セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

ラジオ

【これは便利!】NHK版ラジオ配信「らじるらじる」聞き逃し配信録音する方法-「らじれこ」


【これは便利!】NHK版ラジオ配信「らじるらじる」聞き逃し配信録音する方法-「らじれこ」

nhk-rajiru-000


民放のラジオ配信サービス「Raiko」の人気に隠れて、残念な「知名度」「NHK らじるらじる」ですが「リアルタイム」聴きには使えるものの、過去番組の「聞き逃し配信」サービスも存在が「コンテンツ不足」「録音に対応していない」など「使い勝手が今一つ」な感がありました。

こうした「不満」な声が「NHK側に届いた」からか定かでありませんが「2021年4月」からの「番組改変」から「対応番組の増加」「番組録音対応」(要録音アプリ)になり、より「実用的」になった感があります。

民放「Raiko」に比べ「録音可能番組」が少ない点は否めませんが「202104」月度より「対応コンテンツ」が増えているようです




↑「番組の録音」など「らじれこ」アプリが「使い勝手が良い」と思われます。

「手順」としては「Radiko」と「インターフェエイス」がやや異なることと「番組によっては録音できない」場合もある点は現在致し方無いところのようです。


nhk-rajiru-001

「録音」ボタンをクリックすると「過去番組の録音」が始まります。



nhk-rajiru-002


↑「録音中」。


nhk-rajiru-003

録音された「番組」「ライブラリ」に保存されていることが確認できます。


nhk-rajiru-004


「保存された番組」「m4a形式」になります、「らじれこ」アプリ内で再生する分には問題ないのですが、他の端末、「音楽プレイヤーアプリ」で聴きたい場合、「らじれこ」アプリ内で「MP3」形式に「変換」する事も可能です。





対応するコンンテンツは「NHKラジオ第1」「NHKラジオ第2」「NHK-FM」の3局です。

「NHK」のリスナーには「年齢層がやや偏っている」印象がありますが「昭和生まれ」「ラジオ世代」のリスナーには、なかなか「興味深いコンンテンツ」が見つかるかも知れません。









家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【トラブル解決】「らじれこ」機能無効の「原因」は「radiko側の仕様変更」ー再インストールで解決できました


【トラブル解決】「らじれこ」機能無効の「原因」は「radiko側の仕様変更」ー再インストールで解決できました

rajireko-000
最近、「radiko」等の「録音ツール」であるPCソフト「らじれこ(Windows、Mac版)」が動作しないとの報告が多数あがっています。

以前にもこの「どがらじ」系サービスは突然「動作不能」になるケースも多く、下記記事にて「対応法」を紹介しましたが、私の環境でも同じく動作しなくなったため「再インストール」して復活していますので再度報告します。



どうも「radiko側の仕様変更」が原因だったようですが更新は自動ではなく手動で行う必要があるようです
今回は、12/2の「radikoの仕様変更」に伴い、「らじれこWindows版」「らじれこMac版」で「radikoサービス利用」が出来ませんでしたが、それぞれ仕様変更対応版をリリースされています

既存の「らじれこ」ユーザー「らじれこ」ソフトを最新版に更新する事により、以前通り使用する事が可能になります。




なお、私が検証した時点で最初「503エラー」「Service Temporarily Unavailable~が表示され、「ダウンロードに進まない」事態がありましたが、「ページリロード」で再度読み込むか、「時間をおいて」試してみると「ダウンロード」できるようです。
rajireko-001

「インストールファイルを実行」すると「前ファイルを更新する」という旨のメッセージが出て少し心配になりますが、データを損なう事なく「上書き」されるとの説明です。

rajireko-002

↓「更新前」に設定してあった「録音予約」などもそのまま「再現」されています。

rajireko-003

この「どがらじ」系ソフト群「非常に使い勝手が良い」ので個人的に愛用しているのですが反面「数か月に1回」ほどの割合でこうしたトラブルが発生するところが「玉にキズ」。

しかし「対応はすばやく」してくれますが「自動更新」ではなくユーザー自身で「手動更新」しなければならない点覚悟しておく必要があるでしょう。

ちなみに今回は「らじれこ」のみの不具合のようで、「どがれこ」「らくらじ」も常用していますが、こちらではとくに問題はない様です。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】今更ですが「民放AMラジオ」が「ワイドFM」化されていた事に気付きました


【情報共有】今更ですが「民放AMラジオ」が「ワイドFM」化されていた事に気付きました

widefm-000

最近、在宅勤務の「BGM代わり」として「ラジオ番組」が注目されているそうです。

かくなる私もラジオの「深夜放送世代」なので、最近はもっぱら「Radiko」「ポッドキャスト」を愛聴していましたが、「民放のAM放送局」の番組が「FM放送帯」で「FM放送クオリティ」「サイマル放送」で「同時放送」で聴けるようになっていたことに気づきいてませんでした。

ちなみに我が家にある「神奈川県横浜市」のラジオ電波状況としては、AMの「文化放送」を聴いているといつの間にか「外国のラジオ」の電波が混入して「セイ。ヤング」などを聴いていたはずなのに「平〇からの声」に替わってしまうことが度々ありましたが、「FM帯域」で「サイマル(同時)放送」することで、長年の悩みであった「混信」「干渉」の問題がクリアされているようです。
「Radiko」「ポッドキャスト」ばかり利用している間にいつの間にか「ワイドFM化」してたのですね


「新聞」の「ラテ欄(ラジオ・テレビ番組表)」に「AM」と「FM」それぞれの「周波数」が掲載されていますが、「総務省ホームページ」でも公開されています。

widefm-001

「携帯ラジオ」など「スマートフォン」が使えない状況下など「乾電池」等で「充電」の問題も少なく「情報を得る手段」になりますので、「再注目のデバイス」とも言われています。

(参考製品)

【・電池付き!】BP&S 3インチ液晶テレビ 防災ポケットワンセグテレビ BPS-PTR03 AM/FM/ワイドFM対応 2電源USB給電対応 台風 停電時の備えにも
by カエレバ







家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】「YouTube」の音声中心の動画を「ラジオ」「ポッドキャスト」代わりに利用する


【情報共有】「YouTube」の音声中心の動画を「ラジオ」「ポッドキャスト」代わりに利用する

youtube-radio

2020年度の「YouTube」上の特徴として「TVタレント」「ラジオパーソナリティ」「作家」「ポッドキャスター」たちによる「一般メディアでは取り扱ってもらえないコアな内容の番組」を「音声中心」で配信しているチャンネルが多くなりました。
TVやラジオなど「規制の多いプラットフォーム」から「放送界隈のプロたち」が「Youtube 」に活動の場を移している流れもあるようで、コンテンツのクオリティがかなり上がってきているのが最近の「傾向」のようです。

これらの番組の主なリスナーが私を含めた、ある一定層(年齢層として40~50歳代)というケースが多いらしく、おそらくかつて「深夜放送」を聴いていた世代だったり「クルマ移動の仕事でBGMにラジオを聴いていた」層たちが「ラジオ」「ポッドキャスト」コンテンツに違和感がないように、新しい「音声メディア」として「YouTube」を利用しているように感じます。

「作業用BGM」とか「催眠用BGM」などとタイトルについている番組も「動画なしの音声だけでも楽しめる」コンテンツのひとつです。
ある世代では「深夜放送」「クルマ移動時のラジオ」感覚で利用する人が増えているそうです
「WiFi環境」下にある「自宅」「職場」「WiFiスポット」ならそのまま聴くのに問題ないのですが「オフライン」で「スマホ」などに保存して「オフライン再生」すれば「Radiko」「ポッドキャスト」同様に番組を楽しむことが可能です。

↓最近、個人的に使用している「YouTube動画」から「音声だけをダウンロード」して「MP3」形式などに変換→「スマホなどに転送」して「ラジオアプリ」「音楽再生アプリ」などで再生する方法がこちらです。



↓「どがれこ」でダウンロード中
youtube-radio-001

youtube-radio-002

↓上記の方法で「相性が悪くダウンロード」できない場合もありますので以下の方法も試してみてください。



↓「YouTube」から「MP3」等の形式でダウンロードできたファイルは「DropBox」「iCloud」など「クラウドストレージ経由」で転送しています。

↑「違うコンテンツ」の内容ですが「音声ファイル」の転送方法はこの内容と同様です。参考にしてみてください。

しかしながら一部のコンテンツ(有料配信、オンラインライブ、MVなど)がこの方法でも「オフライン保存できない」ケースもありますが、あくまで「推奨された手法ではない」ので、その辺はあきらめるしかないでしょう。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】radikoの「タイムフリー録音」に対応していない「NHK番組」等を「予約録音」して「iCloud」などにMP3形式で自動転送し「らくらじ」アプリで聴く


【検証】radikoの「タイムフリー録音」に対応していない「NHK番組」等を「予約録音」して「iCloud」などにMP3形式で自動転送し「らくらじ」アプリで聴く

rajireko-iphone-000

「radiko」サービスも「NHK」や今まで対応していなかった「キー局」すべて対応され、すでに「ラジオ」というコンテンツをアプリで聴く事に不自由はなくなりつつあるようです。

個人的に「iPhone」等スマホで「らくらじ」アプリを使い「タイムフリー録音」して愛聴しているので満足しています。

とは言え「NHK」を始め「タイムフリー録音」対応外の局の番組は「予約録音」するしかないようです。


iPhone内の「らくらじ」アプリでも予約録音できない事はないのですがけっこう「不安定」なのでこの手法が幾分ましな感じです
スマホ用radiko対応アプリ「らくらじ」↓

らくらじ

らくらじ

Wity Ltd無料posted withアプリーチ


「らくらじ」でも「予約録音」はできるのですが「WiFi環境」での録音は非常に不安定で、「録音されていない」「時間が短い」など上手く録音できませんので録音自体は「PC」用「らじれこ」(Windows10でもMacでも可)を使い「有線LAN」を利用し万全の構えで「予約録音」する必要があるでしょう。

rajireko-iphone-001

向こう「1週間先」まで「予約録音」できますが、ダウンロードした番組をPCに取り込んでから「Dropbox」など「クラウドドライブ」を経由してスマホに転送するひと手間ありますが、あらかじめファイル保存先フォルダを「クラウド」にしておけば、PCに保存した時点でアップロードする設定にする事が可能です。

rajireko-iphone-002

ここでは保存先をiPhone で取り込みやすいよう「iCloud」に設定していますが、「Dropbox」等にアップロードしてAndroidスマホに取り込む方法も便利です。

この際取り込むファイル形式として「MP3」にしておけばあとあと「音声ファイルの再利用・編集」などに使えるので便利でしょう。

rajireko-iphone-003

↑PC(Windows10)からみた「iCloud Drive」にアップされたファイルが確認できます。

rajireko-iphone-004

「iPhone」標準アプリ「ファイル」→「iCloud Drive」でアップロードされたファイルを選択します。

rajireko-iphone-005

「iPhone」内にダウンロードしたいファイルを選択し「ブラウズ」→「らくらじ」と進み右上の「コピー」をタップすると「らくらじ」の「ライブラリ」に保存され、アプリの再生画面に表示されます。

rajireko-iphone-006

これで端末のアプリからダウンロードした番組同様に「再生」することが可能になります。

とは言うものの、あくまで「運がよければ丸まる録音できる」レベルですのでいかに「有線LAN」といっても「録音中」にPCを操作するなどが原因かも知れませんが、数回に一度「完全に録音できれば儲けもの」と考えていた方が「落胆」気分は少ないでしょう。

そもそも「radiko本体でも保証外」の機能なのであくまで「運次第」と思います。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク