という欄がありますので、ここに記入することもできますが、今回は「スプレッドシートをプリントアウト」したものを「ノートに挟んでおく」事にしました。


pass-003

こうしておく事により、自分に何かあった場合、残された家族がこの「エンディングノート」閲覧すれば「後始末」できるようにしておけます。



(参考製品)






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【注意喚起】格安新品ノートPC購入して後悔しないための知識-「Windows10 HOME(Sモード)」が盲点


【注意喚起】格安新品ノートPC購入して後悔しないための知識-「Windows10 HOME(Sモード)」が盲点

win10-s-000

「在宅ワーク」「学校のオンライン授業」が広がる中、出荷台数の増加傾向にある「ノートパソコン」市場ですが、出費を抑えようとという向きに、新品でありながら、3万円台からという「低価格パソコン」が注目されています。

しかしこうした製品の中には「店員さんもよくわからず販売してしまっている」「機能や扱えるソフト(アプリが限定されている」など使い方によっては「ミドルクラスのスマートフォン以下レベル」と感じて後悔されるケースもあるそうです。

↓一例として「メモリが増設できない機種」を前回報告しましたが「OS」である「Windows」レベルでの制限があるのが「Sモード」モデルのPCが、こうした「不満の原因」になるかも知れません。


この「Sモード」店員さんもよくわかっていないケースも多いので「値段だけ」で「機能がスマホ以下」の機種をつかまないよう注意が必要です


同じような「価格帯」で購入できる「ChromeBook」であれば「OS」自体が異なるので「店員さんも違いを説明できる方が多い」ようですが「Sモード」モデルについては、あくまでも「Windows10 HOME」の「機能限定版」なので混乱されている店員さんも少なくないとも聞きます。

↓Microsoftによる「正式な説明ページ」



「通常版」「Sモード」モデルの一番の違いはMicrosoftの「Windowsストア」で扱っているアプリしか「インストールできない」事。

公式ページでも紹介されている通り「Microsoftが検証済み」となるため「安全性を確保できるパソコンとして使える」という説明の製品という事らしい。

↓確かに安いけど「Sモード」のモデル

E210MA-GJ003W ASUS(エイスース) 11.6型ノートパソコン ASUS Laptop E210MA ドリーミーホワイト [Celeron / メモリ 4GB / ストレージ 64GB]
by カエレバ

「ソフト(アプリ)」「Windowsストア」からダウンロードできるもののみに限られます。

win10-s-001

当然ながらWebブラウザ「Microsoft Edge(エッヂ)」。

win10-s-002

さらに「検索エンジン」「Microsoft謹製」「Bing」のみ。

win10-s-003

いずれも「制約が多い」ものの、その分エントリーモデルのマシンでも「起動時間が早い」などビギナーや教育用には「安心して利用できる環境が提供できる」との事ではありますが、現在利用しているPCの買い替え用ビジネス向けには「制限が多すぎて機能がスマホ以下」と感じられるのかも知れません。

しかしながら「サポート対象外」になるのかはっきり明言されているかはわかりませんので「未検証」ではありますが、ネット記事、動画で流れている情報として「設定」の「更新とセキュリティ」にある「ライセンス認証」にある「Windows10Homeに切り替える」というものが用意されており「Windowsストアに移動する」を選択すると「無料」でこの「Sモード」を解除でき、通常の「Windows10 Home」になるという事なのですが、いずれ「検証」してみようと思います。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「Windows7」サポート終了について必要なこと


「Windows7」サポート終了について必要なこと

win7-last-000

Microsoftによる「Windows7」のサポートが「2020年1月14日」にいよいよ正式終了、とカウントダウンが始まっていますが、「個人ユーザー」はほとんど「Windows10」への移行が済んでいるらしいのですが、お仕事用に会社などで使われているPCでは「WindowsXP」のときと同様、移行がなかなか進んでいないのが現状という声もあるようです。

私自身、商売上、付き合いのある会社では「XP」どころか「2000」がいまだ現役で使用しているところもあり、他人事ながら「ウィルス感染」や「情報漏洩」の問題が絶えないのも、こうした「知識が徹底していない」のも原因かも知れないと思わざるをえません。
経験上「Win7&8.1」から「Win10」にアップグレードすると様々な問題もでてきているようですので思い切って「新品」に買い替えるのも「安心」かも
移行が完了しているPCについても元々インストールされていた「Windows7」から「Windows10」にアップグレードをしたマシンですと、定期的な「アップグレード」した際、いろいろ問題がでているケースもよく見かけます。

win7-last-001

「スペック的」には「Windows7」が動いている「メモリ4GB」ハードディスク「32GB」のPCでも「Windows10」にアップグレードできるとアナウンスされていますが、「Excel」「Word」などの「Office」製品をローカルで使う分には確かに問題ないのですが、「インターネット」に繋ぐサービスでは「上書きインストール」されたマシンは「新品」や「クリーンインストール」されたマシンに比べある一部の外国製SNSを導入すると「ハードディスクが 壊れた」り「ブラウザが書き換えられた」という相談も増えてきています。



この問題ばかりは、PCと「ソフト」の相性としかメーカー側も答えられないようで、この際、新しいPCに買い替えたほうが、あとあとストレスなく「利用し続ける」事ができそうな印象があります。

↓2019年度急速に販売台数が伸びたと言われている「サーフェス」シリーズ。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

どうせ新しく購入するなら、ネット動画最近主流になりつつある「4K画質」化しているので、「メモリも最低8GB」「対応ディスプレイ」モデルにしておいたほうがあとあと後悔しないで済むかも知れません。




新品といっても価格はそれぞれですが、「Microsoft Office」にこだわらない「Office非搭載モデル」であれば「数万円」で入手できる場合もあるのでチェックしておくのも今のうちでしょう。

東芝ダイレクト



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スマホ・タブレットの「ストレージ」を使い分ける


スマホ・タブレットの「ストレージ」を使い分ける

strage-000

これも、高齢者のみならず、スマホネイティブ世代であるはずの「高校生・大学生」の間でもよく理解せず使っている言葉のようです。

「ストレージ」とは例えば「家の収納スペース」の容量と考えてみるとわかりやすいでましょうか。

現行のスマートフォン・タブレットの端末自体の「内蔵ストレージ」は「16GB~128GB」がメインに販売されていますが、これを家の大きさと考えます。

例えば「16GB」が「ワンルームマンションのクローゼット」とすれば「必要なものはとりあえず詰め込むことは可能ですが、住むには手狭な環境」「32GB」だと「こじんまりした戸建て住宅でまあまあ収納できるがもう少し庭が広かったりガレージなどが欲しい」ところ「64GB」あれば、値段は高いものの、今現在では概ね満足な環境かな、と置き換えて考えればわかりやすいでしょうか。
「iPhone」と「Androidスマホ」では「ストレージ追加」の「可・不可」が違いますので「使用用途に合わせて」選択したほうがあとあと後悔せずに済むかも知れません

                                                                                                                                                                      ここで分かりにくいのが「iPhone」「Androidスマホ」では「内蔵ストレージ」が固定されているのが「iPhone」「iPad」「MicroSDカード」を追加することによって「128GB」まで「保存容量を追加できる」のが「Android端末(一部対応していない機種もありますが・・・)」の違いがあります。

「クラウドストレージ」ならネット環境下であればどの端末でも「仮想保存領域」として利用できます
これに対して「クラウドストレージ」とは、家の外に「トランクルーム」を借りて荷物を保管するような概念。

「iPhone・iPad」では標準で「iCloud」が利用できるほか、有名なところでは「DropBox」、Windowsユーザーでは「OneDrive」を利用している人も多いのではないでしょうか。

ただ、「ストレージ追加」の注意点としては基本的に「SDカード」「クラウドストレージ」に保存できるのは「画像」「音声」「動画」など「データファイル」と呼ばれるもののみです。

一部「Android端末」では「SDカードを内蔵ストレージ化」してアプリを追加できる機種もありますが、「買い替え」「故障」などを考えた場合、あまりお勧めできる機能とは言えないようです。

今後、スマホ・タブレット端末の購入を検討する際、「自分の使用目的」を考慮して「店員さんに相談」するのも手段のひとつと言えるでしょう。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「Office搭載パソコン」とうたってはいますが・・・


「Office搭載パソコン」とうたってはいますが・・・

wps-office

PC初心者に限らず、職場、学校などで「Word」「Excel」などの「Officeソフト」ユーザーであれば、漠然と「Microsoft」の「Office」でなければならないと思い込んでいる方も多いですよね。


「互換性」を突き詰めていけば同じ「MS-Offce」どうしでも「バージョン」によって読み込み方が異なるので、個人的には「フリーのLibre」を愛用していますが・・・
もともと日本国内に於いて、かつてはワープロは「一太郎」表計算なら「ロータス123」が圧倒的なシェアをもっていましたが、OSが「Windows95」発表以降、いつからかビジネスのフォーマットとして「Word」「Excel」「Powerpoint」が標準になっている雰囲気なので、自宅のPCも「MS-Offce」プレインストールされているものを購入されている方も多いですよね。

とはいうものの、例えば同じ「MS-Offce」の「Excel」にしても、バージョンによって「互換性」に問題があるケースも少なくなく、とくに「マクロ」「グラフ」など「本家」「他社Office」も同じ問題を抱えているようです。

また、最近格安PCに「Office搭載」とうたっているものの「Microsoft」ではなく「KIngsoft」という中華メーカーの「Officeソフトが搭載」されているものが増えてきているようですが、「本当に互換Officeとして利用できるの?」と、購入をためらっているケースも多いようですので実際使えるのかどうかの評判を調べてみました。





2019年11月現在の「両社の金額の差」は、「KIngsoft」は1回の買い切り制、「Microsoft」は1年ごと更新の「サブスクリプション形式」になるので、これを高いか安いか判断に悩むところですよね。



これはあくまで個人的に使用してみた感覚ですが、「WPS」「MS-Office365」「MS-OnlineOffice]
「LibreOffice」
と同じファイルを扱った場合、「マクロ」「グラフ」を使わない限り、「印刷設定」の手間があるものの、「個人使用」する分には充分問題ないかと感じました。


結果、現状、オンラインでは「MS-OnlineOffice」オフラインでは「LibreOffice」と使い分けています。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク