セガレの知恵袋

古物商開業支援・情報家電相談室「ディーエスエル」代表 【HN】PAWAKICHI(ぱわきち)の個人ブログです。

「情報」さえあればもっと「より簡単に・より便利に・よりリーズナブルに活用できるはず!」をモットーに「デジタル生活」の「情報の共有・検証・注意喚起」を、現役「古物商開業支援員・デジタル生活相談室」スタッフの目線から「情報共有・検証・注意喚起記事」を日々発信・更新しています。

BS/CS

【注意喚起!】「B-CASカード」の使い回しは原則「規約違反」となるようです


【注意喚起!】「B-CASカード」の使い回しは原則「規約違反」となるようです

20221028-bcas-000

最近まで気付きませんでしたが、2021年から「B-CASカード」「複数機器での使い回し」行為が「規約違反」となっているようです。

とは言っても、現在販売されている「4K・8K液晶テレビ」については「B-CASカード」ではなく、テレビ内部基盤に搭載されている「A-CASチップ」に変更されています。

気を付けなければならないのは「4K以前」の「テレビ」「レコーダー」および「外付けデジタルチューナー」が対象となります。



「WOWOW」の場合であれば「メンバーズオンデマンド」+「スマートデバイス」で「複数台視聴」可能なケースも

「B-CASカード」の「使い回し」
行為は、BS「WOWOW」を始めとした「有料チャンネル」および「110°CSチューナー」で契約できる「CS専門チャンネル」「レコーダーに録画できる環境に持ち出す」「別の部屋で有料チャンネルを観たい」際、発生するケースが多いようです。

「有料チャンネル」の「契約」「B-CASカードごとの契約」になるため、このような理由で「カードを差し替えて」利用されているケースがあるかも知れませんが、この行為自体が「規約違反」になってしまうようです。

我が家の環境で確認したところ、「有料チャンネル」「ブルーレイレコーダー」に契約している「B-CASカード」を取り付けられ、他のテレビ・タブレットでは「どこでもDiga」など「DLNA」接続して「視聴」しているため「規約違反」には当たらないようです。

ちなみに「WOWOW」視聴に限った話ではありますが、「Fire TV Stick」「Chromecast」といった「スマートデバイス」を利用して、他のテレビでも「同時視聴」も可能なケースもあります。



WOWOWオンデマンド
WOWOWオンデマンド
開発元:WOWOW INC.
無料
posted withアプリーチ
なお「NHK-BS」の「B-CASメッセージ」については「NHK受信料」「端末ごと」ではなく、「世帯ごとの契約」になりますので、「テレビ受像機器」「複数台」あったとしても「その世帯で契約」していれば、新しいテレビなど購入された際「NHKに連絡(ネット手続きが便利)」すれば「メッセージ」を「非表示」にしてくれます。




(参考製品)

家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】一人での「無料」でテレビのパラボラアンテナ設置・方向調節が可能な「スマホアプリ」-「BSコンパス」


【検証】一人での「無料」でテレビのパラボラアンテナ設置・方向調節が可能な「スマホアプリ」-「BSコンパス」

bs-com-top


「台風」などの強風「パラボラアンテナ」の向きが変わって「BS、110°CS放送」が視聴できなくなってしまったり、「新たにBS、110°CS放送」を視聴するため「パラボラアンテナ」を購入して「自力でベランダなどに設置したい」場合、重宝するのが「BSコンパス」なるアプリです。

「地上波」用の「UHFアンテナ」の場合、地域にもよりますが「戸建て住宅」の場合、「基本的に屋根のてっぺんに設置」するものですが「BS,110°CS用パラボラアンテナ」「2階のベランダ」もしくは、近隣に「衛星からの電波」を妨げない環境下のお宅であれば「1階の縁側」に設置しても「視聴可能」であるケースもあるようです


ちなみに「パラボラアンテナ」自体は安いもので「10.000円前後」から入手できるのですが、別途「取付費用」としてベランダでも「15,000~25,000円」ほどかかるほか屋根の上に設置ともなると「50,000~90,000円」ほどかかるケースもあるようです。



BSコンパス
BSコンパス
開発元:NIPPON ANTENNA CO., LTD.
無料
posted withアプリーチ



「専用機材」ならウン10万円の製品機能が「無料」で使用できますが「一回使ったらもう使わない」可能性大なアプリかも

この「BSコンパス」なるアプリは、テレビアンテナメーカーとしては老舗の「日本アンテナ」「開発・公開」されている「信頼性」のあるもので、こと「パラボラアンテナ」の「方角確認」に関しては、「無料」で利用できるのはありがたいところです。


bs-com-00


スマホの「GPS機能」を利用して「正確な位置を把握」するため、「県・市」レベルまで「現在地」を設定する事ができます。


bs-com-001


もちろん「パラボラアンテナ」製品のパッケージにも「方角確認シート」などが付属しているものがありますが手持ちの「スマートフォン」「設定位置の確認」する事ができるのは便利そうです。


bs-com-002


bs-com-003


bs-com-004


bs-com-005


bs-com-006


このアプリ使ってみて「気づいた」点が、通常「アンテナ調整役」と「テレビでの映像確認役」と、最低2人組での作業が必須であった工程を「ひとりでも可能」にしてくれるので「作業効率が格段にアップ」する印象です。

とはいうものの「一度設置・調整」できてしまえば、それ以外「使い道がないアプリ」ではありますが、「iPhone」など「内部ストレージ」が気になる向きには「使用したいとき再度ダウンロードする」事で「ストレージの節約」を計る事も可能なので「心配するほどの事でもない」でしょう。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【トラブル解決】突然テレビの「地上波・BS」が映らなくなった時-「B-CASカード」の接触不良が「原因」の可能性も


【トラブル解決】突然テレビの「地上波・BS」が映らなくなった時-「B-CASカード」の接触不良が「原因」の可能性も

b-cas


居間に設置してある「2006年製 SHARP AQUOS 32型」ですが、ブルーレイ「Diga」「Amazon Fire TV Stick」接続し、もっぱら「HDD内録画番組」か「ネット配信」しか観ていなかったので気づきませんでしたが、ここ最近ときたま「テレビ自体のチューナーがダウン」している模様です。

↓このように「B-CASカード」の不具合を示すメッセージが表示されています。

b-cas-000


何せ「10年以上」前の製品なので「そろそろ買い替え時」かなとも考えるところですが、最近多い「LG」などの「のっぺりした液晶」に比べ、この時代の「亀山モデル」の「しっかり奥行を感じる初期型液晶」も捨てがたく使えるうちは寿命まで使い倒そう「B-CASカード・スロット」の確認をしてみました。

「2006年製」という古い機種だからかも知れませんが「カードのICチップ」の接触部分が汚れている場合もありますので確認してみましょう


↓最近あまり気にする事もなかった「B-CASカードスロット」。

b-cas-001


何度か「抜き差し」するとちゃんと「地上波」「BS」とも「B-CASカード」を「認識」してくれるようです。


b-cas-002

せっかく「スロットを開けた」ので、念のため「掃除」「メンテナンス」をしておきます。

b-cas-003


「エアダスター」を「スロット口」に吹きかけ「ホコリを飛ばし」ます。

「接触状態が芳しくない」ときは「接点復活スプレー」も併用すると良いかも知れません。


b-cas-004


「B-CASカード」裏「ICチップ」部の汚れ確認しておいたほうが良いでしょう。


↓何度か「電源オン・オフ」を繰り返し「通常通り起動できるか確認」します


b-cas-005


↓もっとも「現在販売されているテレビ」については「B-CASカード」自体「機器に内蔵されている」ので、こうしたトラブルも少ないかと思いますが・・・。






(参考製品)




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「WOWOW同士の裏録」複数契約しないで楽しむには


「WOWOW同士の裏録」複数契約しないで楽しむには

wow-od

最近発売されているテレビ・BDレコーダーの多くが「W・トリプルチューナー内蔵」になり、録画したい番組がかさなっても、いわゆる「裏録」が可能になっていますが、こと「WOWOW」の「プレミアム」「ライブ」「シネマ」の番組については、チューナー事の契約が必要になるので、それだけのために複数契約するのもどうかなと感じていました。



人気の「連続ドラマW」はほぼ「オンデマンド」対応されているので無理に録画を考えなくてもあとから視聴できます


wowow
しかしながら「WOWOW」にはメンバー専用の「メンバーズオンデマンド」というサービスがあり、スマホ・タブレットで、人気の「連続ドラマW」を始め、一部の「映画作品」「スポーツ・音楽番組」も配信されており、毎月送られてくる「番組表」をチェックし、「オンデマンド対応」しない作品を「レコーダーに録画」し配信されている番組は「オンデマンド」で視聴する方法を個人的に利用しています。

なお、どうしても「レコーダー」に録画したい場合、ドラマWや「映画作品」の場合、1か月のうち、再放送が行われるケースも多いので「番組表」をよくチェックして使い分けるようにしています。

「WOWOWメンバーズオンデマンド」も他の「動画サブスクリプションサービス」と同様、Amazonの「FireTV」「Chromecast」テレビの「大画面で視聴」する事ができますので、さほど「不自由を感じない」のが個人的な感想です。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「ケーブルテレビ」元関係者のテレビの「台風」「雪害」被害のはなし


「ケーブルテレビ」元関係者のテレビの「台風」「雪害」被害のはなし


block

2019年10月の台風により、「アンテナ」「ケーブルテレビ」に限らず、「BS放送」が一時的に「ブロックノイズ」がでたり「信号が止まってしまった」お宅も多いようです。

本来、「ケーブルテレビ」の「売り文句」として「アンテナと違い安定した受信環境」と言われていますが、こと「BS放送」については「事業者・地域」などにより差はあるかと思いますが「対応できていない地域」もあったようです。
「共同アンテナ」を謳っていても「アンテナ」には代わりはないので大元の「強風によるアンテナズレ」「降雨減衰」「断線」「停電」など、「有線ならでは問題」もあるようです
01e99f44

基本的に「ケーブルテレビ」の仕組みとして、「CS放送」「PPV(ペイ・パー・ビュー)」「VOD(ビデオ・オンデマンド)」「共同アンテナ」ではなく「番組配信事業者」と基地局を「有線」でつなげているので「気象状況」は関係ありません「地デジ」「BS放送」については大型の「集中アンテナ」から各「送信基地局」へ送り、各世帯に「再送信」という方法をとっている業者もまだあるようで、今回の「台風」や「大雪」の際、こうした症状があらわれるようです。

もとが「アンテナ」なので「自然現象には逆らえない」のも致し方ないところでしょう。

また「有線」であるが故、災害等で「断線」「停電」にはめっぽう弱く、「ケーブルテレビ」に限らず「電話回線」「ひかり回線」も同じ事が言えます。

いずれにしても「停電」したら「テレビ」に限らず「電気を使うもの」はすべて「アウト」になりますので誰にも文句は言えないでしょう。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク