セガレの知恵袋

古物商開業支援・情報家電相談室「ディーエスエル」代表 【HN】PAWAKICHI(ぱわきち)の個人ブログです。

「情報」さえあればもっと「より簡単に・より便利に・よりリーズナブルに活用できるはず!」をモットーに「デジタル生活」の「情報の共有・検証・注意喚起」を、現役「古物商開業支援員・デジタル生活相談室」スタッフの目線から「情報共有・検証・注意喚起記事」を日々発信・更新しています。

電化インフラ

【情報共有】一部「公衆Wi-Fi」で「LINE」や「通話アプリ」が利用できないケースについて


【情報共有】一部「公衆Wi-Fi」で「LINE」や「通話アプリ」が利用できないケースについて

202210132-wifi-000

外出時に利用したい「無料Wi-Fiスポット」環境の選択肢が限られる昨今ですが、さらに現在有効な「Wi-Fiスポット」でも「LINE」をはじめとした「メッセンジャーアプリ」や「格安通話アプリ」が「つながらない」もしくは「非常に不安定で使い物にならない」ケースも少なくないよう「実感」しています。



「訪日外国人向け公衆無線LAN」の一部など「低セキュリティWi-Fi」回線の場合「個人情報保護」のため「メッセジャー」「通話アプリ」などが「無効」なケースもあるようです

とくにこうした「無料Wi-Fiスポット」で感じるのは「訪日外国人向け」の「Japan Free WiFi」をはじめとした「自治体が設置しているFree Wi-Fi施設」の一部「Map」や「検索」「ネットサーフィン」の利用だけであれば「問題なく利用」できるのですが、「LINE」「無料通話アプリ」「つながらない」もしくは「つながっても不安定」なケースがあるようです。

20221014-wifi-001

その理由としては、「個人情報保護」の観点から「個人を特定する電話番号やID、パスワードが必要」なサービスについては、トラブルを「避けるため」か、あえて「無効」にされているように思われます。

個人的にも「ブログの更新」などをしたい時「不便を感じる」のですが、自分の「個人情報を守る」ためには「致し方無い」のかも知れません。

もっとも、こうした「屋外」でも「スマートフォン」の「データ通信」を使用すれば当然ですが「利用できます」ので、「無料」にこだわらないのであれば「さほど問題ない」話でしょう。

「外出時」にこうしたアプリを多用したいのであれば「スマートフォン」の「設定」で「Wi-Fiの自動接続を無効」にしておけば、こうした「ストレス」を感じずに済むのかも知れません。

ちなみに、「私の行動範囲内」での印象ですが、NTTドコモが運営している「d Wi-Fi」「イオンWi-Fi」では「比較的利用に支障なく利用できる」ようですが、「〇〇City Wi-Fi」などと表示される「自治体運営のWi-Fi」や、コンビニ「ローソンWi-Fi」(店舗にもよるようですが・・・)では「不安定なケース」があるようです。





(参考書籍)

家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】「公衆電話」機が続々「撤去」されている!-「2024年アナログ回線終了」の影響か?


【情報共有】「公衆電話」機が続々「撤去」されている!-「2024年アナログ回線終了」の影響か?

20220826-telbox-000

「コンビニ」の「公衆電話」が「撤去」されている記事を以前公開しましたが、最近、最寄りの「郵便局」でも、併設の「公衆電話」が「撤去」されてしまいました。




「ケータイの通信障害」多発や「災害時の緊急連絡手段」として「再注目」されている存在なのなのですが・・・

ntt-koushuu-001

最近「多発」している「通信障害」「地震・台風」などの「災害時の緊急連絡手段」として「見直され」はじめた「公衆電話」なのに、我が家近隣でも、とうとう「鉄道駅」まで行かなければ「公衆電話」が利用できる場所が無くなってしまいしました。

20220826-telbox-001

理由としては、おそらく「公衆電話」を運営している「NTT側の立場」としては、2024年の「NTTメタル回線修了」に伴って「アナログ電話」である「公衆電話」は「維持したくない」ので「続々撤去」して「NTTドコモ」による「ケータイ・スマートフォン回線の充実」にシフトしていきたいという「NTT側の思惑」があるように感じます。



とは言うものの「ケータイ・スマートフォン」を所持していたとしても「通信障害が多発」している昨今の状況下で、「もしも!」の際、「公衆電話」さえ利用しずらくなるのも「近い将来の現実」となりそうです。

どうも、この「流れ」は「致し方ない」ようですので「ケータイ・スマートフォン」を「複数台持ち」するなどの「別の通信手段を確保」しておく必要はあるのかも知れません。

(参考書籍)



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】コンビニWIFiの現状-「ローソン」では継続されているものの「接続が不安定」という声も


【情報共有】コンビニWIFiの現状-「ローソン」では継続されているものの「接続が不安定」という声も

20220807-wifi-000

2022年7月2日未明から30時間以上にわたって発生した「auの通信障害」により、別の「通信環境の確保先」として「注目」をあつめている「公衆WiFi」ですが、こうした「需要」とは「逆行」するかのように「コンビニ」や「鉄道」施設から「続々撤退」されているのが「現実」のようです。

主な「理由」としては、昨今の国際情勢により「訪日外国人の減少」による「需要減」に加え、コンビニの「イートインスペース」や「駅の休憩スペース」の撤去など「あまり長居をさせたくない」という理由もそうですが、こうした「顧客の引き留め」のための「WiFi環境の維持費用」が「売上に貢献しない」という「経営上の問題」が「原因」とされているようです。

2022年8月現在「ファミリーマート」「ローソン」なら「dWi-Fi」が利用可能ですので「WIfi設定」をしておくと便利かも知れません

「コンビニ」に限っていえば「セブンイレブン(イトーヨーカドー、ヨークマート、デニーズなど関連店舗も含む)」がいち早く撤退。

記憶に新しいところでは、2022年7月をもって「ファミリーマート」でも「撤退」されています。

20220807-wifi-001

ただし「ファミリーマート」店舗では「d Wi-Fi(無料版)」継続して利用できますので「利用登録」して「WiFi設定」すれば「ファミリーマート」でも「WiFi」電波を利用する事が可能です。




残った「ローソン」ですが、今のところ「撤退」のアナウンスは出ていないようで引き続き「WiFi利用環境」にあるのですが、「WiFi接続マーク」が表示されているものの「ファイルのダウンロードはおろかネットサーフィンすら満足にできない」という声も上がっているようです。

おそらく「一部の店舗でWiFi環境の更新が行われていない」ではないかと「推測」されているようです。

↓しかし「ローソン」の場合「ファミリーマート」同様、「dWi-Fi」が利用可能ですので「通信環境が不安定な店舗」でWiFi利用したい場合、既存の「LAWSON_Free_Wi-Fi」と「dWi-Fi」を「併用」して「使い分ける」方法もあります。

20220807-wifi-003

「店舗」や「ケータイキャリア」側の言い分として「(5)G」を利用してくれれば「こうした問題は解決する」と考えている節も見受けられるようですが、「公共の通信インフラ」として、まだまだ「4G」スマートフォン(とくにiPhone)も多い「iPad」を始めとする「タブレット端末」で「SIMカード」を入れている端末も「少数」ではないかとも思われます。

「環境改善」が望まれるところです。


(参考製品)



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】「無料WiFi」ドコモユーザー以外でも「d Wi-Fi」スポットが「dポイント」会員登録だけで利用可能


【情報共有】無料WiFi」ドコモユーザー以外でも「d Wi-Fi」スポットが「dポイント」会員登録だけで利用可能

20220723-wifi-000

2022年7月末で、ファミリーマートの「ファミマWiFi」が終了(セブンイレブンは2022年3月で終了済)、「東京メトロ(旧営団地下鉄)」も「訪日外国人観光客の減少」により「無料WiFi終了」と、続々と「FreeWiFi環境」が少なくなっているように感じます。

そんな中、注目を集めているのが「ケータイキャリア」各社が、それぞれ「ユーザー向け」に「開放」している「公衆WiFiサービス」。

とくに「NTTドコモ」が提供している「dWi-Fi」「ドコモユーザー」以外でも「利用可能」という事で「注目」を集めているようです。

そこで、「d Wi-Fi」を使うためにはどうすればいいのか「検証」してみました。

「無料WiFiスポット」が少なくなる中「パソコン」でも使える貴重なサービス。有効利用したいものです

「d Wi-Fi」「無料」で利用できる「条件」として、「dポイントクラブ」への「入会」が「必須」になります。

dポイントクラブ(公式)
dポイントクラブ(公式)
開発元:株式会社NTTドコモ
無料
posted withアプリーチ

この「dポイントクラブ」「au」や「ソフトバンク」など、「ドコモユーザー」以外でも「入会」できます。

20220726-dw-002

「App Store」「GooglePlay」それぞれから「アプリ」をダウンロードして「入会登録」が完了すれば「dWi-Fi」が使用できるようになります。

ただし、この「入会登録」、インターフェイスにクセがあるようで、人によっては「少し時間がかかる」かも知れません。

「dポイントクラブ」の「登録」が完了
したら、「dWi-Fi」対応スポットで、それぞれの「端末」の「設定」」→「WiFiの設定」などを行えば即利用可能になるのですが、この「設定」もなかなか「面倒」です。

そこで面倒な「設定」を「簡略化」してくれるアプリ「dアカウント設定」をあらかじめ「インストール」しておくと各「WiFiスポット」で「スムーズ」に「接続」できるように感じました。

dアカウント設定/dアカウント認証をよりかんたんに
dアカウント設定/dアカウント認証をよりかんたんに
開発元:株式会社NTTドコモ
無料
posted withアプリーチ

「dアカウント設定」アプリ「一度設定」を行えば、あとは「WiFiスポット」内に入った時点で「自動接続してくれる」のですが、「端末」「スポット」によっては「別のWiFiスポットに接続されてしまったり」する場合もあるようです。

20220726-dw-001

その場合、端末側の「WiFi」→「保存済みのネットワーク」「0001docomo」(dアカウント設定で保存)タップする事により「接続」に進んでくれるようなのでさほど問題はないと思います。

↓なお「dWi-Fi」が利用できるスポット下記サイトで確認する事ができます。




ちなみに、私の行動範囲ですと「ファミリーマート」「ローソン」「市営地下鉄駅構内」で利用できるので、今後「ファミマWiFi」が「終了」しても「不自由」なく「WiFiスポット」が利用できそうです。


(参考書籍)




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【注意喚起!】「NTT電話(メタル回線)終了」につけ込む「悪質商法」②-「N戻し」(アナログ戻し)はまぎらわしい新たな手法


【注意喚起!】「NTT電話(メタル回線)終了」につけ込む「悪質商法」②-「N戻し」(アナログ戻し)はまぎらわしい新たな手法

20220715-denwa-000

2024年アナログ電話終了(NTTメタル回線)の流れに逆らった「N戻し(アナログ戻し)」と業界で呼ばれる「まぎらわしい電話セールス」が、2022年初頭から増えているそうです。

この手法、何も新しいものではなく、2011年前後から主に「auひかり電話」「ケーブルテレビの電話サービス」に加入されている世帯「NTTの相談窓口らしい名称」を名乗り「インターネット、スマートフォンでしか使わないなら高い契約ですよね」とか「ケーブルテレビの料金もったいないですよね」などと「NTT加入電話)に戻したほうがお得ですよ」「誘導」「au」や「ケーブルテレビ」の解約を促し、2024には「メタルIP電話」化される「NTT加入電話」に契約を「戻す」というもの。

一見「料金を下げるお手伝い」と「親切」そうに感じますが、ここで「落とし穴」が・・・。




そもそも、当の「NTT自体」はなるべく「加入電話」を終了したい「方向」なので、こうした業者には「別の思惑」があるようです。



2011年前後確認できた「事例」としては「NTTフレッツ光」を取り扱っている「一部の業者」「他社のひかり電話利用者」に「固定電話を口実」に入り込み「結果的にフレッツ光に契約変更させる」という目的の「まぎらわしいセールス手法」と、当時問題になっていた「高齢者向け」の「PCサポート契約」に「契約」させる目的、という「本来の固定電話を安くする」とは「別の契約をいつの間にか結ばされていた」というトラブル。

「セールストーク」として「電話料金が安くなります」どころか「月々数千円のサポート料金」が「電話料金とは別に請求される」上「2年ことの契約」だったりで、途中で気付いて「解約」しようとすると「2万円以上の解約手数料が請求される」など「高齢者などをターゲット」にした「まぎらわしい商法」として「社会問題」にもなっていたのを覚えている方も多いかも知れません。

「ひかり電話」「ケーブルテレビの電話」利用者宅に「払い過ぎですよ」と「NTTメタル回線」へ戻し「高額な手数料を請求」する手口に注意

↓2022年現在の「状況」は以下の「動画」で詳しく説明されています。



↑「再度セールスをかける」目的があるなど「セールス手法も様々」ですね・・・。


何度も「提唱」するようですが「電話料金が安くなります」という「セールストーク」には「要注意」です。



(参考書籍)



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事(画像付)
カテゴリー
スポンサーリンク