セガレの知恵袋

古物商開業支援・情報家電相談室「ディーエスエル」代表 【HN】PAWAKICHI(ぱわきち)の個人ブログです。

「情報」さえあればもっと「より簡単に・より便利に・よりリーズナブルに活用できるはず!」をモットーに「デジタル生活」の「情報の共有・検証・注意喚起」を、現役「古物商開業支援員・デジタル生活相談室」スタッフの目線から「情報共有・検証・注意喚起記事」を日々発信・更新しています。

最新デジタル生活事情

【注意喚起!】Amazonからの [重要]:【お客様のプライム特典が現在利用できません】メールは「詐欺(フィッシングメール)」の可能性大-「無視」すべし


【注意喚起!】Amazonからの [重要]:【お客様のプライム特典が現在利用できません】メールは「詐欺(フィッシングメール)」の可能性大-「無視」すべし

20220811-prime-000

ここ1か月の間に、Amazonからの [重要]:【お客様のプライム特典が現在利用できません】というメールが合計4通も届いています。

しかも「Amazonアカウウント」に紐づけられている「メールアドレス」とは別のアドレス宛だったのにやっと気付きました。

実際にAmazonプライム登録した際に送られてくるメール内容を全て複写して作成された完成度の高い内容ですが「詐欺」ですので「スルー」しても問題ないようです

じつは、最初の「1通目」が来た際に、うっかり「クリック」しまった事があり、その後利用していないはずの「Amazon Music」から「請求」が来ていたので、Amazon側に「取り消し」処理をしてもらった事があったのですが、その「原因」がこれかも知れないのでは、と「注意喚起」として報告します。

メール内容としては、「Amazon Prime」から「お客様のプライム特典が現在利用できません。お支払い方法に問題があり、プライム特典をご利用いただけない・・・」旨のメッセージがあり一瞬「焦り」ます。

しかも「Amazonの購入履歴」にも表示されていない請求」なので、私のケースの場合、おそらくどこかで「メールアドレス」を勝手に使われて新たに「Amazonアカウント」を作成しようとこうした「偽サイト」に誘導して「支払い方法」を登録させる「手口」かも知れません。

20220811-prime-001

実際「Primeビデオ」など「プライム対象サービス」は問題なく利用できています。

20220811-prime-002

前記の「謎の請求」があった後なので、ネット上で調べてみると、どうやら「フィッシング詐欺」メールの一種のとして「多発」されているようです。

今のところ「被害額」は480円(Amazonに取り消してもらった)だけなのですが、とりあえず「Amazonと紐づいていないがメッセージが届いたメールアドレス」の登録を解除しましたが、「Amazonアカウント」の「購入履歴」に残らないので「クレジットカード」などの「請求」こまめに「確認」していくしかないようです。

(関連記事)





(参考書籍)



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【注意喚起!】期間限定2022年3月18日まで-NTTドコモ「迷惑メール展」公開


【注意喚起!】期間限定2022年3月18日まで-NTTドコモ「迷惑メール展」公開

meiwaku-mail-000


「電話による詐欺」も後を絶ちませんが、「ケータイ」「スマートフォン」が普及したことにより、こうした「詐欺」がインターネットを介した「メール」「SMS」などにも広がっているようです。

「必見」です、「24通」の見本とその対策方法が期間限定で公開されています

2022年3月18日までの「期間限定」ではありますが、「NTTドコモ」で、こうした「被害」に「警鐘」を鳴らすため「迷惑メール展」なる「特設臨時サイト」を開設しています。






以前、こうした「詐欺メール」と言えば「あからさまに変な日本語」だったり、「.com」や「co.jp」など「メジャーなURL」でないなど「よく確認すれば怪しいと見分けられる」ケースもありましたが、最近ではこの辺り「よく作られて」おり、「本物のサイトのコピーサイト」から「詐欺ページに誘導する」など「手口が巧妙」になっていて「見分けがつかず」混乱を招いているケースも多いようです。

今回は「NTTドコモ」で把握している「詐欺メール」の事例と「対応方法の事例」を「情報共有」するという主旨のサイトのようです。

もっとも、こうした「詐欺」手段は「対応された」としても「後から次々と新たな手口」が出てくるので「イタチごっこ」な感もありますが「NTTドコモ」に限らず「定期的」に「公開」してもらえるとありがたいですね。

2022年3月18日までの「公開
」なので「一読」しておくのも良いでしょう。



(参考書籍)






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【未確認情報】今度は「QPhone」ならぬTesla社製「π-Phone(パイフォン)?」なる製品の「紹介動画」が出回っているようですが・・・


【未確認情報】今度は「QPhone」ならぬTesla社製「π-Phone(パイフォン)?」なる製品の「紹介動画」が出回っているようですが・・・

tesla-phone-000


ここ最近「YouTube」の「おすすめ動画」に複数上がっているのが「Tesla」社製と銘打った「πPhone(PiPhone=パイフォン)の「紹介動画」。

以前にも「Q-Phone」なる「次世代スマートフォン」「画像」が出回っている記事を紹介しましたが、より「具体的」なリリースかと思われる「動画」ではありますが「公式にはリリースされていない」真偽のほどが「?」ながら「気になる動画」であることには「興味深い」ところであります。





以前出回った「QPhone」同様「公式」には発表されていないようですが「実在」するなら欲しいものです

↓一見「Tesla」の「公式動画」
のように編集されており、「勘違い」しそうですが、何回か観ていくと、公式「Teslaモータース」「SpaceX」動画に、オリジナルの「πPhone」の映像を「巧に」織り交ぜている印象です。




↑↓よく観ていくと「イーロン・マスク氏」自身は動画の中で「一度もπPhoneを触っていない」事に気づくと思います。




やたら、Apple「iPhone」「比較」しており「スティーブ・ジョブス氏」や「ティム・クック氏」も登場しますが「πPhone」とみられる筐体は、どうも「OPPO」「Xiaomi」製品のように感じ、この「動画」自体は「よくできた作品」のように感じます。

しかしながら「スターリンク衛星」から「パラボラアンテナ受信」「WiFi不要のインターネット環境」など「未来感」ある「映像」もあります。

では、まったく「根拠」のない話かと言うと、また「別の話」「信憑性は人それぞれ」と言われる米国軍事レポート「Intel Judynote」でも「Q-Phone」の存在を匂わせる記事もあるようなので、本当に存在するのなら、ぜひ確認したいものです。

↓2022年9月9日更新の類似記事









家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

緊急【注意喚起!】ここ数日内に「テレビ電波環境」に何か起こるような「うわさ」があるようですが?


緊急【注意喚起!】ここ数日内に「テレビ電波環境」に何か起こるような「うわさ」があるようですが?

700mhz

あくまでも「うわさ」の域での話しではありますが・・・。

「メディア」では「アナウンスされていない情報」で、ここ数日「メール」「DM」「まことしやか」「うわさ」として「相談件数」が増えている件が、何か「現実味」を帯びている気がします。




以前やたら電波切替え工事の「チラシ」入ってました事がありましたが「この件」のことか?


そもそも「2021年」中、「2回」ほど、玄関の「ポスト」に「テレビ受信が乱れるかも知れない」などといった「チラシ」が投函されていた事があったのですが、その際は、新手の「通信回線業者の営業手法」程度にしか感じていなかったので「無視」していたのですが、「期日が近づく」に連れ「様々な情報」が密かに飛び交っているようなので「一例」を「抜粋」してみました。

・既存の「インターネット環境」が手狭になり「次世代技術」のための「電波帯が不足」しているため「テレビ地デジ化」によって「余裕のできた電波帯の有効活用」するための工事が完了する期日

・現行の「デジタル放送」が「FCC法」に反しているため「放送免許が取り消し」になり、既存の「電波帯が使用できなくなる」ため「異なる電波帯」に切替える必要がある

・「通信」「放送」の「電波帯」を「スターリンク」等「衛星インターネットシステム」に切替える

・何故、メディアで取り上げないのかという理由は「既存のシステム関係者」の仕事に影響がでるため今後の「調整中」だからという説

・「ネット上」では「EBSの始まり」とか「10日間のブラックアウト」などという「怪情報」も飛び交っている一方、もし切替作業があったとしても「10分程度の停電で済む」という「説」もあり情報は「玉石混交」といった印象もあります。

なお「テレビ東京」系「ガイアの夜明け」という人気番組でも、2022年1月25日放送分のタイトルが【世界が真っ暗に!?電気が消える日 電力ひっ迫の真相】という「意味深」な番組が「放送予定」のようなので、今後「情報を注視」していきたいものです。


まあ、あくまで「うわさ」な話ではありますが・・・。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】2021年冬-今、病気や怪我などで入院してしまうと「オンライン面会」でしか年を越せない!!!


【情報共有】2021年冬-今、病気や怪我などで入院してしまうと「オンライン面会」でしか年を越せない!!!

online-hos-000


いくら「注意喚起」をしたところで「病気」や「怪我」は避けられないのも「現実」です。

2021年12月現在の世の中の状況として、今「入院」してしまうと、たとえ「家族」であったとしても「面会」すらままならないのが「現状」のようです。

これは「病院」に限らず「老人ホーム」含め「滞在型福祉施設」でも同様で、「着替え」などの「交換」すら「受付」での「預かり→交換」する方式が多く、ましてや「様子を見る」のも「退院」するまで我慢するしかないようです。

病院にもよるのかも知れませんが「ZOOm」や「Teams」でもなく「Google Duo」とは!!!

ではまったく「様子を見れない」のかというと、そうでもなく、「オンライン面会」形式で対応している「施設」も少なくないようです。


2021年12月現在、家族が入院中なのですが、この病院でも「オンライン面接」形式がとられています。


online-hos-001


当然ではあるのですが、「予約制」で「面会専用アプリ」をインストールする必用があります。

このアプリが「ZOOm」「Teams」「Skype」ならまだしも「Google  Duo」という、あまり話題に上がる事も少ないものですが「会議」ほど大げさでもなく、基本「1対1」でのやり取りになるので「問題ない」のでしょう。

Google Duo

Google Duo

Google LLC無料posted withアプリーチ



duo-001


ちなみに「Google製アプリ」なので「Android」端末の多くでは「プリインストール」されていますので「セットアップ」するだけですぐ利用する事が可能です


duo-002


↓この様に「Skype」「Facetime」とよく似た「インターフェイス」「ビデオ通話」で「面会」する事が可能になります。


duo-003



とは言え、このアプリは「PC」に「非対応」「スマートフォン」使用が「必須」です。

こんなところでも「スマートフォンがなければ生活する上で支障をきたす」世の中になってきてしまったようです。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事(画像付)
カテゴリー
スポンサーリンク