セガレの知恵袋

「ITライフハックマスター 」AI和泉(旧ぱわきち)が生活に役立つIT・通信・放送に関する情報をわかりやすく「情報共有」するブログです

「ITライフハックマスター」 AI和泉(旧ぱわきち)です。情報家電業界で40年以上の経験を持ち、消費生活アドバイザーやテレビ地デジ化推進業務なども行ってきました。この時代を生きる人に役立つIT・通信・放送に関する情報をわかりやすくお届けします。私の目標は、新時代のインフラやデバイス、ガジェットの仕組みや最新話題を「情報共有」してもらうことです。

製品・サービスレビュー

【情報共有】Amazonマーケットプレイスのノーブランド品やBASE出品に「ダイソー入手困難品転売」が混ざっている件


【情報共有】Amazonマーケットプレイスのノーブランド品やBASE出品に「ダイソー入手困難品転売」が混ざっている件

20240222-daiso-001

コスパの高いお得なアイテムを展開するプチプライスの「ダイソー」。

テレビやSNSなどで取り上げられるとあっという間に店頭で売り切れとなり、そのアイテムがネット上で高額転売されているのも知られているところでもあります。

そんなダイソー転売ブランド名をあえて伏せてネットショップで販売する手法が横行しているようです。

そのあたりの事情を詳しく見ていきましょう。

Amazon「レビュー」で、ダイソー転売であることを指摘されるケースも散見される商品も

ダイソーの商品をダイソー製品の「入手困難品の中古品扱い」であれば、Amazonに堂々と出品できますので、購入者側がその事実を納得の上であれば問題はありません。

ダイソー製品に限らず、Amazonマーケットプレイスでは、たとえ新品であっても「転売」の場合は「中古品」扱いになります。

20240222-daiso-002

ところが、転売指南情報商材などでは、Amazonのマーケットプレイス「ダイソー商品をそのまま転売する」のではなく、ダイソーと分からないようにパッケージを変えて「ノーブランド品」の新品として出品する手口が提案されることもあるようです。


20240222-daiso-000


もっとも、こうした製品のAmazonレビューを見ると、ダイソー転売であることを指摘する声も少なくないようです。

とくに最近は、モバイルガジェット中心に、Amazonから出品拒否されている業者の製品が「ダイソー」製品として流通し、その製品がまた「転売品」として、Amazonマーケットプレイスに戻ってくる、という皮肉な流れも。

また、Amazonマーケットプレイスで、出品の「審査」に落ちた場合、新興の個人ネットショップ構築サイト「BASE」フリマアプリなどで「独自輸入品」などとうたい出品する手法をレクチャーしている場合もあるようです。



もっとも、ダイソーで入手困難なので「急いで必要なので購入したい」「生産終了」しているのであれば致し方ないのかも知れませんが、個人的には、プチプライスで購入できるはずの製品を「割高な金額」で購入するのはどうかな?、とは思います。

さらに、気になっている製品が「ノーブランド品」という表示であれば、一度ダイソー店舗を覗いてみると、再び店頭に並んでいる事があるケースも見受けられます。

ただし、こうしたモバイルガジェット類は、似たような製品が乱立していますので「購入して検証してみないと真偽が不明」なのが現実のようですが・・・。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】半額専門店?「TOAmart」で販売されている「家電」「モバイルガジェット」の現状


【情報共有】半額専門店?「TOAmart」で販売されている「家電」「モバイルガジェット」の現状

20230728-toa-000

東京・秋葉原発、「半額専門店ブーム」の火付け役となったのが、「TOAmart(トーアマート)」です。



ほぼ「PB(プライベートブランド)」なので「本当に半額」なのかは不明ですが、思わぬ「掘り出し物」も並ぶ可能性もあるので「要チェック」かも知れません

しかしながら、出店を急いだためか2023年2月には100店以上が一斉に閉店…。

かつて300店以上あった店舗数は5月現在で、90店まで落ち込んでしまったようです。




現在の状況はどうなのかと、最寄りの「TOAmart横浜店」を覗いてみると、ちゃんと「営業」されていて、「安さ」は健在のようです。

多くの「TOAmart」同様、この店舗も、以前は「コンビニ店(ローソン)」の建物の「居抜き」物件のようです。

20230728-toa-001

時節柄(2023年7月現在)、「ハンディ扇風機」の品ぞろえが豊富なようです。

20230728-toa-007

話題の「シャワーヘッド」では「ドン・キホーテ」よりも「掘り出し物」があるという声も。

20230728-toa-008

ただし、「家電」「モバイルガジェット」系の製品のほとんど「東亜産業」製の、いわゆる「PB(プライベートブランド)」になりますので、「半額専門店」とうたっている店舗であるものの「?」な「価格帯」という「疑問」もあります。

20230728-toa-004

「モバイルガジェット」の「価格帯」については「ドンキ」「ゲオ」などと「どっこいどっこい」といった印象。

20230728-toa-002

「乾電池」については「ダイソー」や「業務スーパー」のほうに「軍配が上がる」かも知れません。

20230728-toa-003

また「日用雑貨品」や「ペットボトル飲料」「カップ面」などについては、正直「もっと安い店舗も存在」しますので、1か所で「あれこれ揃えられる」店舗ではなく、「定期的に掘り出し物をチェック」する程度に立ち寄る店舗、として利用すべきでしょう。

20230728-toa-005




こうした「店舗の特徴」をふまえた上で「利用すべき」店舗かという印象です。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】「固定電話」不快な着信をなるべく避ける迷惑電話防止機能付き電話機の使用例-「Panasonic VE-GD27-W」の場合


【情報共有】「固定電話」不快な着信をなるべく避ける迷惑電話防止機能付き電話機の使用例-「Panasonic VE-GD27-W」の場合

20230712-pana-000

2023年現在、我が家の「固定電話」の「着信」する電話のほとんどが「見知らぬ業者」ばかりになっています。

「友人」や「病院」、「取引のある業者」さんの多くが「ケータイ」や「メッセンジャーアプリ」でのやり取りになっているので正直「固定電話は不要」と感じてはいるのですが、まだまだ「固定電話」を所持していないと「イザ」という時「不便」である事も「信用上致し方ない」ところでもあります。

 

そんな「固定電話」ですが、現在使用している「電話機」「迷惑電話防止機能付き」になっているので、「なるべく不快な着信」を避けられる「設定」を「情報共有」します。

「迷惑防止」の設定と「着信2コールで留守電」設定しただけで「不快な着信1日5→1件に激減」したケースも




「迷惑防止」の設定/解除方法

【迷惑防止】ボタンを「長押し」する事により機能が「オン/オフ」する事が可能です。

20230712-tel-001

この機能を設定すると、呼出音が鳴る前に本機が応答して、相手に「通話を録音するというメッセージ」を流します。

着信中は呼出音と注意喚起のアナウンスを交互に繰り返し、電話に出ると通話内容を録音することを告げます。

この設定だけで「切られて」しまう着信がけっこうあるようです。


「着信2コールで留守電」設定

この電話機の場合「留守電」になるまでの着信回数を「2,4,6,8回」から選択できるのですが、これを「2回で留守電メッセージになる」設定を行います。

すると「かけてきた相手側からするといきなりメッセージが流れる」ようになりますので「あわてて切る」行為に及ぶものと思われます。

20230712-tel-002

【機能】→「#121」→【決定】→【選択】に続き「2」+「ケッテイ」で設定できます。

20230712-tel-003

我が家の「家族構成」や「仕事などの環境」によるのかも知れませんが、以上2点の「設定」だけで、「悪質セールス」や「あやしい電話」などほとんど「着信」されないようになりました。

「自治体」「NTT」などでこうした「迷惑電話防止機能付き電話機」レンタルをしているケースもありますが、この「2点」だけの設定ができる機種を選べばわずか「数千円」で入手できますので「購入」を考えても「高い買い物」でもない気がします。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】「ダイソー」の330円「DACチップ搭載Type-C→イヤホンジャック変換コード」が「お値段なり」ながらも「予想外の出来」


【検証】「ダイソー」の330円「DACチップ搭載Type-C→イヤホンジャック変換コード」が「お値段なり」ながらも「予想外の出来」

20230413-dac-003

「DAC」とは、「デジタル・アナログ変換器」の略であり、デジタル信号をアナログ信号に変換する装置回路のことを指します。

一般的には「PC」や「スマートフォン」での「USBスロット」「iPhone」「Lightning端子」といった「デジタル出力端子」から「イヤホン」や「スピーカー」と言った「アナログ機器」で出力したい場合、「端末側」「オーディオジャック」などの「アナログ出力端子がない」ときに「デジタル→変換アダプタ」として使用するものです。

この「DAC」という製品の値段は「ピンキリ」「高音質オーディオ再生用(ハイレゾ対応など)」の製品ですと「1万円~10万円台」と、けっこう「高価」なものが多いようです。



注)この製品は、2024年4月現在以下の製品に置き換わっています。参考までに



「FLAC」再生には厳しいですが「MP3」ならけっこう聴けるかも

そんな「DAC」ですが「ダイソー」や「ワッツ」など「プチプライスショップ」で販売されている「Type-C→ステレオミニプラグ変換コード」「DACチップチップ搭載」をされている製品があります。

その中から「ダイソー」で「330円(税込)」で販売されている「Type-C→ステレオミニプラグ変換コード」「検証」してみました。

20230413-dac-001

基本的に「デジタルUCD Type-C」を「アナログイヤホンジャック」に「変換」してくれる「コード」になります。

20230413-dac002

この手の製品には「110円(税込)」のものもありますが、「機能してくれない端末」も多く、正直「機器を選ぶ製品」のようです。

20230413-dac-000

そんな中、唯一、「ecola」なるメーカーの「330円(税込)DACチップ内蔵コード」が手持ちの「ノートPC(Windows10)」「スマートフォン(AQUOSsense4)」「Type-C」からの「接続が有効」である事が「確認」できました。



結果、同じ「ダイソー」の「330円ステレオイヤホン」を接続しても「アナログ特有の細かいノイズが低減」されているためか予想外に「クリアな音質になった」ような気がします。

20230414-dac-005

「PCオーディオ」環境でも「USB Type-C→デジタルアンプ→アナログスピーカー」「音を鳴らして」みると。



「330円」「安め」な「DAC」ですが、「デジタル」の良い点として「それなり」に「キレイな音」聴くことが可能です。

「高中音域」に強い印象ですので「ラジコ」「Spotify」ではほぼ「聴ける」印象ですが「FLAC」「CD音源」ですと「値段なり感」があるなど「コンテンツ」を選ぶのかも知れませんが、「本単側のアナログ端子(オーディオジャック)」からよりは「幾分キレイめな音」「期待できそう」です。

なお「iPhone」の場合、「Type-C→Lightninng変換アダプタ」を使えば繋げる事は可能ですが、「Apple純正Earpods」を接続したほうが「仕組み上」「本体内部」に「DAC機能」が入っているとの事なので、「外付けDAC」接続は、あまり「高価は期待できない」との声もあるようです。


(参考製品)



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】「ダイソー」の1、100円ソーラーモバイルバッテリー-「防犯カメラの電源」として使えるのか


【検証】「ダイソー」の1、100円ソーラーモバイルバッテリー-「防犯カメラの電源」として使えるのか

20230410-daiso-000

我が家に設置した「スマートフォン対応」の「防犯カメラ」ですが、「ワイヤレス」のため「定期的に充電」する必要があります。



そこで「常時給電」させるために「ミニソーラーパネル」の導入を考えていたところ、購入したもののほとんど使用していなかった「ダイソーのソーラー充電モバイルバッテリー」があったので「ミニソーラーパネル」代わりにならないかと「繋げて」みました。



その結果、多少手間はかかりましたが「工夫すれば何とかなる」レベルで使用できましたので、その使用感を「情報共有」します。

とりあえず「防犯カメラ」へのUSB充電は可能でしたがあとは「ソーラー蓄電」のサイクルが回せるのか?気長に「検証」し続けます

20230410-daiso-001
「防犯カメラ」付近の「日当たりの良い場所」「ソーラーモバイルバッテリー」を設置して「充電ケーブル」を接続します。

20230410-daiso-002

20230410-daiso-003

「モバイルバッテリー」側は「ジップロック」でカバーしているので「防水対応」されています「本体の充電口」は何等かの方法で「防水処理」が必要かも知れません。

20230410-daiso-004

本体側の「充電端子(MicroUSB)」と接続すると「ブルーのインジケーターが表示」され、「充電されている」事が確認できます。

20230410-daiso-005

↓「接続」するとこんな感じになります。

20230410-daiso-006


この時点で「モバイルバッテリー」が「充電されている状態」であれば「ケーブル」を接続する事により、「防犯カメラへの給電(充電)開始」が確認できます。

20230410-daiso-007

ちなみに「フル充電」しても「満杯」になる事はないようですが、使用する分には「差し支えない」レベルかと思われます。

20230410-daiso-008

とは言え、「モバイルバッテリー」の充電が完了したら「自動的」に「防犯カメラに給電」してくれるようにはできません。

20230412-daiso-004

多少なりとも「モバイルバッテリー」に「充電」されてはいますが、「防犯カメラ」での給電は「中断」されている場合が多いので、帰宅時など気づいた時点で「充電ボタン」を押して「給電を継続」させるようにしています。


(関連記事)




(参考製品)



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク