セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

Windows10

【情報共有】中古ノートパソコンの選び方-(Windows10)編


【情報共有】中古ノートパソコンの選び方-(Windows10)編

used-note-000


「在宅ワーク」(テレワークという言い方は個人的に違和感があります)を「7割」にと叫ばれる中そもそも自宅に「パソコン」すらない環境で、かつ「会社がその費用を負担してくれない」ので「中古品で安く導入したい」という相談が多いので、再度「在宅ワーク」向けの「中古ノートパソコン」の選び方をまとめてみました。

↓あくまで現状での「筆者個人の見解」は以下の記事に記しています。




CPUは「intel CORE”i」メモリは「4GB」ストレージは「64GB」が最低必要、あとは「追加・交換」で何とかなります

「CPU」は「intel」(インテル)の「CORE"i」(CORE"i 3~7が理想)一択でしょう。

一部の格安ノートPCや「ケーミングPC(ネットゲームに特化したパソコン)」によく使われている「AMD」(エーエムディー)製の「CPU」も時折見かけますが「PC自作派」向けの、ある意味「マニアック」な「CPU」なので、なるべく「intel社」製を選んだほうが「無難」と思われます。


used-note-001

ただ、同じ「intel製」でも「Winows XP・VISTA」時代の「CORE 2 DUO」「Celeron」の機種も中古市場で出回っているのですが、「マルチタスク」(いくつもソフトを同時に立ちあげて作業する)や「動画」を扱うには「フリーズ」が多かったり「ネット接続が不安定」など問題が多いようなので、あまりお勧めできません。

used-note-002


「メモリ」については「2GBが最低ライン」と公式サイトで公開されてはいますが、正直「4GB」でも不安定で「8GB」は欲しいところです。

「ノートパソコン」に限った場合、比較的新しい機種ほど何故か「4GBまでしか増設できない機種」が多いようですので購入前に確認しておいたほうが「あとあと後悔」しないで済むかも知れません。

「ストレージ」は「HDDなら最低80GB」「SSDなら最低64GB」が必要です。

「データ」は「USBメモリー」や「クラウドストレージ」に保存できるとして、「頻繫に行われるOSのアップデート」に「30GB」ほど必要になります。

「在宅ワーク」には「WiFi無線LAN」が必須

2010年以降に製造・販売された「ノートPC」にはほとんど「WiFi 無線LAN内蔵」されていますが、一部内蔵されていない機種でも「USB」ポートに差すタイプの「WiFi無線LANアダプタ」が安いものだと「2千円以下」で入手できます。



「Webカメラ」「WiFiアダプタ」同様、2010年前後が付属の有無の分かれ目になるのですが、昨今の「オンライン」「在宅ワーク」用途に使うには「画質が粗い」のは致し方ないところ。

「1万円以上」は覚悟しなければなりませんが、「Webカメラ」もこれからは「必須」になるかも知れません。





「OS」は当然「Windows10」一択しかないのですが・・・

肝心の「OS」ですが、さすがに現在販売されている「中古パソコン」には「Windows10」が搭載されています一部「Microsoft製ながらも保証対象外」のものも販売されており(違法品ではない)、もし使用不能になったとしても「自己責任」になります。




こうした「OS」を安心して使いたい場合、中古品保証のある「MRR」版であるか購入前に確認しておいたほうが安心しょう。

「中古ノートパソコン付属のオフィスソフト」はほとんど「Microsoft Offie」ではない?

またよく勘違いしてしまうのが「オフィスソフト搭載」をうたっているもの。

中古ノートパソコンの場合、同じ「オフィスソフト」でも「Microsoft」ではなく「キングソフト」という「韓国製オフィスの体験版」になりますので「引き続き使用するには購入が必要」なものになります。

↓こうした「中古ノートパソコン」の「オフィスソフト問題」については以下の記事にまとめてありますので、気になる方は確認してください。



いずれにしても「あくまで中古品」になりますので、「バッテリーがまったく使えない」など「長期的使用」にはあまり期待できませんので「使用目的」さえ合えば「Chromebook」の新品も「Windows10の中古品」とほぼ変わらない価格え購入できるケースもありますので「用途と懐具合に相談」してなるべく「後悔した買い物」を避けたいものです。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【注意喚起!】「中古」とは言えあまりに安いパソコンの「ライセンスなしWindows10」とは-大丈夫か?


【注意喚起!】「中古」とは言えあまりに安いパソコンの「ライセンスなしWindows10」とは-大丈夫か?

used-notepc-000

「在宅ワーク」「リモート授業」などの普及で需要が増え、「中古販相場」も「強気な価格設定」な感も目立つ「中古ノートパソコン」ですが、中には、2万円以下で販売されている製品にもOSがちゃんと「Winos10」がインストールされています。

しかし通常「Windwos10」の正規パッケージ版「Amazon」などでも、17,000円前後で販売さているのに、いくら「中古」とは言え「疑って」しまうような製品もありますよね。

もっとも、2万5千円~4万円クラスの価格帯で、更に「大手の中古ショップ」で出回っている「MRR」なる「再生中古パソコン用正規Windows10」というものも存在し「ライセンス」もちゃんと付いており「OSアップデート」など「サポートも正規品」として対応されるようになっているものは「安心」といえるでしょう。







マイクロソフト Windows 10 Home 日本語版 HAJ-00065
by カエレバ

OS自体の「正規パッケージ品」よりも安い「中古PC」の「Windows10」って「本物?」

ところが「激安中古品の一部」には「ライセンスなしWindows10」入っている機器もあり、実際、我が社のPCのうち1台がコレに当たってしまってます。


used-notepc-001


「パッと見」には見分けがつきません「ディスプレイ右下」「Windows のライセンス認証:設定を開き、Windowsのライセンス認証を行ってください」ずっと表示されているものが「ライセンス認証なしWindwos10」になります。

このバージョンの「Windows」については「YouTube」で見つけた以下の「動画」で詳しく説明されていますので参考までに。↓




とは言え、我が社でも「ビジネス用途」で2年ほど使用していますが、現状とくに問題なく(というか使用環境によるのかも知れませんが・・・)「動画」で説明されている「制限」も気にならないくらいでした。

もっとも「動画」など扱う際「一時的にフリーズ」することも気にはなっていたのですが、「低スペック」が原因なのか「ライセンス認証」が原因なのか定かではありません「Windowsの歴史」を思えば「こんなものかな」と感じる程度な印象です。

もし使えなくなったとしても「再インストール」はできそうなので、いずれ「対応」するときもあるでしょう。(まあ、その頃には新しいPCになっているとは思いますが・・・)



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】Windows10 Home 「Sモード」解除は自己責任で


【検証】Windows10 Home 「Sモード」解除は自己責任で

s-mode-000

よく分からず「Sモード」Windows10のパソコンを購入してしまった場合の対策として、「Windows10 Home」に戻す方法がネット上で紹介されています。

しかしながら頻繁にアップデートされる「Windows10」ならではの問題として「アップデートに対応されるまで時間がかかる」「一度変更してしまうと元に戻せない」など、ビギナーには難関な手法かも知れませんので、もし「Sモード」から「通常バージョンに変更」する際は、そのあたり「自己責任」になる事とメーカーなどにより「サポート対象外になるケース」もあることは覚悟しておくべきでしょう。

「Sモード」解除できない事はないようですが「Windows10のアップデート時」などいろいろ問題はありそうです、購入前に確認しておいた方がよさそうです
複数のメディアで紹介されている方法としては、以下の手順が多いようです。

まず、「設定」→「更新とセキュリティ」と進み「ライセンス認証」画面に入ります。


s-mode-001


s-mode-002


s-mode-003

「ライセンス認証」にある「Windows10Homeに切り替える」というものが用意されており「Windowsストアに移動する」を選択すると「無料」でこの「Sモード」を解除でき、通常の「Windows10 Home」になるようになる、という説明です。

s-mode-004

「説明動画」もいくつかアップされており↓下記動画も大変参考になります。



しかし、同じ「Microsoft社」製のノートパソコン「サーフェス」でも「Sモード解除」に難がある記事も多いようですので、これからPCの購入を考えられている場合はこの「Sモード」モデル問題の考慮が必要かと思われます。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【トラブル解決】「宅内WiFi環境」で「Windows10」のみ動作が遅くなったときに試してみた事


【トラブル解決】「宅内WiFi環境」で「Windows10」のみ動作が遅くなったときに試してみた事

win10-osoi-000

政府による「テレワーク推奨」で、平日の昼間でも「ネット接続」している方が多いらしく、とくに「WindowsPC」「マウスカースルが止まった」「画面がフリーズ」「データのダウンロード・アップデートが進まない」など、政府の思惑に対して「別の問題」も出てきているようです。



個人的にとくに感じるのが、「Androidスマホ」「iPad」では問題ないのですが、「PCによる動画再生」が↓下記のように「ストリーミング遅延」になる状態頻繁に起こっています。

別に動画を見るだけなら「FireTV」「Chromecast」は問題なく再生できるのでいいのですが、「Officeファイル」のやり取りなど、1度PCがフリーズしてしまう「電源から入れなおす」しかない状態なのでけっこう面倒です。

win10-osoi-001

正直「劇的」な変化は望めませんが幾分「確実に処理能力」がましになった印象です
「Windows」「7」までは、こうした状態の際、動作を軽くできる「クラシックモード」にする、という手法が使えたのですが、「Windows10」にはこの機能が「削除」されています。

しかし、このままでは仕事にならないので、いろいろ検索してみたところ、「パフォーマンスの設定を変更する」という手法を紹介されているサイトがあり、「検証」してみました。

「パフォーマンスの設定変更」
はまず「エクスプローラー」から「PC」を「右クリック」→「プロパティ」→「システムの詳細設定」と進みます。

win10-osoi-002

「システムプロパティ」内の「パフォーマンス」の「設定」をクリック。


win10-osoi-003

デフォルトの設定ではあらかじめ「コンピュータに応じて最適なものを自動的に選択する(L)」になっていますが・・・

win10-osoi-004

ここを「パフォーマンスを優先にする(P)」に変更をチェックすると・・・。

動作の遅くなる原因の「画面の最適化」から「パフォーマンス優先」の設定に切り替わります。

win10-osoi-005

ただ、弊害として「画面の文字フォントが粗く」なり、「WindowsXP以前の画面のよう」になってしまいます。

また、実際のところ、特段変化したようにはとても感じられませんが、確かに「フリーズ」や「遅延」も幾分ですが解消されたようには感じます

この辺り、PCの「スペック」や「ネットワーク回線」に大きく依存しているケースもあるので、とりあえず「自分のPCで設定できる」のはこんなものなのでしょう。

「テレワーク」が予想以上に進んでいるのと「Zoom」「Teems」など「オンラインリモートシステム」が動画以上にリソースを使う結果、このような事態を招いている原因のようです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

最近量販店でコーナー化されている「モダンPC」というカテゴリーとは


最近量販店でコーナー化されている「モダンPC」というカテゴリーとは

modan-pc-000

「Windows7」サポート終了後の家電量販店のPC売り場のコーナーが「Microsoftサーフェス」「Mac」に加えて「モダンPC」なるカテゴリーのスペースが目立つようになりました。

さて、この「モダンPC」なるネーミングのいPCとは何ぞや。
Microsoftが「Winsows10」マシンの「推奨スペック」を満たしたモデル規格の総称、ですが「メガネのロゴ」はどうかな
この「モダンPC」とは、Microsoft社が「Winsows10」パソコンの「推奨スペックを満たしていると認定したPC」の総称で、とくに「目新しい」規格などではなく「安心して使用できるPC」とのことのようです。

この名を名乗るための最低限条件としてはmicrosoftプレス向けのリリースとして「デザインとパフォーマンスと速いパソコン」の総称とのことで、【デザイン】2in1のコンパーチブル、2in1デチャッタブル、オールインワン、薄さ18mm以下、極薄ベゼル、メタリックデザイン、IPSスクリーン【ストレージ】SSD、バッテリーが8時間以上。

とのはなしですが確かにこのスペックであれば快適そうですよね。




かくゆう私もこの手の「モダンPC」のひとつである「DELL」製のノートPC「アンバサダー」として2週間ほど試用していた事がありますが「メモリ12GB」「SSD512GB」もあると、「ダウンロード」「音楽編集」「動画編集」等、ストレスなく「快適に操作できる」レベルであることは確認済みです。



modan-pc-001


Dell モバイルノートパソコン Inspiron 13 5390 Core i3 シルバー 20Q21S/Win10S/13.3FHD/4GB/128GB SSD
by カエレバ


【3/11(水)1:59までエントリーで全品ポイント10倍】 Ryzen7 16GBメモリ 512GB高速SSD 13.3型 タッチ式 HP ENVY x360 13(型番:6RH28PA-ACEM)指紋認証 ノートパソコン office付き 新品 Core i7 同等性能
by カエレバ


ASUS エイスース S531FA-BQ227T ノートパソコン VivoBook S15 コバルトブルー [15.6型 /intel Core i5 /HDD:1TB /SSD:512GB /メモリ:8GB /2019年12月モデル][S531FABQ227T]
by カエレバ



mdnpc0011

製品のスペックは良いとして、このメガネのデザインはどうかな?と思うユーザーも多いのでは?。

この辺は別として、これから新しくPCの購入を予定している向きで、予算に10万円前後の余裕がある場合や「本格的に動画に取り組みたい」人はこのMicrosoft推奨「モダンPC」「Surface」を選択するのが現状最適のような気もします。

(関連書籍)
Windows10パーフェクト大全(2019)

晋遊舎 2019年05月20日
売り上げランキング :
by ヨメレバ





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク