セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

トラブルシューティング

【情報共有】「NHK受信料」-「ラジオのみ」の場合「料金は発生しない」件


【情報共有】「NHK受信料」-「ラジオのみ」の場合「料金は発生しない」件

nhk-radio-000


個人的に「NHK受信契約」をしているのは「過去記事」で紹介している通りですが、「事実テレビ自体を所持していない」と主張しているのにもかかわらず「しつこく契約を迫る」訪問員が存在するという声もわりと「よく聞かれる」はなしでもあります。





この仕組み「契約業者」も良く理解していないケースも多いようです

よくあるのが「集合住宅・賃貸物件」の場合、基本的にオーナーが「地デジ・BS」を受信できるように「集合アンテナ」または「ケーブルテレビ設備」を設置していて「テレビ受信設備」が完備されているので「契約が必要」と言い張ってくるようですが「テレビ自体」が無ければ「NHK」はおろか「他の民放テレビ」も視聴できない環境なので「NHK受信料金」は発生することはあり得ません。

「戸建て」の「自宅」についても建物に「UHF、パラボラアンテナ」が付いていれば、同じように「契約を迫ってくる」と聞いていますが、「訪問員が自宅に上がり込んでテレビの有無を確認する事」はできませんので(もしそれらの行為を強行すれば、不法侵入、不法滞在になる)、きっぱりと「断って」も問題ないはずです。

しかし「訪問員」もここで「引き下がる」ケースは少ないよう「スマートフォン」「ラジオ」でも「契約の必要がある」と食い下がってくる輩もいるようですが、最近の「スマートフォン」「ワンセグ機能」が付いているものはほとんどないですし、「iPhone(アイフォン)だから」(そもそもiPhoneにワンセグ機能はない)と言い切ってしまうのも手ですし、さらには「NHK」といえども「ラジオ」受信に関しては「料金が撤廃」されているので「契約は不要」です。

↓「大昔に料金は廃止」されています

nhk-radio-001

このあたり「知りもしないで契約を迫ってくる」訪問員が実在するのも困ったものです。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】「電気温水器」システムの屋外貯水タンクで計らずも「防災備蓄」化できていた


【検証】「電気温水器」システムの屋外貯水タンクで計らずも「防災備蓄」化できていた

corona-eco-000


ここ数か月の間、我が「神奈川県」内でも「停電」が多発するようになったので「備蓄用」にと「ミネラルウォーター」「カップ麵」「お米」など気付いた時には、補充分として購入するよう心掛けているのですが、こと「飲料水」以外の「お水」に関しては「想定外」というか「意図せず常に460リットル貯水している状態」になっていて「停電」「断水」時でも「1〜2日分」は持つようになっています。


2019年の「台風」による「停電」「断水」で思わぬ活躍、しかし「設置方法」によって使えない場合もありそうなので「確認」しておいたほうが良さそうです

といのも我が家の改築の際「オール電化」に変更「給湯」も「電気温水器」に交換、当然「お風呂」にも使用するため、屋外に「貯水タンク」を設置しており、そこから「停電中」でも「水道」の経路が「水道から直結」ではなく、「貯水タンク」から屋内に流れる仕組みになっているため「オール電化」ゆえ「水道も停止」になるところ「運良く給水が可能」という「偶然にも便利な機能」だった、というわけでした。


corona-eco-001


ただし「ハウスメーカー」に確認すると「必ずしもこの仕組みになる」かというと、そうでもないらしく、「建物の構造にもよる」ところのようなので、もし「エコキュート」など「電気温水器」を設置されているのであれば「確認」したほうが良いでしょう。


corona-eco-002



今後「電気温水器」の導入を「検討」されているのであれば、こうした機能があるものを選べば「貯水」にも利用できるので「一石二鳥」かも知れません。







家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【注意喚起!】「緊急放送」「大型停電に注意」など「小規模経営者向け」の「警告」「告知」などのメールが我が社にも来ました


【注意喚起!】「緊急放送」「大型停電に注意」など「小規模経営者向け」の「警告」「告知」などのメールが我が社にも来ました

blackout-000


ネット上・リアルでも「ビジネス」を展開していると、あらゆる輩などから「様々なメール」「怪メール?」とも思われるメッセージがなど入ってくるものですが、ここひと月ほど(2021年5月24日現在)「緊急放送に伴う大型停電のおそれ」に関するメッセージが目立つように感じます。

これは我が社だけの話しだけではなく、どうやら「同業者」「取引先」など「経営に携わる層」の一部にも同じようなメッセージが届いているようです。


確かに「興味深い内容」でいわゆる「チェーンメール」でもなく「アフィリエイト」目的でもなさそうですが「送付してくる意図を計りかねる」ので「様子見」が賢明かと・・・

このメッセージの発信元をたどって行くと「業界の業務上差支えがあります」ので「差出人等」の表記は差し控えますが、どうやら「アメブロ」で投稿されている記事が削除されず公開されていますので「概要」はここで確認する事が可能です。

何故「ブログ?」
という点ですが、現在の「SNS」「YouTube」などで、けっこう「NGなワード」が多数含まれているため(どういう基準かじつは定かではないらしいが・・・)かも知れないとも言われているようです。





↑記事の内容については「賛否両論」あろうかと思いますが、「停電」「ネット中断」など「経営に携わる者」にとっては「頭の隅に置いて」おいて「最低限の対応」ができるよう「心掛けて」おいた方がが「安心かな?」という「あくまで個人的印象」を感じますが、それぞれ「考えさせられる」ところはあるかも知れません。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【注意喚起!】「インターネット」「スマートフォン」など「通信インフラ」契約の「クーリングオフ」事情


【注意喚起!】「インターネット」「スマートフォン」など「通信インフラ」契約の「クーリングオフ」事情

c-off


最近、「インターネットのひかり回線」「ケーブルテレビ」などの「訪問による勧誘」は減った印象はあるのですが、代わりに「電話勧誘」による「不意打ち」性の高い手法で、消費者が冷静に判断できない状況で「高額な契約」をさせられてしまうケースが後を絶たない様です。

こうしたトラブルでも、内容によっては「クーリングオフ(契約の見直し期間)」が適用され、仮に「契約してしまった後」でも「期間内あれば無条件で解除」できる場合もありますので、その条件を「検証」してみましょう。


いずれにしても「良く理解せずに契約する」と「クーリングオフ対象外」なケースも多いので「注意が必要」です

「クーリングオフ」が適用される契約

【訪問販売・工事商法など】

「飛び込み訪問」「集中工事のお知らせ」「電話によるアポ取り」などによる自宅の訪問して契約する方法。主に「ひかり回線」「ケーブルテレビ」事業者がよく使う手法です。

【電話勧誘販売】

主に「固定電話」に突然かかってきて「インターネット回線」「ケータイ電話」などの切り替えの契約をしてしまうケース。「なかなか電話を終わらせず、気づいたら契約してしまっていた」ケースが多いようです。「コラボひかり」といった切り口が多いようです。

【パソコン教室や有料サポート契約】

これらは最近「高額な違約金請求」で問題になっている商法「初回無料」などと謳っているものの、「非常に断りづらい」ので、なるべく避けたほうが「無難」でしょう。



こうした手法でセールスしてくる「業者」の場合、「基本的に正規キャリア・プロバイダ」などではなく「代理店契約」している業者がほとんどですので「電話で断る」と「引き止めがしつこく厄介」ですので、必ず「書面」で「郵送」もしくは「FAX」で事業者に申しでる方法が「無難」でしょう。


c-off-001


「クーリングオフ」が適用されないケース

【店舗に出向いて契約した場合】

「店舗」に出向いて契約した場合、「自分の意志で契約した」と見なされるため「適応外」となるようです。

【通信販売】

「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」など「ECサイト」を始め「テレビ通販」なども「訳も分からず売り込まれた」のではなく、やはり「自分の意志で契約した」と見なされるようです。


c-off-002


いずれにしても「急いで契約を迫られる」ケースの場合、あとあと「後悔」する事が多い気がしますので「いったん頭を覚まして本当に必要なのか」考えて契約したほうが「無難」かと思われます。

なお「クーリングオフ」が適用された場合、「損害賠償」「違約金」など費用は「事業者」負担になりますので、「クーリングオフした側」に請求されるケースはほとんど「発性しない」ようですが、「対応期間」など「製品」「事業者」によって「異なります」ので、その点あらかじめ確認しておいたほうが「安心」でしょう。。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【トラブル解決】「らじれこ」で「予約録音」できなくなった-この系統のソフトは大方「再インストール」で解決するかも


【トラブル解決】「らじれこ」で「予約録音」できなくなった-この系統のソフトは大方「再インストール」で解決するかも

radirec-000
とても使い勝手が良く、当ブログでも度々紹介している「どがらじ」系列の「radikoなどの番組を録音」できる「らじれこ」というフリーソフトですが「定期的に機能が無効」になってしまうという欠点はあります。






今年も「数週間」ほど前から「予約録画」等出来なくなってしまいましたが、どうもこの系統ソフトの「仕様上の問題」のようなので、以前にも紹介した方法「復旧」させました。↓




「らじれこ」に限らず「どがれこ」「らくらじ」も定期的に「動作不能」になるケースが発生しますが運営側のスタンスとして「再インストール」は必要もののちゃんと「対応」されてくれているようです





かんたんに言えば、ただ「アンインストール」して「再インストール」するだけです。


radirec-001


「再インストール」してみると、なるほど「不具合」で最近「アップデート」されている模様です。


radirec001

「らじれこ」に関しては、以前インストールしていた機器であれば「以前の設定がそのまま残っている」ケースが経験上多いようです。


radirec-003


これで取りあえず「復旧」して、以前と同じように使い続ける事が可能です。

しかし、何度も同じ事を繰り返し、今回で5回目(!)なのも「どうかな?」とも思いますが、なにせ「便利」だしこの手の「録音ソフト」としては「唯一」の存在ですので「文句は言いません」。








家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク