セガレの知恵袋

古物商開業支援・情報家電相談室「ディーエスエル」代表 【HN】PAWAKICHI(ぱわきち)の個人ブログです。

「情報」さえあればもっと「より簡単に・より便利に・よりリーズナブルに活用できるはず!」をモットーに「デジタル生活」の「情報の共有・検証・注意喚起」を、現役「古物商開業支援員・デジタル生活相談室」スタッフの目線から「情報共有・検証・注意喚起記事」を日々発信・更新しています。

電化インフラ

【情報共有】家庭用「FAX(ファックス)機」はいつまで使えるのか?


【情報共有】家庭用「FAX(ファックス)機」はいつまで使えるのか?

20220703-fax-000

かつてはビジネスの場面でももちろん、個人宅でも、現在でいうところの「メール」「メッセンジャー」的な使い方をされてきた「FAX機」ですが、現在でももちろん「現役」で利用できます。

とは言え「リモートワーク」の普及により、自宅などの「通信環境」を従来の「アナログ電話(NTTのメタル回線)」から「ひかり電話(デジタル回線)」や昨今増えている「ドコモhomeでんわ」などを使用した「IP電話」に切り替えられている世帯も増えているようですが、「FAXでのやり取りが必要」な会社も少なからず存在し、2024年「NTTメタル回線終了後」も、元来「アナログ規格」である「FAX 通信」安定して利用できるのか気になるところなので「検証」してみました。

「リモートワーク」の一般化で「不要論」露呈?確かにここ数年利用していないかも

「結果的に」「光ファイバー網」を通した「NTT東西のひかり電話」「auひかり電話」、「ケーブルテレビ網」を使用した「ケーブルプラス」「J:COMPHONE」に於いては「NTTメタル回線」とほぼ同様に「FAXの送受信が可能」が可能です。

ただし、「ひかり電話」などで「FAX」を使う場合、電話機の規格「G3」という規格(画質)でないと、「ひかり電話のFAXに対応していない」ので「FAX機能が使えない」場合もあるようです。

これに似た「スーパーG3」という規格も「存在」しますが、まったくの別物ではあるものの、「送受信できない」というわけではなく、送信側が「スーパーG3」でも受信側では「G3画質に変換されて」出力されるのでさほど問題はないかと思われます。

なお、この「スーパーG3」規格の「FAX」は、2024年からのNTT加入電話(メタル回線)終了以降切替えが予定されている「メタルIP電話」になると、一部「業務用回線」を除き「非対応」になり自動的に「G3規格」で出力されるようになるとアナウンスされています。


(関連記事)




注意したいのが「ドコモのhomeでんわ」という「ワイヤレスな固定電話」「FAX」を利用するには基本的な料金プランではなく、約1,000円ほどプラスした「homeでんわベーシック」で契約しなければならないので「FAX利用」には「あまりおすすめできない」印象です。

また「ドコモのhomeでんわ」に似た、ソフトバンク「おうちのでんわ」という「ワイヤレスな固定電話」サービスで「FAX」を利用する際は、相手先FAX番号の前に「0009」を必ずつける必要があるなど「制約」があり、こと「FAXの送受信」だけに限って「使い勝手に不安」はありそうです。

とは言え、「スマートフォン」「タブレット端末」が登場し、多くの場面でこうした「書面のやりとり」「PDF」「Jpegファイル」などが主流になり、すっかり「出番」が少なくなっている印象ですので、「FAXでのやりとり」が「ごく少数」という環境であれば「コンビニのマルチコピー機のFAX」を利用したほうが「かえって割安」かも知れません。

(参考書籍)


(参考製品)


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】「停電時」でも通話できる「固定電話機」-ただし使えるのは「NTTメタル回線」のみ


【情報共有】「停電時」でも通話できる「固定電話機」-ただし使えるのは「NTTメタル回線」のみ

20220616-kuro-000

「燃料の高騰」などにより「節電」「計画停電」など話題に上がっていますが、家の「固定電話」が「停電」により使用できなくなった、という経験をされた方も多いと思われます。

現行の「コードレスホン」「留守電機能」「FAX」「ナンバーディスプレイ」など「電気的動作が必要」の「電話機」については、当然ですが「電話機自体が停電すると使用できなく」なります。

しかし、あまりアナウンスされていません「NTTメタル回線」に限り「一定の条件」が整えれば「停電時でも通話が可能」な電話機が存在します。

NTT貸与のいわゆる「黒電話」は物理的に「停電時」でも「通話可能」です、しかし「NTTメタル回線(アナログ)」にしか対応されていません

「NTTのメタル電話回線」
自体、宅内の「電話モジュラージャック」まで「建物内電気配線とは別系統」になりますので、構造上「停電」しても「対応された電話機」であれば「通話が可能」です。

つまり、「電気を使わない通話機能のみの電話機」もしくは、あらかじめ「停電時直通モード」になる「電話機」であれば「停電時でも通話が可能」なのですが、「ケータイ」「スマートフォン」が普及した現在では、かなり少数派で、イザ導入しようとしても「入手困難」なおそれもありそうです


では、どのような「電話機」が「現在流通」しているのか見てみましょう。

現在では、ほとんど見かける事のなくなった、NTTのいわゆる「黒電話」。


(NTT貸与の黒電話機)

20220616-kuro-001

この「黒電話」であれば「停電時でも通話が可能」だったのですが、現在では「NTTからレンタル」されておらず、「アンティーク家具」扱い「入手」できない事もないのですが、「中古市場」で出回っている「電話機」自体「海外製」のものも多く「通話できるかできないか微妙」なところ。

あくまでも「コレクターズアイテム」「インテリア雑貨」類としてとらえるべき製品と言えるでしょう。


(電源を必要としない通話が確認されている電話機)


「黒電話」と同じ仕組み「電気」を必要としない「通話だけの最低限の機能の電話機」も販売されており、機種により「停電時通話が可能」と明記されている製品も存在します。

しかし「電気を使わない」からと言って必ずしも「停電時でも使える」のかと言うと「そうでもなく」、一部「海外仕様」の「電話機」では「通話困難」な場合もあるようです。

このあたり、購入前に「確認」しておく必要があるでしょう。


(停電時通話が確認されている電話機)


また、先の「3.11大震災」以降販売された「コードレスフォン」「FAX機能付き電話機」などの一部「電気を必要とする電話機」でも「停電時直通モード」を備えた機種もあるようですが、「種類も少なく」「割高な価格設定」になっているのも「致し方ない」ところかも知れません。

とは言うもののこうした「電話機」と言えども、使用している「電話回線」が「NTTメタル回線」にしか対応していなく、2022年現在に於いては「少数派」になっていて「古い情報」かも知れません。

なお同じ「NTT」名称の「ひかり電話」ケーブルテレビ網を使用した「ケーブルプラス」「J:COMPHONE」ではこうした「停電時対応の電話機」であっても、それぞれの電話網に接続するための「ホームゲートウェイ」「eMTA」「電力が必要」になりますので「停電時には通話ができません」。

↓また2024年には「NTT加入電話(メタル回線)終了」が発表されており、以降こうした「電話機」が機能するのかは現状「未定」との事です。




もっとも、現行の「メタル回線」では「災害時」など「回線のパンク」時の「改善の見込みは薄い」と思われますので、別途「何らかの連絡手段」を「用意」しておいた方が「現実的」かも知れません


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【注意喚起!】固定電話「使っていない通話オプション料金」-払いすぎていませんか?


【注意喚起!】固定電話「使っていない通話オプション料金」-払いすぎていませんか?

ntt-opshone-000

「ケータイ」「スマートフォン」「利用料金」にはけっこう「敏感」に反応されている方も多いと思いますが、意外と自宅の「固定電話」の料金が「ノーマーク」だったりします。

実は「ケータイ」「スマートフォン」では「基本料金内」「端末自体の機能」とされている機能が「固定電話」に於いては「別オプション」として「けっこう高額」な料金を支払っているケースもあり、「基本料金」プラス「1,650円ほどのオプション料金」を支払っているお宅も少なくないようです。

正直、自宅の「固定電話が高くなった」などという声も聞かれるのですが、こうした「使っていないオプション契約」をそのまま「支払い続けて」いるという「原因」も考えられますので、一度「確認」されてみてはいかがでしょうか。

実際「ケータイ」「スマートフォン」では「無料」な機能でも「固定電話」ではけっこう高くつきますよね

「固定電話」
「料金体系」「基本料金」(使っても使わなくても月々必ず発生する料金)「目安」として、まず「固定電話」を使用するための「基本料金」「一般住宅(事業者用電話は別として)」のほとんどが「NTT加入電話」で「1,760,円(税込)」CATV回線を使用する「ケーブルプラス/J:COMPHONE」「1,463円(税込)」光ファイバーを用いる「フレッツひかり」のオプション「ひかり電話」「550円(税込)*ただしインターネット回線とセットの料金なので実質6,000円以上はかかる」。

上記の「基本料金」にプラス、使用する「機能」によって「オプション料金」を支払っている計算になります。

オプション名
(事業者により名称が異なる)
月額料金
ボイスワープ(NTT加入電話)
転送でんわ(NTTひかり電話)
着信転送(auひかり電話)
着信転送(ケーブルプラス)
着信転送(J:COMPHONE)
550円(税込)
キャッチホン(NTT加入電話)
通話中着信(NTTひかり電話)
割込通話(auひかり電話)
割込通話(ケーブルプラス)
割込電話(J:COMPHONE)
330円(税込)
ナンバーディスプレイ(NTT加入電話)
発信者番号表示(NTTひかり電話)
発信番号表示(auひかり電話)
発信番号表示(ケーブルプラス)
発信番号表示(J:COMPHONE)



440円(税込)
ナンバーリクエスト(NTT加入電話)
番号通知リクエスト(NTTひかり電話)
番号通知リクエスト(auひかり電話)
番号通知リクエスト(ケーブルプラス)
番号通知リクエスト(J:COMPHONE)
220円(税込)

これがけっこう「馬鹿にならない高額」な「オプション料金」で、例えば「ケータイ」「スマートフォン」では「標準機能」で料金が発生しない「ナンバーディスプレイ(発信者番号通知)機能」が、各社とも「440円(税込)」も月々支払う料金にプラスされる事になります。

「固定電話」「既設」の多くのお宅の固定電話の「支払い明細」を拝見させていただくと「けっこうな確率」「ナンバーディスプレイ(発信者番号表示)」と「キャッチホン(割込電話)」が追加されていたり、まず使わないと思われる機能も含めた「オプションパック(1,650円~)」がプラスされている場合が多く、このあたりが「電話料金が高い」と感じる「原因」なのかも知れません。

あくまでも「家庭内の使用状況」にもよりますが「ケータイ」「スマートフォン」も「併用」されている場合なら「固定電話」の「オプション料金」の契約の「見直し」をしてみると月々「電話料金の固定費」の部分の「節約」につながるかも知れません。

知らずに放置しておくと、「スマートフォンより高い電話」になってしまっている可能性もありそうです。

(関連記事)







家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】NTT「公衆電話」の現状-「高額な通話料金」「使い勝手の悪さ」にビックリ!


【情報共有】NTT「公衆電話」の現状-「高額な通話料金」「使い勝手の悪さ」にビックリ!

denwa-box

以前、NHKの番組「災害」などで「帰宅困難」になった際の「連絡手段」として「公衆電話の使い方を子供に教える」という内容のトピックがあったのですが、「スマートフォン」「ケータイ」電話生活で、「確かに」使用方法を「忘れてしまって」いる事に気づかされます。

昔は当たり前のように使っていましたが「こんなにも通話料金が高い」うえ「繋がらない」ケースが多いとは

意外と「高め」な「料金設定」

20220605-ntt-001


「デジタルネイティブ」
な世代に限らず、「緊急時の連絡」として「LINE」などの「メッセンジャーアプリ」でやり取りする事が多い事で、けっこう「公衆電話」用に「小銭」を用意する習慣も忘れていたのもそうですが、あらためて周囲を見渡すと「公衆電話」自体「電車の駅」には少なくても「1台」は設置されているようです。

20220605-ntt


しかし、かつては「コンビニエンスストア」にも「1台」は必ず設置されていたように思っていたのですが「新しい店舗」では「未設置」なところ見受けられるように感じます。

固定電話への通話
<距離・時間帯により変動>
昼間・夜間 56秒/10円~8秒/10円
深夜・早朝 76秒/10円~13.5秒/10円
携帯電話への通話
15.5秒/10円
050IP電話への通話
17.0秒~18.0秒/10円

↑「公衆電話」から「固定電話」「携帯電話」「050IP電話」それぞれへの「通話料金」を上記の表にまとめてみました。

しかし、これが「けっこう高めな料金設定」で、「自宅に電話」するだけでも「最大、10円で8秒しか通話できない(距離・時間帯により異なる)」ケースもあり、「10円硬貨数枚」しか所持していない場合「大事な用件を伝えきれない」おそれもありそうです。

「現金(10円硬貨・100円硬貨)」もしくは「テレフォンカード」しか使えない

さらに「公衆電話」で使えるのは「10円・100円硬貨」もしくは「テレフォンカード」のみに限られていて「電子マネー」だけしか所持していない場合「使用」する事自体、実際「むずかしい」でしょう。

ntt-koushuu-001


「公衆電話」からだと相手の電話機に「ブロック」されているケースも多い

また「携帯電話」をはじめ「固定電話」でも「迷惑電話対策」として「電話番号非表示」からの「着信」を「拒否設定」している「電話機器」では「繋がらない」という「問題」となっている模様です。

「受ける電話」機器それぞれ「公衆電話」からの「着信」表示が異なるようで「コウシュウデンワ」「ガイセンチャクシン」「非通知」着信「迷惑電話などと認識」されて「公衆電話からの着信を知らずのうちにブロック」しているケースも多いようです。

これを「受信可能」にするためには、それぞれの機器の「取扱説明書」で確認するしかありませんが、「非通知」などを「ブロック解除」してしまうと「迷惑電話がジャンジャンかかってくる」おそれもありそうです。

「家族間」であれば「3回鳴らして1度切り、2回鳴らしてもう1度切ったら家族からの着信」などとし「それ以外の非通知着信は無視」するなど「ルール」を決めて「共有」しておく家庭も多いようです。


(参考動画)「NTT公式」




(関連記事)




(参考書籍)




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】NTT加入電話「電話加入権」の「現在」


【情報共有】NTT加入電話「電話加入権」の「現在」

denwa-hikari-000

「ケータイ」「スマートフォン」しか知らない世代にとっては「理解しにくい仕組み」かも知れませんが、2022年6月現在でも自宅の固定電話「NTT加入電話」を「導入」するためには、まず「電話加入権」という、「施設設置負担金」という料金が発生します。かんたんに言うと、「固定電話の回線を利用できる権利」のことです。
そもそも、先の大戦後に日本電信電話公社が、「電話回線を引くための電柱や電線を整備する資金調達」のため、施設設置負担金の支払いをお願いしたことがきっかけでできた「制度」です。

つまり、「施設設置負担金を払ってくれた見返り」として、「電話を引くことのできる権利を与えた」のが「電話加入権」という歴史があります。

と、かつては「固定電話」の「設置」「電話番号の発行管理」など「NTT(旧日本電電公社)」「独占」していましたが、現在では「NTTメタル加入電話」以外の「ひかり電話」や、ケーブルテレビ設備を使用した「ケーブルプラス」や「J:COM Phoneプラス」など「独自に総務省から電話番号の発行を割り当てられている」事業者存在しており、「あまり意識しなくとも電話を導入」できるようになっています。

かつて「電話開通」させるために「8万円弱」の費用がかかっていましたが、現在でも残っています

電話加入権の価格

かつて、「日本電信電話公社」が民営化され、「NTT」ができた頃に、「固定電話」「電話加入権」の価格は「72,000円(税抜き)」でした。

個人的に「固定電話」を導入した際は、これだけではなく「工事費」なども「別途」かかり「合計8万円前後」支払った「記憶」があります。

こうした、「価格があまりにも高い」ことや、「携帯電話」の登場によって「固定電話を新たに引く人が激減」したこともあり、2005年3月1日からそれまでの半額の「36,000円(税抜き)」に引き下げられています。

また、「新生活」時に「固定電話」を「導入」しやすいよう「電話加入権」を「分割して月々の基本料金に上乗せ」した「料金設定」「加入権ライト」なる「プラン」も存在します。

「加入権」のネックはけっこう「高額」の費用がかかる事。「譲渡・承継・改称が可能」なので「売買」も可能ではありますが・・・

「電話加入権」
「相続財産」の1つです。

つまり、親族などに「譲渡」「承継」することも可能です。

また、「結婚」「離婚」などで「電話加入権の名義を変更」したい場合にも「改称」が可能です。

「電話加入権」入手にする方法として、NTTから購入する方法以外「中古の電話加入権」を、「ヤフオク」などで「売買」する事も「違法」ではありませんが、元の金額から考えると「安く叩かれて」いて、「購入」するには良いのですが「売却」する場合「かなり残念な思い」をするかも知れません。


denwa-kanyuken






「電話加入権」所持の「メリット」「デメリット」

こうしてみると、現在「NTT」の「電話加入権」のメリットはあまり感じられないかも知れませんが、「ひかり電話」「ケーブルテレビ電話」と異なる点が「NTT発行の電話番号」。

「ケータイ」「スマートフォン」「MNP(モバイルナンバーポータビリティ)」同様、同一の「電話番号」のまま「他電話事業者電話」に「移行」する「LNP(ローカルナンバーポータビリティ)」として「電話番号ごと引っ越し」する事が可能なのは「NTT電話加入権」ならでは。ただし「管轄NTT局外への転居」には「非対応」です。

このあたり「NTT以外の固定電話」「総務省発行の電話番号が限定」され「電話番号移動」が「不可」なので「ビジネス使用」などで「電話番号を変更したくない」場合など「NTT電話加入権」所持が「有利」と言えるかも知れません。


「NTT電話加入権」は「更新」を怠ると「消滅」する?

「注意」
しなければならない点が「電話加入権休止期間問題」。

「LNP(ローカルナンバーポータビリティ)」「他社固定電話」契約している場合、「電話加入権」は「休止」という扱いになっています。

「5年ごとに更新」の手続きが必要になりますが、最初の1回更新手続きを行わなかった場合でも「5年間の自動延長」は「可能」です。

しかし「更新なし」で「利用休止」できるのは「最大10年間」であるため、「権利が消滅しないように更新の手続き」を行わないと「電話番号」を使用する「権利」自体「消滅」するおそれがあります。

この「更新」に際しては、「NTTからの事前連絡はない」ので「注意」しないと「電話番号消失」する事が「アナウンス」されない点も「不親切」に感じます。

現在「NTT電話」以外の「他事業者」の「固定電話」を利用されている方「要注意」です。


(関連記事)






(参考製品)



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事(画像付)
カテゴリー
スポンサーリンク