セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

電器屋さんのアドバイス

【未確認情報】「Qphone」についての「追加情報」(動画あり)


【未確認情報】「Qphone」についての「追加情報」(動画あり)

qphone-002


ここ数週間のうちに「話題」に上がっている「Qphone」ですが、「公式」にはアナウンスされておらず、「情報が錯綜」しており「まとこしやか」な「噂話」に過ぎないのかと思っていたところ、また少しずつ「情報らしき記事」も見かけるようになりました。





ネット上で出回っている「画像」はどうも「アラブ圏の実在するスマホ」で「噂」されている製品とは「別物」のようです

qphone-000


↑上記の「画像」でも確かに「Qphone」なる表記がされていますが、どうやら「中東地域(パキスタンという説も)」で販売されている「Qphone」同名の「スマートフォン」「宣伝画像」との情報もあるようです。

↓「YouTube」で「検索」して行くと以下の「動画」が見つかりました。





↑「アラビア語?」らしく「何を話しているのかさっぱり理解できません」が、「Qphone」という「小型」の「スマートフォン」の「説明動画」である事は確かなようです。


しかしながら、現在ネット上で「噂」されている「Qphone」とは「別物」と思われ、「別のスペック情報」も流れています。

2021年10月25日現在、確認(と言ってもあくまで「断片的噂」に過ぎませんが)できている「情報」としては。

①開発に「Apple創業メンバー」が関わっているらしい

②「(5)G」「6G」「7G」を「スルー」して「8G」の「最新の高速ネット」環境

③「端末情報」は見当たりませんが「SIM」が2021年内に発送予定

以上の「新たな噂」を見つけました。

この情報も「根拠」が示されていないので「怪しい」ところなのですが「一部ネットメディア」では「まことしやか」に囁かれているようなので「混乱」してしまいますよね。


qphone-003


この「Qphone」情報の「ソース元」としては、国内に於いては「Amebaブログ(アメブロ)」「gooブログ」の2サービスに「偏っている」ように感じますが、さらにそれらの「ソース元」として「Telegram(テレグラム)」からの「引用」が多い印象もあります。



Telegram Messenger
Telegram Messenger
開発元:Telegram FZ-LLC
無料
posted withアプリーチ


「スマートフォン」関係の「新開発」の情報など(Apple製品など顕著に)「憶測記事」「フェイク情報」「開発側が意図して出すケース」も割と「散見されます」ので、近い将来「何らかの新製品・新技術」が登場する際の、いわゆる「リーク情報」かも知れませんね。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品レビュー】「キャンドゥ」でやっと辿り着いた「スマートウォッチ液晶保護フィルム」-ただし「それなり感」は御愛嬌ですが


【製品レビュー】「キャンドゥ」でやっと辿り着いた「スマートウォッチ液晶保護フィルム」-ただし「それなり感」は御愛嬌ですが

cando-watch-000


「Appleウォッチ」同サイズの「SOUNDPEARTS」製の「スマートウォッチ」用の「液晶保護カバー」選びに「四苦八苦」しています。

最初「Amazon」で「専用フィルム」を同時購入して「貼って」みましたが「気泡が入りまくり」で、すぐ「剝がれて」しまうので、諦めていたところ、「Appleウォッチと同サイズ」である事が分かり「ダメもと」で「上から被せるケース」タイプのものがピッタリしたので「しばらく使い続けて」いましたが、どうも素材が「防水カバー」と同じものらしく「水分で曇ってしまい」非常に見づらくなってしまいました。




「純正品」でもなかなか対応出来なった「装着感」ただ表面は他社製に比べ弱々しい印象もなくはありませんが「100円(税抜)」ならまずまずの出来でしょう

しばらくは諦めて「そのまま」使い続けていましたが、この1か月ほどの間に「キャンドゥ」「ダイソー」でも「Appleウォッチ用保護フィルム」が販売されている事に気づき「両方とも購入」して貼り付けてみたところ「キャンドゥ」製品が「何とか使える」ように思われますので「報告」します。


cando-watch-001


この製品に辿り着くまで「数種類のフィルム」を貼り付け続けてみましたが「キャンドゥ」の製品が「一番気泡が入りにくく(多少は入るが)」思われます。


cando-watch-002


とはいうものの素材自体「ラップのようにかなり薄くペラペラで弱々しく」感じる上「指紋」「ホコリ」などがけっこう目立ちます。

しかし薄いがゆえか「ウォッチ画面自体、曲面になっている」ので「ピッタリと張り付くフィルム」は初めてです。


cando-watch-003


ちなみに「ダイソー」の製品も購入してみましたが「貼るフィルム」タイプのものは「素材が固め」で「曲面部分が浮いてしまう」、「被せるケース」タイプのものは「サイズはピッタリですがタッチ操作できない」など、「SOUNDPEARTS」のスマートウォッチには「合わない」ようでした。

とりあえず「100円ショップ」で
、という場合「キャンドゥ」の製品が一番「合いそう」に感じますが「あくまでサイズが同じ」だけ、という点と「本家Appleウォッチ」と言えども「同じような理由」で「液晶保護カバー」選びは「難しい」かも知れません。



(参考製品)











家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【未確認情報】「iPhone」ならぬ「Qphone」の画像が出回っているいるようですが-真偽のほどは?


【未確認情報】「iPhone」ならぬ「Qphone」の画像が出回っているいるようですが-真偽のほどは?

qphone-000


自分の「お客様」から「Qphone(キューフォン)」なる「未知のスマートフォン」について質問がありましたのですが、残念ながら「不勉強」でしたので「あれこれ調べて」みましたが「ネット内」でも「画像のみ」と「わずかな情報」しか見つかりませんでした。

「世界的半導体不足」の原因がこの「Qphone開発」のせいともいう説もあるようですが・・・

どうも「衛星インターネットを使用」する「ドイツとイギリスで開発・製造しアメリカでソフトの最終アップデート」「世界中の半導体を優先的に使用している」など「断片的」な情報と、下記の「3種類の端末画像」しか見つかりませんでした。



qphone-001


「衛星インターネット」といえば「au」が2022年より、イーロン・マスク率いる「スペースX」社の「スターリンク衛星」と業務提携が発表されてはいますが、どうも「別物」のように感じます。





また「au」で展開している「キュアフォン」とも異なるようです。





今後、新たな情報も出てくるかと思いますので「情報を追っていきたい」と思います。


この「Qphone」については「YouTube」「Twitter」などで「隠れて紹介」されているようにも感じます。

*参考までに「Qphone」の話題を扱っている「動画」を見つけましたので「リンク」を貼っておきます。




↓(2021年10月26日更新記事)




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品レビュー】キャンドゥの「500円(税抜)Qi(チー)対応ワイヤレス充電器」を購入してみた


【製品レビュー】キャンドゥの「500円(税抜)Qi(チー)対応ワイヤレス充電器」を購入してみた

daiso-qi-000


100円ショップ各社での高額商品で出遅れた「キャンドゥ」でも「家電ガジェット」小物を中心に高額商品の展開を進めていますが、特徴として、「HIDISC」こと磁気研究所の協力を得て、商品点数を増やしていっているようです。


「ワイヤレス充電器」を始め、「16GBのmicroSDHC」「USBメモリ」「ワイヤレスイヤホン」などが「HIDISCブランド」キャンドゥの店頭に並んでいます。



イメージとしては「Qi」登場時「3,000円前後」で販売されていた製品と同レベルな印象です

この「HIDISCブランド」ですが、「キャンドゥ」以外でも「ドラッグストア」でも「若干上乗せした価格」で販売されているのを見かける事もあるブランドです。

 

個人的には「microSD」「USBメモリ」などよく利用させてもらっています。

 



daiso-qi-001


似たような「ワイヤレス充電器」ダイソーでも販売されていますが「表面の仕上げ」もダイソーは安っぽさ全開であるのに対し、キャンドゥは500円にしては仕上がりも充分で、一見「ドンキ」や「Amazon」で2,000円前後で販売されている「無印ワイヤレス充電器」と遜色ないように感じます。


daiso-qi-002


セットして「iPhoneSE(2020)」を乗せてみると早速「充電マーク」が・・・。


daiso-qi-003


画面右上の「充電マーク」もちゃんと表示されています。


daiso-qi-004


本体が「充電されていない状態」ですと「赤く点灯」します。


daiso-qi-005


「iPhone」を乗せると「青く点灯」しますが「充電が終了しても青いまま」なので「いちいちiPhone側を確認」する必要はあります。

また「充電中に本体が熱を帯びて」くるのも気になります。


daiso-qi-006


「発熱」に関しては、数年前に購入した「Anker」製品と同様「キャンドゥ製品」は結構熱く気になります。

このあたり他社の充電器にも言える事ですが筐体サイズの大きさにより、熱が溜まりやすいからでしょうか。


また「キャンドゥ製品」に限らずですが「2,000円以下」の「ワイヤレス充電器」全般に言える事ですが「充電に思ったより時間がかかる」印象があります。


この製品も「一晩(約7時間)」充電して「やっと84%」というケースが多いのは「形状上致し方ない」のかも知れません


こうした「問題が気になる」人には「5,000円以上」の「複数台充電可能な大型タイプ」を導入するという選択肢もあります。



(参考製品)







家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】(5)G電波が「Bluetooth(ブルートゥース)」に「電波干渉」している気がする?


【情報共有】(5)G電波が「Bluetooth(ブルートゥース)」に「電波干渉」している気がする?

5G-000



正直言って「盛りあがり」に欠けている感のある「(5)G」ですが、我が家の近所にも「(5)Gアンテナ」が続々と「整備」されています。

ところが普及するに従って「手持ちのBluetooth機器に干渉」しているような気がします

最近近所に(5G)アンテナが続々増えているからか「Bluetooth」の感度が悪くなっているような気がしますが「気のせい」なのか?

ネット上で「検索」しても「因果関係」など「参考になる記事」にはたどり着きませんでしたが、手持ちの「Bluetooth機器」バージョン「5.0」ですとけっこうな確率で「Bluetooth通信が不安定」になる印象「4.2」や最新の「5.2バージョン」だと「干渉は感じるものの使えない事はない」といった状況です。


5k-tb



自宅の近所に限って言えば、コンビニ「セ〇ンイレブン」は複数の店舗付近で「電波干渉」を感じます。

また「横浜駅西口のビ〇レ敷地内」もかなり「電波干渉が気になる」ケースがあるようです。

同じ「(5)G」電波でも「ミリ波」「Sub6」と「2方式」あるのでどちらかが「原因」なのか「公式にはアナウンスされていない」ので何とも言えませんが「重要な通話など途中で切断されてしまう」原因のひとつかも知れません。

対策としては「場所を変えて通話・通信する」など試してみるしかなさそうです。

そう言えば、過去「アナログ携帯電話」時代には「ケータイ電波が心臓ペースメーカーなどの医療機器」や「航空機の操縦設備に干渉する」ため「使用できない場所がある」時代もありましたので、こうした「電波干渉問題」いずれは「解決」してくれるかと思われます。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク